薄い 前髪 切り 方。 サロン要らずな前髪の切り方!セルフ初心者さんも安心な作り方教えます♪

量の多い重い前髪を軽くしたい!薄くする切り方・すき方は?

薄い 前髪 切り 方

小顔が特徴的な憧れのモデルや芸能人を見ては、うらやましくてついつい、ため息をついてしまう人は多いのではないでしょうか? しかし、「どうして私の顔は大きいんだろう」なんて悩むのはもう、終わりにしましょう。 なぜなら、 小顔は前髪を変えることによって、とっても簡単に印象を変えることができるのですから! 1-1. NOT小顔!? 顔が大きく見えがちなBADヘアスタイルの特徴 今現在、自分の顔が大きいと感じている方は、 髪型のせいで大きく見えてしまっているのかも!?。 実際にはさほど顔が大きくないのに、によってそう見えてしまう人もいるようです。 まずは今の自分の髪型を見直してみましょう。 【顔を大きく見せがち、避けたい】 ・前髪の長さは、いつも目元ギリギリ ・前髪の幅は、いつも広め ・サイドの髪は、フェイスラインにかけている ・頭を小さく見せるために、髪のボリュームを抑えている いかがでしょう? あなたの髪型は大丈夫でしたか? 避けたいヘアスタイルの特徴は、顔を小さく見せたい人が、知らぬうちについついやってしまいがちな失敗ばかりです。 「顔が大きいなら、顔面積を髪で隠して、狭く見せれば良いじゃない」という考え方自体は間違っていないともいえます。 しかし、ただやみくもに顔を隠してしまっては、 かえって顔の大きさを主張し、丸く見えたり、コンプレックスが強調されてしまったりする場合もあります。 ヘアスタイルで損をしてしまわないように、ヘアスタイルで小顔に見せるためのポイントを学びましょう! 1-2. 小顔に見える! GOODヘアスタイルの特徴 小顔に見える髪型には、2つのポイントがあります。 それは、 「顔の形を卵型に見せる」ことと、 「ヘアスタイルのシルエットをひし形に見せる」ことです。 4つの輪郭とそれぞれの特徴 顔の輪郭は、大きく分けて4つのタイプに分けることができます。 「丸型」「面長型」「逆三角型」 「四角型」です。 顔の輪郭に合わせたヘアスタイルの選び方は、美容室で実際に、プロの美容師さんが取り入れている考え方でもあります。 まずは自分の輪郭が、どのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。 前髪まで一緒にまとめてしまうと、丸型が全開になって顔が大きく見えてしまうことがあります。 3-2. 面長型の顔を小顔に見せる前髪 顔が面長型の方は、 前髪を厚めに取り、ふんわりと下ろすと小顔に見えます。 前髪を厚めに取ることで、輪郭の縦の長さをカバーし小顔に見せましょう。 前髪の幅が狭い・前髪が薄いと、反対に顔の縦のラインが強調されてしまいます。 顔の縦のラインをぼかすことを意識して、「幅広・厚め」のぱっつんバングをつくりましょう。 3-3. 逆三角型の顔を小顔に見せる前髪 顔が逆三角型の方は、 バングをセンター分けにして肌の見え方をひし形にすると小顔に見せることができます。 あごのシャープさが印象的な逆三角型は、その分顔の上半分が大きく見えがちです。 センター分けにすることでハチ周りをすっきりさせ、顔の上半分が大きく見えることを防ぎましょう。 前髪を厚めにしてしまうと、平面的な印象になり、ハチ周りが大きく見えてしまいます。 おでこがやや透ける程度の薄さにして、ふんわりと仕上げましょう。 3-4. 四角型の顔を小顔に見せる前髪 顔が四角型の方は、 前髪を長めに伸ばし、あごラインにかけると小顔に見えます。 気になりがちなエラの部分を前髪で隠すと、横幅がカバーでき、あごの部分を細く、小顔に見せることができます。 横幅を広く取り過ぎると反対に、顔が大きく見えてしまうことがあります。 多めに取ったサイドの髪は、エラ部分をカバーするため、あごのラインで重さを残してカットしましょう。 「小顔見せヘラカラー」とはいっても、奇抜なが好きじゃない方でも取り入れやすい、ナチュラルなものなので、より効果的に小顔に見せたい方は、ぜひ取り入れてみてください。 これは、メイクのと同じ原理を利用した小顔見せ方法です。 暗くカラーリングした部分が影の役割を果たすので、顔の面積を実際よりも狭く見せることができます。 また、前髪の内側に入れた暗色が影の役割を果たし、顔全体に陰影を演出することができるので、ホリの深い顔立ちに見せることもできます。 とは、髪全体にベースカラーよりも明るい色を細くランダムに入れていく、髪に立体感を演出するためのカラーリング方法です。 髪に立体感が生まれると、顔立ちにもメリハリが付き、実際よりも小さく引き締まって見えるのです。

次の

美容師さん直伝!絶対に失敗しない前髪セルフカット術【透けバング&流しバング】

薄い 前髪 切り 方

スポンサーリンク 1.カットの手順 1-1.道具を揃える セルフカットに必要な道具は、「ハサミとすきバサミ」、「クシ(コーム)」、「鏡」、です。 鏡は顔全体が映るものなら何でも良いですが、リラックスした体勢でカットができるよう、できれば持ち運びができるサイズのものが良いでしょう。 ハサミは工作用の普通のハサミではなく、ヘアカット用のものを使います。 100円ショップなどでも購入できますが、きれいな仕上がりにするためにも、切れ味がよくて持ちやすく、丈夫で長く使えるきちんとしたメーカー品を購入しましょう。 1000円前後のもので十分です。 前髪は指で挟んでカットしますが、カットの合間にクシを使って前髪をすきながら、長さや流れが思ったとおりになっているか確認します。 クシは平らなタイプで、クシの間隔が狭い部分と広い部分が半分ずつのタイプが使いやすいです。 1-2.仕上がりのイメージを固める 鏡の前で行き当たりばったりでカットしてはいけません。 どういった仕上がりにしたいのか、前髪はまっすぐ下ろすのか上げるのか、横に流すのか、長さはどのくらいか、真ん中と左右とで長さを変えるのか、細かいポイントまで頭の中にしっかりとしたイメージ像を造りましょう。 イメージを紙に書き出したり、雑誌の写真やヘアカタログの画像を参考にするようにしましょう。 1-3.実際にカットする 準備が整ったら実際にカットします。 前髪を濡らした状態でカットしてはいけません。 必ず乾燥した状態で行なってください。 濡れたままだと前髪を切り過ぎる危険性があるほか、乾いた時の仕上がり・シルエットが大きく変わってしまうからです。 また、髪に寝グセなどの一時的なクセが付いた状態でカットするのもやめましょう。 とうまく切れないだけでなく、濡れた状態のカットと同じで、元に戻った時にスタイルが変わってしまいます。 一度前髪を濡らし、ドライヤーでしっかりブローして乾かしてからカットしましょう。 続いて、カットする際のポイントを解説します。 前、真ん中、後ろといった具合に段を分けて部分部分に分けてカットすると、前髪全体が均等にカットされて自然な仕上がりになります。 希望の長さよりも1センチ程度長めにするつもりで、少しカットしたら前髪を下ろして確認、の作業を繰り返しながら少しずつカットしてゆきましょう。 前髪が縦に流れていれば、ハサミも縦にしてカットします。 こうすることで髪が少しずつカットされ自然な仕上がりになり、切り口も細く滑らかになります。 無理に使う必要はないでしょう。 これらのポイントを踏まえつつ、焦らずに少しずつカットすれば大きな失敗をすることはないでしょう。 前髪に限らずセルフカットは慣れるまでは難しいものです。 ある程度満足のいく仕上がりにできるようになるには経験を重ねる必要があります。 セルフカットのやり方や前髪のアレンジ法は、言葉で聞くよりも実際に映像で見たほうが断然イメージがつかみやすいです。 YouTubeなどの動画投稿サイトで関連動画を見て参考にするのもオススメです。 関連項目•

次の

小顔は前髪でつくる!丸顔さんも面長さんも♡輪郭別おすすめの切り方・髪型

薄い 前髪 切り 方

小顔が特徴的な憧れのモデルや芸能人を見ては、うらやましくてついつい、ため息をついてしまう人は多いのではないでしょうか? しかし、「どうして私の顔は大きいんだろう」なんて悩むのはもう、終わりにしましょう。 なぜなら、 小顔は前髪を変えることによって、とっても簡単に印象を変えることができるのですから! 1-1. NOT小顔!? 顔が大きく見えがちなBADヘアスタイルの特徴 今現在、自分の顔が大きいと感じている方は、 髪型のせいで大きく見えてしまっているのかも!?。 実際にはさほど顔が大きくないのに、によってそう見えてしまう人もいるようです。 まずは今の自分の髪型を見直してみましょう。 【顔を大きく見せがち、避けたい】 ・前髪の長さは、いつも目元ギリギリ ・前髪の幅は、いつも広め ・サイドの髪は、フェイスラインにかけている ・頭を小さく見せるために、髪のボリュームを抑えている いかがでしょう? あなたの髪型は大丈夫でしたか? 避けたいヘアスタイルの特徴は、顔を小さく見せたい人が、知らぬうちについついやってしまいがちな失敗ばかりです。 「顔が大きいなら、顔面積を髪で隠して、狭く見せれば良いじゃない」という考え方自体は間違っていないともいえます。 しかし、ただやみくもに顔を隠してしまっては、 かえって顔の大きさを主張し、丸く見えたり、コンプレックスが強調されてしまったりする場合もあります。 ヘアスタイルで損をしてしまわないように、ヘアスタイルで小顔に見せるためのポイントを学びましょう! 1-2. 小顔に見える! GOODヘアスタイルの特徴 小顔に見える髪型には、2つのポイントがあります。 それは、 「顔の形を卵型に見せる」ことと、 「ヘアスタイルのシルエットをひし形に見せる」ことです。 4つの輪郭とそれぞれの特徴 顔の輪郭は、大きく分けて4つのタイプに分けることができます。 「丸型」「面長型」「逆三角型」 「四角型」です。 顔の輪郭に合わせたヘアスタイルの選び方は、美容室で実際に、プロの美容師さんが取り入れている考え方でもあります。 まずは自分の輪郭が、どのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。 前髪まで一緒にまとめてしまうと、丸型が全開になって顔が大きく見えてしまうことがあります。 3-2. 面長型の顔を小顔に見せる前髪 顔が面長型の方は、 前髪を厚めに取り、ふんわりと下ろすと小顔に見えます。 前髪を厚めに取ることで、輪郭の縦の長さをカバーし小顔に見せましょう。 前髪の幅が狭い・前髪が薄いと、反対に顔の縦のラインが強調されてしまいます。 顔の縦のラインをぼかすことを意識して、「幅広・厚め」のぱっつんバングをつくりましょう。 3-3. 逆三角型の顔を小顔に見せる前髪 顔が逆三角型の方は、 バングをセンター分けにして肌の見え方をひし形にすると小顔に見せることができます。 あごのシャープさが印象的な逆三角型は、その分顔の上半分が大きく見えがちです。 センター分けにすることでハチ周りをすっきりさせ、顔の上半分が大きく見えることを防ぎましょう。 前髪を厚めにしてしまうと、平面的な印象になり、ハチ周りが大きく見えてしまいます。 おでこがやや透ける程度の薄さにして、ふんわりと仕上げましょう。 3-4. 四角型の顔を小顔に見せる前髪 顔が四角型の方は、 前髪を長めに伸ばし、あごラインにかけると小顔に見えます。 気になりがちなエラの部分を前髪で隠すと、横幅がカバーでき、あごの部分を細く、小顔に見せることができます。 横幅を広く取り過ぎると反対に、顔が大きく見えてしまうことがあります。 多めに取ったサイドの髪は、エラ部分をカバーするため、あごのラインで重さを残してカットしましょう。 「小顔見せヘラカラー」とはいっても、奇抜なが好きじゃない方でも取り入れやすい、ナチュラルなものなので、より効果的に小顔に見せたい方は、ぜひ取り入れてみてください。 これは、メイクのと同じ原理を利用した小顔見せ方法です。 暗くカラーリングした部分が影の役割を果たすので、顔の面積を実際よりも狭く見せることができます。 また、前髪の内側に入れた暗色が影の役割を果たし、顔全体に陰影を演出することができるので、ホリの深い顔立ちに見せることもできます。 とは、髪全体にベースカラーよりも明るい色を細くランダムに入れていく、髪に立体感を演出するためのカラーリング方法です。 髪に立体感が生まれると、顔立ちにもメリハリが付き、実際よりも小さく引き締まって見えるのです。

次の