ぴあステレオ。 ぴあアリーナMMのピロティ「モーションコリドー」でインスタレーションアートの放映開始|ぴあ株式会社

かすユーチューブチャンネル(ぴあステレオ)

ぴあステレオ

Hidizsの新しい携帯オーディオ「AP80 Pro」、バランス接続に対応した 久々に携帯オーディオを手に入れた。 最近は、DAP(Digital Audio Player)というらしいが、いずれにせよ、持ち運んで音楽を再生するデジタル製品のことだ。 イヤホンで音楽を楽しむ際、今や大多数の人たちはスマートフォン(スマホ)の音楽再生機能を使っていると思うが、音にこだわったり、スマホより手軽に使えたりすることから、専用機を好む人も少なくない。 今回購入したのは、HidizsというメーカーのAP80 Proだ。 中国・新センから電車で小一時間の東莞にあるので、ざっくり深センメーカーということにしておく。 AP80 Proは、4月に発売されたばかりの新製品。 実は同社のAP80も一度紹介したことがある。 その上位モデルだ。 AP80シリーズは、質感が高いほぼ正方形のアルミ筐体に2. 4インチディスプレイを備え、ポケットに入れて使っても邪魔にならないのが特徴。 Proなしモデルは、ダイレクトショップで139ドル(米ドル・以下同)で購入できる。 デザインも格好良くて高音質だ。 気に入ってずっと使っていた。 新バージョンのAP80 Proは169ドルと30ドル高いが、その分機能が強化されている。 発売直後に早速購入して、その真価を確かめた。 AP80 Proの最大の特徴は、「バランス接続」に対応したことだ。 これによって、ざっくりいうと音質の大幅改善が期待できる。 AP80をはじめ、ほとんどの機器のイヤホンジャックは、左右のステレオ音声の信号を送る際、プラス側が左と右で独立しているが、マイナス側が共通になっている。 つまり接点は、右プラス、左プラス、左右マイナスの三つしかない。 左右共通接点があるため、左右の音が多少混ざる「クロストーク」という現象が起き、音が少し濁ってしまう。 しかし、バランス接続では、接点が4つあり左右のプラスマイナスが完全に独立している。 このため、左右の音が独立し、よりクリアに聞こえる、というわけだ。 前からこのバランス接続のプレーヤーを使ってみたいと思っていた。 AP80 Proは、左右の音を独立して処理するため、デジタル信号をアナログに変換して、人間の耳に聞こえるように処理するDAC(Digital Analog Converter)を2個備えている。 ES9218Pという、エントリーモデルの携帯オーディオによく採用されているチップだが、Proなしモデルは左右共通で1個だった。 これだけでとても音が良くなるような気がする。 実際に聴いてみると、Proなしモデルに比べ、確かに左右のチャンネルの分離は明確になり音がクリアになった。 音のリアル感とパンチが増した印象だ。 いつもの音源セットをシャッフルして聴いていると、ビルエヴァンスのピアノでトニーベネットが歌うマイフーリッシュハートがかかった。 ボーカルの存在感が特に素晴らしく、思わず聴き入ってしまった。 ポップスでもそのリアル感は際立つ。 竹内アンナのalrightを聴いたところ、スピード感のあるドラムスやギターのバックに芯のあるしっかりしたボーカルが乗ってくる感じが素晴らしい。 音がいいオーディオ製品は聴き疲れしないものだが、長時間聴いていても、まったく快適に聴いていられるのもいい。 ただ、このバランス接続、専用のヘッドホンやイヤホンを用意しなければならない。 端子がそもそも異なるのだ。 一番普及しているオーディオのプラグは直径3. 5mmのいわゆるミニプラグだが、バランス接続は接点数が多いため別規格。 ざっくり4. 4mmと2. 5mmの2種類のプラグがある。 AP80 Proは、このうち2. 5mmのバランスジャックを備える。 通常の3. 5mmの通常イヤホン用のジャックもついているので、普通のイヤホンをつないでも楽しめる。 バランス接続用イヤホンをまだ持っていなかったため、普段使っているShureのカナル式イヤホン「425」のケーブルを、バランス接続対応のケーブルに付け替えて聴いた。 Shureのカナル式イヤホンは、MMCXプラグでコードが着脱式になっているので、こうした変更が容易だ。 ヘッドバンド式のヘッドホンだと、バランス接続するには改造する必要があるものが多く大変だ。 最初から対応製品を買った方がいい。 これまで、基本的にはバランス接続が従来方式より「優れている」としてきたが、オーディオは好みの世界。 必ずしもバランス接続の音が好きな人ばかりではない。 そもそも、世の中にあふれている多くの音源は、ヘッドホンなら普通のヘッドホンで聴くことを想定して制作されている。 「現在一番使われているヘッドホンはiPhone付属のものだから、多くの音源はそれに合わせてチューニングされている」という噂もあるくらいだ。 バランス接続のヘッドホンで聴かれることを前提にしているものは少ないだろう そのため、制作者の意図と異なる音になる場合もある。 DACを2個使うことで、それぞれのチップの微妙な差が音に影響することもあるだろう。 とはいえ、いい音を求めるなら、一度はバランス接続のオーディオ機器を試してみてほしい。 新たな発見があるかもしれない。 DSDにも対応する。 もちろん、MP3などの圧縮フォーマット音源の再生も可能。 価格も、このクラスとしては、かなりお買い得だ。 Bluetoothでスマホとつなぐと、再生する楽曲の選択や音量調整などをスマホで操作することもできる。 逆にスマホの音をBluetoothで飛ばして聴くこともできる。 FMラジオもあり、必要かどうか若干疑問だが歩数計もついている。 価格が手ごろで音がよく機能が満載。 今、私イチ押しの携帯オーディオだ。 (BCN・道越一郎).

次の

後期MVSマザーのステレオ出力改造

ぴあステレオ

かす チャンネル登録者数:43k 所属: 主な動画ジャンル: ぴあステレオ(かす)は女性YouTuber(ユーチューバー)。 元々は4人組グループで活動していた。 また、怪盗PINKYとのユニット「オッドアイ」でも活動していた。 :1997年5月20日生まれ 出身地:埼玉県 血液型:AB型 かす関連チャンネル 11 かすは女性YouTuber(ユーチューバー)。 やってみた系のほか、メイク動画、プチプラコスメやヘアアレンジ、ASMR(音フェチ)などの動画を投稿している。 :1997年5月20日生まれ 出身地:埼玉県 MelTVは、日本全国の「最新のカワイイ」を21世紀の女の子たちに送る365日欠かすことなくお届けする10代の女の子を対象とした美容系YouTubeチャンネル。 主な出演者はねお、ゆん、きぬ、歩乃華など。 JAIJAI TVは小さい子供向けに、はたらく車や建物などの写真に目と口をつけて動かすアニメ、踏切アニメ動画などを投稿しているYouTuber(ユーチューバー)。 いんちき姉妹。 は女性2人組YouTuber(ユーチューバー)。 本当の姉妹ではない。 メンバーはふみか、かすみ。 Mix Channelで双子ダンスが話題となった。 あるある、やってみた、ドッキリ、大食い、ファッションなどの動画を投稿している。 吉本新喜劇のお笑いタレント、バレリーナの松浦景子(ユーチューバー)のYouTube公式チャンネル。 吉本坂46のメンバー。 バレリーナ芸人の細かすぎて伝わらないあるあるネタなどの動画を投稿している。 松浦景子(まつうらけいこ):1994年4月20日生まれ 出身地:兵庫県 血液型:B型 身長152cm のばまんゲームスはゲーム実況者・YouTuber(ユーチューバー)。 スマブラSPやTABS(Totally Accurate Battle Simulator)などの動画を投稿している。 「編集の力でなんとかする」シリーズなど。 出雲霞(いずもかすみ)はバーチャルYouTuber(VTuber)。 「にじさんじSEEDs」1期生出身のメンバー。 13歳の中学2年生。 ゲーム実況や雑談などの動画を投稿している。 実はとある実験の為に「出雲霞」という少女をモデルに作られたAI。 現在は異なる個性を持った4つの人格データが存在する。 :10月13日生まれ モデル、タレントの粕谷音(ユーチューバー)のYouTube公式チャンネル。 AbemaTVの恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。 (今日好き)」青い春編に出演。 女子高生ミスコン2019ファイナリスト。 質問コーナー、今日好きトークなどの動画を投稿している。 やってみた系の動画を投稿している。 ステンレス鍋の料理教室! 大澤チャンネル(大澤勇)は料理系ユーチューバー(YouTuber)。 多層構造のステンレス鍋を使った、無水調理や時短で素材の味を活かす家庭料理やスイーツなどの作り方動画を投稿している。 「10分で焼ける一番簡単!アップルケーキ」「ほくほく!大根フライ」など。 :1984年6月29日生まれ 出身地:岐阜県 声優の春日望(ユーチューバー)のYouTube公式チャンネル。 飼い猫の紹介や歌ってみた、あつまれどうぶつの森(あつ森)のゲーム配信、料理、ライブ配信などの動画を投稿している。 春日望(かすがのぞみ):6月30日生まれ 出身地:兵庫県 [2020年7月10日] [引用元:Yahoo! ニュース] [2020年7月7日] [引用元:モデルプレス] [2020年4月13日] [引用元:Yahoo! ニュース] [2020年4月6日] [引用元:Yahoo! ニュース] [2020年3月11日] [引用元:ホミニス] [2020年2月20日] [引用元:エキサイトニュース] [2020年2月14日] [引用元:ニコニコニュース] [2020年1月13日] [引用元:徳島新聞] [2020年1月3日] [引用元:ニコニコニュース] [2019年12月29日] [引用元:スポーツニッポン] [2019年12月11日] [引用元:現代ビジネス] [2019年10月23日] [引用元:ナリナリドットコム] [2019年10月22日] [引用元:モデルプレス] [2019年9月5日] [引用元:リアルサウンド] [2019年9月4日] [引用元:ニッポン放送] おすすめユーチューバー.

次の

【高音質】オーディオスピーカーのおすすめ人気ランキング10選

ぴあステレオ

新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年4月開業予定を延期し、皆様へのお披露目を待つ「ぴあアリーナMM」から、開業に向けた第一報をお届けします。 ぴあアリーナMM 1階、エントランス前のピロティ「Motion Corridor モーションコリドー 」は、8本の柱にそれぞれ55インチの縦型ディスプレイ2台を設置した、巨大なサイネージに囲まれた特別な空間です。 この8本の柱を利用して、ぴあアリーナMMでしか体験できない、映像と音響によるインスタレーションアートの放映を開始いたします。 「モーションコリドー」は、アリーナの来場客のほか、みなとみらいへの観光客、在住・在勤の方々が多く行きかうため、コンサートの有無にかかわらず賑わいを創出したいと考えました。 若いクリエイターや映像作家が最先端のアートに触れることで刺激を受け、「自分もここで作品を発表したい」というモチベーションにつなげてもらえるようなスペースにしていきたいと考えています。 7月1日 水 からのオープニングの回では、井口皓太/Kota Iguchi、Qubibi/勅使河原一雅、RYOJI YAMADAとそれぞれが独特な世界観でワールドワイドな名声を有する三名の映像作家にオリジナル作品を制作いただきました。 音と映像が行き交うインスタレーションアートをぜひ体験してみてください。 動的なデザインを軸に、実写やCG、写真、モーショングラフィックスなど領域を横断した表現を探る。 主な受賞歴にNY ADC賞、D&AD賞、TDC賞など。 実写とCGとの境界。 本作品は、媒体が持つframe 枠 を用いて、その境界の横断を試みている。 私たちは普段から四角くトリミングされた映像を覗き込んでいる。 彼らもまた同様に、四角い窓の存在を感じ、こちらを見つめ続けている。 アーティスト、ウェブデザイナー。 2006年よりQubibiとして活動開始。 「Border Play」 5分 隣り合う2つの色の間に、境界線が見えてくる。 色が滲み合っている場合は離れてみればいい。 そうして生まれた線を、私はなぞっていくことで形を捉えようとするのだが、線は動くし、色は入れ替わるし、あたり一面に色が広がるだけで線自体が消えてしまうことだってある。 だからいつまで経ってもわからないままで、気づくと時間が過ぎてしまうのだ。 ここにはあるのは1つのルール性によって描かれた8つの作品です。 色を操作することによって生まれた様々な境界線を御覧ください。 RYOJI YAMADA URL アニメーション作家、アーティストとして活動。 文化庁新進芸術家海外派遣研修員としてドイツに留学。 手書きのシュールな世界観のアニメーションは国内外で高い評価を得ている。 「エウロパ」 3分40秒 空想によって意識を空間に飛ばすと、時間軸は分岐し、躍動しはじめる。 心地よい裏切りを以って埋められた空間にもたらされる新たな邂逅は、無意識の遊びか、あるいは反応か。 これは曖昧な領域に身を委ねる贅沢さについての作品である。 音楽制作のほか、プロデュース、舞台演出などのシーンでも活躍し、多角的に創作に携わる総合作家。 作品について 広い独特な形状の空間に建つ8本の柱(に埋め込まれた8つのスピーカー)を駆使して少し不思議な音響体験ができるように、それぞれの映像に寄り添いつつサウンドを制作しました。 結果、普段のステレオ・モノラル環境での制作とは全く異なる発想の3つの作品が生まれました。 是非現地で歩いたり、立ち止まったりして体験してください。 【ぴあアリーナMM】 公式サイト: 所在地 : 横浜市西区みなとみらい3-2-2 ぴあアリーナMM 1Fピロティ アクセス : みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩7分、JR桜木町駅より徒歩8分 横浜市営バス・京急バス「ぴあアリーナMM」バス停下車すぐ.

次の