しのぶちゃん 声優。 ワンピース【しのぶ】声優は『山本百合子』出演作をご紹介!

【3期スタート!】ちはやふるの登場人物・キャラクターまとめ【ちはやふる】

しのぶちゃん 声優

小学4年生でA級に昇進し、中学3年の時に史上最年少でクイーンになった。 作中でお嬢様高校とされる京都・津咲高校の生徒で京都市会議員の孫娘。 左利きで左目の下にほくろがある。 美人だが服のセンスはあまりよくない。 関西でのみ発売している「スノー丸」というキャラクターが好き。 スノー丸グッズを手に入れようとスノー丸大福を食べ過ぎたことにより初のクイーン位の防衛戦の時は約10キロ太って身体のキレが悪くなったものの防衛には成功した。 (その直後にスノー丸大福が発売終了になったこともあって夏の高校生かるた選手権では元の体型に戻っている。 ) 性格は所謂「京女」を悪くデフォルメしたような感じで、慇懃無礼な高慢さが目立つ。 その気位の高さとかるた以外何も出来ない不器用が相まって日頃親しくしている友人はいない。 主人公のを対等な存在と認めるまでは競技かるたを通じた幼馴染みのを密かに友人とみなしているだけだった。 名人の、白波会主宰者の、そして新と並ぶ作中の現役選手最強の一角で、まるで「かるたに愛されている」かのように札との繋がりを持ち、試合では美しく圧倒的な強さを見せる。 特に決まり字を聴いてからのスピードと正確さに長けており、相手の手の下をかいくぐって札に触れる姿は「糸で結ばれているよう」とも「優しく迎えに行くよう」とも称されるほど。 誰もが最初は自分を打倒するために威勢良く挑んでくるが、自身との実力差から気力をみるみるうちに失い、一人でかるたをしている気分になるという。 特に高校一年生時では北央のがその餌食となる瞬間が描かれた。 また、当時は千早も「感じ」の良さに頼るばかりでお手つきも少なくない大雑把な選手であったため、正確さの極地ともいえる彼女は対極かつ大きな壁として登場した。 常に自分が精神的に優位に立つ為の余裕を表すために笑みを浮かべることも多く、「クイーンズスマイル」と呼ばれる。 前述のように作中でも最強格の人物の一人だが、新とは相性が極めて悪いようで小学校時代に毎年1回戦で当たったことを始め、公式戦では全敗している。 名前の由来は「しのぶれど 色にいでにけりわが恋は 物や思ふと 人のとふまで」から。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

若宮詩暢 (わかみやしのぶ)とは【ピクシブ百科事典】

しのぶちゃん 声優

フリガナ:ハヤミ サオリ 生年月日:1991年5月29日 身長:164㎝ 血液型:AB型 出身地:東京都 趣味:ピアノ・料理・音楽鑑賞・映画鑑賞 お母さまの影響で幼い頃から洋画を見ていたそうです。 その吹き替えをする声優さんに興味を持ったとか。 幼い頃からあこがれ続けた声優になるため、養成所に入ったのは中学生の時。 それから 16歳( 2007年)でデビューし、いきなりのヒロイン役を務めました。 そんな 早見沙織さんは透明感のある声が特徴で、おしとやかな女性の声から子供の声まで幅広く演じられる声優さんです。 歌唱力もあり、数々のアニメの主題歌やキャラクターソングを歌っています。 その歌唱力から歌手デビューもあるのではと思われていたほどです。 最近では「魔入りました。 入間くん」や「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 」に出演しています。 「魔法使いプリキュア」のキュアフェリーチェ、花海ことは役です。 キュアフェリーチェは妖精の女の子で主人公の二人に赤ちゃんから育てられます。 そんな赤ちゃんの頃から、変身後の少し大人な姿まで、そのすべての声を早見沙織さんが演じています。 子供から大人まで演じ分けられる早見沙織さんの声を楽しむことが出来る作品になっていますよ。 最近の出演作 「魔入りました! 入間くん」のアザゼル・アメリ役 身体も大きく、声も低めの女の子。 人間界の少女漫画が大好きで、主人公に音読させてしまうというツンなところとかわいさを併せ持つキャラクターを演じています。 透明感のある高めの声を封じ、少し低めの声で演じられているので、早見沙織さんの演技の幅が感じられるキャラクターですよ。 「そらのおとしもの」のイカロス役 エンジェロイドといういわばロボットで感情があまりない美少女を演じています。 透明感のある早見沙織さんの声と、物知らずでピュアなキャラクターがとてもマッチしています。 この作品では主題歌も担当していて、イカロスの声そのままに歌い上げるその歌唱力には驚かされますよ。 「TARI TARI」の沖田紗羽役。 沖田紗羽は、弓道部で合唱部を作るために奮闘する友達を見守るしっかりもののお姉さん的なキャラクターです。 合唱部をテーマにしたこちらのアニメでは、主人公と共に歌を歌うシーンが多数あります。 伴奏無しに歌うアカペラのシーンもあり、早見沙織さんの歌唱力が目に見えて楽しめる作品です。 早見沙織さんの歌声を楽しみたいならおすすめですよ。 他にもいせかる2のヴィーシャ、FGOの牛若丸、防振りのカスミ、ソマリと森の神様など多数に出演中。 誕生日: 2月 24日 年齢: 18歳 身長: 151cm 体重: 37kg 趣味:怪談話 好きなもの:生姜の佃煮 蝶の羽を模した髪飾りと蝶の羽を模した羽織を身に着け、まるで蝶のような身軽さで戦場を飛び回り戦います。 笑顔を浮かべ、鬼に対し一見優しい言葉をかける胡蝶しのぶですが、その内容は表情とは違い毒舌。 優しいのか恐ろしいのかわからないミステリアスなキャラクターです。 胡蝶しのぶは柱の中で唯一、鬼の首を斬ることが出来ません。 ですが自ら作った毒で鬼を殺すことが出来ます。 薬学に精通し、那田蜘蛛山では蜘蛛の毒に侵された隊士達を自作した解毒剤で次々に治療していきます。 医術にもたけていて、自分のお屋敷である蝶屋敷で隊士達のけがの治療も行っています。 蝶屋敷ではその能力をアップさせるための修行も行います。 また育ての一人でもあり、 主人公・炭治郎の同期・栗花落カナヲを育てています。 常に笑顔でいる胡蝶しのぶですが、姉を鬼に惨殺された過去を持ち、心の中は鬼に対する憎しみや怒りで満ちています。 それでも笑顔を浮かべているのは、大好きだった姉に「あなたの笑顔が大好き。 」と言われたから。 そんな大好きだった姉の願いであった「鬼と仲良くする。 」という夢を炭治郎に託しています。 胡蝶しのぶの声優まとめ お若いながら声優歴 10年以上という早見沙織さん。 まだまだ未熟な主人公、炭治郎を導くキャラクターとして、その豊富な経験と実力を発揮しています。 鬼への憎しみと、姉への想いの間で揺れる 胡蝶しのぶの繊細なキャラクターは、早見沙織さんの透明感のある声にぴったりです。 これからもどんどんと声優としての実力をアップさせ、活躍の幅を広げていくことが予想される実力派。 今後の活躍が楽しみですね。

次の

【ちはやふる2】しのぶちゃんの下着姿が衝撃的だったwww【第15話の感想まとめ】

しのぶちゃん 声優

レジェンド声優インタビュー 島津冴子[声優デビュー編] arranged by レジェンド声優プロジェクト アニメ黄金期の立役者である「レジェンド声優」と、自らもレジェンドである声優・古川登志夫さん、平野文さんが濃密トークを繰り広げるレジェンド声優インタビュー。 今回お越しいただいたのは、そんな2人と『うる星やつら』で三角関係を築いた名女優・島津冴子さん。 古川登志夫: (以下、古川) このメンバーだとやっぱり『うる星やつら』(1981年)を思い出すね。 平野: 冴子ちゃん、ようこそ! 島津冴子: (以下、島津) ご無沙汰しております! 私、まだ年齢的にもレジェンド声優の資格はないのですが……お招き頂きまして、ありがとうございます! 古川: お久しぶりです。 最後に会ったのは2010年に発売された超久々のOVA『うる星やつら ザ・障害物水泳大会』の収録の時だよね。 今日は、美女2人とお話できて、うれしいなあ(笑)。 島津: 古川さんは変わらないですね(笑)。 古川: 当時は作品の中でも外でもそんなことばっかり言っていたよね。 いつもスタジオでは3人一緒に並んで座って。 平野: 『うる星やつら』のスタジオには横長のソファがあって、スクリーンに向かって右端っこから、千葉さん(千葉繁さん=メガネ役)、冴子ちゃん(三宅しのぶ役)、私(ラム役)、登志夫ちゃん(諸星あたる役)、永井さん(永井一郎さん=錯乱坊役)、神谷さん(神谷明さん=面堂終太郎役)、杉山さん(杉山佳寿子さん=テン役)の順で座っていたのよね。 古川: 3人揃って仕事したのは、『うる星やつら』が最初だよね。 平野: 冴子ちゃんを初めて見たときは、なんてきれいな女の子なんだろうって思ったのを覚えてる。 美しいロングヘア、すらっとした手足、そしてふわっとしたスカートがよく似合っていて……。 古川: 深窓の令嬢って感じでしたよね。 フリフリのパラソルなんかもさしてて。 島津: えっへっへ……(笑)。 平野: だから今日は、冴子ちゃんが私たちと出会う前にはどんな暮らしをしていた、どんなお嬢様だったのかを聞きたいなって。 地元の伊勢原(神奈川県)ではどんな少女時代を過ごしていたの? 古川: 国民的美少女みたいな感じだったんでしょ? お母様がそう言ってましたよ。 島津: えっ? 何で古川さんが、私の母の事を!? 古川: 名古屋城でイベントをやったときの打ち上げにお母様がいらっしゃって、そのときにお話したんですよ。 「母親の口から言うのもなんですが、我が家からこんな可愛い娘が生まれるなんて思わなかった」って(笑)。 島津: (身悶えながら)絶対に勘違いですよ、ウソです! ウソ!(笑) 平野: じゃあ、自己申告で、ご自分の少女時代を教えてくださる? 島津: 父が長男で、その最初の子供だったので、とても大事にされて育ちました。 ただ、身体が弱くて、幼稚園も半分くらいしか通ってなかったんですよ。 小学校、中学校、高校も、家から通える地元の学校に行っていました。 だから、私立のお嬢様学校に通っていた……なんてこともないんですよ、普通に共学で。 古川: あら、意外(笑)。 平野: お芝居は、その頃からやっていたの?.

次の