スジエビ 飼育。 スジエビ

スジエビの飼育方法

スジエビ 飼育

スジエビは冬にはいなくなる スジエビはタナゴの貴重な生き餌 自宅近くの用水路でスジエビを採集したのは去年の秋ごろのことです。 わずか30分ほどの採集作業で簡単に100匹以上の採集ができました。 採集したスジエビを水槽に入れればすぐにパクパクと食べて、一週間たてばスジエビはすっかりいなくなってしまいました。 タナゴにとってはスジエビは大好物であったということです。 水槽で飼育していると生き餌を与えるのはなかなか難しいのでよい生き餌ということになります。 そのせいか知りませんが、水槽で飼育すると少しずつやせていくタナゴがプリプリ元気な状態でした。 近くの用水路にスジエビはいない 去年にスジエビを与えてから結構な期間が経過しているので、そろそろ生き餌を与えようと思って近くの用水路に行ってみました。 冬場は極端に水が減っている時期がありましたが、本日は極端な減少はありません。 藻はあまりない状態です。 スジエビは藻に隠れているので藻が少ないということはスジエビもいないかもしれません。 用水路に到着して「ガサガサ」とやりましたが、スジエビは入りません。 昨年は、一度ガサガサをすれば20~30匹ぐらいは採集できましたが、いくらやってもゼロです。 一瞬、「去年採集しすぎた」というのが頭をよぎりましたが、そんなに簡単にいなくなるわけがありません。 季節的な要因かなというところです。 桂川にもスジエビはいなかった 近くの用水路にいなくても水量の多い桂川まで足を延ばせばスジエビは採集できるのではと考えて、今にも雨が降りそうな天候の中桂川に行きました。 この時期に桂川に来ることはあまりなかったのですが、来てみると水辺にある草などがあまりない状態になっていました。 この風景を見た瞬間、「桂川にもスジエビはいない」かもというのが頭をよぎりました。 季節的な要因で水際の草は枯れてない状態でした。 よく考えてみれば当然なのですが、スジエビの隠れるような場所は見当たりません。 雨が降りそうな日でしたが、ヘラ釣りの人やバス釣りの人はいました。 数は少ないけど釣れるのでしょうね。 折角来たので水際の障害物がありそうなところで「ガサガサ」をやってみました。 予想通り何も入りません。 何か所かやってみましたが、同じです。 考えてみれば桂川に来るのって早くてもGWぐらいでこの時期には来たことはありませんでした。 スジエビよ、どこに行ったという感じです。 スジエビはどこか深場にいったかもしれません、温かい時期と同じ採取方法では摂れないということでしょう。 スジエビは冬眠するの? 冬というか春近くという季節になっても川でスジエビを採集することができないので、スジエビは冬に冬眠するのかについて調べてみました。 スジエビの寿命は1年ではなく2~3年生きるはずなのでどこかで越冬しているはずです。 調べて見るとスジエビは冬眠しないようです。 冬にスジエビの採集がしにくくなるのは、寿命を迎える個体がいて絶対数が減るということと隠れるための草木が枯れてしまうので簡単には採集できなくなります。 冬にスジエビが採集できる場所を見つけるのも困難になります。 冬から春になって川沿いの草木が少しずつ増えてきたら徐々にスジエビも戻ってくるでしょう。 スジエビがもっとも多く採集できるのは繫殖が始まる夏以降です。 スジエビをコンスタントに提供するには飼育しないといけない 近くの用水路でも桂川でもスジエビを採集することはできませんでした。 スジエビの寿命は1年ではなく2~3年なのですべて死に絶えたというわけではありません。 スジエビが溜まっているところがあると思うのでその場所を探し出せば採集はできるかもしれません。 ただ、これは結構難易度が高いかなと思います。 まず、どの当たりか検討がつきません。 それに網を入れることが可能な場所かもわかりません。 となると選択肢は3つ 1)ネットで購入をするまたは赤虫などの別の生き餌を与える 2)生き餌は与えずにスジエビが採集できない時は配合餌のみにする 3)餌用のスジエビを飼育する もっとも無難なところだと「2」です。 タナゴの飼育に必ず生き餌は必要というわけではないので。 「ネットで買う」となるとタナゴの飼育にお金が掛かりすぎです。 あり得なくはないと思うのが、「3」です。 別に1つ水槽を立ち上げないといけなく管理の手間が増えますが。 「エビ水槽」を立ち上げてそれでスジエビを飼育してそこから少しずつスジエビをあげれば、冬でスジエビが採集できない時期も生き餌が供給できるということです。 スジエビの飼育の難易度はどんなものなのかというのはわかりませんが。 ミニチュアビオトープにしてメダカも合わせて飼育してもいいかもですね。

次の

スジエビ飼育について

スジエビ 飼育

スジエビとミナミヌマエビの違い(体型、爪、大きさ、目、体色) スジエビとミナミヌマエビの体型の違いですが、スジエビは尾が曲がっているのが大きな特徴でしょう。 大きさは、私が獲ってきたスジエビの最大サイズはかるく5cm以上なので、ミナミヌマエビの最大3cm前後とは大きな違いです。 5cm以上のスジエビを獲ってきたときは産卵期でもあったためか、大型はほとんど抱卵してましたね。 あと、スジエビの目は横に飛び出ているので、ミナミヌマエビの目とは全然違います。 スジエビの体色は、透明しか見たことがありません。 泥沼で捕まえたスジエビでも透明です。 鑑賞魚としてはつまんないかも。 スジエビとミナミヌマエビの混泳 スジエビとミナミヌマエビを同じ水槽で混泳させるのは避けましょう。 スジエビは肉食なので、間違いなくスジエビはミナミヌマエビを捕食します。 スジエビはミナミヌマエビと違って、前足に見える程度のハサミがありますので、素早く動くものを捕らえるんです。 ということで、スジエビとミナミヌマエビの混泳はタブーです。 スジエビは海釣りの活き餌にはもってこい!? はい!スジエビは海釣りの活き餌として、釣り具屋でも販売しています。 東京湾ではシーバス、クロダイ、メバル、カサゴ、アイナメがスジエビで釣れます。 ミナミヌマエビよりもスジエビの方が釣り餌には向いてるので、本当はスジエビを飼育して繁殖させたいんです(私、海釣りやってますから)。 アオイソメやゴカイなどの虫エサよりも、エビの活き餌の方が魚の反応が抜群にいいんです。 スジエビの繁殖はむずかしい!? はい、スジエビの繁殖はミナミヌマエビのように簡単にはいきません。 スジエビは産卵して孵化すると、ゾエア幼生というエビの形をしていない微生物のような子供になるんです。 このゾエア幼生の飼育がたいへんだそうなんです。 ミナミヌマエビの稚エビは放っておいても水槽ガラス面の苔を食べてくれるので餌の心配はほとんどないのですが、スジエビの子供「ゾエア幼生」は微生物を食べるので、微生物がよく繁殖する管理された水槽でなければ死んでしまうんです。 スジエビの繁殖は難しいですよ。 今日もありがとうございました。 ブログランキングに参加中です。

次の

ミナミヌマエビの飼育・育て方・導入【ミナミヌマエビの飼い方】

スジエビ 飼育

ドジョウ編でも書きましたが、小さい頃に、川や池沼に網をもって魚捕りに行き、エビが捕れてもあまりうれしくありませんでした。 エビはドジョウよりもはるかに脇役でして、コイやフナ、モロコ、ザリガニなどが主役扱いであり、これらの水生生物が捕れたほうがうれしかった記憶があります。 飼育も雑で、ザリガニと同類にしか見えませんでしたけど、一緒に入れてはいけないんだろうなと何となく思っておりました。 魚でもないので魚と一緒に入れようか迷いましたし、扱いに困ったという感じでした。 水替えもしないですし、エサもきちんと与えたということは記憶にありません。 やはり、そのような飼育をしていると結果的にいつの間にか、いなくなっているなんてことになっていました。 そうして、月日は流れ、大人になり、エビのことは忘れていました。 そしてビオトープ立ち上げる時に、 メダカやタニシ、ドジョウと混泳できる生き物を探していたときのこと。 ミナミヌマエビやヤマトヌマエビを見つけたのです。 また、これらのエビが苔とり能力(スジエビ除く)を備えており、ビオトープで重要な役割を持っていることもわかりました。 こうして再び、私はエビを飼うことになりました。 失敗談交えて少しでも参考になればと思い、この記事を書きましたので、覗いてみてください。 主な種類として、テナガエビ科、ヌマエビ科、ザリガニ科などがわけられます。 テナガエビ(手長蝦)は、テナガエビ、ヒラテテナガエビ、ミナミテナガエビ、スジエビなど、熱帯・温帯の淡水域や汽水域に生息する大型のエビです。 第1歩脚(だいいちほきゃく、頭から数えて最初の足)は小さめで、第2歩脚(だいにほきゃく、頭から数えて二番目の足)だけが、獲物を襲う脚として、他の脚に比べてとても長いのが特徴です。 肉食寄りの雑食性です。 ヌマエビは、ヌマエビ、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビなど、熱帯から温帯の淡水域に生息するエビを含む分類群です。 第1、第2歩脚の2対は同じ位の大きさで、先に毛が密生してブラシ状になっています。 いわゆる「ツマツマ」している脚です。 草食寄りの雑食性です。 写真は我が家のミナミヌマエビです。 これは、何か棲んでいる水質に変化があった時にシグナルです。 この時点では混泳しているメダカやドジョウ、タニシなどは生きておりますが、これを放置してしまうと、最悪の場合、容器内の水棲生物が全部死んでしまうこともありえます。 原因としては、以下の通りです。 ・水替えによる水温変化や 酸性アルカリ性の傾きによる ショック死 ・足し水の塩素(カルキ)抜き忘れ ・夏の水温上昇 ・エサのやり過ぎによる アンモニア濃度(毒)の上昇 ・水質調整剤による 水質変化に伴うショック死 我が家では以前に水質調整剤を使用してみたところ、その容器内のミナミヌマエビが一晩で全滅してしまった苦い思い出があります。 もちろん水質調整剤を否定しているわけではなく、使用方法を気を付けなければいけなかった事例ということです。 全替えは春先のみ。 チョウセンブナ、ギンブナ、金魚、マドジョウなどの魚と混泳するといつの間にかいなくなってしまいます。 これらの魚にエサを十分に与えている状態だとエビは捕食されにくいのですが、エサが足りなくなると、エビが格好の捕食対象になってしまいます。 かといって、エサを与えすぎると水が汚れてしまい、結局はエビのに影響を与えてしまい、死んでしまいます。 ・スジエビとミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビの混泳は、スジエビが捕食してしまうのでやめておいたほうがいいです。

次の