山菜 の ぜんまい 名前 の 由来 は。 薇(ぜんまい)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!│images.djdownload.com

山菜図鑑

山菜 の ぜんまい 名前 の 由来 は

index• 薇ぜんまいとは? 薇と書いてぜんまいと読みます。 この「薇」という文字は「薔薇」(ばら)にも使われる漢字です。 同じ「薇」を使うのに「科」がまったく違います。 薇 ぜんまい はしだ植物の一種で、北は北海道から南は九州、沖縄まで海外ではロシアの樺太や中国、ヒマラヤにまでその分布エリアは及んでいます。 若芽の姿が発条(ゼンマイ)と似ているところからこの名で呼ばれるようになりました。 また、お金を巻いている銭巻きのような姿から銭巻きがなまってぜんまいとよばれる説もあります。 出たばかりの若い芽は食用とされ、蕨()と同様、山菜としての代表格になっています。 高さは0. 5mから1. 0mまで伸び、山の斜面などに自生しているのを見うけることが多いです。 その繁殖時期は3月から5月です。 この時期がまさしく薇(ぜんまい)の山菜採りの時期でもあるのです。 ぜんまいにもなんとがあります。 「夢想(夢に見る)」「秘めたる若さ」「円熟した優美」「子孫の守護」などがそれです。 ぜんまいも植物花が咲くものなのです。 ぜんまいに男と女の関係が?! ちょっと「どきっ」としてしまうタイトルですが、薇(ぜんまい)にはオスとメスがあるのをご存じでしたでしょうか。 雌雄異株(しゆういしゅ)と呼ばれるものですが、イチョウやアオキ、モクセイなんかも有名ですね。 なんとほうれん草やキウイフルーツもこの手の種類なのです。 繁殖するための手段としては鳥や虫、風などがつなぎ役となって受粉をするのです。 そしてぜんまいを山菜取りとして行う際に、このオスとメスの違いがわかることがとても大切なポイントとなってくることは「どんなところで採れるんだろ?」のコーナーでお話します。 薇(ぜんまい)取りに行くならいつ? 基本的に日本全土に生えているので、その旬の時期というか山菜取りに行く時期は変わりますが、おおむね3月から6月くらいがその取り頃となります。 まず九州で3月中頃から採取することが可能となり、その後本州に移り4月中旬の春本番の時期からゴールデンウイークあたりがまさしく旬、取り頃を迎えます。 そして東北地方の山間部などでは冬に積もった雪が解けてそこへ薇(ぜんまい)が育つこともあり、6月でも取ることができるのです。 薇(ぜんまい)の採れる時期と蕨(わらび)の採れる時期はほぼ一致するのでいっぺんに両方採れる可能性も十分ありです。 採り頃の姿見は「綿毛がしっかり残っていて葉がまだ広がっていない状態」を念頭にしてみるのがよいです。 どんなところで採れるんだろ? どんな場所で取れるのでしょうか? まずは全国の山間部ということですが、ぜんまいってわりと急な傾斜地に生えていることも多いのです。 また山を奥深く入っての沢近くにも自生していたりします。 いずれも湿気を好むので山菜採りに行く身としては少々めんどうな場所に生えているケースも多いのです。 したがって薇(ぜんまい)を取りに行く時に注意さなければならないポイントがあります。 それはまずしっかりとした装備です。 薇(ぜんまい)の生える場所は山間の傾斜地ということも大いにしてあるので、足場をしっかり確保する必要がでてきます。 また、滑りやすい場所に生えている場合も大いにあり得るのでその防止策としてしっかり滑り止めができるシューズが必要になります。 できるなら登山や雪対策で使われるアイゼンみたいなものがあればより安全です。 インターネットで検索などすると千円から2千円程度のものを購入することが可能です。 そして、薇(ぜんまい)を取るときに注意する点がもう一つ。 それはオスを基本的に残すよう心掛け、メスは適度に採る、です。 その理由はオスを全部取りつくしてしまうと次の年に芽がでてこなくからです。 まさに「種なし」状態になってしまうのです。 何かを採る、取る、捕る際には植物や動物すべてにおいて適度な確保が必要となるのです。 オスとメスの違いはその「胞子」がたくさん見うけられるかどうかです。 オスには胞子がたくさんあり、ボサボサしている感じ。 メスはそういったものがありませんからさっぱりした姿見です。 また、オスのほうが先に育っていくのでメスよりも背が高いのも特徴の一つと言えます。 そして、もう一つ気を付けたいのが「こごみ」。 こごみはちょっと見るとぜんまいに似ています。 こごみも食べられますから間違って採っても問題はありませんが、ぜんまいで勝負という人のために違いを言っておきます。 ぜんまいには綿毛がある、こごみには全くない• ぜんまいには茎がない、こごみにはある• ぜんまいは茎の断面が円形、こごみはコの字 などです。 採ったときにちょっと気をつけてみて下さいね。 どうしたら食べられる? どうしたらおいしく食べられるのか、そのいくつかをご紹介します。 ナムル これは薇を使った料理としては定番中の定番です。 スーパーなどでもまずないことはない、というくらい人気の品ですね。 普段は販売されている水煮の状態のものを使いますが、ここは苦労して採ってきたものを使って作ればその風味も違います。 まぜご飯 薇(ぜんまい)と鶏肉などお安めの肉類を炒めて混ぜるだけの混ぜご飯。 シンプルに仕上がりますし、手間暇もかからず、ヘルシー。 そのままお子さんのお弁当箱に詰めればりっぱなお昼ご飯にもなります。 おかずなんか他にはいりません。 和え物 ほうれん草やセリやニンジンなどをまぜて和え物にしてみてもお酒のおつまみなどにもピッタリです。 ぜんまいを甘辛く煮付けてほうれん草などと白和えにするだけでとても簡単でおいしい一品になります。 そして、薇(ぜんまい)は非水溶性植物です。 おなかの中の水分を吸収し、腸を活発化してくれる作用があります。 そして同時に体に悪い成分を便といっしょに排出することもしてくれるのです。 便秘の方など、もってこいの食材なのです。 ぜんまいの長期保存 【あく抜き】 これはめんどうくさいと思う人にはお勧めできるものではありませんが、あく抜きをすることで長期間の保存が可能となるので参考までにご紹介しておきます。 まずはあく抜きをする前準備として下処理をしなければなりません。 その際、ぜんまいはあくが結構強いので手荒れなどの防止にゴム手袋などをするのをお勧めします。 まず綿毛を取り除き、水で洗って汚れを取り、きれいにします。 そして、あく抜きには重曹を使います。 重曹はドラッグストアやスーパーでよく見かけるものを使います。 重曹でぜんまいを約1分ほど茹でます。 そのあとお湯を捨ててまた重曹で煮る。 これを2~3回繰り返し、その後ぜんまいを水にたっぷりと浸して3時間ほどそのまま置きます。 水に浸すことを2回繰り返し完成です。 かなり手間のかかる作業ですが、これを乾燥させればかなり長期にわたり保存が可能なのです。 市販されているぜんまいとは一味違う本物のそれを味わうことができます。 【乾燥・保存のやり方】 あくを抜いたぜんまいをゴザなどを使って1時間から2時間ほど乾燥させます。 この際、ぜんまいの色合いに変化があったら手でぜんまいを揉みこみます。 この揉みこみをすることでぜんまい独特の食感を楽しむことができるのです。 これを5回ほど繰り返し、作業は終了します。 だいたい一日がかりの作業となりますからお天気のいい日を選んで実行することが必要となります。 まとめ 季節限定でしか採ることができない薇(ぜんまい)。 わらびやこごみなどと同様、季節感を思いっきり感じながら採れる薇(ぜんまい)は山菜の代名詞的存在です。 一つの方向から見るのではなく、全方面で見てみたらぜんまいもけっこうユニークな一品なのが発見できます。 薇(ぜんまい)、それは、けっこう奥が深いのです。

次の

山菜の「ぜんまい」名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

山菜 の ぜんまい 名前 の 由来 は

ゼンマイの花言葉 ゼンマイの花言葉は2種類あります。 詳しい内容を見ていきましょう。 ゼンマイの花言葉は、女性に贈ると喜ばれる言葉 【1】ゼンマイの花言葉 夢想 【2】ゼンマイの花言葉 秘めたる若さ ゼンマイは芽が生えた形が個性的なこと、またゼンマイは山菜として食べられ栄養があることから「夢想」「秘めたる若さ」の意味を持ちます。 夢想は夢を見ることを意味します。 現実的ではない場合を表すので贈るのには適しません。 「秘めたる若さ」は女性に贈ると間違いなく喜ばれる言葉でしょう。 なので女性に贈ることをおすすめします。 ワラビとならんで代表的な山菜であるゼンマイの花言葉は、女性に贈ると必ず喜ばれる言葉の意味があります。 ゼンマイの花言葉をはじめ、どのような植物でどのような花なのかを紹介するページになります。 ゼンマイ以外の花言葉を調べたい場合 ゼンマイの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからゼンマイの花言葉以外の花言葉を調べることができます。 花を指定して花言葉を探したい場合… へ• 花言葉を指定して花を選びたい場合… へ ゼンマイという植物について ゼンマイという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。 ゼンマイ属という生物分類に属しているゼンマイ By ゼンマイはゼンマイ科の植物です。 日本全国の山野に生えており、シダ植物なので水辺の湿った所に見かけられ、ワラビと共に人気の山菜として摘まれます。 そして乾燥させたゼンマイやゼンマイの煮物などの料理で食べられます。 韓国料理のナムルのも入っていますよね。 ゼンマイは水分があるので満腹感を得られるのでダイエットに効果があります。 ゼンマイの栄養素はビタミンAやC食物繊維が多いので腸にも良い働きがあります。 誕生日の花としてのゼンマイ ゼンマイは、以下の月日の誕生日の花です。 そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてゼンマイの花をプレゼントすることは良いことです。 しかし、ゼンマイ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のゼンマイ以外の誕生花を調べてください。 ゼンマイの英語と名前の由来 ゼンマイの英語とその英語の由来、またゼンマイの和名とその和名の由来をご紹介致します。 ゼンマイは英語でZenmai。 その言葉の由来とは? ゼンマイをそのままローマ字にしたZenmaiが英名になります。 ゼンマイの和名は、ゼンマイ。 その言葉の由来とは? 芽が出た見た目が丸まっていて、銭が回っている様に見えることから銭舞 ぜにまい が転訛したゼンマイとなりました。 ゼンマイの花の色や形や開花時期 By 緑色の糸のような花をつけます。 開花時期は4月~6月頃です。 カテゴリー• 462• 208• 138• 1,007• 379• 366• 615•

次の

アク抜き不要の山菜・こごみ!名前の由来やオススメの食べ方&料理のアイデアまとめ|えぞめぐり

山菜 の ぜんまい 名前 の 由来 は

名の由来、ゼンマイ道、亀田ゼンマイ織、シーズン、採り方、干しゼンマイ、料理、薬効、ヤマドリゼンマイ ゼンマイの産地は、ブナ帯の豪雪地帯で交通の便が悪い山間奥地にあるが、良質のゼンマイが多く採れる。 山ではゼンマイだけでなく、ほかの山菜や、山菜採りの合間に釣りなどでとったイワナを焚き火で燻製にして売ったりもした。 名前の由来 芽出しの渦巻き形の若葉は、銭を巻き込むような格好をしている。 この「銭を巻く」という言葉がなまって、「ゼンマイ」となった。 良質のゼンマイ 清らかな水気が豊富なところ・・・ブナ帯の渓流沿いで、 育ちの良い北側斜面・半日蔭になっている崖地のゼンマイは、スクスク伸びて軟らかく味が良い。 ゼンマイ道 平成元年撮影 ゼンマイ道を歩いていると、ゼンマイ小屋を建てる時に使った資材置き場によく出会った。 右の大木の根元、ブルーシートに包まれているのが、その資材である。 また、春はゼンマイ採り、秋はマイタケ採りのためのバイクも所々に置いてあった。 山間部に住む人々にとって、ゼンマイとマイタケは貴重な現金収入源である。 それを茹でる前にとるか、茹でてからとるかは家によって違った。 ワタを寝具に入れる綿代わりに使う場合は、茹でる前にとってよく乾燥させた。 亀田ゼンマイ織 ゼンマイの渦巻き状の若芽を柔らかく包んでいる綿・・・一般にフク綿と呼ばれている綿と綿花を混紡して織ったもので、防虫性と防水性がある。 亀田のゼンマイ織は、1717年、越後から亀田に招いた職工が木綿の亀田縞を織ったのが始まりといわれる。 ぜんまい織は、明治二十年代に綿布商人の佐藤雄次郎が考案、商品化したとされる。 その後、ぜんまい綿、綿花、白鳥の羽根毛を混ぜて織ったぜんまい白鳥織というめずらしい織物もつくられた。 現在、亀田ゼンマイ織は、天鷺村の中で実演見学・織物体験 が行われている。 スパイク付き地下足袋・金カンジキ、ザイル ゼンマイはシダ植物だから湿気の多い痩せた崖地によく生える。 だから足下が滑らないよう、 スパイク付き地下足袋の上に、アイゼンのような4本爪の特注・金カンジキを履く。 特に良質のゼンマイは、素人が入れないような岩場の急斜面に生える。 プロは、そうした 急斜面の上の灌木類にザイルを結び、命綱を伝って斜面を移動しながらゼンマイを採る。 一日で採るゼンマイの重量は、平均して70キロほど。 その重いゼンマイを背負って、分厚い雪渓が残る谷を歩く。 だから腰痛や膝痛は職業病と言われているほど難儀な仕事である。 ゼンマイ採りシーズン ゼンマイは、雪が消えてから半月余りで芽を出してくる。 雪渓が残る深い谷が新緑に包まれ、オオヤマザクラの花が咲き始めると、ゼンマイ採りのシーズンである。 雪代にイワナが踊り、新緑に染まった斜面には、シラネアオイやトガクシショウマの花が咲き、雪崩斜面の腐葉土にはウドが次々と芽を出し始める。 ゼンマイ採りシーズンは、四季の中で最も美しい季節である。 胞子葉は、栄養葉より先に出て、巻き葉が扁平な球状になっているものを「男ゼンマイ」と呼び、採らずに残すことが持続可能なゼンマイ採りの鉄則。 従って、 栄養葉を選んで、その下の方からしごくようにして、柔らかい部分を折り採る。 さらに里に持ち帰ってから天日乾燥した。 この方法でつくられたものは「 青干しゼンマイ」と呼んだ。 一方、 里山で採り天日乾燥させたものは「赤干しゼンマイ」と呼んだ。 ムシロなどに広げ、霧を吹くと綿がとれやすい。 綿をとりながら規格を選別する。 鍋にゼンマイの約二倍の水を入れて加熱、沸騰寸前にゼンマイを入れて加熱する。 緑色が消えて黄褐色になったら引き上げる。 日当たりの良い場所に広げたムシロに、茹でたゼンマイをまんべんなく広げる。 十分な日光を浴びると1~2時間ほどで赤味を帯びてくる。 両手で丸めながらもんでいく。 乾燥中に5~6回もみながら干し上げる。 表面に水分がなくなったら、500gほどを集めて両手で軽く5~6回繰り返してもむ。 二回目以降は、同じ要領でもむ。 最後は小分けして広げ、乾燥する。 時々天地返しをし、仕上げに広げて干し上げる。 天気が良ければ2~3日ほどで干し上がる。 乾燥後は、厚めのポリ袋に入れ、乾燥剤を入れて保管する。 乾燥ゼンマイのもどし方 鍋に水とゼンマイを入れ、火にかけながら熱くなるまで手でよくもみほぐす。 熱くなったら湯を捨てて、再度水を入れ、同じことを三度繰り返す。 三度目の湯は、しばらく煮立たせてから火をとめ、半日ほどそのまま浸けっぱなしにしておく。 料理 生でアク抜きしたものも美味しく食べられる。 綿毛をとり、重曹を入れた熱湯で茹で、半日ほど流水にさらしてアクを抜き調理する。 煮物、油炒め、味噌汁、納豆汁、白和え、クルミ和え、辛子しょうゆ和え、マヨネーズ和え、各種鍋物など幅広く利用できる。 薬用効果 ゼンマイは乾燥することで栄養価が高くなる。 昔から神経痛、かっけ、水腫、りん病、腹痛に効くと言われ、山村の保健食であった。 他に催乳、強壮、補血、貧血、利尿、血圧降下。 ゼンマイを常食すれば健康上大変有益と言われている。 近縁種・ヤマドリゼンマイ ゼンマイが危険な岩場に多いのに対し、ヤマドリゼンマイは里山の明るく開けた湿原などに群生する。 市場で売られているのは、ゼンマイよりヤマドリゼンマイの方が多いと言われている。 ゼンマイと同じく栄養葉と胞子葉があり、胞子葉の丸く巻いた先端は、栄養葉よりも色が濃い。 後から伸びてくる栄養葉の若芽だけを食用にする。

次の