インフル エンサー。 インフルエンサーマーケティング|費用はどれくらい?

年代別|マーケティングで起用したい人気のインスタグラマー10人

インフル エンサー

企業のマーケティング担当の方へ 「今までの方法で売り上げが伸びないから新しい方法を考えよう」 「インフルエンサーマーケティングって実際どうなの?」 と考えてはいないでしょうか? 今回の記事はそんな方へ向けたものとなっております。 インフルエンサーマーケティングのメリット 現在多くの企業が取り入れているインフルエンサーマーケティングには 以下のようなメリットがあります。 1、信頼度の向上 引用: 従来のマーケティング手法では企業から個人へと直接的なアプローチをしていくため、 信頼性がそこには存在せず、その商品やサービスへの認知を促すことが出来たとしても 購入までの段階に持っていくことが出来ませんでした。 しかしそこにインフルエンサーが間に入ることによって 個人の商品への信頼度をあげることが出来るのです。 2、拡散が期待できる インフルエンサーマーケティングは主にSNSのプラットフォームで行われているため SNS特有の共有という機能によって、投稿をみた個人が共有していくことによって企業が、期待していた以上のリアクションが見込むことが出来ます。 3、特定層への効果的な宣伝ができる 従来のマーケティング手法では特定の個人へのアプローチが難しく、結局伝えたい人へ情報が伝えることが出来ず、必要のない人へのアプローチになってしまうことがありました。 しかしこの方法であれば、特定のフォロワーへアプローチすることが出来るため、いままでよりも情報を細かく伝えることもでき、費用も抑えることが出来るのです。 インフルエンサーマーケティングのデメリット 1.ステルスマーケティングに注意 このマーケティングにおいて一番気をつけなくてはいけないことはこれだといえます。 PRということを言わずにPRしてしまうことによってばれてしまったときに、従来の広告の問題であった広告に対する深い嫌悪感を覚えてしまい 企業の商品だけでなく、企業のブランド力の低下にもつながってしまい、結果として決算時に大きな問題を与えてしまうかもしれません。 2.炎上に注意 これは1で説明したものを包括するのですが、インフルエンサー自体の影響力の低下にもつながってしまい そこにおける信頼関係も悪くなり、以降仕事を頼めなくなってしまうので気を付けましょう。 またこれに関してはインフルエンサーの問題ではなく、企業の職務怠慢が原因となるので気を付けなくてはなりません。 3.一過性に注意 インフルエンサーマーケティングはあくまで一過性にすぎません。 商品を認知し、購買してもらうのはそのシーズンだけとなってしまうのです。 この現状を覆す方法としては、定期的に流すか、インフルエンサーと契約をかわして、自社のために行ってもらうなどの対応を多なう必要があるでしょう。 そのほかにもインフルエンサーを選ぶ際に失敗することは多いので、その際の注意点も下記の記事をご覧ください おわり いかがだったでしょうか? 少しはインフルエンサーマーケティングにご理解できたでしょうか? いままでのマーケティング方法で売り上げが上がらない方 今までのやり方に疑問を持ち始めた方 ご相談だけでも構いませんので一度ご連絡ください お問い合わせください.

次の

SMMLab|「インフルエンサー」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!

インフル エンサー

インフルエンサーの主な仕事内容• 他社(他者)の商品・コンテンツのプロモーション代行をする。 自身のノウハウやスキルを活かし、コンテンツホルダーとなる。 そのため、SNSでの活動をし続け、影響力を保つために努力をしています。 プロモーション代行をするインフルエンサーの仕事内容 プロモーションを代行するタイプのインフルエンサーは、企業から広告させてもらう案件を請け負います。 多くのフォロワーやファンを保持しているインフルエンサーは企業側から案件を持ちかけられることが多いです。 しかし、誰でも企業から認知を得られているわけではないので、自身で営業をして広告代行の案件を獲得するインフルエンサーもいます。 用いているSNSの特性やファン層に応じて、企業や請け負う案件の種類なども異なることになるでしょう。 自身をコンテンツホルダーとするインフルエンサーの仕事内容 その影響力を用いて、自身が保持する商品・コンテンツを販売する人もいます。 本来、企業などが関東のテレビ局でテレビでCMを打とうとした場合、一回放映するだけで70万円ほどのプロモーション費用が掛かります。 しかし、自身にフォロワーやファンがついている場合、SNS自体は無料なので、0円でプロモーションを打つことができるのです。 つまり、自身のコンテンツの作成やプロモーションの計画・戦略が主な仕事になります。 インフルエンサーの一日の仕事内容 インフルエンサーの中には会社員をしながら活動している人もいます。 しかし、今回は会社員ではなく、フリーランスとして活動しているインフルエンサーの1日をご紹介します。 そのインフルエンサーのターゲットやファンになっている人が「どのような生活を送っているのか」によるので、厳密なグラフではありません。 日本人の場合、夜にインターネットを利用することが分かっているため、就寝時間は極めて遅くなるようです。 クライアントや活動で関わりのある人との打ち合わせがある場合には時間と場所が決まっているようですが、基本的に場所や時間に捉われない生活を送っています。 一番の仕事内容は影響力の維持 インフルエンサーになってから、まず気を配らなければならない仕事は『影響力を維持すること』です。 インフルエンサーは影響力が武器です。 その影響力があって初めて収入を得ることができます。 そのためネットでの発信を怠ることは死に値します。 もちろん、毎日淡々と発信していれば影響力を維持できるというわけではありません。 より、人々が反応してするような、『クリエイティブでインパクトのある活動』を日々考えているのです。 インフルエンサーを用いてマーケティングを行う 現代日本では、インターネットでの集客・プロモーションが当たり前になってきました。 プロモーションはテレビのCMや新聞の折り込みチラシなどから分かるように、より多くの人々の目に触れるため様々な手段を用いてきました。 そこで、目を付けたのが『インフルエンサー』です。 インフルエンサーを用いて自社商品のプロモーションを行っていくのが、現在のベンチャー企業の主な戦略です。 しかし、元はただの一般人であるインフルエンサーが何故そこまで消費者から注目されているのでしょうか。 インフルエンサーに憧れて購買する時代 少し前までは、テレビで活躍するモデルや俳優、タレントなど、みんなの憧れであった人たちがテレビのCMに出演し、ブランドイメージを上げるという活動をしてきました。 インフルエンサーも似たような理由で起用されていることが分かっています。 さらに、インフルエンサーの場合、芸能人や有名人よりも『より身近に感じる』存在のため、普段身に着けている物などに興味を持たせ、広告になるということです。 インフルエンサーの苦悩:クライアント毎に仕事内容が異なる インフルエンサーは複数の依頼主(クライアント)から案件を受け、自身の活動の中で発信しています。 そのため、クライアント毎に仕事の内容や案件に対する条件が異なるため、やり辛さを感じているインフルエンサーも多いようです。 動画をアップロードするタイプのインフルエンサーでは、台本が全て決まっており、普段しない表現なども強要されることもあります。 それだけで根強いファンからは批判を受けてしまうこともあり、ファンを大切にしたいインフルエンサーからは悩みの声が上がっています。 インフルエンサーは発信に責任が生まれる 先ほど、インフルエンサーの多くは一般人だと言いましたが、インフルエンサーとなり影響力を持つことになると、日々の生活が一変します。 インフルエンサーの一言が原因で間違った道を歩んでしまう若者がいたり、質の良くない商品をレビューすることでファンの方がその商品を購入してしまったりと、一言一言に責任が生まれるのです。 元は一般人だった彼らからすると、かなり窮屈な生活になる事が想像できるでしょう。 仕事に関しても、一見自由度の多いと思われがちのインフルエンサーですが、それ相応の苦悩があるようです。

次の

インフルエンサーの意味とは?インフルエンザとの違い&語源は?

インフル エンサー

Contents• インフルエンサー広告とは? インフルエンサー広告とは、SNSで影響力の高い人が、企業と消費者を繋ぐ架け橋となる広告です。 これまでの匿名性の広告とは違い、 信頼性の高い人物による広告となる為信頼性が高く商品認知や購買意欲の向上に繋がりやすいのが特徴です。 インフルエンサー広告の需要 昨今、広告業界ではSEOアップデートによるアフィリエイターの掲載枠減少や、アドネットワーク広告の規制など、様々な問題を抱えています。 その対策として利用される事が増えたインフルエンサー広告の需要は高く、2017年のgoogleトレンドによる調査結果では 「インフルエンサーマーケティング」の検索数上昇率は5000%を超えます。 現在も上昇中となり、世界中が注目する新しい広告スタイルとなりました。 インフルエンサー広告のデメリット そんな魅力的なインフルエンサー広告にも、デメリットは存在します。 多くのインフルエンサーは広告のプロでは無く、企業側もまだ比較的新しい手法であることから、未熟な施策をとってしまい、多くの課題が残されています。 インフルエンサーのキャスティングミス インフルエンサー広告のデメリットとしてまず挙げられるのが、インフルエンサーの選定(キャスティング)。 「どのインフルエンサーを起用するか」によって、大きく効果の変わるこの広告手法ですが、とにかくフォロワー数の多いインフルエンサーを起用してしまうなどのデメリットが存在します。 たとえフォロワー数が多くても、 自社商品と相性の悪いインフルエンサーを起用すれば、その配信のほとんどは無視され、無駄な広告費をかけてしまう事に。 フォロワー数よりも、 フォロワーに対しての「いいね!」獲得率やコメント数といった、中身を重要視する事が、インフルエンサーキャスティングのデメリットを回避する唯一の道となるでしょう。 細かな調整が出来ないデメリット 前述した通り、とにかく多くのフォロワーに配信する事が吉ではありません。 複数のインフルエンサーに類似投稿を依頼しても、 「広告くさい」「しつこい」といった現代の広告嫌いな風潮にどっぷりと浸かってしまう結果となってしまいます。 インフルエンサーのフォロワーへの配信数など、細かな調整ができないインフルエンサー広告では、 「この商品の投稿増えすぎ」と違和感を感じない、自然な投稿を意識する事が大切です。 インフルエンサーとの関係性を築けないデメリット よくあるデメリットが、インフルエンサーへ対して「お金払ったんだから言う通りにしろ」といったスタンスで接し、インフルエンサーとの良好な関係を築けないケース。 これでは成果に繋がるような投稿にはならず、 影響力の高いインフルエンサーに悪評を立てられでもすれば、いっきにブランドイメージの低下へと繋がるデメリットがあります。 インフルエンサーは、自分らしさをより楽しく発信する、というモットーで情報発信をしているのであって、企業の宣伝を専任で請け負う業者ではありません。 「インフルエンサーの影響力をお借りする」という丁寧な姿勢を忘れないでおきましょう。 ステマになりうるデメリット 信頼性が重要視される中、ステマは大きなデメリットとなります。 投稿依頼時、 PRといった「 ステルスマーケティング防止」の施策をとらなければ、例えステマの意思の有無に関わらずステマを行ってしまう事になりかねません。 そんなデメリットを防ぐ為には、事前にしっかりと 「ステルスマーケティングにならないように」と注意喚起を忘れず行っていきましょう。 【失敗事例】インフルエンサー広告のデメリット では、実際にインフルエンサー広告の失敗とはどういったものなのか? 過去にあったインフルエンサー広告のデメリットを最大まで感じてしまう、失敗事例を紹介します。 instagram. 当初は部屋でくつろぐ写真で注目を集め、たったの2日で18万人ものフォロワーがつきました。 それまでSNSを行っていなかった沢尻エリカのプライベートショットが見られるとあって、男女のファンが殺到。 沢尻エリカさんのプライベートショットを楽しみにしていました。 ですがこのアカウント、みなさんもご存知「ほろよい」のPRアカウントだったんです。 PRアカウントという事実を明らかにしていなかった為、信用を失い炎上。 フォロワー数の伸びやコメント数が激減しました。 PR用だと事前に告知していれば、結果は違ったかもしれません。 企業案件が多すぎた…。 タイミングによっては炎上してしまう恐れがあるからです。 モデルの山田優さんのInstagramが炎上した例が上記の投稿です。 2018年に起こった 西日本豪雨の際、被害者が増え続ける中、自身がイメージキャラクターを務める日焼け止めスプレーの宣伝を行い、炎上することに。 「状況を考えてほしい」「不謹慎」「大勢の人が亡くなっているのに」といったコメントが殺到。 次の日、山田優さんは次のような発言をした事が、さらなる大炎上へと繋がります。 「私を応援してくれている方へ見てもらいたいので、見たくない人はフォローはずして見ないで下さい。 」 こういった対応は、不買運動など企業の損失に関わりかねないので、投稿タイミングはしっかりと見ておきましょう。 インフルエンサー広告のデメリットまとめ インフルエンサーマーケティングは、市場は大きいもののまだ新しく、未開拓な分デメリットも多く考えられる、という事が理解して頂けましたでしょうか。 影響力の大きいインフルエンサー広告だからこそ、利用の際は細心の注意を払い質の良いインフルエンサー広告を運用していってください。 paramoで安心安全なインフルエンサー広告を 今ご紹介したデメリットを考え、paramoではクライアントとインフルエンサーの直接やりとりや下書き提出など、十分な対策を行っています。 登録料・月額無料で低コストなインフルエンサー広告なら、paramoへ。

次の