コロナ感染者数世界マップ。 新型コロナ「感染者数マップ」開発者が語る“情報の危機管理”とデータ連係の重要性【地図と位置情報】

Group 4

コロナ感染者数世界マップ

日本の新型コロナウイルス感染場所がわかるマップアプリとは JX通信社という会社が開発した「 NewsDigest」という 無料の最速ニュースアプリになります。 このアプリ内に「 新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ」という特設ページが設けられていて、上部のタブの「 新型肺炎」から記事トップの「 感染状況マップ」を選択すると情報を確認することができます。 噂やデマ・嘘のニュースなどの拡散にによって風評被害の原因にならないように、アプリ上に表記されている感染者数、感染者の利用した施設などの場所については厚生労働省と自治体の正式な発表の後に更新しています。 更に風評被害を防ぐためにも、感染者が利用した施設が消毒などの対応が済んでいるのかどうかの表記もしています。 アプリで確認できること 国内での累計感染者数を始め、マップ上での地域別の感染者数や死亡者数などを見やすくしあり、国内のみだけではなく海外の感染者および死亡者状況も記載しています。 感染者数はクルーズ船乗員・乗客を除く数が記載されています。 他にも何がアプリで確認できるのか紹介していきますね。 国内での累計感染者数 「 国内での累計感染者数」を数字とマップ上で見ることができます。 そのほか確認できる項目として、「 累計退院者数」「 累計死亡数」「 現在患者数」「 感染者数推移」が確認できます。 全ての項目に感染者数の前日比も記載されています。 マップは都道府県別に感染者数によって色分けされていて見やすくなっています。 感染事例が報告された場所の情報 マップは縮小・拡大でき、丸をタップすると「 感染場所」「 発表日時」「 消毒済みの有無」「 感染者数」を確認することができます。 またマップ上にある丸は感染者数ごとに色分けされているので確認もしやすくなっています。 マップを見やすくするためなのか、掲載から一定の期間が経過した場所は、順次マップから 削除するそうです。 一定期間とはどのくらいなのかは記載がありません。 都道府県別 累計感染者数・死亡者数 都道府県別のグラフで感染者数が多い順になっています。 表には「 感染者数」「 死亡者数」「 致死率」が記載されており、また表でも確認することができます。 年代別 累計感染者数・死亡者数 こちらは 年代別のグラフになっています。 年齢別に「感染者数」「死亡者数」「致死率」が記載されています。 世界各国 日本国内だけではなく、「 世界各国の累計感染者数」「 世界各国・地域の累計感染者数・死亡者数」が国内同様のグラフにして数値をまとめてあります。 通知をonで最新情報が届く アプリの通知を「on」にしておくことで新型コロナウイルスについての最新情報が届きます。 通知が不要な場合はトップページの右上の設定のマークをタップし、通知設定から「速報」「定時」の通知をオフにすれば通知は来なくなります。 また通知設定の内容も地震速報や主要な情報などと項目が別れているので『この通知は必要だけど、この通知は必要ない』と変更ができます。 危険な場所もわかる。 — きつね Uber配達員a. コロナに負けるな UbereatsHacker 評価は高いようで知らない人にも使って欲しいというコメントが多く見られました。 皆が危機感を持って行動していかなければいけないのでこういったアプリで外出の際は気をつけて行動して欲しいですね。 日本の新型コロナウイルス感染場所がわかるマップアプリを開発したJX通信社とは 今起きていることを明らかにする報道機関を目指す報道ベンチャーの会社です。 CMでも聞いたことがある「スマートニュース」というアプリに新型コロナウイルス感染者数のリアルタイムデータの提供もしています。 必要な情報をAIで収集し、報道していく新しい報道の会社です。 アプリの開発経緯 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、病院や大学、コールセンター、ライブハウスなど様々な施設での 「クラスター感染」の発生が問題となっています。 このため、多くの自治体や企業により、感染者の出入りのあった店舗や事業所等の情報が公表されています。 しかし、現状こうした施設の情報は 全国の自治体や企業が個別判断のもとに公表しており、統一的な整理や発信が行われていません。 こうした状況では自治体などの呼びかけも届かず、感染経路調査による新たな感染者の発見を困難にします。 また、近隣の企業や施設に対する根拠のない噂やデマ・フェイクニュースの拡散、風評被害の原因にもなっています。 一方で、海外では感染経路を追跡し、感染者と接触した可能性のある市民に通知を送るなどの機能を持つ アプリを政府や研究機関などが提供し、感染経路の追跡に成果を挙げている事例もあります。 こうした状況を踏まえて、当社では企業や自治体等により 感染事例が報告されたピンポイントな場所の情報を地図上に集約・整理し、運営する速報ニュースアプリNewsDigest(無料)内などで閲覧できる機能を開発・実装しました。 引用:JX通信社HP 海外では政府や研究機関がなどが、新型コロナウイルスの感染者の感染経路や、感染者との接触した恐れのある人に通知がくといった機能のアプリそ開発しているので、そういった機能まで開発してくれるとアプリによってもっと安心できますよね。

次の

新型コロナ「感染者数マップ」開発者が語る“情報の危機管理”とデータ連係の重要性【地図と位置情報】

コロナ感染者数世界マップ

Novel Coronavirus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ) WHOは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を発信するため、「Novel Coronavus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)」を公開しています。 さらに地図左側には新型コロナウイルス(COVID-19)感染者数の日別と全体の累積数も表示されています。 リアルタイムではありませんが、正確な感染状況を把握できます。 WHO Health Emergency Dashboard(健康危機ダッシュボード) WHOは、国際保健規制(IHR 2005)で義務付けられている公式チャンネルを通じて報告された緊急事態情報の発信を地図でも行っています。 IHR(International Health Regulations: 国際保健規則)とは、WHO 憲章第21条に基づく国際規則で、国際交通に与える影響を最小限に抑えつつ、疾病の国際的伝播を最大限防止することを目的としています。 1951年に国際衛生規則(ISR)として制定後、1961年国際保健規則と改名されました。 さらに世界情勢の変化から、国際的な公衆衛生上の緊急事態が発生する可能性がある全ての事象を報告するように定めた国際保健規制(IHR 2005)が2007年6月に発効されています。 マップの情報は15分ごとに更新され、円グラフのサイズは特定の国または地域のイベントの数に対応しています。 地図に表示されている円をクリックすると、どんな緊急事態が発生しているのか確認できます。 緊急事態とされる事象は、下記の11つに分類されています。 Animal• Chemical• Food Safety• Infectious• Disaster• Nutritional deficiency• Product• Radionuclear• Undetermined• Zoonosis• Societal 新型コロナウイルス(COVID-19)が流行している日本は、「Infectious」に分類されています。 新型コロナウイルス(COVID-19)に限らず、紛争など様々な緊急事態が確認できるため、世界情勢の把握や渡航先の参考に役立ちます。 <参照> WHO: WHO: 厚生労働省:.

次の

コロナウイルス(COVID

コロナ感染者数世界マップ

maps. arcgis. coronavirus covid-19 global cases by johns hopkins csse 表示できない 2020年2月25日からサインインが必要の表示が出るようになりましたが 一時的なのか恒久的なのかは不明です。 もしかしたら何かの改良・メンテナンス中なのかもしれませんね。 都道府県別新型コロナウイルス感染症患者数マップ 日本のコロナウイルス感染者数がわかる都道府県別新型コロナウイルス感染症患者数マップです。 で症例としているのは、「国内事例(有症状者)」「国内事例(無症状病原体保有者)」「チャーター便帰国者(有症状者)」「チャーター便帰国者(無症状病原体保有者)」です。 マップの作成・編集更新・公開は、ジャッグジャパン株式会社。 Coronavirus COVID-19 Japan Case 2019-nCoV コロナウイルス感染 世界マップ:日本経済新聞 日本経済新聞による「コロナウイルス感染症マップ」です。 日をさかのぼって感染者数を表示できるようになっています。 コロナウイルス感染 世界マップ:日本経済新聞 中国版) 日本経済新聞による「コロナウイルス感染症マップ中国版」です。 NewsDigestの日本国内の最新感染状況マップ FASTALERT(ファストアラート) 新型肺炎ダッシュボードのデータを使って作られるマップです。 ジャッグジャパン株式会社 都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ 日本国内の新型コロナウイルス感染者数マップ数です。 北海道だけ、大阪だけなど地図を拡大していくと、感染者が出た地域が視覚的に把握できるようになっています。

次の