渡くんの××が崩壊寸前。 渡くんの××が崩壊寸前

渡くんの××が崩壊寸前

渡くんの××が崩壊寸前

感想 いま、個人的に 超イチオシのラ漫画があります。 そう、それがで好評連載中の 『』(先生)である。 正直、週刊で読みたいよーと思うくらい続きが気になる漫画です。 <関連記事> 以前にも、おすすめのラ記事で『』について触れましたけど、この作品の魅力はラ的ニヤニヤ度も一級品でありながら、 非常に読ませる漫画 になっている点です。 『』は、 ラというよりサスペンスというコメントを頂いたりもしたのですが、まさにそのとおりでしょう。 1話からまだ完全には明かされていない設定があったり、主人公やヒロインたちにトラウマや影があったり。 いつ爆弾の導火線に火が点いてしまうんだろう?と読んでいて思わず手に汗握ってしまうのです。 まぁ、そこが面白いところなんですけどね! というわけで。 前回の感想では 石原さんがあまりにかわいいせいで、理性が崩壊しまくった話しか出来なかったので、今回は少し作品について語りたい。 幼なじみヒロインの館花砂月 幼なじみヒロインの館花紗月 ラサスペンスと言わしめる本作ですが、物語の骨子となる設定軸は、金髪ヒロインと黒髪ヒロインの が主人公の渡くんを巡ってラブがコメるという、ラ超ド定番の三角関係ものである。 ) で、ファーストヒロインがどちらかというと、これまた王道。 近年のラ界で安心と信頼の勝ちヒロイン属性と言われた、 金髪ヒロインの紗月の方です。 ちなみに主人公渡くんの幼なじみです。 えっ?幼なじみはだって?なるほど。 確かにな。 近年のラは幼なじみに優しくないもんな。 なんであんなに幼なじみって報われないんだろうな。 泣きたくなってくるよな。 わかる。 わかるよ。 その気持ち! 電光石火のキスである。 だがしかし!幼なじみの皆々様も安心してほしい。 紗月はただの幼なじみではありません。 6年前、両想いだと想っていたほどの仲(少なくとも渡くんはそんな期待を持っていた)だったのに、突如渡くんの家の畑を荒らして姿を消し、また突如として渡くんの前に現れた 再会型の幼なじみなのである。 幼なじみヒロインと言えども、再会型は勝率高いからね。 ソースは『』。 いや、あれはちょっと違うか。 桐崎さんも小野寺さんもどっちも幼なじみだもんな。 というか、あの作品を参考文献にしてしまうこと自体に問題があったな。 ごめんなさい。 (おい) それはそれとして。 もっとも注目すべきは、再会してすぐに紗月が 電光石火のキスを決めるところですよ。 ラにおけるキスは超重要なんだぜ。 で胸に触ってしまうとか、もっと凄いことしてしまうとか、まぁよくあることですが、 ラではキスの扱いは非常に大きいのです。 末期のラスキーの中には、 「キスまでの距離」=「主人公とヒロインの距離」説を唱える者もいるくらいですからね。 要するにラにおけるキスはそのくらい超重要イベントなのである。 黒髪ヒロインの大天使石原紫さんはかわいい! 大天使・石原さん その証拠に、我らが大天使にして、至高の黒髪ヒロインであらせられる石原さんと渡くんは まだキスをしていません。 しかも、 石原さんと渡くんは付き合っているのにだぜ!びっくりしちゃうよな! 石原さんは本当にかわいいんだ。 学園マドンナ級の美少女にして、大正義黒髪清楚ヒロイン。 一途で、まじめで、Fカップで、好きな人のために苦手な料理も頑張る、完全無欠の誰もが憧れる理想の存在。 要するに、 こんな彼女が欲しかった2018断トツ優勝のかわいさ力を持つヒロインってワケ。 でも、悲しいかな。 の理想的ヒロイン像はラ文脈からいくと、完全に約束された二番手ヒロインなのである。 有体に言えば、 最後に涙を流す女の子なのです。 キーボードを叩きながら軽く死にたくなってくるな! 石原さんのかわいいところを挙げたらキリがありません。 渡くんが風邪を引けば勇気を出してお見舞いにきたり、 「渡くんが早く元気になりますように」と神社でお参りしたり。 一途に渡くんを想う石原さんの姿は、ハッキリ言って胸キュンCを禁じ得ないレベル。 石原さんペロペロ。 石原さんの告白 中でも、 渡くんに告白する石原さんには胸が熱くなったね。 一度「ごめん」と言われたにも関わらず、 「そうやってなんでも真剣に考えてくれる渡くんがいい」と、迷惑でないなら「お試しでもいい」と、一歩も引かずに想いを打ち明ける姿は最高に輝いていました。 そして、渡くんと石原さんは付き合うことになり、確かにラブラブなわけですが、それでもやはりどこか石原さんの中では 紗月の存在が気にかかってしまうのです。 紗月自身は 「私と直君は幼なじみ以上には絶対ならない」と言っているけれど、それでも紗月が自分の本当の気持ちに気付いてしまったら、 渡くんを取られてしまう... そして・・・ 焦る石原さん お布団イベントである。 紗月の存在に焦る石原さんは、 「していいよ」と渡くんを誘ってしまうのでした。 石原さん、焦り過ぎィィィ!(ガッツボーズ) しかも、それ以前にも色々と先走り、なにを思ったのかゴムを買い始め、大事そうに抱えながら渡くんとの夏のロマンスをひとりでに期待したりと、なかなかにな部分が見え隠れしてくるのだ。 まだキスもしてないんだぜ!(2回目) 石原さん派としては「うおぉぉぉぉ!」と盛り上がるものの、もちろん渡くん自体がラ工場謹製のチェリーボーイ主人公なので 事は起きず... でお布団イベントは一応収束します。 ただ、「キスできたら最高」とか言ってる渡くんと完全にやる気になってしまっていた石原さんとの すれ違いはやっぱりどうしても感じてしまうわけで。 渡くんだけは 他の男の子と違うから 男性視点で見ると、渡くん最後まで行けよ!と思ってしまうのは自明なわけですが、かつての石原さんが 「男の子の理想」として渡くんを見ていたことが、渡くんにブレーキを掛けてしまったのだから、仕方なさもあるんですよね。 石原さんも渡くんもお互いのことを 「憧れ・理想の人」だと思ってるから、すれ違ってしまう。 加えて、紗月の存在も絡まってくると、もう どこで爆弾が爆発するかわからなくなってくるんで、もうお手上げです。 いま、渡くんと付き合っているのは石原さんなのに...。 石原さんが大勝利中なのに...。 手放しで安心できないんだってばよ!渡くんと石原さんのイチャイチャシーンを見ていると、波乱が起こる前の静けさみたいなものを感じてしまうのさ。 ワハハ。 泣いちゃう。 やっぱり、石原さんは約束された二番手なのかなって。 石原さんエンドはないのかなって。 紗月が自分の気持ちを自覚したら、石原さんにとって幸せな時間の全てがひっくり返されるのかなって。 だって、紗月自身は、「もう私に優しくしなくていい」とか、恋人になりたいわけではないとか言っているけど、 どう見ても渡くんに好意がありますから。 Likeではなく、Loveの意味でね。 ただ、自覚をしていないだけ。 いや、大事なものを壊してしまうのが怖いから無自覚でいようとしているのか。 あるいは両方か。 きっと、 紗月が「家族」とトラブルを抱えている描写があるのもフラグ。 間違いなく6年前の畑事件にも関与してくる話だし、紗月の「愛」の感情にやや危うさを覚えるのも、紗月が抱える問題の根底に 「家族愛」が絡んでいる からでしょうな。 加えて、 渡くんも紗月がトラウマで「恋愛」に臆病になっている面があるから、どうしても物語的に紗月と渡くんが結ばれるのが綺麗なように思えてしまう。 いや、実際綺麗でしょう。 でもね!不思議なことに、最近の展開を見ていると、果たして そんな単純にいくのだろうか?という気持ちが自分の中で芽生えてきたのである。 なんだろう... 最初は僕も紗月エンドだろうなと思いましたよ。 正直、石原さんエンドのビジョンは見えませんでした。 散々言ってきたとおり、2番手ヒロインだと思ってました。 だがな、ハッキリと言わせてもらおう! 石原さんエンドは大いにありうるよ!(断言) 作品テーマから見るヒロインレースの結末 最新33話の石原さん 石原さんが覚醒した! 今まで焦りに焦って、勝手にひとりでをしてしまっていた石原さんが渡くんにこう言うのです。 私また1人で勝手に焦っちゃって... 変だよね........ せっかく渡くんに「好き」って言ってもらえたのに なんでかな 私前よりも欲張りになってるみたい もっと一緒にいられたらいいのにって またしても 紗月の存在が気になり、渡くんに「家にお昼ごはんを食べに来ない?」と誘ってしまう石原さんだが、同時に自分が焦ってしまっていることを渡くんに伝えるのである。 そして、どんな名医でも治せない不治の病「シスコン」を患っていた渡くんが妹の鈴との約束ではなく、石原さんの方に歩み寄る。 石原さんとの恋愛を通して、渡くんが 妹への依存から脱却しようとしているのですよ。 もはや、感無量というほかありません。 もちろん、両親のいない2人にとってそれは兄弟愛ではあるけれど、ある種の 依存でもあった。 そして、それが問題であることを渡くん自身も自覚していた。 しかし、石原さんと付き合うことになってからの渡くんを見ると、少しずつ 妹離れが果たされつつあるのかもしれません。 しかも、畑荒らしと突然の別れという紗月事件によって、どこか 「恋愛」にトラウマを抱えていた節のある渡くんが、今まで受け止められずにいた石原さんの「愛」を受け止めようとしているのもポイントである。 徐々に 2人のすれ違いは埋まってきているのかもしれんな。 確かに石原さんの「愛」は重い。 でも、 想いは重い方が良いに決まってるのです。 特に渡くんみたいなタイプにはね。 お互いにお互いへ理想を抱き合っているが故に、これからも石原さんと渡くんは たくさんすれ違うかもしれない。 でも、そういうすれ違いを乗り越えて、お互いの 「本当」を知っていく。 時間を重ねて、渡くんも石原さんも本当の 「愛情」を受け止められるようになる。 それもまた作品として ハッピーエンドだと思うね。 ついつい、ラ読者(自分含め)はラ的文脈だとか、金髪・黒髪みたいな設定的な面で邪推してしまうけれど、 付き合ってから時間をかけてお互いを知っていくというのも一つの王道でしょう。 信じ合える喜びも 傷つけ合う悲しみもいつかありのままに 愛せるように. ですよ!渡くんを昔のトラウマから解放出来るのは決して、 紗月の専売特許じゃあない。 つまり、なにが言いたいかと言えば、 紗月エンドでも石原さんエンドでも物語は綺麗に収束するってことです。 紗月との家族愛エンドになろうとも、石原さんとの純愛エンドになろうとも、主人公渡くんの物語としてきちんと まっすぐ一本線が引かれたお話になる。 だ・か・ら! 石原さんにハッピーエンドを! 最後まで信じてるぜ!石原さんが笑顔のままでいられる、そんな 理想の結末を!今、最高に手に汗握るおすすめのラ漫画なので超おすすめです! huwahuwa014.

次の

『渡くんのxxが崩壊寸前』7巻感想:今の所案外しっかり青春劇場

渡くんの××が崩壊寸前

電子書籍を探す• 「最悪の幼なじみの」「憧れの同級生」「ブラコンの妹」の3人の女性に主人公・渡直人が振り回される! 著者紹介 鳴見なる なるみなる 登場人物• 渡 直人 高校2年生。 シスコンで何事につけても妹が最優先。 だから部活にも入っていない。 両親は2年前に他界したため、叔母・多摩代の家で生活している。 館花紗月 高校2年生。 直人の幼なじみで、最近信州から同じ学校に転校してきた。 子どもの頃、直人が大切にしていた畑をめちゃくちゃにしたせいで、嫌われている。 石原 紫 高校2年生。 男子生徒が憧れるマドンナ的存在。 直人と同じ美化委員で、おっぱいは大きいらしい。 直人に気はあるが、いまひとつ積極的になれない。 渡 鈴白 小学4年生。 お兄ちゃんが大好きで、直人が他の女性と一緒にいたりするのが許せない。 家の庭を畑にして野菜を育てようとしている。 頭はいい。 渡多摩代 28歳。 直人の叔母。 作家的な仕事をしているらしく美人の編集者がよく家に来る。 生体は謎に包まれている。 Twitter.

次の

渡くんの××が崩壊寸前(1) (ヤングマガジンコミックス)

渡くんの××が崩壊寸前

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 『』()で2014年9月号から2015年7月号まで連載。 その後、『』()に移籍して、で2015年No. 12から連載中。 あらすじ [ ] 2年前に両親を亡くした渡直人は幼なじみで畑あらしである館花紗月に6年ぶりに再会する。 彼女の言動に振り回される渡直人、直人に思いを寄せる石原紫、アルバイト先で再開した中学校時代の後輩・梅澤真輝奈。 いびつな、そして狂った崩壊寸前のラブコメが始まる。 登場人物 [ ] 渡 直人(わたり なおと) 16歳、高校2年生。 2年前に両親と死別し 、妹とともに親戚中を渡り歩いたすえに、1か月前から東京郊外に住む叔母・多摩代と同居するようになる。 シスコンであり妹を溺愛し、日常は「妹」が中心 と語る。 気弱な性格で決断力がない。 館花 紗月(たちばな さつき) 16歳。 直人が信州に住んでいたころの幼なじみで、6年後に同じ高校のC組に転校してきたことで再会を果たす。 直人と鈴白が大切にしていた畑を荒らした ことで、直人からは警戒されている。 真相は不明。 やがて直人への好意を自覚してからは、直人に思わせぶりな態度を取り、困惑させている。 元農家の娘。 長野の松本にある旅館の娘で、不良のような兄がいる。 石原 紫(いしはら ゆかり) 16歳、高校2年生。 作中冒頭から直人に好意を抱いており度々関わってはいたが、クラス旅行をきっかけに自身の好意を完全に自覚する。 紗月に対してはライバルとして認識しており、彼女の言動に主人公と同様に度々振り回され、精神的に病む傾向にある。 渡 鈴白(わたり すずしろ) 10歳、小学4年生。 直人の妹。 大の甘えん坊で、直人にとっては悩みの種である。 実は大人びている。 徳井(とくい) 男子。 学校でよく直人と話をしている。 石原と幼馴染みで度々相談を持ちかけられる。 渡 多摩代(わたり たまよ) 28歳、父方の叔母。 1日の大半を自室で過ごし、働きに出ている様子はなく頻繁に編集者が家に出入りしている。 静間(しずま) 多摩代の担当編集者。 梅澤 真輝奈(うめざわ まきな) 聖ソラリナ女学院の1年生。 直人の中学時代の陸上部の後輩。 直人を意識している。 陸上の推薦で高校に進学したが、サボり気味で部員から浮いている。 書誌情報 [ ]• 発売、• 発売、• 2016年発売、• 発売、• 2017年発売、• 発売、• 2018年発売、• 発売、• 2019年発売、 出典 [ ]• 第1巻10頁• 第1巻11頁• 第1巻9頁• 第1巻80頁• 第1巻100頁• 第1巻14頁 外部リンク [ ]•

次の