レ ミゼラブル あらすじ nhk。 【レ・ミゼラブル終わりなき旅路】あらすじとキャスト!復讐の連続

レ・ミゼラブル NHK海外ドラマのあらすじ 登場人物を紹介

レ ミゼラブル あらすじ nhk

海外ドラマ-レ・ミゼラブル-あらすじ-全話一覧 このドラマの評価: 5. 原作は、言わずと知れたヴィウクトル・ユゴーの同名小説で、2012年にはミュージカルとして大大ヒットしました。 ミュージカル版ではなかったコゼットが生まれる前のフォンテーヌが描かれるなど、より登場人物やストーリーが掘り下げられていて、レミゼファンの方でも、そうでない方でも楽しめます。 そんな『レ・ミゼラブル』が『刑事ジョン・ルーサー』や『シャーロック』、『サーティーン13誘拐事件ファイル』などこれまで数々のヒット作を輩出したBBCとタッグを組んで製作されたドラマ…ということで面白くない訳ない! 脚本を担当したのは、名作『高慢と偏見』や『ハウス・オブ・カード』などを手掛けたアンドリュー・デイヴィス。 キャストには、主人公ジャン・バルジャンに『アフェア情事の行方』のドミニク・ウエスト、ジャベール刑事役には『グローリー 明日への行進』デヴィッド・オイェロウォ。 そしてフォンテーヌには『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズが出演し、こちらも非常に豪華ですね。 これまではANXミステリーチャンネルでした見れなかった『レ・ミゼラブル』ですが、3月15日からNHK総合で放送がスタート!しかも今回は初の日本語吹き替え版で放送されます。 ここでは、海外ドラマ『レ・ミゼラブル』のあらすじ、ネタバレ感想や見どころをご紹介してきたいと思います! もくじ• レ・ミゼラブル あらすじ 1815年フランス。 ワーテルローでの敗戦後、戦場で死体から物を盗んでいたテナルディはポンメルシー大佐を救うことに。 「この戦いを生き延びたら自分を訪ねてこい」そう言って戦地で別れたふたり。 貧しさゆえに一切れのパンを盗んだジャン・バルジャン。 19年もの投獄生活を終え出所し新しく生きなおすことを決意するが、街の人々は彼に冷たく、宿や食料にありつくのさえ困難なありさまだった。 途方に暮れていたジャン・バルジャンに一人の老女のすすめである教会に辿り着くが…。 一方、パリの街でお針子として働く貧しくも美しい娘・フォンテーヌは、遊学にパリへ来ていた青年・フィーリックスと出会い、恋に堕ちる。 「 レ・ミゼラブル-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント 戦後動乱期真っただ中のフランス市民の混乱や貧困といった、極限状態が痛々しい程に伝わる作品。 何度も映像化や舞台化されている名作中の名作ですが、全8話のドラマとなったことでより時代背景や登場人物が繊細に描かれ、第1話から感情移入が止まりません。 特に、ミュージカル版では描かれることのなかったフォンテーヌの恋のストーリーは必見です。 演じるリリー・コリンズはとってもキュートなんですが、フォンテーヌがこの後どうなってしまうのか分かっていてもハラハラしてしまいますね。 彼女がどんな風にフォンテーヌの激動の人生を演じてくれるのか非常に楽しみです。 当時の街を再現したセットや、衣装も息を飲むほど綺麗でウットリします! レ・ミゼラブル 評価レビュー 海外ドラマ「レ・ミゼラブル」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 これまで時代や国を越えて何度も映像化されたレ・ミゼラブルですが、海外ドラマ版はやはりフォンティーヌがコゼットを産むまでの序盤のストーリーが最大の見どころだと感じました。 なぜフィーリックスのような男にひっかかったのかも、この毎日同じ生活や、あまり期待の持てない自分の未来、都会から来たお金持ちの青年がそんな自分の未来を変えてくれるのかも、そう期待に胸を膨らませたフォンティーヌの気持ちも良く分かります。 そして、フォンティーヌが夜のマーケットで前歯と髪を売るシーン。 結局、後に娼婦になって稼がなくてはいけなくなってしまうフォンティーヌには両方とも絶対に必要だったのですが…それも全てテナルディエを信じたフォンティーヌの純粋さ、無知さの現れですね。 以前ミュージカル版の『レ・ミゼラブル』を視聴した時、このシーンは悪く言えばとても軽く描かれていました。 抜歯のシーンも、ものの数秒。 スポーンと抜けちゃうんです。 しかし今回の海外ドラマ版では、暴れ出す身体を2人がかりで押さえつけられが痛みと恐怖で叫びながら抜歯をするシーンが丁寧に描かれています。 やっと1本抜けた…と思った時にはこちらも汗びっしょりですが、あともう1本ある…。 意外に感じますが、全8話の中でフォンティーヌは1話~3話までしか登場しません。 しかしラストまで視聴した後もフォンティーヌのことが頭から離れませんでした。 それ程までに存在感を放ったフォンティーヌ演じるリリー・コリンズが素晴らしかったですね。 あとは、ジャベール刑事。 彼のことは最後まで好きにはなれませんでしたが、ラストで橋から身を投げた理由も、ドラマ版を観ることでジャベールの絶対的に信じる自分の正義、それを失えば生きてさえいけないと思った頑な過ぎる彼の気持ちが少し理解できたような気がします。 そしてテナルディエは、もう信じられない位腹がたちましたが、最後までテナルディエは生きていて、やっぱり最後はポンメルシー大佐を救ったことで救われたんですね。 テナルディエ夫人がどうなったかはドラマでは明かされませんでしたが、家族はバラバラになりエポニーヌもガブローシュも死んでしまって。 ラッキーとは言い難い人生ですが、因果応報。 しかし報いを受けているのはテナルディエではなくて子供たちのような気がして…切ないですね。 皮肉が効いてます。 最後に、主演のジャン・バルジャンを演じたドミニク・ウエストですが、2012年度版の『レ・ミゼラブル』でジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンはこの役でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞し、ジャン・バルジャンと言えばヒュー・ジャックマンと連想してしまう程の存在がいながらその役を演じるのは相当なプレッシャーだったと思います。 しかしそんなことを感じさせない位の熱演で素晴らしかったです。 特に囚人時代のジャン・バルジャンは見事なハマり役でした。 「歌わないレミゼ」と称される海外ドラマ版はミュージカルが苦手な方にもおすすめです。 歌って踊るが故感情移入出来なかった、そんな方に改めてチャレンジして頂きたい作品です。 これだけ何度も映像化される作品の貫禄はすごかったです。 目で観るストーリーだけじゃない奥の深さに感服しました。 人並外れた怪力の持ち主。 図らずもフォンティーヌの人生を変えてしまったことに責任を感じ、フォンティーヌの娘コゼットを引き取ります。 数奇な人生を送りましたが、自分のした事の責任を取ろうと迷い悩みながらも奔走する姿が印象的です。 ドミニク・ウェストは1969年生まれ。 イングランドヨークシャー州出身。 主な出演作は、「ザ・ワイヤー」「アフェア 情事の行方」「コレット」など。 『ジャベール警部役 デヴィッド・オイェロウォ』 トゥーロンの徒刑場の看守をしていた頃にジャンと出会い、ジャンを逮捕することに人生を捧げた人物。 自身の親が犯罪者だったことも罪を絶対に許さない信念に大きく影響しているようです。 蛇のように執念深く、鼻が効く。 デヴィッド・オイェロウォは1976年生まれ。 イングランドオックスフォード出身。 主な出演作は、「猿の惑星:創世記」「リンカーン」「アウトロー」など。 『ファンテーヌ役 リリー・コリンズ』 パリでお針子として働く貧しい娘だったが、フィーリックスと出会い恋に堕ち、コゼットを出産する。 フィーリックスに捨てられてからの転落していく様は直視できない程痛々しいものでした。 リリー・コリンズは1989年生まれ。 イングランドサリー州出身。 主な出演作は、「白雪姫と鏡の女王」「シャドウハンター」「あと1センチの恋」など。 『コゼット役 エリー・バンバー』 フォンティーヌの娘で、テナルディエ夫妻に預けられ、子供時代はひどい虐待を受けて育つ。 ジャンと出会ってから本当の親子のように暮らすコゼットは本当に幸せそうでした。 エリー・バンバーは1997年生まれ。 イギリスサリー出身。 主な出演作は、「高慢と偏見とゾンビ」「くるみ割り人形と秘密の王国」など。 『マリウス役 ジョシュ・オコナー』 ポンメルシー大佐の息子。 コゼットが修道院を出てすぐに出会い、恋に堕ちる青年。 確執のあった祖父との間も、最後には解消されて良かったですね。 ジョシュ・オコナーは1990年生まれ。 イギリスチェルトナム出身。 主な出演作は、「ゴッズ・オウン・カントリー」「Hide and Seek」など。 『テナルディエ役 アディール・アクタル』 ワーテルローの戦いで偶然ポンメルシー大佐の命を救った。 戦争終結後は、小さな宿を経営。 ポンメルシーを救った事を利用してのし上がろうとしたり、夫婦共々金に汚い所にウンザリでした。 アディール・アクタルは1980年生まれ。 イギリスロンドン出身。 主な出演作は「フォー・ライオンズ」「ヴィクトリア女王 最期の秘密」など。 『マダム・テナルディエ役 オリヴィア・コールマン』 テナルディエの妻。 コゼットを奴隷のように扱いひどい虐待をした。 自分の子供を可愛がっている様にも見えましたが引っ越しの時子供を捨てようとしたり、なんだかんだ最後まで自分本位の人でした。 オリヴィア・コールマンは1974年生まれ。 イギリスノリッジ出身。 主な出演作は、「ナイト・マネージャー」「女王陛下のお気に入り」「ブロードチャーチ~殺意の町」など。 『エポニーヌ役 エリン・ケリーマン』 テナルディエ夫妻の娘。 マリウスと出会い叶わぬ恋心を抱く。 テナルディエの娘ということでどれだけひどい女の子かと思えば、不器用で優しい子でした。 エリン・ケリーマンは1998年生まれ。 イギリスタムワース出身。

次の

レミゼラブルドラマのあらすじやネタバレ!見どころや原作・口コミも

レ ミゼラブル あらすじ nhk

Contents• 『レ・ミゼラブル』の原作について 『レ・ミゼラブル』は、ヴィクトル・ユゴーが1862年に執筆したロマン主義のフランス文学。 日本では、『噫無情』(ああむじょう)の題で1902年(明治35年)10月8日から1903年(明治36年)8月22日まで『萬朝報』に連載されました。 この連載で、ユゴーの名が広く知れわたることになったようです。 これは、小学生向けに道徳の教科書に掲載されており、大人も子どもも考えさせられるものになっています。 素晴らしい内容の小説ですが、いかんせん、長い!まずは、簡単なあらすじを紹介します。 原作『レ・ミゼラブル』のあらすじ ジャン・バルジャンは、貧困に耐えきれずパンを盗んだ罪で19年も刑務所にいた。 釈放後、世話になった司教ミリエルの銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。 数年後、名を変えたバルジャンは工場主として成功を収め市長を勤めるまでになっていた。 そんなある日、バルジャンは以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌと知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。 どこまでもバルジャンを追う刑事ジャベールから逃げながら、行く先々で困った人を助け、愛するコゼットと共に生きるバルジャンだったが、美しく成長したコゼットが若き弁護士・マリウスと恋に落ち、3人は革命や暴動が次々に起こるいう時代の荒波の中、運命の渦に飲み込まれていく。 ジャン・バルジャンの生涯は本当に波瀾万丈で、それに負けずに正直な人として生きていく姿が描かれています。 そして、バルジャンのまわりの人々も様々な困難に遭遇していきます。 あらすじだけでは想像もつかないほどの内容です。 155年経った今日でもあなたの作品は こんなにも愛されてます。 私の人生で一番大切な作品です。 そうあると信じたいです。 レミゼラブル ヴィクトル・ユゴー 著 , 永山 篤一 翻訳 原作だと挫折してたかもしれないけど、上下巻一気に読み切り。 150年前の作品なのに今も色あせる事無くなく楽しめるのは、流石と言わざるを得ない。 はまりすぎて、映画や記念コンサート のDVDまで買ってしまった。 」 — しゃおりん schoensegel 原作『レ・ミゼラブル』のネタバレ 1815年10月、南フランス、ディーニュ。 ひとりの男がミリエル司教の家の戸を叩く。 彼の名はジャン・バルジャン。 極貧の末、1本のパンを盗み19年もの長い間服役していた。 出所後、前科者への世間の対応は冷たく、宿もとれないでいた。 ミリエル司教は彼を温かく迎え入れるが、荒みきったバルジャンは銀の食器を盗んで逃亡。 しかし、司教はバルジャンを捕らえた憲兵に、「食器は私が与えたもの」だと言い、「これらを使って正しい人になりなさい」とバルジャンに銀の食器を託した。 ところが、バルジャンは人気のない野原で少年から銀貨を奪ってしまう。 無意識の行為だったが、その罪の重さに慟哭する。 バルジャンは、司教に懺悔し、正直に生きることを誓う。 この件では捕まらないまま数年が過ぎ、ミリエル司教の愛によって、気高く生まれ変わったバルジャン。 彼は火事から子供を助けた事から、その子の父親の世話で仕事につくことに。 追われる身であるバルジャンは、以降マドレーヌと名乗る。 1819年には北フランスの港町で模造宝石を扱う大実業家に成長。 人望の高さから市長にも選ばれる。 しかし、フランス革命、王政復古などの時代の波にのまれていくことになる。 バルジャンの経営する工場に働くひとりの美しい女工ファンティーヌ。 彼女は、無学で身寄りのないシングルマザー。 当時、父のいない子供を連れては働くことはできず、3歳の娘コゼットを偶然出会った旅館を営むテナルディエ夫妻に預け働いていた。 ところが、子供の存在がばれ工場を解雇。 娘に送る金を作るために美しい金髪を売り、次には歯を売る。 ついには娼婦にまで身を落とし、苦労続きで体を壊したファンティーヌは、仕事を失ったのは、経営者バルジャンのせいだと憎しみを抱く。 1823年1月、ファンティーヌは夜の街で絡んできた酔っ払いに掴みかかっているところをジャベール刑事に見られ捕縛される。 しかし、たまたますべてを目撃したバルジャンに市長の権限で助けられ家に引き取られる。 事情を知ったバルジャンは、テナルディエに送金してコゼットを引き取ろうとするが、口実をつけて金をせびっていたテナルディエはこれに応じない。 以前バルジャンのいた刑務所の副看守だったジャベールによりマドレーヌ市長は脱獄囚バルジャンだと告発される。 しかし、上司からジャベールの意見は一蹴され、バルジャンはすでに捕まっていると聞かされる。 ジャベールは市長に謝り免職を求める。 バルジャンはコゼットを引き取りに行こうとするが、自分と間違えられて逮捕されている シャンマティユーのことを知り驚愕。 ミリエル司教の教えを思いだしたバルジャンは、「ジャン・バルジャンはこの私だ」と真実を明かす。 バルジャンが刑務所からもどると、ファンティーヌは憔悴しきっていた。 バルジャンは、コゼットが来ていると言い元気づけようとするが、そこに現れたジャベールにより、バルジャンは脱獄囚で娘はいないと知らされ、ショックの中ファンティーヌは息を引き取る。 投獄されたバルジャンは、脱走を繰り返し、軍艦から落ちそうになった兵を助け、海で転落死したと見せかける。 テナルディエの旅館に現れたバルジャンは、8歳になったコゼットへのひどい虐待を目の当たりにする。 コゼットを引き取るため大金を払い、パリでひっそりと暮らし始める。 バルジャンはパリに赴任していたジャベール刑事に嗅ぎつけられたものの、コゼットと共に逃げ込んだ修道院で以前命を救ったフォーシュルヴァン老人に偶然再会し、匿われる。 バルジャンはフォーシュルヴァンの弟と偽り修道院で働くことになる。 コゼットはそこで教育を受け、ふたりは幸せな時を過ごす。 フォーシュルヴァンが死ぬと、バルジャンは18歳のコゼットを連れてコルボー屋敷に引っ越す。 二人は毎日リュクサンブール公園を散歩するうち、美しいコゼットは若い弁護士のマリウス・ポンメルシーに見染められる。 マリウスの祖父は王党派だったが、娘がナポレオン軍の大佐と結婚したことを怒り、彼女が子を生んで死ぬと、強引に引き取って育てた…その子がマリウス。 父はナポレオンから男爵位を受けていたが、マリウス17歳の時に死に、遺書には「モンフェルメイユで宿屋をしているテナルディエは命の恩人だから恩返しをしてほしい」とあった。 祖父から父と会うことを禁じられ、父親への愛情を持っていなかったマリウスだが、父の知人の話から父の愛を知り、徐々にナポレオン信奉へ傾き、王政復古派の祖父に反抗して家を飛び出す。 その後、コルボー屋敷に住み、猛勉強して弁護士の資格を取ったのだった。 マリウスは、父の遺書にあったテナルディエを探してモンフェルメイユに行くが、一家はみつからなかった。 じつは、コルボー屋敷の隣室に住むジョンドレッドと名乗る家族が彼らだったが、そうとは知らぬまま、壁の穴から隣室をのぞき、コゼットとバルジャンが、ジョンドレッドと話しているのを目撃。 マリウスは、彼らがバルジャンへの復讐を企んでいることに気づき警察に通報する。 警察から銃を渡され、時を見て銃を撃って知らせるよう言われるマリウス。 やがて、ジョンドレッドの部屋にバルジャンが現れる。 その最中、ジョンドレッドがテナルディエだと名乗り、父の恩人とわかったマリウスはどちらを助けるか苦悩する。 マリウスが悩んでいる間に、ジャベール刑事らが踏み込み、テナルディエは逮捕された。 その間にバルジャンは消えていた。 じつは、マリウスの父は死の間際、テナルディエが金品を盗もうと胸元を探っているのを助けてくれようとしてくれたと勘違いし恩人と遺言を残していた テナルディエの娘エポリーヌの情報で、コゼットの居場所を知ったマリウスは、彼女の元を訪れ、ふたりは相思相愛になる。 翌1832年春、テナルディエ脱獄の噂が流れ、近辺をジャベール刑事が偵察する気配を察したバルジャンはロンドン移住を決める。 コゼットから一緒にロンドンへと誘われたマリウスは、祖父にコゼットとの結婚の許しを請う。 しかし祖父は頑として許さず、コゼットはバルジャンと旅立ってしまう。 自暴自棄になったマリウスは、暴動のバリケードに加わる。 戦闘中、自分を呼ぶ瀕死のエポリーヌを見つける。 マリウスを慕っていた彼女は、彼をかばって銃撃を受けたのだ。 エポリーヌは死に瀕して隠していたコゼットからの手紙を渡す。 マリウスはすぐに返事を出した。 マリウスからの手紙を受け取ったのはバルジャンだった。 バルジャンはふたりの仲を知り驚き、コゼットを他の人間に奪われることに憎しみを覚えるが、迷った末、マリウスを助けるため反乱軍に協力する。 政府軍に包囲され、劣勢の反乱軍にスパイ容疑で捕まっていたジャベール刑事。 その処刑役を買って出たバルジャンは、人目につかないところへジャベールを連行、「君は自由だ」と逃がしてやる。 政府軍の総攻撃がはじまり、マリウスは銃弾を受ける。 バルジャンは意識のない彼を肩に担いで下水道へ下り、マリウスが水につからぬよう持ち上げながら歩いて行く。 出口に鉄格子を見つけ絶望しているバルジャンに声をかけた者がいた。 脱獄したテナルディエだった。 担いでいるマリウスを死人と勘違いしたテナルディエは、マリウスの衣服から金目のものを剥ぎ取り、合鍵で鉄格子を開けた。 ようやく地上に出たバルジャンは、ジャベール刑事に出くわす。 マリウスを祖父のところへ送り届けたいとの願いをジャベールは承諾した。 最後にコゼットに会うため帰宅を願うと、ジャベールは一緒に自宅へ向かい、門のところで待つと告げた。 気になったバルジャンが二階の窓から外を見ると、セーヌ河に身を投げるジャベールが見えた。 「法律イコール正義」という信念で仕事に励んできたジャベール。 しかし脱走囚であるバルジャンから命を救われたジャベールはバルジャンを赦してしまった。 これは自身が信じてきた法を犯したことになる・・・。 「愛の心」を知ったジャベールは人の作った法の力の無力さに気づく。 それでも彼は、自己処罰の道を選んだのだった。 後に、意識を取り戻したマリウスは、祖父の承諾を得てコゼットと結婚。 バルジャンは58万フランの持参金を渡し、マリウスにだけ脱獄囚だったことを告白して行方をくらました。 マリウスは不法な金ではないかと疑ってそれを使えず、バルジャンの身元を調べる。 しかし、犯罪の過去しかわからない。 そんな時、バルジャンのことで強請ろうと考えたテナルディエが、マリウスの元を訪れバルジャンの過去を暴露する。 マリウスは、脱獄後のバルジャンが実業家で市長でもあったこと、戦場で負傷した自分を運び出してくれたことを知り、コゼットと共にバルジャンのもとへ急ぐ。 コゼットに会えず絶望したバルジャンはすでに病床にいた。 マリウスはこれまでの非礼を悔やみ、一緒に暮らそうと頼むがバルジャンは「自分はもうすぐ死ぬ」とこたえる。 そしてコゼットの母の名を明かし、かつてミリエル司教から託された燭台の明かりのもと、コゼットとマリウスに両手を預けて息絶えた。 完 スポンサーリンク 『レ・ミゼラブル』原作ネタバレ感想やあらすじまとめ ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」はミュージカル、映画、ドラマ、アニメなどで世界中に愛される名作中の名作。 運命に翻弄されながらも困難に立ち向かうジャン・バルジャンをはじめとする登場人物の生きざまは、読む人を惹きつけてやみません。 その現代版リメイクとなれば、楽しめること間違いないでしょう。 W主演のディーン・フジオカさんと井浦新さんをはじめとする豪華出演陣の演技も見ものです。 そんな、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』の原作小説、「レ・ミゼラブル」のあらすじやネタバレを掲載していますので、ぜひご覧くださいね。

次の

【レ・ミゼラブル終わりなき旅路】あらすじとキャスト!復讐の連続

レ ミゼラブル あらすじ nhk

2018年にイギリスBBCによってドラマ化されたヴィクトル・ユゴーの名作『レ・ミゼラブル』がました。 大作映画のような壮大さで視聴者を圧倒したほか、ミュージカルで上演されることも多い同作を 「歌なし」にした点でも注目されました。 そして時は流れて2020年3月15日、 NHK総合で吹き替え版の放送がスタートします! 全8回に渡って地上波放送されることになったのです~! 【『レ・ミゼラブル』ってどんなお話なの?】 『レ・ミゼラブル』の舞台は、フランス革命の影響が残るフランス・パリ。 1本のパンを盗んだたことで19年間監獄生活を送ることになった主人公ジャン・ヴァルジャンを軸に、彼に関わったレ・ミゼラブル(悲惨な人々の意)の姿が描かれています。 【母になる以前のフォンテーヌが描かれる!】 『レ・ミゼラブル』といえばミュージカルのイメージが大きいですが、BBC製作のドラマ『レ・ミゼラブル』最大の特徴は、歌が出てこないところ。 ストーリーに重きを置いた重厚で濃密な作品となっていて、コゼットが生まれる前のファンテーヌの人生や、彼女がなぜシングルマザーとして生きることになったのかなど、 あまり知られることのなかったお話が描かれています。 今回NHK総合で放送がスタートする吹き替え版でジャン・バルジャンの声を担当するのは『名探偵コナン』白鳥警部の声などで知られる 井上和彦さん。 ファンテーヌは映画『スター・ウォーズ』シリーズでレイの声を務めた 永宝千晶さん、ジャン・バルジャンを追う刑事ジャベールは海外映画やドラマで多数吹き替えを担当している 坂詰貴之さんが担当しています。 声優陣も豪華なので、ますます期待が高まる~! 吹替版は2020年3月15日午後11時からNHK総合で放送開始です。 まだ観たことがないという人はもちろん、ケーブルテレビなどですでに視聴した方も、新たな気持ちで鑑賞してみてはいかがでしょうか。

次の