植物 育て方。 【保存版】多肉植物の育て方。水やり&基本の寄せ植え方法

観葉植物の育て方。初心者向けに基本~応用までの育て方のコツをご紹介!

植物 育て方

さまざまな住宅事情から、観葉植物にとって望ましい光線がえられる環境は少ないですよね。 室内で楽しめるからこそ、適した明るさの場所で育てると元気に育てることができます。 日照不足(光線不足)になりますと、ひょろひょろっとした株になったりします。 まず観葉植物を選ぶコツとして「明るい」=明るい場所を好む植物/「半日陰」=半日陰な場所でもOK/「日陰」=案外暗めな場所でも大丈夫/を簡単に検索できますし、冬場、越冬温度により、寒さに強いか弱いかがすぐわかります。 しかし、室内で育てるようになさってください。 それぞれの観葉植物の適性な空間でお育ていただくことで、元気な状態で観葉植物をお育ていただけます。 明るさや最低気温などに考慮して、飾る観葉植物にとって適した良い環境に是非、飾っていただき、毎日を楽しく素敵にお過ごしいただけましたら幸いです。 是非、観葉植物の育て方 「観葉植物Dictionary」をご活用いただけましたら幸いでございます。 観葉植物の特性を知ろう。 それぞれ観葉植物の特性を知ることで飾る場所が変わってきます。 本来、観葉植物は、熱帯性原産のものが多く、ジャングルって20〜30m位の大きな大きな植物や、その大きな大きな植物の下で生育している植物や、さらにその植物の下、いわゆるあまり日光が他の大きな植物にさえぎられて届かないような場所で生育している植物まで、いろんな植物が存在します。 その生育場所によってそれそれの植物は、独自の進化をしてその環境下でも、十分、育つことができるように進化してきました。 本来、直射日光が好きな植物を、暗い場所で生育させようとした場合、やっぱり、その植物本来の生育環境と似ていないため弱ってきたり枯れてきたりしてしまいます。 品種の特性をわかった上で、置き場所を考えて飾ってあげると、嬉しそうに、いつも元気でいてくれると思いますし、やっぱり管理が楽になりますよね。 観葉植物の置き場所は、観葉植物を育てるうえで大事な要素になりまして、基本的に光・温度・水が3要素になります。 それぞれの観葉植物の特性によって、飾る場所を考えて設置していただくと観葉植物の長持ち度合いが変わってきます。 観葉植物は、原産地での育っている環境によって、明るい場所を好む観葉植物、半日陰でも育つ観葉植物などと、好む光の具合が異なります。 また、水の具合も、サボテンのように砂漠地域でも育つ観葉植物であれば、水やりの頻度が少なくて良かったり等、水の具合も観葉植物の種類によって異なりますので、それぞれの観葉植物の種類に応じて、育て方が異なります。 観葉植物は常に蒸散作用により葉から湿気を出し、冬場は「生きた加湿器」の役割を担ってくれます。 また、夏場などは、反対に温度や湿度を下げ調節をしてくれます。 特に「葉っぱの大きい観葉植物」などは、葉っぱが大きい分、蒸散する面積が大きいので効果があります。 電器と違い、省エネできてしかもインテリアもアップするという一石二鳥のすぐれものなのです。 観葉植物や緑を室内やオフィスなどに飾ることにより、湿度調整作用を促してくれます。 植物が行う蒸散作用により、室内の湿度を、快適な状態に保ってくれます。 乾燥している状態のときは、湿度をおぎない、湿度が高い状態の場合は、蒸散される水分の量が減りますので、快適な湿度になります。 観葉植物の持つ安らぎ感や潤い感が、心をなごませ、精神を安定させてくれ、人間が本来持っているとされている自然治癒力を高めてくれ癒しの効果が生まれます。 NASAの研究結果からもサンスベリアやポトスなどは、室内においておくだけで空気浄化をする結果が出ております。 「根を活発に動かさない」ということは、あまり、水を吸わなくなってしまうということに、つながってきます。 ですので、冬場に、水を必要以上に、あげていると、ただでさえ働きが鈍くなり、あまり水を吸収したくない状態になっているのに、水が入ってきますので、鉢の中の土が過湿になってしまい根腐れを早く起こしやすくなります。 ゆえに、「水やりを控える=乾燥気味にする」というのが、水やりのコツです。 水やりの目安としまして、冬場は、飾っている場所にもよりますが、7〜10日に1回程度の水やりの目安になります。 また、冬場、観葉植物は、「働きが鈍くなる」ので、暖かく、明るい場所に置いてあげてください。 なるべく、夜は、温度格差の少ない場所に、移動しておいてあげると良いです。 光が入らない場所や定期的に人がいない場所などは人工観葉植物で代用も効果的。 どうしても光が入らない場所や日頃から暗い場所や夜間営業の飲食店などのように日頃から暗くしておかないといけない場所でもやっぱりグリーンを置きたい場合、人工観葉植物も効果的です。 生きている観葉植物を飾る場合は、どうしても定期的に葉落ちが進んだり元気がなくなってきますので、交換が必要になります。 ただし、やはりそのような場所でも生の観葉植物を飾りたいということもありますので、その場合は、定期的に交換していく切り花や生け花のような感覚で観葉植物を飾るようにします。 定期的に人がいないオフィスの会議室などに観葉植物を飾りたい場合でも人工観葉植物を、代用するのも有効です。 生きた観葉植物の場合、水やりを忘れて傷んでいた状態で、お客様が入ってきた場合、やはり印象が良くない場合もありますので。 光触媒の人工観葉植物でしたら、空気も綺麗になるインテリアです。 観葉植物の図鑑としてもご利用いただけましたら幸いです。

次の

ベランダで楽しむ観葉植物10選!屋外で植木にできる種類は?

植物 育て方

スポンサーリンク 観葉植物ホヤの種類 ホヤ・ケリー 出典: ハートの形の葉が特徴的で、一枚だけ鉢に挿した姿でバレンタインデーなどに出回ります。 ホヤ・カルサーノ サクラランとも呼ばれ、淡いピンクの可愛らしい花をつけます。 ホヤ・セルペンス 出典: 蔓状で丸みのある小さな葉がつきます。 インテリアグリーンとして大変人気があります。 観葉植物ホヤの育て方 水やり 乾燥に強い植物です。 多肉質なので水のやりすぎには注意しましょう。 春から夏は成長が早まる時期なので、土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。 高音多湿の環境を好むので、霧吹きなどで株全体を濡らしてください。 冬場はやや控えめにし、土が中まで完全に乾いてからあげます。 水をたりすぎると根腐れを起こすことがあります。 鉢皿に水が溜まっていたら必ず捨ててください。 ホヤは根にダメージを受けると、成長に影響します。 湿らせすぎないように気をつけてください。 スポンサーリンク つきやすい害虫や病気 カイガラムシに注意しましょう。 カイガラムシは年間を通して発生します。 葉や幹に寄生し養分を吸い取ってしまいいづれは枯れてしまいます。 見つけたら歯ブラシなどで擦り取るか、専用の殺虫剤で駆除しましょう 肥料 肥料は必ず必要なわけではありませんが、肥料をあげる場合は気候が穏やかな春から秋にあげてください。 希釈した液肥で構いません。 また、株が弱っていたり、葉にツヤがなく元気がないときには肥料を与えないでください。 株がショックを受けて枯れてしまうことがあります。 植え替え 根が回って、植え替えが必要な場合は、一回り大きな鉢に植え替えます。 古い土は落としてください。 古い土は取り除きますが、根が大変デリケートで根を傷つけてしまうと成長に影響が出ることがありますので、優しく扱ってください。 用土は市販の観葉植物用の土を使うのが便利ですが自分でブレンドする場合は小粒の赤玉土6:腐葉土4の割合が好ましいです。 土は柔らかくしてから使うようにしてください。 また、植え込む時は土を押しすぎず、空気を十分に含ませながら植えてください。 植え替えたら、水をたっぷりと与えてください。 置き場所 日当たりの良い場所で育てましょう。 しかし、真夏に直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こして傷むことがあるので、直射日光を避けて明るい場所が理想的です。 耐陰性があり日陰にも耐えることができますが、花が付きづらくなります。 花付きは気にせず、観葉植物として育てるならば日陰でも育ちます。 暑さには強く丈夫です。 温暖な土地に自生しているので生育のタイミングは暖かく保つようにしてください。 ホヤは寒さは苦手です。 屋外で栽培している場合は11月ごろには屋内に取り込むようにしてください。 寒い地域では、秋口には取り込む必要があるかもしれません。 霜や雪に当たってしまうとすぐにダメージを受けて枯れてしまいます。 スポンサーリンク ホヤの増やし方(挿し木) ホヤはさし木で増やすことができます。 適期は春頃が良いです。 まずは、枝を2節ほど切り落とします。 水を含んだバーミキュライトやピートモスに枝をさします。 発根まで、約1ヶ月かかります。 苗床が乾かないように注意しながら日陰で育てます。 根が出て植えつける際は、1本ではボリュームが出ず貧相な仕立てになってしまうので、3本くらい植え付けます。 ホヤの仕立て方 ホヤは一度花をつけた位置に毎年花をつけます。 花のついたツルは切らないようにしてください。 短いツルでも長く伸びると花をつけるので切らないようにしてください。 できるだけ長くツルを保つために、行灯仕立てにしたり吊り鉢にして下に垂れ下げて楽しみます。 茎も葉も肉厚なので、傷つけないように注意しながら仕立てます。 アサガオなどに利用する園芸用の行灯を使うと便利です。 もっと大きくなったらヘゴで仕立てることもできますが、慣れていないと非常に難しいので、園芸店などにお願いすると良いでしょう。 吊り鉢の場合は、水が切れやすいので注意が必要です。 また、吊り鉢を釣ることができない環境であればプランツスタンドをも利用できます。 スタンドであれば安定感もあり好きな場所で育てることができます。 ホヤの花の咲かせ方 特別な手入れは必要ありません。 水をしっかりあげて、日当たりの良い場所で育ててください。 ホヤはつる性なので、アイビーやワイヤープランツのようにぐんぐんと育つというイメージもありますが、非常に緩やかに成長します。 花をすぐに楽しみたい場合は、ツルが長く伸びていて花芽がついている株を購入しましょう。 花芽が蕾の時はわかりづらいと思いますので、花屋さんや園芸屋さんに相談してください。 近年流行しているハートホヤ ハート型の葉が一枚だけ刺さったハートホヤというものが多く出回るようになりました。 バレンタインなどに花屋の店頭や雑貨店で多く見受けられます。 ハートホヤと呼ばれていますが、正体はホヤ・カーリーです。 葉が刺さっているだけの状態なので発根する可能性はありますがツルを伸ばすまでにはならないことが多いです。 しかし、丈夫な性質なので、大切に育てると割合長く育てることが来ます。 管理は、通常のホヤと同じです。 デザインされた鉢やガラス、ブリキのポットで出回ることが多く鉢底に穴が空いていないことも多いです。 水やりは鉢底に穴が空いているか確認してから行ってください。 穴がある場合は、下から水が出るくらいたっぷりとあげます。 穴がない場合は、竹串などを挿しておいて保水状態を確認してください。 冬場はより控えめにしてください。 肥料は特に必要ありません。 日当たりは、直射日光を避け明るい場所で育てると長く楽しめます。 ホヤはキョウチクトウ科ですが、ガガイモ科で分類される場合もあります。 キョウチクトウ科とガガイモ科はとても近く、キョウチクトウ科にはパキポディウムやアデニウムが属しています。 ガガイモ科の多肉植物はとても個性的なものが多いです。 花姿が面白いだけではなく、花自体から腐臭のような匂いを放つものが多いです。 受粉のために、昆虫を寄せ付けるために強い匂いを放っていると言われています。 ちなみに、ホヤの花は甘い香りのするものが多く見られます。 ホヤはサクラランという名前で流通、販売されていることが多いです。 サクラランと呼ばれている品種は「ホヤ・カルサーノ」になります。 花が綺麗な桜色で、葉が肉厚でツヤがありランのようなのでそう呼ばれています。 実際のホヤは、品種によって様々な色や形の花が咲きます。

次の

【ガーデニング初心者さん向け】育てやすい植物を植えて自慢の庭を作ろう♪

植物 育て方

年間を通して室内で管理できますが、もともと熱帯地方が原産で日光を好むため、明るい場所に置いて育てるようにしましょう。 気温が20〜30度の環境下で活発に成長することから、春から秋の気温が高い時期は、屋外で栽培するのもよいでしょう。 ただし、急に強い光に当てると葉が変色してしまうので、徐々に移動して慣らすようにしてください。 耐寒性があり、霜があまり降りない地域であれば冬でも屋外で管理できます。 フェニックスの水やり 極度の乾燥が苦手なので、土の表面が乾いていたらたっぷりと水やりをしましょう。 特に夏の暑い時期は土の乾きが早いので、水切れにならないよう注意が必要です。 また、葉水もこまめに行うと元気に育ちます。 冬の休眠期は水やりを控えめにします。 土の表面が乾いてから3〜4日経ってから水やりをするぐらいで大丈夫です。 葉水は霧吹きなどで週に1〜2回、昼間の暖かい時間帯に行いましょう。 肥料 用土 水はけのよい土が適しています。 赤玉土6、腐葉土3、鹿沼土1の割合で混ぜ合わせた配合土、もしくは市販の観葉植物用の土を使用するとよいでしょう。 病害虫 乾燥した状態が続いたときに、カイガラムシやハダニが発生することがあります。 カイガラムシは幹や枝、葉などに寄生して吸汁し生育に悪影響を及ぼす害虫です。 大量に発生すると枝枯れを起こすことがあるほか、新葉や新梢があまり出なくなります。 見つけ次第歯ブラシなどでこそげ落とすか、薬剤を散布して駆除しましょう。 ハダニは体長0. 5mm程度と非常に小さいクモの仲間の害虫です。 主に葉裏に寄生して吸汁し、吸われた部分は針先ほどの小さな白い小斑点ができます。 水に弱いため、こまめに葉水をして防除しましょう。 ハダニが発生した際は、強めの葉水をして洗い落とすことで退治できますが、大量に寄生している場合は、薬剤を散布して駆除することをおすすめします。 フェニックスの植え付け・植え替え.

次の