線香のあげ方。 仏壇・お墓での線香のあげ方、正しい手順とNGマナーを解説

1分でわかる!お線香のあげ方のマナー

線香のあげ方

線香をあげる意味• 故人へ捧げる食事• 自分の身を清める• 仏様とつながりを持つ• もちろん、線香以外にもお供物はしますが、線香の香りは煙と一緒に極楽浄土へ届き、個人や先祖の霊の飢餓を満たすと考えられているのです。 現在では、線香にもさまざまな香りの物がありますから、故人の好きだった香りの線香をあげて食事として届けても良いでしょう。 よく大きな寺院でお参りをする際、焚かれた線香の煙と香りを自分の身に煽り被ることがありますが、これも身を清める儀式の一つです。 仏前でのお参り前に線香をあげるのも、現世で受けた穢れを香りで清めてからお参りするという流れと言えるでしょう。 線香の香りで清められた人の清らかな気持ちが香りとともに仏様の元へ届き、その心を伝える役割を果たすのです。 仏様とのつながりを持つ線香の香りと煙は、故人や先祖の魂を弔いたいという心と、仏様への真摯な気持ちを伝えてくれることでしょう。 このときに必要なのが旅路の道標なのですが、その役割を担うのが線香の香りと灯火です。 残された遺族は、故人が迷わないよう四十九日をかけて供養し、線香の火を絶やさないようにします。 現世と仏様をつなぎ、故人の旅立ちを手助けするのも線香をあげる重要な目的と言えるでしょう。 線香をあげるために用意するもの 線香をあげるためには、宗派に応じて仏具を準備しなければなりません。 では、具体的にどのようなものを用意するべきなのか、その内容を詳しく紹介していきましょう。 用意すべきもの• 線香立て• ろうそく立て• マッチ・ライター・点火グッズ• マッチ消し 線香立て 線香をあげるためには、火をつけた線香を供えるための「線香立て」が必要です。 しかし、線香のあげ方は宗派によって異なるため、それぞれのあげ方に合わせた線香立てを用意しなければなりません。 具体的な線香立ての種類は次のようになりますので、線香のあげ方に合わせて線香立てを用意してみましょう。 線香を立てる場合は香炉 線香を立ててあげる場合は、香炉と呼ばれる線香立てを用意します。 香炉は丸いお椀のような形をしており、そのままだと線香を立てることはできません。 香炉を用意する時は、中に灰を入れて線香が立てられるようにしてから使用しましょう。 線香を立ててあげるのは次の宗教なので、用意する前には宗派を確認してください。 線香を立てる宗教• 曹洞宗• 日蓮宗• 天台宗• 真言宗• 臨済宗• 浄土宗 線香を寝かせる場合は線香皿 画像引用元: 線香皿とは、火をつけた線香を寝かせてあげるための仏具です。 横に長い皿のような形の器に、線香を寝かせるための網や灰などを敷いて使用します。 線香を寝かせてあげる(横置きにする)のは「浄土真宗」です。 ろうそく立て ろうそく立ては、線香に火をつけるために使用するろうそくを立てるための仏具です。 線香は仏様や個人に捧げる大切な供物なので、マッチやライターなどから直接火をつけることはできません。 そのために必要なのがろうそくで、そのろうそくを立てるために準備するのがろうそく立てです。 ろうそくは、お墓参りで線香をあげる時にも使用しますので、仏壇用とお墓参り用で分けて用意するのもよいでしょう。 マッチ・ライター・点火グッズ マッチやライター、大きめのガスライターといった点火グッズも、線香をあげる際には必要です。 できれば仏壇専用のものを用意し、お参りの時にすぐろうそくに火がつけられるよう用意しましょう。 マッチやライターなどの点火グッズで線香に直接火をつけることは失礼に当たりますので、使用する時には十分気をつけてください。 マッチ消し マッチ消しとは、ろうそくに火を灯して燃えているマッチ棒を穴に差し込み、火を消すとともに安全にマッチを捨てるための道具です。 卵のような形で上部に穴が開いており、その穴に燃えさしのマッチ棒を差し込んで火を消します。 仏前に供えるために灯した火を人の吹きかけた息で消すのは仏様に失礼な行為なので、マッチを用意するときは必ずマッチ消しもセットで用意しましょう。 線香の選び方 お供えする線香は、ポイントを押さえておくと選びやすくなります。 ここでは、線香を選ぶ際のポイントをお伝えしましょう。 線香を選ぶ際のポイント• 5センチです。 この長さの線香を燃やした場合、燃焼時間は30分ほどが目安で、これは「お経を一回読む長さ」に当てはまります。 これよりも短い線香なら燃焼時間も短くなりますので、もし燃焼時間が気になる場合は短めの線香を選んでみましょう。 香り線香とは、簡単にいうと「香りを楽しむための線香」なので、花や果物・コーヒーといったさまざまな香りをお供えできることが特徴です。 「杉線香」は、乾燥させて粉末状にした杉の葉で作られたもので、ヤニによる煙が多いことから屋外でのお参り用に利用されます。 それぞれの特徴を理解しておき、普段のお参り用とお墓参り用で香りを分けてみても良いでしょう。 もしそのような状況が気になるようなら、煙の量が少ない線香を選ぶことをおすすめします。 近年では、煙が少ないという特徴がある線香も販売されているため、好みの長さや香りも考慮して選びましょう。 線香をあげる時の作法の基本 弔問客として故人の自宅を訪れた時、お参りのために線香をあげようとして作法に迷う人も少なくありません。 では、線香をあげる際にはどのような方法が失礼にならないのか、線香をあげる時の基本的な作法を流れに沿って紹介します。 線香をあげる際の作法• 数珠を左手に持つ• 座布団に座る• 仏壇に合掌する• ろうそくに火をつける• 線香に火をつける• 数珠は房が下になるようにし、左手に輪を掛けて軽く握るような感じで持ちましょう。 このとき、もし周囲に人がいるようであれば座る前に頭を下げ、ご挨拶をしてから座布団に座るようにしてください。 この礼拝は仏様に対するご挨拶になるため、線香はまだあげずリンも鳴らさないようにしてください。 多くの場合は、仏前にマッチやライターといった点火グッズが揃えてありますので、その点火グッズを使用してろうそくに火をつけましょう。 この時、注意しなければならないのが「線香についた火の消し方」です。 仏前で灯された火は、口で吹き消すと穢れてしまい仏様に失礼にあたります。 線香の火は必ず手であおいで消すようにしましょう。 ここでの礼拝が本当の「お参り」になりますので、合掌・礼拝の前にはリンを鳴らし、心を込めて合掌・礼拝しましょう。 礼拝が済んだら数珠を左手に掛け、両手の親指をついて膝を使って後ろ向きに下がり、座布団を下りてください。 【宗派別】線香のあげ方 線香自体は宗派の決まりがありませんが、線香のあげ方は宗派によって違いがあります。 ここでは、線香のあげ方を宗派別にご紹介していきますので、それぞれの宗派の線香のあげ方を確認しましょう。 天台宗 まず線香を3本取り、ろうそくの火で線香を灯します。 線香に火がついたら、1本を香炉の手前側に、残りの2本を香炉の仏様側の左右それぞれに立て、香炉の中で逆三角形になるように線香をあげましょう。 曹洞宗・日蓮宗・臨済宗 線香を1本取ったら、ろうそくの火で線香を灯します。 線香に火がついたら、香炉の真ん中に線香を立てましょう。 すでに他の人が線香をあげている場合でも、できるだけ真ん中に線香を立ててください。 真言宗 線香を3本取り、ろうそくの火で線香を灯します。 線香に火がついたら、1本を香炉の手前に、残りの2本を香炉の仏様側の左右1本ずつに立てましょう。 上から見ると、香炉の中で逆三角形になる形です。 すでに他の人が線香を立てている場合も、できるだけ同じ形になるようにしましょう。 浄土宗 線香を1本〜3本取り、ろうそくの火で線香を灯します。 線香に火がついたら、香炉の真ん中に線香を立ててください。 2本以上の線香はできるだけ揃えて、バラバラにならないように線香をあげましょう。 すでに他の人が線香をあげている場合も、香炉の真ん中に近くなるよう立ててください。 浄土真宗 線香を1本手に取ったら、半分に折って端を揃えます。 線香の端を揃えたら、ろうそくの火で線香を灯しましょう。 線香に火がついたら、横に寝かせて線香をあげてください。 用意されている線香立てが横置きでも香炉でも、線香は寝かせてあげるようにしましょう。 線香をあげる時の注意点 線香をあげる際には、注意をしなければならないことがあります。 では、具体的にどのような点に気をつければ良いのか、注意点をお伝えします。 線香をあげる時の注意点• 火を吹き消さない• 必ずろうそくから火を点ける• 仏教では、人間の悪い行いは「身・口・意」の3つから生まれると考えられているため、口で吹き消すという行為はお供えである線香を穢してしまうのです。 もし線香に灯した火が消えない場合は、手であおいで消すようにしましょう。 仏前にはろうそくが用意されているため、もしろうそくに火が灯っていない場合はまずろうそくに火を点け、その後ろうそくの火で線香を灯すようにしてください。 ただし、屋外にあるお墓で線香をあげる場合は、天候によってろうそくの火が消えてしまうこともあります。 基本はろうそくからになりますが、どうしても難しい場合は強めの点火グッズを用意しておき、点火グッズから線香に火を灯しましょう。 もし故人の自宅に弔問して線香をあげる際は、事前に宗派を調べておくと良いでしょう。 仏前に横置きの線香置きがある場合は浄土真宗なので、線香を2つに折って横置きにあげてください。 どうしても線香のあげ方がわからない場合は、親戚や知人に尋ねるようにしましょう。 まとめ 仏前にあげる線香は、故人へ捧げる大切な供物であるとともに、仏様へとつながる清らかな架け橋です。 線香をあげる意味について理解を深め、宗派の作法にのっとって線香をあげるようにしましょう。

次の

仏壇にお線香をあげる正しいやり方とNG作法!宗派で違う線香の本数

線香のあげ方

お盆とは、亡くなった人の霊が年に一度家族のもとに帰ってきて一緒に過ごすという、古くから伝わる大切な行事のひとつです。 初盆とは正確には 四十九日が過ぎて忌が明けた後の最初のお盆のことです。 一部の宗派は除きますが、一般的に仏教の世界では、 亡くなった人の魂は49日経つと仏のもとへ旅立っていくと考えられています。 49日間は、まだあの世とこの世の間をさまよっているのだそうです。 そのため、亡くなって49日経っていないうちに迎えたお盆は、初盆とは言いません。 ご遺族にとっては、その翌年が初盆ということになります。 地域によっては、新盆(あらぼん・にいぼん)と呼ぶこともあります。 初盆の時期はいつ? お盆の時期は地域によって異なりますが、8月の中旬に行うところが多いようです。 8月の13日に霊をお迎えして、16日に送るのが一般的です。 ただし7月の中旬にお盆を行う地域もあります。 東京や神奈川の 一部の地域などでは、7月の13日がお迎えの日となります。 お世話になった方の初盆に贈り物をしたいとお考えの場合は、お盆の時期を間違えないよう、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。 初盆と通常のお盆の違いとは? お盆の過ごし方は、地域の慣習や宗派によって様々です。 ご家族だけで過ごすお宅もあれば、人を呼んで毎年賑やかに行う地域もあります。 お盆は毎年訪れるものですが、初盆は故人にとってもご遺族にとっても一度きりの特別なものです。 通常のお盆より盛大に、念入りに供養を行います。 ご親戚だけでなく友人知人、ご近所の方々をお招きして食事をふるまったり、故人との思い出話に花を咲かせながら時を過ごすお宅が多いようです。 初盆 新盆 にお線香をお供えする意味 では次に、初盆に お線香をお供えする意味について解説します。 初盆に限らず、ご供養にお線香は欠かせないものです。 仏壇やお墓参りの際、お線香にはどんな意味があるのでしょうか。 お参りする人の身を清める 仏壇への基本的なお供え物は 花,灯,香の3つと言われています。 これに水,食べ物を加えて、 五供と呼ぶこともあります。 この中の 香がお線香にあたります。 お線香は仏様へのお供えであると同時に、お参りする人の身を清める意味もあるそうです。 お線香を焚くことで、 身も心も浄化されると言われています。 お線香はお参りする人のためのものでもあるのです。 悪霊を遠ざける お線香の香りは、亡くなった人の食べ物であるとも言われています。 特に亡くなってから49日間、あの世とこの世の間をさまよっている間は、 故人の魂はお線香の香りを食べているのだそうです。 仏教では、善い行いをしてきた死者はよい香りを食べると言われています。 悪い行いを重ねてきた死者は悪臭しか食べないのだそうです。 こうしたことから、 お線香をあげることで悪霊を遠ざけることができるとも考えられています。 初盆 新盆 のお線香のあげ方のマナー 自宅に仏壇のない方は、お線香の上げ方がわからず戸惑ってしまうことも多いと思います。 基本的には、 心を込めてお参りすればよいのです。 しかし、できれば手順を理解してきちんとお参りさせていただきたいものです。 では、 初盆に招かれたときのお線香の上げ方のマナーについて詳しく見ていきましょう。 お線香の上げ方は、地域の習慣や宗派によって多少違いがあります。 ここでは、一般的なお線香の上げ方について解説します。 線香の上げ方の手順 まず、ご遺族にご挨拶をします。 親しい間柄でも、勝手にお線香をあげてはいけません。 お線香をあげさせていただきたい、と一言断ってから仏壇に向かいましょう。 仏壇の前でまず、小さく一礼します。 次に、ろうそくに火をつけます。 ろうそくに火が灯ったら、線香を手に持ちましょう。 線香をやや横に持ってろうそくの火にそっと近づけ、火を移します。 線香に直接火をつけてはいけませんので気をつけてください。 線香に火がついたら、火が上になるように線香を垂直にします。 そうするとだんだん火が小さくなって、煙が上がるようになります。 このとき、火に息を吹きかけたり、線香を左右に激しくゆすったりしてはいけません。 仏教では、人の息はけがれたものとされています。 仏壇で息を吹きかけることはマナー違反ですので注意が必要です。 火を小さくするには、線香を立てた状態で小さく上下に動かすのがおすすめです。 火の勢いがおさまった線香を、1本ずつ香炉に立てます。 宗派によっては、線香を横に寝かせることもあります。 線香をあげることができたら、仏壇に手を合わせます。 最後に小さく一礼して仏壇の前を離れ、ご遺族にも一礼しましょう。 宗派ごとのお線香の本数は何本? お線香の基本的なあげ方は上記の通りです。 では、お線香は何本手に取ったらよいのでしょうか。 お線香の本数は一般的には1~2本ですが、宗派によって異なります。 曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・浄土宗では、お線香の本数は1本とされています。 天台宗・真言宗では3本に火をつけ、香炉に立てるときは奥に2本、手前に1本と三角形になるようにします。 浄土真宗ではお線香の本数は1本ですが、 香炉に立てずに寝かせてお供えします。 そのため、香炉の幅に合わせた短いお線香をお使いのお宅が多いです。 長いお線香の場合は、香炉の幅に合わせて折ってお供えします。 煙が出ている方を左側にしてお供えするのがポイントです。 初盆 新盆 のお線香の渡し方 次に、初盆に お線香を贈るときのマナーや注意点について解説します。 熨斗(のし)をかける 初盆にお線香を贈る際は、 必ずのし紙をかけましょう。 お供え物にはのし紙をかけ、贈り主の名前をきちんと記しておくことが大切です。 では、 どのようなのしを用意すればよいか、詳しく見ていきましょう。 のしの書き方 初盆にお線香を贈る際ののし紙は、 薄墨ではなく濃い墨で書きます。 わざわざ薄い墨を用意する必要はありません。 文字は縦書きで、毛筆か筆ペンで書きます。 なければ太めのサインペンでもよいでしょう。 表書きの書き方 初盆のお供えののし紙の表書きは 「御供」「御供物」が一般的です。 「御仏前」や「新盆御見舞」でもよいとされています。 書く位置は、 水引の結び目の上です。 名前の書き方 結び目の下には、贈り主の名前を書きます。 お盆のお供えの場合、皆さん苗字が同じという可能性もありますので、 フルネームで記すのがよいでしょう。 そのほうがどちらから贈られた品物なのか、ご遺族にわかりやすいです。 ご夫婦の場合は、通常であればご主人のお名前を記せばよいとされています。 しかし、奥様も故人と親しかったのであれば、ご夫婦連名で記すとよいでしょう。 水引の選び方 水引の選び方は、地域の習慣によって異なります。 関東では 黒白や双銀の水引を選ぶお宅が多いようです。 一方、関西では 黄白の水引のものがよく使われています。 結び目は結び切りのものが一般的です。 一言挨拶を書いた手紙を渡す 初盆のお供えとしてお線香を贈る際には、 一言挨拶を添えてお渡ししましょう。 短い文章でも言葉が添えてあると、ご遺族に喜ばれます。 メッセージカードを用意してくれるショップも多いので、確認してみるとよいでしょう。 以下に一般的な文例を挙げます。 参考になれば幸いです。 例文 ご生前の面影を偲び謹んでご冥福をお祈りいたします。 お線香を送らせていただきます。 ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。 猛暑がつづきますがお体を大切にお過ごしください。 お線香を郵送してもいいの? もし、仕事やご家族の都合などで初盆に伺うことができない場合は、お供え物を 郵送しても問題ありません。 お線香を郵送する場合の 注意点などについて以下に記します。 送る時期に気をつける 地域によってお盆の時期が異なることについては既に触れました。 全国的には、8月にお盆を行う地域が多いですが、 7月に行うところもあります。 お供え物を郵送する際は、事前に先方のお盆の時期を確認しておきましょう。 お礼状を添える お線香を郵送する際、 必ずメッセージを添えて送るようにしましょう。 以下は例文となります。 参考になさってください。 お供え物としてお線香を贈る人が多いと、 多すぎて余ってしまう可能性もあります。 初盆に欠かせないお線香ですが、たくさんあっても困るものです。 そのため最近では品物の代わりに、 お線香代として現金を包むことも多くなっています。 金額相場はいくら? お線香を贈る代わりに現金を包む場合の金額相場は、 3千円~5千円となっています。 故人との関係が深い場合や目上の立場の場合は、1万円ほど包むこともあります。 金額相場は 地域によっても異なります。 ご親戚同士で相談して決めたほうがよいでしょう。 表書きの書き方 双銀・黒白、黄銀・黄白の結び切りの水引の袋を用意します。 表書きは 「御供物料」が一般的です。 仏式であれば「御仏前」でもよいとされています。 仏式ではなく神式の場合は「御玉串料」「御神前」がよいでしょう。 初盆 新盆 のお供え物のお返しは必要?• 初盆とは四十九日過ぎて最初に迎えるお盆のこと。 故人にとっても遺族にとっても特別なお盆として、盛大に行うお宅が多い。 お線香の香りは亡くなった人の食べ物でもあり、お参りする人の心身を清めるものでもある。 お線香をあげるときは、まずろうそくに火を灯してから。 お線香に直接火をつけないこと。 宗派によってお線香の本数が異なる。 香炉に線香を立てずに寝かす宗派もある。 お線香を贈るときはのしをかける。 表書きは「御供」がよい。 初盆に伺えないときは、お線香を郵送してもよい。 必ずメッセージを添えること。 お線香の代わりに現金を包むことも多い。 3千円~5千円が目安。 初盆はご遺族にとって特別なものであるに違いありません。 そんな初盆にお供えするお線香も、特別なものです。 ご遺族にとって安らかな初盆となるよう、マナーを守ってお参りさせていただきたいものです。 「終活ねっと」では初盆の法要に参列する際のマナーについて、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

仏壇の線香のあげ方は?線香を折るの?鐘は鳴らすもの?

線香のあげ方

宗旨宗派により異なります。 ご法事の折やお墓参りの時気になるのが、お線香・お焼香の手向け方がまちまちなことです。 宗旨宗派により異なるのは分かりますが、明らかにおかしいのではと思うことが多々あります。 あくまでも真言宗での方法であり、他の宗旨の方は御住職にお聞き下さい。 真言宗智山派のみの方法ではありません。 また、地方によって、他派によっては違う方法もあると思います。 先輩に聞いた話ですが、他宗旨の多い地区では、真言宗の方法を教えても、檀家さんも多い宗旨の方法に戻っていると言っていました。 無理にこうしろとは言わないそうです。 円泉寺檀家さんでもお線香の立て方が、曹洞宗と同じ人がかなりいます。 飯能市は曹洞宗の多い地区です。 1、香炉の前で一礼 2、一回目は右手三本の指でお香をとり、少し前かがみになり、目の前約10センチほどに持ってくる。 そのあと香炭の上にお香を置きお焼香。 3、二回目はお香をとったら、そのまま横に手を移動しお焼香。 4、三回目も3と同じことをする。 5、合掌してから戻る。 1、お線香を右手で三本とり、火を点ける。 2、一本を奥に、左手前に一本、右手前に一本置き、正三角形になるようにする。 二人以上の場合 1、最初の人は、お線香を一本取り火を付け左奥に置く。 真ん中に置くと、だんだん手前ばかりになり、奥が開いてしまいます。 その場合は三本でなく、一本でも良いです。 あるいは半分、三分の一でも良いでしょう。 短すぎて立てられない場合は、寝かせても良いと思います。 煙の少ないお線香は、化学成分主体でできていますので、かえって刺激が多いようです。 読経中にむせることもあります。 少し高価ですが自然香の方が経験上刺激は少ないです。 円泉寺では少々高価でも自然香を主体に使用しています。 皆さんも少なめにして良いお線香を使用することをお勧めします。 間違っても、お墓参り用の安い杉や強い化学香料入りのお線香は使用しないでください。 お線香が嫌いになる一番の原因です。 そこに続けて手向けると下から火が付き、倒れてしまい火事の原因となります。 気をつけて下さい。 高価なお線香は必要ありません。 煙の少ないお線香は消えやすいです。 室内では刺激が多い墓参専用のお線香でも、お墓では良い香りになります。 1、お線香の包装紙、帯び封を取り去り、 バラバラにする。 2、人数分一人あたり、3〜10本のお線香に火を点け分ける。 立てる式の場合は少なめにする。 手向けずとも良い。 3、施主・目上の人からお線香を手向ける。 火の位置は左になるようにする。 途中からは反対でも良い。 あくまでもお線香を個々に分けて一人一人が手向けましょう。 中には紙を巻いたままの人もいます。 途中で消えてしまいます。 お香やお線香が一般に流通するようになったのは、江戸時代豊になってからです。 あまりこだわりすぎるのも良し悪しです。 心をこめて手向けることが一番です。 葬儀屋さんが、お線香の手向け方を教えていたことがありました。 他宗旨の手向け方でした。 自分の菩提寺住職から聞いた方法だけが正しいと思っていたようです。 改めて私が説明したのですが、あくまでも心を込めて手向けることが基本です。

次の