西ハイラル平原。 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD > ハイラル平原(城下町の西)

ゼルダの伝説「写し絵の記憶」場所一覧【英傑の服】ブレス オブ ザ ワイルド

西ハイラル平原

中央ハイラルとは、『』に登場するである。 概要 その名の通り中央部に位置するである。 北東でオル、東で、南東で、南でフィローネ、南西でド、北西でヘと接する。 かつてのの中枢部で、を中心に多数の集落が栄えていたが、 年前の大厄災で壊滅し、では周縁部のに建てられた宿以外は人の野が広がっている。 主な地名・名所 ハイラル平原 中央ハイラルの中でも中央部に位置するな。 王のをガン視しない限りが初めて台地から降り立つ地域となる。 に降りようとする向るだろうが、多分するし。 大厄災前は一の人口密集地だったが、ではの闊歩する非常に危険な地域となっており、「に入って生きて帰って来たものはいない」とさえ言われるが、それの憧れの的でもある。 巨大なと化したとの最終のでもある。 の東を流れるで、を流れるルテを流とし、南のに流れ込んでいる。 ヴァ・ルッタのによりのに見舞われるが、中では増している様子は特に見られなかった。 外 ルテを流としを取り囲むように流れる場で、のの外として使われていた。 ヒミ の西を流れる。 外からドに向かって流れている。 の北にある、かつてのの宮。 では厄災の居となっている。 下町跡 かつての南に栄えていた下町の跡地。 防で囲まれ、のある中央広場を中心にいで統一された印的な並みだったが、大厄災時にに乗っ取られたにより壊滅させられた。 今でもの巣窟となっている。 堂や式典場、建材を切り出す砕石所といった施設まで存在した。 王立研究所跡 からヒミを挟んで西にある研究所跡。 族の学者とロの元職場だと思われる。 中央ハイラルの他のとべて特に底的に破壊されているようにも見える。 ッタ宿 の北西、ッタ交易所跡の東にある宿。 メーベの町跡 中心部、下町跡の南南東に存在する小さな町跡。 近くにある の跡の建物の配置が『』のに酷似しているが、地形て別物だと思われる。 今では騎乗したンが闊歩している。 名前の由来は『』のメーベの村か。 軍駐屯地跡 メーベの町跡の南西、ダフ山の麓にある群。 の大部分のを手に入れられるである「 の」が存在する。 高さは低いが周囲に多数のがおり、そのまま登るのは非常に危険。 崖登りに自信がければガーン多数を討伐できる程度に装備を整えてから臨むべきである。 闘技場跡地 南に、北にヒミの支流の一つアクオに挟まれた地に建つ円形闘技場跡。 ラルをはじめとするたちの巣窟となっている。 外れの宿 闘技場の西、ドキャニ入口の北にある宿。 周囲を丘に囲まれており見通しが悪い。 やけに荒している。 職員の一人ットは生の極上に飢えており、策に便利である。 の南に位置する台地。 建の地とされている。 西には闘技場、北にはコ駐屯地跡を挟んで交易所跡が存在し、かつては客や客、商人で賑わっていたと思われるが、今ではとの巣窟である。 から降りたが初めて訪れる集落跡になることが多いと思われる。 モ 東の宿場町跡の東、を流れるノッケとの合流地点の南にある。 のなのだが、このの見りであるハッシモは台地から降りたが初めて出会うとなることが多いので多くのの記憶に残ることとなる。 余談だが、彼の的な事情を抜きにした存在理由は割とである。 すぐ北にあるリ宿に雇われたか何かなのだろうか。 名前の由来は『』のモ村。 リ宿 モの北にある宿。 から山を経由せずっ直ぐをした場合最初の宿となると思われる。 に浮かぶ2つのでやが飼われているのが印的である。 常駐しているッセはを収集しており、こちらも策に便利である。 ハイリア湖 最大の。 北で、南でフィローネ原と接する。 が注ぎこんでいる。 が出ていく箇所が見当たらないが、南にあるサンと地下で繋がっているのかもしれない。 それでもが入ってくる量と出ていく量が合っていない気がするが。 をはじめとするいくつかのが浮かんでいる。 普段は人だが、時々漁師が漁に訪れているようである。 中央ハイラルとフィローネを繋ぐ最大の。 何故人口の極めて少ないフィローネに向かうにここまで大きなを整備する必要があったのか一見に見えるが、が大厄災前に撮ったウツシエの時点で一部損壊しているとても古いのようなので、このが架けられた頃は架けるに値する何かがフィローネに存在したのだろう。 の中央に広場があるが、はの巣窟となっている。 ハイラル丘陵 中央ハイラルに存在する丘陵地帯。 東で、南でド高地、北西でヘと接する。 ニーケル 丘陵南東部の小さな。 の丘に躍動的なの像が残る サー跡がある。 王族により飼われていたの子孫がここで繁栄していると言われている。 山 丘陵にある中規模の山。 山のヌシが住むな山で、普段はの山だがヌシが現れると山がき達が集まってくる。 数多くの固有名詞が独自のものに差し替えられているでの表記も"ori un"であり、この山についてのを教えてくれる外れの宿の自称である行商人の容姿が故に似ていることもあり、彼が山の名前の由来であると言われている。 チナガレ湿地帯 丘陵に位置する湿地帯。 その名の通り多くの血が生えているが、北には常にに見舞われている の台地が、東には系がやたら多い池の上に建っており、丘陵全体との一部のが手に入る「 丘陵の」が存在し、単なる地名というわけではない。 丘陵のの上ではから降りられなくなった学者のブートが研究のためにからの飛を競う「 チャ」を開催している。 ローム山 チナガレ湿地帯の西にある低山。 かけっこ好きのクンバが通行人に対し 競争を挑んでくる。 名前の由来は今作の王の本名「ローム・フォレームス・」からか。 タバンタ宿 丘陵の西、クに架かる一のであるタバンタの東にある宿。 ハイラル大森林 の北にある地帯。 東と北にオル山脈を望む。 の宿 の南東、オルとの界付近に建っている宿で、が滅んだ今でもなお交通の要衝と言われている。 軍場跡 迷いのの南東にある台地上の地形の上のに建っていたが、では地形が大きく崩れ、があった場所にはいくつかの沼地がある。 崩れなかった部分にはのが手に入る「 の」が建っている。 の拠点跡であるドクロ岩を突き破る形で生えてきたために頂上部分が岩で覆われており、その上に王の両手が刺さっているためにが落ちやすい。 迷いの マッコレに囲まれた、常に深いで覆われた大きな。 中央には巨大なのが見える。 が入ると迷った挙句必ずの外に戻ってきてしまう。 がの中心へたどり着くためのとして台とたいまつが置いてある が、によってはでたどり着いてしまう。 の 迷いのの中心にあるの集落。 退魔のがされている。 の外から見えた巨大なのの正体は今作の であり、中に洞があり、をもてなすための宿屋やが達により用意されている。 宿屋のはだが、ではしっかりルピーを取る。 この時代のにはや攻撃されるとルピーを落とすも存在するので、といえども のミと引き換えにポーチの拡をしてくれる巨大なの ボッンの故郷である。 ドン遺跡 迷いのの北にあるゾナウ文明の遺跡で、の取得すらも拒むいにいつも覆われており、中はを所持していなければ一寸先すら見えないほど暗い。 名前は「ンド」のとなっている。 関連項目•

次の

ハイラル平原のマップ・コログ

西ハイラル平原

ハイラル平原の木になっている• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル全土• ハイラル丘陵• ハイラル大森林• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル大森林• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル全土• ハイラル全土• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル全土• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル丘陵• ハイラル丘陵 中央ハイラルに出現する主な魔物• ハイラル城• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル城• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル大森林• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル平原• ハイラル丘陵• ハイラル平原 中央ハイラルに生息する主な生き物.

次の

盾一覧

西ハイラル平原

場所 西ハイラル平原南にあるジェド橋付近にいるカッシーワと話すと発生します。 ふたつの輪• たくさんある輪っかの中から2つの輪を同時に通せる場所を探します。 この場所から2つの輪を狙えます。 祠攻略• 右のスイッチを押すと右側の上下の台が斜めになり、 左のスイッチを押すと左側の上下の台が斜めになります。 左右の台の一番上に宝珠があり、一番の左右にある宝珠に1つずつ入れるようにします。 まず左のスイッチだけを押しましょう。 右の穴に宝珠が入ります。 2つの穴に宝珠を入れることに成功すると祭壇への扉が開きます。 台のほうにパラセールで飛ぶと宝箱(雷電の大剣)があります。 スイッチを押すとリフトが動くので戻れます。 コメント一覧• ありがとうございます。 王家は通りませんでした。 はやぶさでいけました。 に連は通りましたがあらわれませんでした。

次の