手足 口 病 喉 写真。 手足口病の3つの症状とは?子供の初期症状や薬、治療について!

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足 口 病 喉 写真

当院ではまだ、今のところ大流行といった感じではありませんが、保育所や幼稚園によっては流行しているところもあり、全国的には手足口病の流行がみられています。 ところで皆さん、手足口病やヘルパンギーナってご存知ですか? 夏になるとよく出てくる感染症なのですが知っていますか? 子供さんのいらっしゃる方なら聞いたことがあるかもしれませんが、俗にいう『夏かぜ』のひとつです。 夏に流行がよく見られるもので有名な感染症が3つあります。 手足口病とヘルパンギーナ、あとプール熱(咽頭結膜熱)です。 これらのことを3大夏かぜというように呼んだりもします。 今回はその夏かぜの中から手足口病とヘルパンギーナについてお話します。 手・足・口の中だけではなく、口のまわりやひじやひざ、おしりにも水疱ができることがあります。 発熱していて、のどが痛さのあるかぜ症状がある上に、手や足に水ぶくれが出来てたりすれば手足口病を疑います。 まわりで流行があったり、手足口病の発疹を見たことがあったりすれば、病院でなくて自宅でも割と診断がつきやすい疾患です。 当院での自験例を参考してみてください。 口の中は分かりにくいですが、口のまわりや手・足に水疱性の発疹が多くみられます。 手足口病は保育園・幼稚園に通っているのお子さんに多いのですが、小学生や大人でもかかることはありますので注意してください。 夏かぜといわれるように、熱が出て、のどが痛くなるのが基本の感染症になります。 手足口病よりは38~40度の高い熱が出ることが多いですが、2-3日で解熱することがほとんどです。 発熱と咽頭痛以外は特徴的な症状はあまりありません。 しかし、ヘルパンギーナも夏に流行する感染症ですので、周りの状況と症状で疑います。 手足口病と同様に保育園・幼稚園に通っているのお子さんに多いのですが、ヘルパンギーナも小学生や大人でもかかることはあります。 難しく言いましたが、ようするに見て診断するのです。 当院は耳鼻咽喉科ですので、口・のどをしっかり見て診断することが出来ます。 血液検査やインフルエンザみたいに棒を突っ込んで診断することはありません。 ヘルパンギーナは口の奥である口蓋垂や口蓋扁桃のあたりに水泡ができることが多く、口の前方や舌にできることは少ない傾向にあります。 一方、手足口病は舌や口の前の歯茎などに水泡が現れます。 もちろん手のひらや指の間、足の裏などにも水泡があれば診断ができます。 ヘルペス性歯肉口内炎など口の中に水泡ができる疾患や手足に発疹の出る他の病気との区別をすること、まれにですが髄膜炎や脳炎などを合併すること、もあるので病院できちんと診断してもらってくださいね。 どちらもエンテロウイルス属であるエンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルス、ポリオウイルスなどが原因である感染症のことです。 エンテロウイルスには70種類以上の型があり、その中の種類にもよりますが、エンテロウイルス感染症では症状も似ていることが多いのです。 同じエンテロウイルス属であっても、ポリオウイルスとは異なるウイルスですので、残念ながらポリオワクチンでは効果がありません。 また、ポリオ以外のエンテロウイルス属のウイルスにワクチンはないのが現状です。 ええっ?? なんか難しいですよね。 難しいことは抜きにして、どちらもウイルスの病気なので、 抗生物質は効果がなくて『治す薬はない』のです。 ということは、自分の免疫力で治す病気なので、栄養を取ってしっかり休むのが一番の薬です。 そうすれば1週間もあれば自然に治ります。 しかし、どちらも大人でもかかる疾患でウイルスの種類によっては、まれではありますが、重症化する場合があります。 例えば、ヘルパンギーナは熱性けいれんが合併しやすいウイルスの場合があるといわれています。 また、手足口病では脳炎や脊髄炎、ギランバレー症候群を起こすことがあるウイルスのタイプもあります。 もちろん、ほとんどの手足口病やヘルパンギーナでは重症化せずに自然治癒します。 でも、注意は必要ですね。 手足口病やヘルパンギーナの感染経路は糞口感染あるいは飛沫感染です。 ワクチンがないので、手洗いやうがいなどで予防をしましょう。 具体的に言いますと「熱が下がって、十分に食事がとれるようになったら」ということになります。 手足口病の場合は発疹が消失することも目安の一つになります。 第二種感染症のプール熱(咽頭結膜熱)は「主要症状が消退した後2日を経過するまで」となっていますので、手足口病やヘルパンギーナはずいぶん早く出席停止が解除になります。 ただし、糞便中に感染後1か月ほどはウイルスが排泄されるといわれていますので、出席停止が解除になっても全く感染しないということではありません。 特におむつ替えの時やトイレでは、感染力は強くありませんが、しばらくは注意はしておいた方がよいでしょう。 手足口病やヘルパンギーナの感染経路は糞口感染もしくは飛沫感染です。 ワクチンがない感染症ですので、手洗いやうがいなどで予防しましょう。

次の

ヘルパンギーナの症状とは?(写真・画像あり)大人も感染する?

手足 口 病 喉 写真

概要 手足口病とは、口のなかや手足に(ほっしん)が現れる感染症のひとつで、夏季を中心に流行します。 4歳くらいまでの幼児が発症しやすく、なかでも2歳以下で発症する子どもが多いとされています。 代表的な手足口病の原因ウイルスには、コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型などがあります。 多くの子どもは、小学校に入学する年齢を迎える頃までに、これらのウイルスに感染しており、免疫を獲得しているとされます。 そのため、大人になってから手足口病を発症するケースは、子どもに比べると多くはありません。 手足口病は、基本的には良好な経過をたどって自然に治る病気です。 しかし、発疹などの症状がみられた場合は医療機関を受診し、経過観察することが大切です。 経過中に強いや嘔吐、強い全身倦怠感やむくみが現れた場合は、や、などの重い合併症がないか確認するためにも、医療機関を早期に受診する必要があります。 原因 原因ウイルス 手足口病の原因ウイルスは、大人の手足口病と同様、一種類ではありません。 代表的なウイルスとしては、コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型が知られています。 また、日本では2009年以降、コクサッキーウイルスA6型が原因となる手足口病が増えています。 どのようなウイルスに感染するかにより、引き起こされやすい合併症などは異なります。 感染経路 原因となるウイルスは、次の経路を介して感染します。 飛沫感染 感染している人が咳やくしゃみをした際に、唾液や鼻水などに混ざって排出されたウイルスを取り込むことで、感染することがあります。 経口感染・糞便感染 手足口病の原因ウイルスは、感染している人の便や皮膚にできた水疱(水ぶくれ)の中にも含まれます。 これらのものに触れた手を介し、ウイルスを取り込むことで感染が成立することもあります。 お子さんの排泄物を処理した後は手を洗う、日頃から手洗いうがいを習慣づけるといった一般的な対策が、手足口病の予防においても重要です。 症状 原因ウイルスに感染してから、3~5日程度の潜伏期間 *を経て、次のような症状が現れます。 *コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型の潜伏期間です。 水ぶくれ状の発疹 手足口病では、手のひら・足の裏・口のなかに小さな水ぶくれが生じます。 この水ぶくれを水疱(すいほう)とよびます。 水疱はおしりやひざに生じることもあります。 口腔内のはすぐに破れて潰瘍性になります。 熱は出ないことが多いとされます。 手足口病の症状は、3~7日ほど経つと消えていき、治癒に向かいます。 手足口病の水ぶくれは、(すいとう)と異なり、消退までの過程で「かさぶた」にならないという特徴があります。 爪の症状 手足口病の原因となっているウイルスにより、特徴的な症状がみられることもあります。 たとえば、コクサッキーウイルスA6による手足口病では、水疱のサイズが比較的大きく、発症後数週間を経て爪が剥がれる「爪脱落」がみられる場合もあると報告されています。 以下の症状が出た場合はご注意ください 子どもの手足口病患者さんの大半は、合併症を来すことなく治癒に向かいます。 しかし、まれに、、手足のしびれ、ギランバレー症候群、など、重い合併症が生じることがあります。 お子さんに次の症状がみられる場合は、すみやかに医療機関を受診しましょう。 元気がない• 吐いた• 発熱が2日以上続いている• 強い全身倦怠感を伴うむくみ、腹痛など 治療 手足口病そのものを治す治療薬は存在しないため、基本的には症状を抑えることを目的とした治療が行われます。 たとえば、口内の水疱による痛みや、脱水をコントロールするために、薬や点滴による治療が行われることがあります。 これを対症療法といいます。 脱水への対応 水分補給・食事の工夫 手足口病を発症しやすい年齢層(主に4歳頃まで)の子どもは、脱水状態に陥りやすい傾向があるため、こまめに少量ずつ水分を与えることが大切です。 口のなかにできた水疱は強い痛みを伴うため、口から飲食物を摂ることを嫌がる患者さんもいます。 このような場合は、痛み止めの薬を使いながら、柔らかく薄味の食べ物を与えることなども必要になります。 主治医の説明をよく聞き、必要に応じて食事内容を工夫しましょう。 点滴 脱水が進行し、口からの飲食物の摂取が難しい場合は、点滴による水分の補給も検討されます。 合併症の治療 手足口病は、多くの場合数日で治癒に向かいますが、まれにや、麻痺、などの合併症を発症することがあります。 通常の手足口病とは異なる様子がみられた場合には、その患者さんの状態に応じた治療方法が検討・追加されます。

次の

手足口病の3つの症状とは?子供の初期症状や薬、治療について!

手足 口 病 喉 写真

Sponsored Link 手足口病とは? 手足口病とは、その名の通り 手足と口の中にブツブツとした発疹や水疱が出てくる病気です。 手足口病という名前から怖い病気を想像される方もいるのですが、いわゆる風邪と同じウイルスによる感染症なので、 それほど大げさに心配するような病気ではありません。 流行のピークは夏頃に迎えることが多く、やと並んで三大夏風邪の1つとしても知られています。 ただ、手足口病は他の夏風邪と違って流行する年とそこまで流行しない年があり、 数年おきに流行することが多いのが特徴ですね。 発症するのは主に年齢が5歳以下の子供で、感染者のおよそ90%は子供と考えられています。 ただ、看病をしていると子供から大人にうつることもあるため、子供だけに発症する病気というわけではありません。 手足口病の原因 手足口病の原因となる病原体は、 「コクサッキーウイルス」や 「エンテロウイルス」といったウイルスです。 同じ夏風邪の1つにあたる「ヘルパンギーナ」を引き起こすウイルスと同じ種類のものですね。 主に夏に流行するウイルスなのですが、夏だけに感染するというわけではなく、春から冬にかけて一年中感染の可能性はあるウイルスです。 また、手足口病の原因となるウイルスは種類も多く、 一度感染したとしても何回もかかりやすいウイルスと言えますね。 Sponsored Link 手足口病の症状と特徴 手足口病の特徴的な症状は以下の3つですね。 口の中や手足の発疹・水疱• 喉の痛み、口内炎• 発熱 手足口病では、 口の中や手足に発疹と水疱が出来るのが最も大きな特徴と言えるでしょう。 口の中の水疱は潰れると口内炎になるので、喉の痛みと合わせて子供が激しい痛みを訴えることも少なくありません。 乳児や小さい幼児の場合は、痛みを言葉で伝えることが出来ないので、 機嫌が悪い、食事を食べない、授乳を受け付けないといった形で症状が現れることもあります。 また、 手足の水疱は触る部位にあると痛みが出ることもあります。 特に、足の裏やかかとに出た時は歩けないことも多いですね。 人によっては、発疹や水疱が出来た場所にかゆみが出ることもあります。 発熱については、 子供の場合は熱が出たとしても高熱になることは少なく、38度以下の微熱で済むことが多いです。 そもそも発熱は3人に1人ほどの割合でしか起こらないので、 熱が出ないケースも多いということを覚えておきましょう。 手足口病の初期症状 手足口病の初期症状として多いのは、口の中や手足の発疹・水疱ですね。 気が付いたら口の中や手足にポツポツと発疹が出来ていて、徐々に範囲が広がったり数が増えていくことが多いです。 先に喉の痛みや発熱が出ることもあるのですが、個人差が大きく、初期症状として表れるケースと現れないケースがあります。 どちらにせよ、喉の痛みと発熱だけでは他の病気と見分けがつきにくいので、 「初期症状は発疹と水疱」と考えておいた方が良いでしょう。 ただ、口の中の発疹や水疱は、同じ夏風邪の「ヘルパンギーナ」でもよくある初期症状です。 判断が少し難しいのですが、 口の中だけでなく手足にも水疱が出たら手足口病と考えるようにしましょう。 ヘルパンギーナの症状については以下の記事で詳しく説明していますので、見分けがつかない場合は比較してみて頂ければと思います。 手のひら、手の甲• 手の指、腕• 足の裏、足の甲• おしり、太もも• 膝周辺、ふくらはぎ• 口の中、喉の奥• 舌、唇の裏、口の周り 中でも 発疹や水疱が最もよく見られる場所は、手のひらや足の裏、口の中ですね。 初期症状の段階では手だけ、足だけ、口の中だけといったこともありますが、時間が経つにつれて様々な場所に発疹や水疱が出てきます。 また、広範囲に出るとはいっても、 あくまで手足と口に出るのがポイントですね。 手足口病では、顔や頭皮、お腹、背中といった、手足や口以外の場所に発疹や水疱が出ることはありません。 もし、顔や体に発疹が出た場合は別の病気の可能性がありますので、一度病院を受診した方が良いでしょう。 手足口病のその他の症状 子供の手足口病で、その他によく出る症状は以下の通りです。 食欲不振• 発疹や水疱が出た場所のかゆみ• 下痢、嘔吐• 脱水症状 食欲不振は、口の中や喉の痛みによるものですね。 特に口内炎が増えてくると、何を口に入れても痛いことが多く、食事を食べられない状態が続きます。 発疹や水疱によるかゆみについては、出る時と出ない時があります。 手足口病による発疹はかゆみを伴うことが少ないのですが、ひどくかゆいというケースもありますね。 下痢や嘔吐はまれにしか起こりませんが、ウイルスが胃腸に感染した場合には出ることがありますので、一応注意しておきましょう。 脱水症状については、高熱が出た時や、痛みで母乳・ミルクなどが飲めない時に起こりやすいです。 特に乳幼児で起こりやすいので、こちらも注意が必要ですね。 その他の症状としては、 下痢に伴う腹痛、喉の違和感による咳、発熱による頭痛や悪寒などが出る場合もあります。 また、もしも 高熱と頭痛、吐き気の症状が揃っている場合は、 「髄膜炎」という合併症を起こしている可能性がありますので気を付けておきましょう。 髄膜炎は、放置してしまうと重症化する可能性がありますので、 高熱と頭痛、吐き気を全て起こしている場合にはすぐに病院を受診するようにしてください。 あと、指に発疹や水疱が出たケースでは、 1~2ヶ月後になって爪がはがれることもありますので一応覚えておきましょう。 爪がはがれると言っても痛みが出るようなことはあまりなく、爪も自然に生え変わって治るので、そこまで心配する必要はありません。 Sponsored Link 手足口病の治療法や薬について 手足口病には効果的な治療方法がないので、基本的には自然治癒するのを待つ形の治療になります。 普通の風邪と同じように、 出来るだけ栄養をとってゆっくりと休むことで、体の免疫力を高めることが大切ですね。 ただ、 症状がひどい場合には症状を抑えるお薬を使うこともあります。 熱がひどい場合には「解熱剤」、痛みがひどい場合には「鎮痛剤」を使うといった感じですね。 市販薬を使うのであれば、熱にも痛みにも使いやすい 「カロナール」という解熱鎮痛剤がおすすめです。 病院でもよく処方される安全性の高いお薬で、小児でも使うことができますよ。 ただ、カロナールの作用は他の解熱鎮痛剤に比べると弱いので、 症状がひどい場合には小児科を再度受診して対応してもらった方が良いでしょう。 かゆみ止めは使ってもいいの? 手足口病では時間が経てばかゆみも自然と治まるため、基本的にかゆみ止めは使いません。 ただ、 あまりにかゆみがひどくて皮膚を引っ掻いてしまう場合には使った方が良いでしょう。 子供のかゆみ止めとして使うお薬は、病院でもよく処方される 「レスタミンコーワクリーム」がおすすめです。 赤ちゃんでも使えるお薬なので副作用をあまり心配する必要がなく、手足口病以外にも蕁麻疹や湿疹など、色々な皮膚のかゆみに使うことが出来ますよ。 もし市販薬で購入する場合には、同じ成分が含まれた 「レスタミンコーワ軟膏」を使うと良いでしょう。 家にあるかゆみ止めをむやみに使わないように かゆみ止めはステロイドを含むものが多いので、家にあるからといって安易に使わないようにしてください。 ステロイドは免疫抑制の作用があるので、むやみに使ってしまうとウイルスが増殖して手足口病を悪化させてしまう可能性があります。 例えば、病院でかゆみ止めとしてよく処方されるなどは、ステロイドが含まれているお薬なので注意するようにしましょう。 また、ステロイドが含まれていないものでも、 「オロナイン」などは症状を悪化させてしまうことがあるので使わない方が良いですね。 病院を受診して処方してもらうのが一番ですが、もし市販の薬を使いたい場合は、先ほどご説明した通り 「レスタミンコーワ軟膏」を使うようにすると良いでしょう。 Sponsored Link 子供が手足口病にかかった場合の対処法 子供が手足口病にかかった時、親が一番困るのは 「それぞれの症状に対する対処法」ではないでしょうか? そのため、ここでは主な3つの症状に対する対処法について詳しくご紹介したいと思います。 口内炎や喉の痛みの対処法 手足口病では、口内炎や喉の痛みによって食事が食べられなくなることが問題になりやすいので、 痛みがあっても食べやすい食べ物を与えることが大切になります。 のど越しが良く柔らかい食べ物であれば食べやすいので、普通のご飯ではなく、 冷ました薄味のおかゆやうどんなどを食べさせてあげると良いでしょう。 もし、おかゆやうどんでも食べない場合は、 アイスクリームやプリン、酸味の少ないゼリーなどを試してみるようにしてください。 噛まずに食べることが出来るので、口内炎がひどい場合にも食べやすいかと思います。 なお、 赤ちゃんの場合は、母乳やミルクが元々低刺激なので続けて問題ありません。 離乳食を食べていたのであれば、離乳食の段階を下げて噛まずに食べられるものを与えてあげるようにしましょう。 酸味や塩味のない、のど越しの良いものを選ぶようにすると良いですね。 ちなみに、もし何も食べられない場合には、無理に食べさせるのではなく、ひとまず水分だけ摂らせて少し様子を見るようにしてください。 水分補給さえしっかりと行っておけば、食事を食べなかったからといって急に大事になることはありませんので、落ち着いて行動するようにしましょう。 ただ、 水分すら摂れない場合、もしくは1日以上食事を食べられない場合は、病院を受診して点滴をしてもらうようにしてくださいね。 手足の発疹や水疱の対処法 手足口病による発疹や水疱は自然と治るので、 かゆみがないのであればそのままにしておいて問題ありません。 かゆみがある場合も、子供が我慢できるのであれば特に何かをする必要はないでしょう。 ただ、 掻きむしってしまう場合には対処が必要です。 水疱を潰してしまうと、皮むけのようになって治るまでに時間がかかる可能性がありますし、潰した水疱からウイルスが出てきて、看病をしている親や兄弟にうつる可能性もありますからね。 薬の説明をした時にもお話した通り、耐えられないほどかゆい場合のみ 「レスタミンコーワクリーム」などのかゆみ止めを使うと良いでしょう。 なお、むやみに水疱を潰すようなことをしなければ、 通常であれば跡が残ることはありません。 治ってきても「肌がかさぶただらけで心配…」と感じる方も多いと思いますが、自然と治っていきますので安心して大丈夫ですよ。 高熱が出た場合の対処法 熱は出ているものの元気な場合は、特に薬を使う必要はありません。 保冷剤や冷えピタなどで頭や体を冷やしつつ様子をみるようにしてください。 一方で、 高熱でぐったりしているような場合には、薬を使って熱を下げてあげた方が良いでしょう。 体力を消耗してしまいますからね。 目安としては、 38. 5度以上出ているような場合ですね。 子供でも安心して使える 「カロナール」を使うと良いでしょう。 また、夏場の場合は体温が余計に上がらないように、 部屋を涼しくしておくことも大切になります。 熱い時期には汗をかくことも多いので、次でお話しする脱水症状にも気を付けるようにしましょう。 脱水症状の予防も忘れずに 手足口病では、痛みがひどくて水分補給があまり出来なかったり、高熱が続くことで汗をかいて水分が不足してしまうことが少なくありません。 対処をしないと脱水症状を引き起こしてしまいますので、 こまめな水分補給が大切になります。 飲み物は水やお茶よりも、汗で失われる塩分が含まれているものが良いでしょう。 おすすめは 子供用のポカリスエットですね。 夏場は汗をかきやすいので、多めに買っておくと安心ですよ。 まとめ 手足口病の症状で特に注意しておきたいのは手足と口の中の発疹・水疱です。 その他に喉の痛みや発熱などもあれば、手足口病の可能性は高いと言えるでしょう。 治療は自然に治るのを待つのみで、特別早く治す方法はありません。 体をしっかりと休めて免疫力を高め、完治まで待つようにしましょう。 手足口病は発症しても軽い症状で済むことが多く、しっかりと対処すれば重症化することはあまりない病気です。 脱水症状や髄膜炎などに気を付けつつ、今回お伝えしたような対処法を実践するようにしてください。 あとは、看病をしている時にうつされないよう、以下の記事でうつる期間や感染経路、予防法なども合わせてチェックしておくと良いでしょう。

次の