臭い玉 なぜ。 臭い玉(膿栓)の原因は喉の乾燥!できたらどうしたらいいの?

口からでてくる臭い玉(膿栓)の原因や改善法を紹介!口臭にも関係あるって本当?

臭い玉 なぜ

臭い玉の正体は死骸の塊だった! 臭い玉の正体はズバリ白血球などの死骸の塊です。 正式名称は膿腺といいます。 喉の奥には扁桃腺があります。 この扁桃と呼ばれるところは口や鼻から入り込んできた ばい菌やウイルスを体内に入ることを防ぐため白血球などを出して戦うところです。 そして、役目を終えた白血球は死骸となり扁桃腺にある腺かと呼ばれるくぼみにたまっていきます。 これが臭い玉の正体です。 食べカス等も合わさって出来る 他にも食べかすや炎症が起きた後出来た産物なども合わさって出来上がります。 特に風邪をひいているときはできやすくなっています。 また、時間をかけて出来上がった臭い玉は腐敗臭を持ち合わせています。 その結果、実はこの臭い玉、口臭の原因にもなるのです。 臭い玉を取り除くには?自分で取るのは危険かも 臭い玉は見えるところにあれば自分でとることもできます。 しかし、こういった行為は扁桃腺を傷つける恐れがあるため控えるべきです。 また、安易にポロポロとってしまうと、すぐにまた臭い玉が出来てしまい、 できやすくなってしまうという見解もあります。 それはご自身の体質や生活習慣も関係していると思いますから、 一概に頻繁に臭い玉を取れば逆にできやすくなるとはいえません。 取りたい方は耳鼻咽喉科へ! ですから、口臭が気になるため臭い玉をとりたい方は必ず一度耳鼻咽喉科にかかるべきです。 本来、扁桃腺は耳鼻科の担当分野です。 ですが、臭い玉は病気ではないため除去しない先生もいるようです。 そのため、膿腺をとってくれる先生を探すところからスタートする必要があるでしょう。 臭い玉は誰にでもあるもの いかがでしたか。 臭い玉をはじめてみつけたときはとても驚くかと思います。 しかし、この臭い玉は誰にでもあるものです。 そのできやすさには個人差や体調が関与していますが、 特に大変な病気ではないので安心してください。 扁桃腺が頑張った証拠が臭い玉 むしろ、扁桃腺が頑張って働いてくれた証なんですね。 しかし、この臭い玉には食べかすなんかも含まれているため悪臭を伴うのが大きな欠点です。 この臭いは口臭の原因にもなるため、口臭に悩んでいる方は自分無理に取ろうとせず、 膿腺の除去を行っている耳鼻咽喉科にかかり、きちんととってもらいましょう。 また、その時臭い玉ができやすいのであればそれを相談して一緒に解決してもらいましょう。 [co-9].

次の

臭い玉(くさい玉、におい玉)の正体│口臭対策でキレイな息!口臭お悩み解決室

臭い玉 なぜ

口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 口呼吸と慢性扁桃炎、口臭の関係 > > 口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 口呼吸と慢性扁桃炎、口臭の関係 スポンサード リンク どうも 【口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 最近の僕の膿栓事情について書こうと思います。 最近というか、ここ3、4ヵ月は、膿栓の固まりができないんですよ〜。 前は、ひどいときは、毎日とれてたのに…。 扁桃腺の穴を、いくらほじほじしても、ピストンで水を送り込んでも、でてこないんですよ。 たまにとれるのが、膿栓の固まりになる前?の状態なのか、白いつぶつぶが、でてくることがある。 においをかぐと、やっぱ膿栓の匂いっぽい… 膿栓(臭い玉)はできなくなったけど、口は臭くなる 【口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 普通に臭くなる。 だけど、膿栓がたまったときのようなひどい口臭は最近ありません。 喉の奥が臭いというのは、最近ないんです。 (喉の奥が臭いか確認する方法はの記事で) でも、あきらかに、扁桃腺の穴がくさいときがある。 扁桃腺の穴がくさいときは、濃汁か、さっき説明した白いつぶつぶがたまってるので、ピストンで水を流し込んで洗浄してます。 ただ、水で穴の中を洗っても、一時的には効果あるけど、結局また臭くなる…。 スポンサード リンク 膿栓ができないってことは慢性扁桃炎が改善ってこと? 【口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 慢性扁桃炎の可能性がある。 慢性扁桃炎っていうのは、扁桃が常に炎症を起こしてる状態で、それがきっかけで、腎臓病とかにもつながる、油断できない状態。 慢性扁桃炎状態だと、扁桃に常に細菌とかがいて、扁桃の免疫細胞と細菌が24時間戦っている状態。 その結果、死んだ白血球や細菌が固まって、膿栓になるって仕組み。 僕は、以前、膿栓とれるペースが、月3、4回なんてレベルじゃなかったから、確実に慢性扁桃炎だったと思う。 たまに、口は膿栓っぽいニオイになるときはあるけど、膿栓のかたまり自体はでてこなくなったのは、喜んでいいのかも。 慢性扁桃炎がなおってきてる証拠だと感じています。 口呼吸をしないようにしたら、膿栓(臭い玉)できなくなったっぽい 【口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 それは、、、 「口呼吸をしないようにしたこと」 僕は、もともと口呼吸をするクセがあって、ぼーっとしてると、自然と口があいてたりします。 幼稚園のとき、公園で、ぼーっと口をあけてたら、ハチが口の中に入ってきてベロを刺されたことがあるくらいでした。 膿栓のかたまりができなくなったのは、この口呼吸をやらないように意識したあたりからな気がするんです。 口呼吸をすると、空気中の菌が直接、扁桃に付着してしまい、扁桃が常に菌とバトルすることになる。 だから、口呼吸してると慢性扁桃炎になりやすいんです。 Ads by 忍者AdMax 慢性扁桃炎予防にマスクいいかもしれません 【口呼吸を治すと、膿栓(臭い玉)ができなくなりました。 シーツとか布団をセットする仕事ね。 ベッドメイキングしてると、ほこりが超すごいんですよ!かけ布団のカバーを取るときなんかは、布団をバフバフするから、部屋中にほこりが充満する。 だから、ベッドメイクするときはマスクがないと死にます。 ただ、マスクをしていると息苦しいから、仕事中、激しい運動をしたりすると、どうしても口呼吸になってしまうときがあります。 仕事中、常に鼻呼吸するのは、難しいとしても、なるべく、口呼吸してることに気づいたら鼻呼吸するように、常に意識してました。 あと、マスクするってこと自体、慢性扁桃炎予防には、いいのかもしれません。 空気中のゴミが、マスクによってフィルタリングされるんで、ゴミを直接口から吸わなくていいので、扁桃にも菌がつきにくいのかなあって思いました。

次の

臭い玉(くさい玉、におい玉)の正体│口臭対策でキレイな息!口臭お悩み解決室

臭い玉 なぜ

扁桃の位置はどこ? 扁桃の位置を下図で示しています。 図で示している通り、 口内、喉の奥よりやや手前の両側に口蓋扁桃はあります。 腺窩というハチの巣??のような凹凸(おうとつ)が多数あることが特徴的です。 扁桃は口蓋扁桃以外にも舌の根本であったり他の部分にもありますが、 基本的に臭い玉(膿栓)が溜まりやすいのは口蓋扁桃です。 扁桃は以前は扁桃腺と呼ばれていたので、扁桃腺という 呼び名の方が馴染みのある人も多いと思います。 (今は扁桃という呼び名が正式名称となっています。 ) この口蓋扁桃に臭い玉(膿栓)が溜まるとこのようになります。 ここまで、たくさん付着していることは稀ですし、 肉眼では全く見えないケースも多いです。 この写真のケースは扁桃が肥大していて 臭い玉が過剰に付着しているようです。 臭い玉(膿栓)はなぜ出来るのか? それでは、なぜ臭い玉(くさい玉)は出来るのかを考えていきましょう。 この臭い玉(膿栓)が出来るか出来ないかには個人差があります。 全く、知らないという人もいますし、頻繁に出ると言う人もいます。 実際には全く知らないという場合も気付いていないだけで、 自然と飲み込んでしまっているケースも多いのです。 そのため、臭い玉(膿栓)を気にすることも当然ないですし、 その存在すら知らないのだと思います。 頻繁に臭い玉が出ている、という場合には、 扁桃の構造に1つの要因がある可能性を考えてみるべきです。 扁桃の構造が臭い玉の原因!• 扁桃の凹凸が多数ある• 扁桃の凹凸ポケットが深くなっている• 扁桃が一般よりも大きかったり逆に凹んでいたりする このような特徴があると臭い玉(くさい玉、におい玉)の原因となる細菌の塊や死骸が 扁桃に溜まりやすくなります。 肉眼でしっかり確認するのも難しいため、自分が上記の特徴に 当てはまっているのかを確認することは困難です。 また、扁桃の形や位置は代えられませんから、 臭い玉(膿栓)が出来る原因が扁桃の形や位置、大きさにあったら 手術して取ってしまう以外には解消出来ない、ということになります。 しかし、上記のような扁桃の構造に問題があって臭い玉が出来ているケースは稀であり、 多くの人は正常範囲内であることがほとんどなのでご安心下さい。 次項では、臭い玉が口臭の原因なのかを簡単にチェックする方法を教えます。

次の