スナイデル サッカー。 ヴェスレイ・スナイデル

スナイデルが自伝で赤裸々告白「レアルでの親友はウォッカだった」(超WORLDサッカー!)

スナイデル サッカー

元オランダ代表MFの氏が、指導者キャリアを始めるかもしれない。 オランダ『RTL Nieuws』が報じている。 昨年8月に現役引退を発表したスナイデル。 レアル・マドリーやインテルでの活躍が印象的だが、その後はガラタサライやニース、カタールのアル・ガラファでプレー。 引退後は生まれ故郷のユトレヒトで経営に携わることが伝えられていた。 それからおよそ1年。 スナイデルは新たな進路を考慮しているようだ。 『RTL Nieuws』によると、現段階で古巣のガラタサライとの交渉が進行中。 ファティ・テリム監督の右腕として副監督の地位に就くのではないかと言われている。 スナイデルがガラタサライに移籍したのは2013年1月。 そのシーズンのリーグ優勝や2014-15シーズンのトルコカップとの2冠を含め、在籍4年半で8つのタイトルを獲得した。 テリム監督とは上述した2013年のリーグ優勝を共に経験している。 なお、スナイデルにはPSVのマルク・ファン・ボメル監督から誘いがあったようだが、こちらのオファーは拒否。 一方、ガラタサライでは先日に副官を務めていたハサン・シャシュ氏が辞任している。 関連ニュース 現在無所属の元トルコ代表MFアルダ・トゥラン 33 は、古巣ガラタサライへ復帰するようだ。 補強禁止処分を受けた中で2015年7月にアトレティコ・マドリーからバルセロナへと完全移籍したアルダ・トゥラン。 選手登録されても、アトレティコ時代のような結果を残せず。 2018年1月にイスタンブール・バシャクシェヒルへ2年半のレンタル移籍をしていた。 しかし、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、しかし、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。 バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかった。 スペイン『アス』によると、アルダ・トゥランはガラタサライの事前契約にサイン。 1試合プレーするごとに20万トルコリラ 約310万円 が支払われる契約のようだ。 加えて、ガラタサライがタイトルを獲得すれば390万トルコリラ 約6000万円 のボーナスを受け取るとのこと。 契約期間は1年間となり、延長オプションが付いているようだ。 なお、『アス』によるとスュペル・リグの終了後3日以内に公式に契約を結ぶことになるようだ。 現在5年間の執行猶予中のトゥラン。 新天地でも新たな問題を起こさないことを祈るばかりだ。 2020. 13 17:03 Mon ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都 33 を巡り、セリエA復帰の可能性が浮上した。 長友は2018年1月にインテルからガラタサライに加わり、公式戦65試合3得点7アシストをマーク。 スュペル・リグ2連覇にも貢献したが、今季になり、序列を落とすと、6月30日をもっての契約満了で退団が決定した。 注目される今後の去就に関して、カタールのアル・ナスル行きを報じるメディアもあるなか、イタリア『トゥットスポルト』がイタリア復帰の可能性を主張した。 その長友の獲得が噂されるのはベネヴェントだ。 元イタリア代表FWのフィリッポ・インザーギ監督が指揮するベネヴェントは今季のセリエBを制して、2017-18シーズン以来2度目となる来季のセリエA昇格を決めた。 そんなベネヴェントは先日、来季のイタリアトップリーグ再挑戦に向けて、元フランス代表FWロイク・レミ、ポーランド代表DFカミル・グリク、元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレらに対する関心が浮上している。 経験豊富な選手の獲得を模索しているベネヴェントは長友にも着眼。 選手の代理人とのコンタクトも図っているという。 今後の動向に注目を集める長友は2度目のイタリア挑戦を果たすことになるのだろうか。 2020. 05 16:05 Sun ガラタサライを退団した日本代表DF長友佑都が、クラブを通じて感謝の気持ちを述べた。 長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに移籍し、ここまで公式戦65試合に出場し、スュペル・リグ2連覇に貢献。 今シーズンの前半戦も主力として公式戦24試合2得点を記録したが、シーズン終了後に失効する契約の影響もあり、今冬の移籍市場では放出候補に挙がっていた。 また、外国人選手登録枠の問題で後半戦の登録メンバーを外れたため、新型コロナウイルス COVID-19 の影響による長期の中断を経て再開されたリーグ戦でプレー機会が与えられることはなかった 1日にクラブの最後の日を過ごした長友が涙を浮かべる写真がクラブのツイッターで投稿されたが、これに多くのサポーターが反応。 長友との別れを惜しむ声が挙がっていた。 さらに、クラブは長友へチームメイトが別れを告げるメッセージ動画を投稿していた。 ありがとうございました YutoNagatomo5 pic. twitter. また、トルコへの感謝も述べている。 「今日は本当に混乱しています。 僕は幸せであり、悲しいです」 「ここに2年半滞在し、2年半を成功に満ちて過ごしてきたので悲しいです。 まず、監督に感謝したいです。 僕をここに連れてきて、このチャンスをくれ、成功を収めさせてくれました」 「チームメイトやアシスタントコーチ、すべてのスタッフ、すべてのガラタサライファンに感謝します。 忘れられない日々を過ごさせてくれた人たちを忘れません。 ガラタサライは僕の心の中で最も美しい場所にあります」 「素晴らしい重要な目標を達成したので、とても幸せです」 「フットボールには始まりと終わりがあり、人生の様です。 今日はガラタサライで最後の日となりますが、ガラタサライは僕の人生の最高の部分に居続けます」 「トルコの人々にも感謝したいです。 ガラタサライのファンだけでなく、トルコのすべての人々にも」 「最初の日から僕と家族に興味を持ってくれてありがとう。 僕の家族はここで信じられないほどの良い日々を過ごしました。 次会う時には、トルコへ力強く戻ってきます。 僕の家族と僕は、愛するトルコに住んでいます。 とても寂しいです」 また、チームを率いるファティー・テリム監督も長友についてコメント。 深い仲になれたことに感謝をし、長友に人間性を称賛した。 「イタリアの頃から彼を知っていたが、彼をよく知る事ができて良かった。 ガラタサライには、サッカー、人間性、人格、プロ意識、家族、サッカーの様々な面で重要な印象を与えた。 彼を知れて嬉しいし、幸せだ」 「クラブ、私、そして私の友人を代表し、サッカー選手であり友人であり続けることを感謝する。 我々の友情は一生続くだろう」 「ガラタサライの名の下、彼は2年でそうしたが、ほとんどの選手は長い年月をかけてもできることではなかった。 ガラタサライも我々も、そして私も決して忘れることはない」 2020. 03 11:25 Fri 日本代表DF長友佑都 33 がガラタサライでの最後のトレーニングを終えた。 長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに移籍し、ここまで公式戦65試合に出場し、スュペル・リグ2連覇に貢献。 今シーズンの前半戦も主力として公式戦24試合2得点を記録したが、シーズン終了後に失効する契約の影響もあり、今冬の移籍市場では放出候補に挙がっていた。 また、外国人選手登録枠の問題で後半戦の登録メンバーを外れたため、新型コロナウイルス COVID-19 の影響による長期の中断を経て再開されたリーグ戦でプレー機会が与えられることはなかった。 そして、シーズン終了を待たずしての退団が決定的と見られていた中、長友は1日にガラタサライでの最後のチームトレーニングに参加。 クラブ公式『ツイッター』ではトレーニング前の円陣で別れの挨拶を行う長友が感極まった姿が投稿されていた。 その後、長友は自身の公式『ツイッター』を通じて当該投稿に反応。 多くのガラタサライサポーターから感謝や惜しむ声が綴られた中、「僕の心は生涯、ガラタサライと共にあります。 これまでのすべてに感謝しています」と、トルコ語で惜別のメッセージを綴った。 twitter. 02 20:36 Thu ガラタサライは15日、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラの負傷について発表した。 クラブの発表によると、ムスレラは右脚の脛骨と腓骨を骨折したとのこと。 そのため手術を受ける予定となっているとのことだ。 ムスレラは14日に行われたスュペル・リグ第27節のリゼスポル戦に先発出場。 しかし15分、カウンター攻撃を受けると、ボックス中央に走り込んだリゼスポルFWシュコダがシュート。 これをブロックに入ったムスレラはシュコダと交錯。 シュコダの左ヒザがムスレラのスネに乗ってしまい、そのまま悶絶。 ストレッチャーで運び出され、そのまま病院へ緊急搬送されていた。 また、同じ試合ではFWフロリン・アンドネが相手DFと競り合った際にヒザに乗られ、逆に曲がるという最悪の事態に。 現時点では様子を見て、今後の治療を検討するとのことだ。 2人の重傷者を出したガラタサライは、リゼスポル相手に0-2で敗れている。 2020. 16 09:40 Tue.

次の

スナイデルがガラタサライで指導者キャリアをスタートか【超ワールドサッカー】

スナイデル サッカー

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。 今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデル氏だ。 ユトレヒトで父親もサッカー選手だったサッカー一家に生まれたスナイデル氏は、名門アヤックスのアカデミーへと加入。 2002年12月22日のエクセルシオール戦にてトップチームデビューを果たすと、翌シーズンからは主力として活躍した。 アヤックスでの活躍後、2007年夏にレアル・マドリーへと移籍。 背番号は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が着けていた「23」だった。 加入直後から活躍を見せ、チームのリーガ制覇に貢献していたものの、背番号「10」を背負って迎えた2シーズン目は、ケガに苦しむと共に、リハビリ中の不倫発覚や、それに伴う離婚と慰謝料関連で裁判沙汰になるなどピッチ外の問題が顕著化し、2009年にインテルへ移籍している。 なお、現役引退後に出版した自伝では、「気付かぬうちにウォッカが親友になっていた」とマドリー時代に酒に溺れていたことも明かしている。 インテルでは2009-10シーズンにイタリア史上初の3冠 チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア優勝 獲得に貢献。 バロンドール級の活躍を見せた。 また、2011年1月にインテルに加入した日本代表DF長友佑都と2年間共にプレー。 長友がガラタサライへ移籍する際には、加入の後押しをしていた。 その後は、ガラタサライ、ニースと移籍し、2018年1月からアル・ガラファでプレーし、昨シーズン限りで現役を引退することを発表した。 オランダ代表として共に活躍し、一時代を築いたFWアリエン・ロッベン 2020年6月に現役復帰を発表 、FWロビン・ファン・ペルシ、MFラファエル・ファン・デル・ファールトら、盟友たちに続く現役引退となったが、先日には地元クラブであるユトレヒトが現役復帰オファーを出したことが報じられている。 超WORLDサッカー!.

次の

ロッベンに続き現役復帰なるか! オランダ代表歴代最多出場、ヴェスレイ・スナイデル【ピックアップ・プレイヤー】(超WORLDサッカー!)

スナイデル サッカー

元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが、レアル・マドリーでの私生活の乱れを明かした。 スペイン『マルカ』が伝えている。 オランダの名門アヤックスでプロキャリアをスタートさせ、すぐに才能を開花させたスナイデルは、2007年夏に移籍金2500万ユーロ 約30億円 でマドリーへ加入。 加入初シーズンはリーグ戦30試合で9ゴール7アシストを記録するなど、活躍を見せ、チームのリーガ制覇に貢献していた。 しかし、背番号「10」を背負って迎えた2シーズン目は、ケガに苦しむと共に、リハビリ中の不倫発覚や、それに伴う離婚と慰謝料関連で裁判沙汰になるなどピッチ外の問題が顕著化し、2009年にインテルへ移籍していた。 昨年8月に現役引退を発表したスナイデルは、自伝を出版。 この中で、レアル・マドリーでの過去について赤裸々に告白した。 「私は若く、成功や目立つことが好きだった」 「マドリーでは悪いことが起きたが、それはドラッグではなく、アルコールの問題だった」 「ビッグスターの生活に慣れてしまったんだ。 レアル・マドリーの選手として街へ繰り出し、そこにいる人たちに何十万も奢ってあげたりすれば、どこでもチヤホヤされた」 「それによって何かを失っていたわけではなかった。 試合では良いパフォーマンスを見せることができていたからね。 ただ、私がもっと上手くなることができたとは言われている」 「いつも1人だったし、小さかった息子のジェシーにもほとんど会いに行かなかった」 「1人にしかなれなかった…そして気付かぬうちにウォッカが親友になっていた」 「フィジカル面へのアルコール影響は自分では気付かなかった。 どんなに飲んでも 次の日は何事もなかったかのように起きられた」 「ただ、トレーニングを続けているのに、毎日のように自分が下手になり、明らかに集中できていなかった。 でも、全てが上手くいっていると自分に嘘をつき、自分のフットボールIQだけに頼ってプレーした」 「コンディションはドンドン悪化し、あまり走らなくなったし、監督からも隠れるようになった。 誰も問題には気付かないと思っていたんだ」 スナイデルの自伝はオランダで26日に発売される予定だ。

次の