エレ メンタリー シーズン 6。 エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY シーズン5

「エレメンタリー」シーズン7で終了

エレ メンタリー シーズン 6

エレメンタリーシーズン6最終回21話追い込まれたシャーロックの衝撃行動に涙・・・ 過去最大に苦虫を噛み潰した顔になって苦しそうに座っていたシャーロック・・・ そこに現れたのはハンナだった・・・ Awww Sherlock! 😭 Our hearts are breaking right now. 何も言えずに・・・・・・。 これは、二人が恋人としての関係が今後始まるというサインなのか? それとも、今生の別れのつもりで最後に伝えたかった言葉を言っただけ?? (友情としてだったら、こんな言葉通常は言わない・・・・ でも・・ 家族のように愛している場合はloveと言うのはあるし、 もう2度と会えない別れだと思ったから友情としての家族のような愛をわざわざ言葉に表したのかもしれない。 thank you for joining us for another incredible season of! 養子の話もダメになっちゃったけど、シャーロックと恋人になるとしたら自然に赤ちゃん授かれるかも??? **一番最後のシーン動画。 ファンの歓喜のコメントいっぱい見れますよー!シャーロックとの赤ちゃん希望の声もいくつも。 They're exactly where they're supposed to be... together. 警部とベル刑事がこれでもう出てこないと思うと悲しいけど・・・・・。 評判はなかなか。 ロバートダウニーJr主演、日本での評判もかなり高い。

次の

メンタリスト (テレビドラマ)

エレ メンタリー シーズン 6

シャーロック・ホームズが現代のニューヨークに現れたら……。 本作は、全米CBSネットワークで2012年9月27日より放送開始。 第1話は1,340万人という高い視聴者数を獲得。 その後も、シーズン1を通して1,100万人前後の安定した視聴者数をキープ。 第3話の放送後にシーズン1 フルシーズンの放送が決定し、2013年1月には早くもシーズン2の製作決定が発表されるなど、全米で多くの話題を集めた。 本国では最新シーズンとなるシーズン6の放送が予定されている人気シリーズだ。 名コンビ、ホームズとワトソンを演じるのはと。 表情豊かなルックスのミラーは、変な事にこだわったりするあたりがオタクっぽい現代版ホームズにピッタリ。 タイトルとなっている「エレメンタリー(ELEMENTARY)」は、コナン・ドイルの創造したシャーロック・ホームズを最初に舞台で演じた俳優ウィリアム・ジレットの名台詞「Elementary, my dear Watson. (初歩的なことだよ、ワトソン君)」から来ている。 鋭い観察眼を駆使して皆が見落としてしまうような「初歩的な」手がかりで難事件を解決してしまうホームズの推理力はニューヨークでも健在だ。 本作がヒットしている要因のひとつに、女性版ワトソンのを演じると役のとの抜群の相性を挙げているTV評もあるが、ワトソンを女性にするというアイデアについて、クリエイターのロバート・ドハティは、「ワトソンを女性にするというのは、最初はちょっとしたジョークみたいなものだったんだ。 ホームズが頼りにしている存在であるワトソンを女性にする以上に突飛なアイデアなんてないよなあ、なんて思ってね。 でも、考えれば考えるほど、ワトソンを女性にしてみたくなっちゃって。 」と語っている。 もちろん、世界中に居る膨大な人数の・ファンの中には、ジョン・ワトソンを女性に変えるなんて冒涜に等しい行為だ!と憤る純粋主義なシャーロキアンもいたはずで、それを承知の上で敢えて役を引き受けたは、「ワトソンを女性にするなんて、ショッキングなことだったと思うわよ。 私にとってはそんなことはなかったけど。 個人的に、それまでの常識を覆すような事が好きだから。 でも、一部の人たちにとっては、ワトソンを女性に変えることは007を女性にするようなものだったのよ。 ワトソンが女性になったからといって、世界がひっくり返るわけではないということを理解してもらうのには時間がかかるということなのだと思うわ」とインタビューで語っている。 ワトソン以外にも、シャーロックの兄マイクロフト、シャーロックが唯一心をかける女性アイリーン・アドラー、宿敵モリアーティなど、原作にある有名キャラクターたちも登場する。 彼らがどういった形で現代のニューヨークに現れるのかも楽しみな作品である。 イギリス人俳優を多く起用したキャスティング 女性の視聴者にとって本作のもう1つの見どころは、ことのファッションだろう。 衣装を担当するレベッカ・ホフハーによると、ワトソンの衣装のインスピレーションはニューヨーク・シティで働く女性たちのファッションだそうだ。 ホフハー曰く「私たちのほとんどは、いつも決まって着るような服があるけど、時々、他のアイテムを採り入れたりもするわよね。 高価でずっと着られるような上質の服をベースにして、ザラのTシャツを着たり、ギャップのアーミー・ジャケットを合わせたりするのよ。 ワトソンの衣装も、そういう感じが出るようにしたかったの。 女性の視聴者が『あれなら私でも着られる』と思ってくれるような、オシャレだけど機能的な服装ね」とのこと。 服選びにはもコラボするそうだが、ホフハーが1つだけ気をつけているのは、トレンドを極力避けて流行に関係無く長く着られる服に限ること。 「10年後に『エレメンタリー』を観た時、その時の服選びを後悔したくないから」とホフハーはコメントしている。 ジョニー・リー・ミラーの友人である、あのベネディクト・カンバーバッチも絶賛! 本作でを演じていると、「SHERLOCK シャーロック」でホームズを演じているベネディクト・カンバーバッチは、私生活では友人同士であり、2011年にはロンドンのナショナル・シアターで上演された映画監督ダニー・ボイル演出による「フランケンシュタイン」でW主演として共演もしている。 自分がブレイクした役を友人が演じていることについて質問された際、カンバーバッチは「『エレメンタリー』を観たけど素晴らしかった。 だって、自分がすごく好きな俳優が、自分がすごく好きな役を楽しみながら演じていたんだから。 彼も僕と同じように楽しんで演じているところを観るのはすごく素敵だった。 彼は素晴らしい仕事をしてると思うよ」と、の演技を絶賛したことが報じられ、話題を呼んだ。 ロンドンでの撮影について、英国出身のは「ホームタウンに帰っての撮影はいつだって楽しいよ」と語り、一方のを演じるは「私にとってはとてもエキサイティングな経験だったわ。 ロンドンで撮影するのはこれが初めてだったから。 撮影中にロンドンの様々な風景を見られたのも素晴らしいことだったわね。 このエピソードでは、ビッグベンとかバッキンガム宮殿、たくさんの黒いタクシーが走っているところなんかも見られるわよ」と語る。 がイギリス・ロンドンで事件を解決するのは、いつもとは一味違う、別の醍醐味があること間違いなし。 ホームズの兄マイクロフトがついに登場 ロンドン警視庁、通称スコットランドヤードで、共に事件を捜査した刑事レストレードの窮地を救うため、ロンドンを訪れるは、「ロンドンを離れて本当に恋しくなった唯一の場所」だとに語りながら、自分が住んでいたベーカー街221Bのアパートに案内する。 しかしそこで実兄、マイクロフト・に遭遇する。 マイクロフトは、レストラン・チェーンを経営し、自らも優れたシェフであるという設定。 に兄がいることなど知らされていなかったはマイクロフトの出現に驚かされるが、もマイクロフトも初めて会った時からお互いに好印象を持ち合う。 兄と不仲のにはそれが気に喰わないのだが、マイクロフトに対して自分の恋人でもないに手を出すなとも言えず、イライラ。 そんな微妙な三角関係?も見ものである。 ホームズの過去が明らかに!? 「ワトソン、僕は新しく生まれ変わった人間だから、 ロンドンも僕にとっては生まれ変わった街になっているはずだ。 それに、ロンドンは生まれ変わり続ける街だしね」 シーズン2は、の故郷ロンドンを舞台にしたエピソードから始まる。 これまで語られることのなかったの過去が少しずつ明らかになるのだ。 製作総指揮のロバート・ドハティは「シーズン2の第1話は、が地元に戻って本領を発揮するところを見られる良い機会になっている。 同時に、ニューヨークに来る前のの来歴が垣間見られるエピソードにでもある」とコメントしている。 薬物依存症になり面目を失ってロンドンを去ったは、兄マイクロフトやレストレードなど、自分の過去を映すような人々とどのように再会するのか。 またワトソンは彼らとどう接することになるのか、原作ファンでなくとも気になるところだ。 ホームズを取り巻く人間関係に変化が シーズン2もシーズン1に引き続き、イギリス人俳優が多く出演している。 まず、の兄マイクロフトという重要な役を演じるのは、『ノッティングヒルの恋人』、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』、『アメイジング・スパイダーマン』等々、数多くの映画にも出演しているイギリスの性格俳優リス・アイファンズ。 マイクロフト同様、がロンドンで再会するレストレードには、「名探偵ポワロ」「修道士カドフェル」などイギリスのTVドラマに多く出演し、最近では「GOTHAM/ゴッサム」のアルフレッド役で知られているショーン・パートウィー。 その他、モリアーティ役のナタリー・ドーマー(「ゲーム・オブ・スローンズ」)、オリヴィア・ダボ(「」)、故ロジャー・リース(「」)など、イギリス人俳優が多数出演。 一方、アメリカ人キャストも引けを取っておらず、ポール・ソルヴィノ(「」)やジェーン・アレクサンダー(「」)、ウィリアム・サドラー(「」)といった映画にも多く出演している実力派俳優たちや、TV「」のフランキー・フェイソンやクリス・バウアー、ピーター・ゲレッティ、「」のジョニー・サックことヴィンセント・キュラトーラ、「LEFTOVERS/残された世界」のマイケル・ガストン(「」のゲイル・バートラム局長)ら、映画・海外ドラマファンにはおなじみのベテラン俳優たちが脇を固めている。 シーズン2の最後で、自分の家を出て行くと決めたの心を変えられなかったは、イギリスの情報機関MI6で働くことにしたはずだったが突然、第二の故郷であるニューヨークに帰還。 が自分の元から独り立ちしたのを機に、新たな弟子を育てようというのである。 独り立ちすることを決めの家を出たものの、が新しい弟子と仕事をするのを複雑な気持ちで見つめる。 キティの方も、に何かと比較される元パートナーのが気になって仕方がない。 新キャラクター、キティ役を演じるのはニューフェイスのオフィリア・ラヴィボンド! の新たな弟子になるにキャストされたのはイギリス出身で当時28歳だった。 本作のクリエイターの1人、ロバート・ドハティが直々に電話をかけてきて、オーディション用映像クリップを送るよう依頼。 クリップをメールで送った翌々日には役のオファーを受け、さらにその2日後には撮影のためニューヨークに飛んだという。 ラヴィボンド曰く「すべてが非現実的な感じがしたわ。 私が撮影に参加した初日にはブルックリンの公園がロケ場所で、2日目は観光客でごった返したソーホーの街中で撮影したの。 その日はキティとの格闘シーンだったけれど、監督が『カット』と言った瞬間、『これってすっごく変。 だって、3日前にはロンドンに居たのに、今はソーホーの真ん中でと棒術の格闘シーンを撮影しているんだもの』って思っちゃった。 まるで長い間、仕事を一緒にしてきたみたいに感じさせてくれたわ」と語っている。 シャーロック・ホームズの好敵手、ワトソン!?ワトソン女史に大活躍に注目! 薬物依存症だったのリハビリをサポートする付添人としてと出会い、その後、の指南を受けて犯罪捜査に熟達していった。 だが、と同居して共に仕事をしている限り、の影的な存在から抜け出せないと悟り、引越しを考えていたところ、マイクロフトの一件があり、独立を決意。 がMI6で働くためイギリスに渡ってからは、ニューヨーク市警察の顧問としての仕事を一手に引き受け、見事にこなしている。 引越し先では、ちょっと気になる男性アンドリューとの出会いもあり、は音信不通ののことを忘れたかのように、新生活を謳歌。 そこに突然舞い戻ってきたが捜査顧問に復帰することになり、はにライバル心を燃やす。 誰もが認めるゴールデンコンビのと女史、二人のコンビ復活は一体いつになるのか!? コナン・ドイル原作「シャーロック・」シリーズの映像化作品では、主役は常にシャーロック・であり、ジョン・は常に一歩退いた、あくまで助手の存在であることがほとんどだが、本作のは、が認める唯一無二の対等なパートナーであり、ニューヨークで自立して働く女性としてのヒロインとして描かれているのが本作の魅力のひとつ。 特にシーズン3では、パートナー復縁を望むをよそに、独立することでがより魅力を増していく、要注目のシーズンになっている。 なお、役を好演しているは、シーズン2に引き続き、シーズン3においてもエピソード監督を務めており、が大きな転機を迎える重要なエピソード、第14話「女たちの戦い」の演出を手がけている。 監督の今後の活躍にも期待大だ。 シーズン3にも豪華ゲストが続々登場 シーズン3においてもこれまで同様、映画・テレビで活躍する実力派の俳優たちが多くゲスト出演するが、中でも注目したいのはが新居のアパートで出会う青年アンドリューを演じるラザ・ジャフリー。 インド人の父とイギリス人の母を持つ舞台出身のイギリス人俳優で、「MI-5 英国機密諜報部」や「HOMELAND」「SMASH/スマッシュ」などの出演作がある。 同じイギリス人俳優では、映画『トリコロールに燃えて』や『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』などで知られるスチュアート・タウンゼントが、を調査員として雇う保険会社の役員として登場する。 アメリカ人俳優では、映画『バウンド』や『フェイス/オフ』などに出演しているジーナ・ガーションが犯罪組織の女ボス、イラナ・マーチを貫禄たっぷりに演じて、と対決するところも見ものである。 ほかに「」のダニー・ロス役、ファラッチ役、「」ドロータ役スザンナ・シャコフスキー、「LOST」のソーニャ・ヴァルゲル、「」のマーク・マルゴリスら、海外ドラマファンにはおなじみの俳優が続々登場する。 ホームズはかねてから、父親についてはネガティブな事しか話しておらず、父親からのサポートもやむをえなく受けているといった様子を見せる。 ホームズがそこまで疎ましく考えているモーランドとはどのような人物なのか、実際に再会した親子は相手に対してどのように接するのか、一筋縄ではいきそうもないホームズ親子の関係は、シーズン4最大の見どころである。 モーランド・ホームズには、「FRINGE/フリンジ」のジョン・ノーブル その登場が大きな期待を集めたを演じるのは、TV「」の役で知られる。 ウォルターがエキセントリックで子供っぽいところもあるマッド・サイエンティスト・タイプだったのに対し、モーランドは冷徹な判断力で常に全てをコントロールしなければ気が済まないという正反対のタイプだが、息子を持つ父親という共通項もある。 対照的な2人の父親を演じたことについてノーブルは以下のように語っている。 「私たちには皆家族が居る。 親子のつながりは時として悲惨なものであるかのように感じることもあるが、結局のところは、この世で一番強いつながりなんだ。 何があっても、結局はそこに行き着くんだよ。 父親役を演じる際には、自分にも息子が居るから父親としての感情や葛藤が理解できた。 或る意味では、父親である自分自身を基にして演じたんだ」 シーズン4のゲストスターたち シーズン4では、役のの他にも、映画やTVファンにはおなじみの実力派俳優たちがゲスト出演している。 まず、モーランドのビジネス・ライバルの女性には、アカデミー助演女優賞候補にもなったショーレ・アグダシュルーがキャストされ、短い出番ながら「」のステファニアと同様、強い印象を残す。 父親が登場するのはホームズだけではない。 シーズン4では、の継父が初登場するが、演じているのは2017年7月に心臓発作で急逝したジョン・ハード。 悪気は無いのだが少しばかり困ったちゃんな父親を好演している。 そして、恋バナを咲かせるホームズに対抗しているわけでもないのだろうが、グレッグソン警部にも恋人ができる。 演じているのは、『サイドウェイ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたヴァージニア・マドセン。 バツイチのグレッグソンが夢中になるのも納得の熟年女性を魅力的に演じている。 : 2012 年~2013年 第1話~第24話 全24話(第1話~第24話)• : 2013 年~2014年 第1話~第24話 全24話(第25話~第48話)• : 2014 年~2015年 第1話~第24話 全24話(第49話~第72話)• : 2015年~2016年 第1話~第24話 全24話(第73話~第96話) 企画・原案 ロバート・ドハティ.

次の

メンタリスト (テレビドラマ)

エレ メンタリー シーズン 6

・彼女が駐車禁止のチケットを持っていた=車で来た ・外科医をしていた=荷物を拾った時に手を見た 瞬時に彼女の情報を見透かしたホームズの洞察力や観察力は、まさに特殊能力と言えるでしょう。 ホームズは、以前ロンドンに住んでいた時に 薬物依存になったきっかけがあるようですが、この件に関しては触れたくないようです。 また別のシーンでは、バラバラに割れたグラスの破片からグラスが2個あったことや、寝室の床の傾斜からシェルターを発見したりと、常人とは目の付けどころが違います。 ホームズは、時に人が触れてほしくない部分や心の奥に隠しているものまで感じ取ってしまうことがあります。 ワトソンは外科医を辞めた本当の理由を隠していましたが、ホームズは彼女の心を読み取って明らかにしてしまいました。 こういった無神経な一面があったり、突き放したと思えば助けを求める。 ワトソンは、そんなホームズに振り回されながらもホームズに手を貸して行きますが、2人のこんなやり取り、ホームズからワトソンへの態度の変化なども注目して頂ければと思います。 【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】シーズン1の感想 時代設定が現代的なことや薬物依存でリハビリ中なのに事件を解決したり、ワトソン役が女性という設定がストーリーに新鮮さを感じます。 一話完結で話のテンポも早いので、飽きずに観ていられました。 事件解決かと思いきや想像とは違う人物が犯人だったとかなど、最後にどんでん返しがあるのも魅力です。 さらに、1話、2話と回数が進むにつれて、ホームズとワトソンの息の合った関係に好感がもてます。 ワトソンとホームズとの6週間の契約期間で、代わりの支援者を探していますが、ホームズには納得いかない様子。 ホームズの予想外の行動や、事件解決に導く手助けができるのは、ワトソンぐらいかも? これから、さまざまな難事件を解決していくなかで、ワトソンの存在はとても重要になると思います。 現在シーズン7まで話がある作品なので、これからストーリーにどんな変化がおきるのか、2人の距離感にも注目です。

次の