勝田真季。 おんなの選択 介護食に込めた思い・クリコさん

おんなの選択 介護食に込めた思い・クリコさん

勝田真季

来歴 [編集 ] (後の、現:杉並区)出身。 卒業、を2年で除籍。 大学中退後は、のを打てたことや高校時代の恩師の計らいでに就職。 職場の演劇部に、当時気になっていた別の部署の女性社員が所属しており、「入れば知り合いになれる」と考え入部する。 そして、その女性社員の相手役をすることになった際、芝居に夢中になって「役を演ずるってこんなに面白いことなんだ」と感じるようになり、その後、その芝居が東京都内の職場演劇コンクールに出場し優秀賞を獲得。 演劇コンクールの審査員には、後に恩師になるがおり、八田の勧めで八田元夫演出研究所の夜間教室に通い出す。 その後、研究所が劇団になることから会社を退職。 の『歴程』で初舞台を踏む。 演出劇場 、劇団3の会 、東京演劇ゼミナール を経て、1963年に劇団東演に入団し、2002年まで所属。 声優業は、結婚や妻の妊娠などから「何とかしなきゃいけない」と考え、安かろうと1本幾らというギャラが入るテレビの仕事だったため飛びついたことがきっかけでで始める。 洋画では、、などのを担当。 アニメでは『』の初代を約10年間演じていた。 人気を博したラジオ番組『』ではパーソナリティで有名となり、を受賞している。 現在では日本テレビ系『』等のナレーション業を中心に担当しており、89歳を超えた現在でもなお男性声優最高齢の現役で活躍している。 人物 [編集 ] 草創期から活躍している。 としてはを中心に活動し 、にも出演している。 声質は。 の吹き替えは「本当に好きだったなあ」と述べている。 また、ルイスの芝居はリズム早いため、予め大体の台詞を覚えてから収録に臨んでいたといい 、録音後は疲れる一方で「ジェリー・ルイスのあのリズムを俺は盗めたぞ」という何ともいい快感があったという。 の吹き替えは、自分の世界を常に強烈に打ち出すところが魅力的だという。 『』ではジョン・クリーズの声を担当していたが、すぐに降板しに引き継がれている。 近石は後に納谷が演じることになるを、で声を担当したこともある。 アニメ『』では、役をの初回から、舞台の地方公演・ラジオとの両立が困難となり放送分で降板するまで演じていた。 マスオについて近石は「とても好きだった」と語り、演じ始めた頃は、実生活でも父親で息子もと同じくらいの年齢だったため、本人曰く「役やってんだか何だか分からない、もうそのまんま」で演じたという。 『サザエさん』自体については「どんなに世の中が変わっても、日本の家族はこういう事柄を、こんな会話をしながら、こんなふうに処理する。 五十年前のサザエさん一家も、今の家族も基本的には同じだと思う」と述べ、「原作に忠実にその精神を受け継いで、今のままずっと続いてほしい。 日本の家族の姿を伝えてほしいですね」と語っている。 受賞歴 [編集 ]• 奨励賞『風浪』(山田唯雄役 )• 京都十三夜会賞『歌え、悲しみの深き淵より』• 広島市民劇場賞『歌え、悲しみの深き淵より』• 第7回「功労賞」 出演 [編集 ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [編集 ] 1963年• 1965年• (ドンキー )• (プッコ ) 1966年• (パイロット版)(ガリゴリ )• 1967年• (005ェ門)• (お釈迦様 、プランクトン一味の首領、ナレーター )• (トム ) 1968年• () 1969年• (司会者、係長、隊員B)• (1969年 - 1978年、 〈初代〉 )• (五郎太、玄馬) 1970年• (オモシロ博士) 1971年• 1978年• (ナレーター) 2003年• (御曲大作) 2004年• (森の老人) OVA [編集 ]• (1969年、)• (1995年、西村光太郎) 劇場アニメ [編集 ]• (1987年、杉本鉄彦)• (1991年、長谷川良彦 )• (2015年、賢者 ) 吹き替え [編集 ] 俳優 [編集 ]• 軍医さんは本日多忙• 底抜けいいカモ• 底抜けダイヤ強盗• 底抜け艦隊• 底抜けニューヨークの休日• 底抜けふんだりけったり• 底抜けやぶれかぶれ• お若いデス• 悪人への貢物• いちごブロンド• 栄光何するものぞ• 栄光の都• オクラホマ・キッド• 追われる男• 空軍の暴れん坊• Gメン• タクシー• 民衆の敵• 地獄で握手しろ• アメリカ交響楽(オスカー・レヴァント)• (ジュールス〈〉)• (フランク・グラブマン())• ボージェスト(ボルディーニ)• ホークアイ・ピアス• (ジャック・ロスマン)• テレビシリーズ()• (デイブ・クラブトリー〈シェリー・ヴァン・ダイク〉)• (ヴィト・スコッティ)• (マリク)• (モーティ)• 第2シリーズ 第20話「激突」(ギャレット・プライス)• 第5シリーズ 第10話「サンタコロ〜ス」(ギャレット・プライス)• バークレイ牧場(ピーター・ブレック)• (スクーター)• (〈初代〉) 海外アニメ [編集 ]• (アンダードッグ)• (ジョージ・ジェットソン)• (フレッド・フリントストーン) 人形劇 [編集 ]• 「」(漁師)• 「きつねが笑う」• 「さるじぞう」(良いお爺さん、意地悪なお爺さん)• 「」(狸)• 「」(赤鬼• (リック・オシェー)• (犬塚信乃、里見義実)• (キャプテン・チック)• (丹羽菊丸)• (フラワー万次郎=事実上のナレーター) ラジオ [編集 ]• (TBSラジオ制作、、他)• おしゃべり歌謡曲( と)• (2010年10月8日、)• (2012年11月)• (2016年7月4日、TBSラジオ ) ナレーション [編集 ]• (初代ナレーター)• (の代理)• &のいただきグルメ旅 古都鎌倉をぶらり旅&ご当地鍋作り(2016年3月27日、)• テレビドラマ [編集 ]• 第34話「ダイヤモンド作戦」(1965年)• 第48話「結婚の秘密」(1966年)• 第124話「ざくろ沼の恐怖」(1967年)• 母の暦(1968年) - 神山太一• (1972年) - 黒市• (1975年) - 白井刑事• (1976年) - 白井刑事• 第336話「エレベーター連続女性殺人事件」(1981年)• スペシャル「戦場は遥かになりて」(1982年)• 「逆流・認知殺人事件」(1982年)• 「女囚第3監房の脱走」(1982年)• 「強情な女」(1984年) - 水尾武志 役• 「」(1983年) - 伊牟田博助役• 「本郷菊坂おんな殺人坂」(1987年) - 刑事• 「」(1993年) - 町会議長・川又斧八• (1985年) - 増谷桑一• (1987年) - 伊上悟郎• 「死を呼ぶ人形」(1989年1月30日) - 狩谷警部役• (1998年)• (2003年)• (2004年) バラエティ [編集 ]• 「」() - 司会• 1972年) CM [編集 ]• (1972年)• 「」(1976年 - 1990年)• 「ご進物用お線香」• 「コルゲンコーワ うがいぐすり123」• 「」(、2016年)• 中四国地域キャンペーン「防念会やろう。 」(2019年) その他 [編集 ]• 「対決 巨匠たちの日本美術」音声ガイド() 脚注 [編集 ] [] 注釈• 4-87376-160-3。 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2020年1月17日閲覧。 goo人名事典. 2020年1月5日閲覧。 小川びい『こだわりの声優事典'97』〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、88頁。 4-19-720012-9。 2020年1月5日閲覧。 TBSラジオ 2016年7月4日. 2020年1月5日閲覧。 2020年1月5日閲覧。 2013年6月18日閲覧。 『TVアニメ大全科part2』、1979年、220頁。 2019年12月7日時点のよりアーカイブ。 2020年5月2日閲覧。 2013年6月18日閲覧。 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。 ソニーミュージック. 2016年8月21日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。 WOWOW 2016年6月24日. 2016年7月25日閲覧。 WOWOW 2016年6月24日. 2016年7月25日閲覧。 TBSラジオ 2016年7月4日. 2017年5月22日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - ムーブマン 公式プロフィール•

次の

NHK勝田真季のカップや身長は?wikiやプロフまとめ! | NHK女子倶楽部【N

勝田真季

詳細は個別記事若しくは各局の記事を参照 基本的に各放送局における契約先は「放送部」であるが、NHKの母体3局(東阪名)については規模の大きさにより組織が細かく分かれており、担当する番組の種類によって所属が異なっている。 また、後者に属するキャスターは殆どが他の地方局(民放を含む)での勤務経験がある。 なお契約形態はほとんどの局で「番組出演者契約」(「専属タレント」状態)となっている。 脚注 [編集 ] []• 2014 - 2016年度は「高橋(たかはし)温美」名義で出演(2014・2015年度は水戸局)• 旧名:明香(さやか)。 2014年度から改名。 気象予報士であるが、それに止まらず番組パーソナリティーとして他のキャスターと同様の業務を行っている。 2017年度以前(水戸・甲府局時代)は「二宮(にのみや)佳純」名義 外部リンク [編集 ] 契約キャスター紹介ページ [編集 ] とはキャスターの個別紹介ページを設けていない。 ただ大阪局は全員ではないが、自局制作番組ページ内に出演者紹介として載っている場合がある。 北海道 、、、、、、 東北 、、、、、 関東・甲信越 、、、、、、、、 東海・北陸 、、、、、、 関西 、、、、 中国 、、、、 四国 、、、 九州・沖縄 、、、、、、、、 日本語センターアナウンサー この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる()。

次の

運勢、才能、恋愛、金運がわかる無料姓名鑑定 勝田さんの一覧 30頁目

勝田真季

来歴 [編集 ] (後の、現:杉並区)出身。 卒業、を2年で除籍。 大学中退後は、のを打てたことや高校時代の恩師の計らいでに就職。 職場の演劇部に、当時気になっていた別の部署の女性社員が所属しており、「入れば知り合いになれる」と考え入部する。 そして、その女性社員の相手役をすることになった際、芝居に夢中になって「役を演ずるってこんなに面白いことなんだ」と感じるようになり、その後、その芝居が東京都内の職場演劇コンクールに出場し優秀賞を獲得。 演劇コンクールの審査員には、後に恩師になるがおり、八田の勧めで八田元夫演出研究所の夜間教室に通い出す。 その後、研究所が劇団になることから会社を退職。 の『歴程』で初舞台を踏む。 演出劇場 、劇団3の会 、東京演劇ゼミナール を経て、1963年に劇団東演に入団し、2002年まで所属。 声優業は、結婚や妻の妊娠などから「何とかしなきゃいけない」と考え、安かろうと1本幾らというギャラが入るテレビの仕事だったため飛びついたことがきっかけでで始める。 洋画では、、などのを担当。 アニメでは『』の初代を約10年間演じていた。 人気を博したラジオ番組『』ではパーソナリティで有名となり、を受賞している。 現在では日本テレビ系『』等のナレーション業を中心に担当しており、89歳を超えた現在でもなお男性声優最高齢の現役で活躍している。 人物 [編集 ] 草創期から活躍している。 としてはを中心に活動し 、にも出演している。 声質は。 の吹き替えは「本当に好きだったなあ」と述べている。 また、ルイスの芝居はリズム早いため、予め大体の台詞を覚えてから収録に臨んでいたといい 、録音後は疲れる一方で「ジェリー・ルイスのあのリズムを俺は盗めたぞ」という何ともいい快感があったという。 の吹き替えは、自分の世界を常に強烈に打ち出すところが魅力的だという。 『』ではジョン・クリーズの声を担当していたが、すぐに降板しに引き継がれている。 近石は後に納谷が演じることになるを、で声を担当したこともある。 アニメ『』では、役をの初回から、舞台の地方公演・ラジオとの両立が困難となり放送分で降板するまで演じていた。 マスオについて近石は「とても好きだった」と語り、演じ始めた頃は、実生活でも父親で息子もと同じくらいの年齢だったため、本人曰く「役やってんだか何だか分からない、もうそのまんま」で演じたという。 『サザエさん』自体については「どんなに世の中が変わっても、日本の家族はこういう事柄を、こんな会話をしながら、こんなふうに処理する。 五十年前のサザエさん一家も、今の家族も基本的には同じだと思う」と述べ、「原作に忠実にその精神を受け継いで、今のままずっと続いてほしい。 日本の家族の姿を伝えてほしいですね」と語っている。 受賞歴 [編集 ]• 奨励賞『風浪』(山田唯雄役 )• 京都十三夜会賞『歌え、悲しみの深き淵より』• 広島市民劇場賞『歌え、悲しみの深き淵より』• 第7回「功労賞」 出演 [編集 ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [編集 ] 1963年• 1965年• (ドンキー )• (プッコ ) 1966年• (パイロット版)(ガリゴリ )• 1967年• (005ェ門)• (お釈迦様 、プランクトン一味の首領、ナレーター )• (トム ) 1968年• () 1969年• (司会者、係長、隊員B)• (1969年 - 1978年、 〈初代〉 )• (五郎太、玄馬) 1970年• (オモシロ博士) 1971年• 1978年• (ナレーター) 2003年• (御曲大作) 2004年• (森の老人) OVA [編集 ]• (1969年、)• (1995年、西村光太郎) 劇場アニメ [編集 ]• (1987年、杉本鉄彦)• (1991年、長谷川良彦 )• (2015年、賢者 ) 吹き替え [編集 ] 俳優 [編集 ]• 軍医さんは本日多忙• 底抜けいいカモ• 底抜けダイヤ強盗• 底抜け艦隊• 底抜けニューヨークの休日• 底抜けふんだりけったり• 底抜けやぶれかぶれ• お若いデス• 悪人への貢物• いちごブロンド• 栄光何するものぞ• 栄光の都• オクラホマ・キッド• 追われる男• 空軍の暴れん坊• Gメン• タクシー• 民衆の敵• 地獄で握手しろ• アメリカ交響楽(オスカー・レヴァント)• (ジュールス〈〉)• (フランク・グラブマン())• ボージェスト(ボルディーニ)• ホークアイ・ピアス• (ジャック・ロスマン)• テレビシリーズ()• (デイブ・クラブトリー〈シェリー・ヴァン・ダイク〉)• (ヴィト・スコッティ)• (マリク)• (モーティ)• 第2シリーズ 第20話「激突」(ギャレット・プライス)• 第5シリーズ 第10話「サンタコロ〜ス」(ギャレット・プライス)• バークレイ牧場(ピーター・ブレック)• (スクーター)• (〈初代〉) 海外アニメ [編集 ]• (アンダードッグ)• (ジョージ・ジェットソン)• (フレッド・フリントストーン) 人形劇 [編集 ]• 「」(漁師)• 「きつねが笑う」• 「さるじぞう」(良いお爺さん、意地悪なお爺さん)• 「」(狸)• 「」(赤鬼• (リック・オシェー)• (犬塚信乃、里見義実)• (キャプテン・チック)• (丹羽菊丸)• (フラワー万次郎=事実上のナレーター) ラジオ [編集 ]• (TBSラジオ制作、、他)• おしゃべり歌謡曲( と)• (2010年10月8日、)• (2012年11月)• (2016年7月4日、TBSラジオ ) ナレーション [編集 ]• (初代ナレーター)• (の代理)• &のいただきグルメ旅 古都鎌倉をぶらり旅&ご当地鍋作り(2016年3月27日、)• テレビドラマ [編集 ]• 第34話「ダイヤモンド作戦」(1965年)• 第48話「結婚の秘密」(1966年)• 第124話「ざくろ沼の恐怖」(1967年)• 母の暦(1968年) - 神山太一• (1972年) - 黒市• (1975年) - 白井刑事• (1976年) - 白井刑事• 第336話「エレベーター連続女性殺人事件」(1981年)• スペシャル「戦場は遥かになりて」(1982年)• 「逆流・認知殺人事件」(1982年)• 「女囚第3監房の脱走」(1982年)• 「強情な女」(1984年) - 水尾武志 役• 「」(1983年) - 伊牟田博助役• 「本郷菊坂おんな殺人坂」(1987年) - 刑事• 「」(1993年) - 町会議長・川又斧八• (1985年) - 増谷桑一• (1987年) - 伊上悟郎• 「死を呼ぶ人形」(1989年1月30日) - 狩谷警部役• (1998年)• (2003年)• (2004年) バラエティ [編集 ]• 「」() - 司会• 1972年) CM [編集 ]• (1972年)• 「」(1976年 - 1990年)• 「ご進物用お線香」• 「コルゲンコーワ うがいぐすり123」• 「」(、2016年)• 中四国地域キャンペーン「防念会やろう。 」(2019年) その他 [編集 ]• 「対決 巨匠たちの日本美術」音声ガイド() 脚注 [編集 ] [] 注釈• 4-87376-160-3。 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2020年1月17日閲覧。 goo人名事典. 2020年1月5日閲覧。 小川びい『こだわりの声優事典'97』〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、88頁。 4-19-720012-9。 2020年1月5日閲覧。 TBSラジオ 2016年7月4日. 2020年1月5日閲覧。 2020年1月5日閲覧。 2013年6月18日閲覧。 『TVアニメ大全科part2』、1979年、220頁。 2019年12月7日時点のよりアーカイブ。 2020年5月2日閲覧。 2013年6月18日閲覧。 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。 ソニーミュージック. 2016年8月21日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。 WOWOW 2016年6月24日. 2016年7月25日閲覧。 WOWOW 2016年6月24日. 2016年7月25日閲覧。 TBSラジオ 2016年7月4日. 2017年5月22日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - ムーブマン 公式プロフィール•

次の