大根鍋。 大根大量消費!マンネリメニュー離脱!

【きょうの料理】白菜としょうがのゆずこしょう鍋&ひらひら大根鍋のレシピを藤井恵先生が紹介

大根鍋

こんにちは。 料理研究家の河瀬璃菜です。 冬将軍が襲来し、凍えるような寒い日が続いていますね。 あまりに寒いので外に出るのが憂鬱……という人も多いのではないでしょうか。 こんな季節はやっぱり 「鍋」!ほっこり温かくて美味しい鍋って良いですよね。 私も鍋大好きなのですが、なんだかんだ材料をたくさん買わなくちゃ、出汁をしっかり取らなきゃ、という気がして時間とお金がかかってしまいがち……。 しかし、そんな皆さまに朗報です!基本の材料は豚肉と大根のみ、味付けはめんつゆで超簡単にできる 「豚バラ大根のミルフィーユ鍋」を紹介します! 白菜もいいけど、大根も格別に美味しいですよ。 美味しい〆も3種類紹介していますので、最後まで美味しく召し上がれ!大根の大量消費にもオススメです。 豚バラ大根のミルフィーユ鍋 材料(2~3人分)• 豚バラ薄切り肉・・・500g• 生姜(すりおろし)・・・1かけ• にんにく(すりおろし)・・・1かけ• 豆苗・・・・適量• 白髪ねぎ・・・適量• ゆず・・・お好みで• めんつゆ(2倍希釈)・・・・大さじ5• 酒・・・200cc• 塩・・・ひとつまみ 作り方 1. 大根は半分に切り、皮をむいたら、ピーラーで薄くスライスする。 ゆずは輪切りにする。 豆苗はざく切りにする。 鍋に大根、豚バラ薄切り肉を重ねるように並べ、めんつゆ、酒、生姜、にんにくを入れ、蓋をして火にかける。 沸騰したら弱火で15分加熱する。 2を塩で味を調える。 豆苗、白髪ねぎ、ゆずをのせる。 お好みでごま油や黒胡椒、七味をふる。 大根からジュワッと出た旨味と豚肉の脂の甘みがマッチした絶品鍋の完成です! こんなに簡単なのに、こんなに美味しくていいの?とさえ思います。 酒を多めに使っていますが、熱している内にアルコールは飛んでしまうので、お酒が弱い方でも美味しく食べられますよ。 ・やきのこ類を入れるのもオススメです。 ・今回はめんつゆで作りましたが、 鶏ガラスープの素や顆粒だしでも美味しく作れます。 その際は水分量などを調整してくださいね。 美味しさのあまり、作ったそばからあっという間に消えてしまう豚バラ大根鍋。 〆はご飯も美味しいけど、今回はちょっと変わり種を紹介します! オススメの〆 その1:焼き餅 1つめは焼き餅。 トースターでカリっと焼いたお餅を鍋に入れるだけです! 出汁を吸った大根や豆苗、白髪ねぎが餅に絡み合って、これがまあ美味しいこと美味しいこと……! オススメの〆 その2:春雨 2つめは、特にダイエット中の人にオススメな春雨!個人的には、春雨の種類は緑豆春雨を推します。 緑豆春雨はGI値が低く(=食後の血糖値上昇がゆるやか)、食物繊維が豊富かつ腸内で膨らんでくれます。 その結果、満腹感につながり、ダイエットのサポートをしてくれますよ! オススメの〆 その3:すいとん ご飯も麺も春雨も餅も、何もない!!!という時、「すいとん」はいかがでしょう? と片栗粉を3:1の割合で混ぜ、塩を入れたら、水を少しずつ加えていき、耳たぶくらいの硬さになるまでこねたら生地の完成。 あとはちぎって鍋に入れ、浮いてくるまで待つだけ! ちゅるんとモチっとしたすいとんは、食べ応えもあって美味しい!家に何もないよーというときにも簡単に作れてオススメです。 材料はシンプルなのに激ウマな「豚バラ大根のミルフィーユ鍋」、一度作るとヘビロテ間違いなしです。 ぜひ作ってみてくださいね! 著者プロフィール.

次の

大根大量消費!マンネリメニュー離脱!

大根鍋

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム• 作り方• 1 豚肉は2~3等分に切る。 2 ごぼうは皮をむいてささがきにし、水にさらして水気をよくきる。 3 にんじんは皮をむいて、ささがきにする。 4 大根は皮をむき、縦5mm~1cm幅に深めの切り込みを入れ、ピーラーで麺のように薄く削る。 5 せりは5~6cm長さに切る。 6 だし汁と[A]を合わせておく。 7 鍋に[6] を入れて熱し、ごぼうとにんじんを入れる。 8 ごぼうとにんじんに火が通ったら、豚肉を重ならないように加え、煮立ったらアクを取る。 9 大根を加え煮すぎないように火を通す。 火を止め、せりを加える。 10 器に盛り、万能ねぎをちらす。 好みですだちやゆずを絞り、七味やゆずこしょうでいただく。

次の

大根の下茹で方法と時間は?おでんで必要?圧力鍋・レンジのやり方や米を解説

大根鍋

最近のスーパーなどで販売されている大根はそんなに多くの苦み成分を含んでいません。 そのためカットしてそのままサラダとしても食べられる美味しさが特徴です。 下茹でしないと必ずしも食べられない訳ではありません。 大根が極端に嫌いでなければ、下茹でしなくても十分美味しい大根を味わうことができます。 大根を下茹でしなければ 調理時間の短縮にもつながります。 毎日の献立を作るのに下茹でをしている時間がない場合には、下茹でをする必要はありません。 しかしおでんなどだしの風味を味わいたいような料理を作る場合には、 下茹でした方がより美味しい料理に仕上がります。 また下茹ですることで 大根の甘みを引き出すこともできます。 大根の下茹で時間を短縮する方法は、 面取り、隠し包丁、皮のむき方、そしてとぎ汁の使用です。 面取りすることで 表面積を大きくすることができるため、全体に火が通りやすくなります。 隠し包丁で大根の内部にお湯が浸透しやすくすることで 内部まで火を通す時間の短縮につながります。 皮は、少し厚めに剥くのがポイントです。 大根は外側の繊維が固く、内側の繊維は比較的柔らかいのが特徴です。 固い部分の箇所を少なくすることで 火の通りの時間を短縮することができます。 とぎ汁の効果はあく取りですが、あくを早めに確実に取ることで柔らかくなる時間が早くなります。 大根のジアスターゼととぎ汁のデンプンが糖分に変化します。 これが大根を柔らかくする効果につながります。 より美味しさも増すメリットもあります。 サラダや刺身のツマ、大根おろしや煮物やおでんなど和食に大活躍の野菜が大根です。 味のしみこんだ大根はとても美味しい食材です。 煮物にする際には大 根を下茹ですると一層美味しい大根料理を作ることができます。 大根の下茹ではあくを取ったり、味をしみこませたり、甘みを抽出する役割があります。 また 透明な大根に下げるなど見た目をよくする効果もあります。 大根の下茹では時間のかかる工程ですが、 電子レンジや圧力鍋を利用すると時間を短縮することができます。 忙しい場合や手軽に下茹でしたい場合におすすめです。 大根を下茹ですることで大根の美味しさを感じることができます。 大根を下茹でして、美味しい大根をさらに美味しく食べてみましょう。

次の