天草 クジラ。 天草沖で定置網にクジラ ザトウクジラの子どもか:朝日新聞デジタル

本渡港沖にクジラ座礁が話題 │ 天草どっとこむ

天草 クジラ

4日午前9時半ごろ、天草上島西端の熊本県天草市志柿町沖で、定置網にクジラが掛かっているのを天草漁協の組合員が見つけた。 すでに死んでいた。 市と漁協で埋設を含めた処理方法を検討する。 市水産振興課と天草漁協本渡支所によると、体長8メートル前後のザトウクジラとみられる。 ホエールウォッチングの対象として知られる大型の鯨類。 同課の話では大人なら全長14メートルほどになるので、見つかったのは子どもではないかという。 定置網はヒラメやタイなどを取るために、200~300メートル沖に設置。 田中治彦支所長は「有明海で見るのは珍しい。 定置網が破れていたり、尻尾の破片が絡まったりしている。 掛かった時には生きていたのではないか」とみる。 長崎大水産学部の天野雅男教授(鯨類学)は「写真を見たが、ザトウクジラだと思う。 沖縄や奄美など冬場の繁殖地から、ベーリング海やアラスカ沖を目指して北上している時期。 全国的には年数回、こうした例がある」と話している。 (渡辺松雄).

次の

熊本・天草でマッコウクジラ発見!動画画像や大地震の前兆か?

天草 クジラ

Advertisement 3月21日天草市の本渡港沖にクジラが打ち上げられたと話題です。 場所は本渡港赤灯台付近の浅瀬です。 4年ほど前(2016年04月04日)にも定置網にザトウクジラが掛かったことが有りました。 今回のクジラは、体長10m以上のマッコウクジラとみられています。 ご都合が場合は。 削除いたします。 画像:2020年3月21日撮影 座礁した本渡港の鯨 画像出典:Google Map スクリーンショット 画像提供 坪田氏 マッコウクジラ(抹香鯨、Physeter macrocephalus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)マッコウクジラ科マッコウクジラ属に分類されるクジラ類。 本種のみでマッコウクジラ属を構成する。 ハクジラ類の中で最も大きく、歯のある動物[7]では世界最大で、巨大な頭部形状が特徴。 情報源: Advertisement 関連する記事• 2019. 21 近年天草地域で鹿の目撃が相次いでいます。 数日前も鹿の目撃情報(天草市宮地岳町等)がFacebook等に上がっていました。 熊本県は、シカによる森林被[…]• 2020. (秋ごろだそうです) h[…]• 2019. 29 新聞記事などによると、10月27日天草市河浦町崎津教会周辺で「キリシタン伝来450年祭」がおこなわれ、16年ぶりに「聖体行列」が行われたそうです。 2019. 12 天草ジオパーク推進協議会(天草市、上天草市、苓北町の2市1町で構成)は2019年11月11日、日本ジオパークネットワークから退会し、認定を返上すると決[…]• 2020. 14 天草市は4月14日、新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止のため、4月15日から5月6日までの間、市役所本庁・各支所・各出張所等の一部の施設を[…].

次の

天草、長崎でクジラ座礁 やはり大地震の予兆だったのか?

天草 クジラ

これって地震前兆!? それほど珍しくない現象であるが、それ故に特定の事象、自然災害と結びつけて認識されることが多々あったと考えられる。 今回のマッコウクジラでも同様に一部のネットユーザーの中には「大地震の前触れでは?」なんて言われています。 というのも、 2016年4月5日にも天草で8mのザトウクジラが定置網にかかっているのが見つかったことがあるんです。 そして同月14日に 熊本地震が起きたんです。 クジラと地震の因果関係がはっきりしている訳ではありませんが、地震にかなり敏感になっている方も多いですよね。 とはいえ、クジラの漂着に詳しい北海道大学准教授の松石さんによると、 基本的に日本の沿岸に1年間に300個体ほどクジラが打ち上がっている。 とのことで、決して珍しいことではないというのです。 2日に1回以上のペースで漂着していたんですね・・・知らなかったです。 自然災害と結びつけられることが多いですが、根拠はないので、自然災害については日頃からきちんと備えておくことが大事ですね! スポンサーリンク まとめ 今回はマッコウクジラが熊本県天草市で発見されたニュースの動画や画像などを紹介しました。 すでに亡くなっているクジラということで、残念ではありますが、動画などみてもわかるようにかなり大きくてやっぱりびっくりしちゃいますよね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の