チャイルドシート 助手 席 違反。 チャイルドシート助手席設置は法律違反?子供は大丈夫? | あいねっと

軽自動車で運転中、チャイルドシート義務違反で捕まりました。

チャイルドシート 助手 席 違反

チャイルドシートを助手席に取り付けるのは法律違反? チャイルドシートは後部座席に設置するのが原則になっています。 しかし、もしも助手席に取り付けを行った場合は、法律的に問題があるのでしょうか? 結論から申し上げますと、チャイルドシートを助手席に設置をしても 道路交通法上は問題ありません。 ただし、法律上問題がないとしても、助手席にチャイルドシートを設置する行為は おすすめできません。 続いての項目では、「なぜチャイルドシートの助手席での使用は避けるべきなのか」について解説をしていきます。 チャイルドシートを助手席で使うのはなぜダメか チャイルドシートを使用するとき、みなさんはどこの席に取り付けを行っていますか? やはり後部座席に設置している方が多いですが、中には助手席に設置している方も2割程度います。 これには様々な理由が想定できますが、多くの方が 『助手席の方が子供の様子を確認しやすい』と考えているようです。 特にママやパパとお子様が2人だけでお出かけをするシーンで、助手席に設置するケースが多いようです。 エアバッグが重大な怪我の原因となる危険 チャイルドシートを助手席に取りつけて運転をしてはいけない最大の理由、それは 助手席に装備されているエアバッグです。 エアバッグというのは、本来は乗車している人の命を守る意味で非常に大切なアイテムです。 しかし、エアバッグは大人の体型に合わせて作られており、チャイルドシートが設置されることを想定していません。 そのため万が一の事故の際に、エアバックの作動がかえって お子様を後方へと吹き飛ばしてしまう要因になってしまいます。 特に新生児が使用することの多い 「後ろ向きタイプ」のチャイルドシートの場合、エアバッグとチャイルドシートが接触する可能性が高いため危険です。 チャイルドシートが助手席に向かないエアバッグ以外の理由 チャイルドシートを助手席に取りつけ、お子様を助手席に座らせないほうが良い理由はエアバッグ以外にもあります。 それは単純に、事故時における 助手席の死亡、大怪我のリスクが非常に高いということにあります。 特に日本は左側通行であるため、対向車線で起こったことに対して反射的にハンドルを切ると、 助手席側に大きな損傷を受けるケースが多くなります。 運転手が自分の意志とは無関係にハンドルを切ることで、結果的に助手席側に大きなダメージを受けやすいというのが大きな要因となるのです。 このようなことも含めて、大切なお子様を守る意味でも、助手席でのチャイルドシートの利用は 避けるべきと言えるでしょう。 そんな時に非常に便利なのが 「ベビーミラー」と呼ばれるアイテムを使用する方法です。 これがあれば、後部座席にチャイルドシートを設置しても、振り返らずにお子様の様子を確認することが可能になっています。 ベビーミラーは、「フロントガラスに設置するタイプ」と「ヘッドレストに設置するタイプ」の2種類があります。 しかし、やむを得ない事情によりどうしても チャイルドシートを助手席で使用しなくてはならないケースもあるかもしれません。 確かに道路交通法上問題があるわけではありませんのでそれは可能となりますが、 以下のような点に注意しましょう。 座席を一番後ろまで下げる チャイルドシートを助手席で使用した時の事故で起こるリスクの一つが、エアバッグによる衝撃であることは述べた通りです。 そこでチャイルドシートを設置する助手席を出来うる限り下げ、 エアバッグからなるべく遠くになるように設置しましょう。 これによって、万が一の事故の際に、エアバッグがなるべく開ききった状態で顔にあたるようにします。 必ず前向きで設置する やむを得ない事情によりチャイルドシートを助手席に設置する場合 最も避けなくてはいけないのが後ろ向きで設置することです。 チャイルドシートを後ろむきで設置すると、エアバッグが開いた際、その衝撃でチャイルドシートは後ろへ吹き飛ばされます。 お子様への負担は甚大はものであり、大きな怪我などのリスクが非常に高いので 絶対に後ろ向きでの設置はやめましょう。 まとめ チャイルドシートを助手席に設置する行為は、違法ではないものの、推奨される方法ではないことをお分かりいただけたでしょうか。 お子様の安全面を第一に考えると、後部座席に設置を行うのがベストです。

次の

軽自動車で運転中、チャイルドシート義務違反で捕まりました。

チャイルドシート 助手 席 違反

チャイルドシートを助手席に取り付けるのは法律違反? チャイルドシートは後部座席に設置するのが原則になっています。 しかし、もしも助手席に取り付けを行った場合は、法律的に問題があるのでしょうか? 結論から申し上げますと、チャイルドシートを助手席に設置をしても 道路交通法上は問題ありません。 ただし、法律上問題がないとしても、助手席にチャイルドシートを設置する行為は おすすめできません。 続いての項目では、「なぜチャイルドシートの助手席での使用は避けるべきなのか」について解説をしていきます。 チャイルドシートを助手席で使うのはなぜダメか チャイルドシートを使用するとき、みなさんはどこの席に取り付けを行っていますか? やはり後部座席に設置している方が多いですが、中には助手席に設置している方も2割程度います。 これには様々な理由が想定できますが、多くの方が 『助手席の方が子供の様子を確認しやすい』と考えているようです。 特にママやパパとお子様が2人だけでお出かけをするシーンで、助手席に設置するケースが多いようです。 エアバッグが重大な怪我の原因となる危険 チャイルドシートを助手席に取りつけて運転をしてはいけない最大の理由、それは 助手席に装備されているエアバッグです。 エアバッグというのは、本来は乗車している人の命を守る意味で非常に大切なアイテムです。 しかし、エアバッグは大人の体型に合わせて作られており、チャイルドシートが設置されることを想定していません。 そのため万が一の事故の際に、エアバックの作動がかえって お子様を後方へと吹き飛ばしてしまう要因になってしまいます。 特に新生児が使用することの多い 「後ろ向きタイプ」のチャイルドシートの場合、エアバッグとチャイルドシートが接触する可能性が高いため危険です。 チャイルドシートが助手席に向かないエアバッグ以外の理由 チャイルドシートを助手席に取りつけ、お子様を助手席に座らせないほうが良い理由はエアバッグ以外にもあります。 それは単純に、事故時における 助手席の死亡、大怪我のリスクが非常に高いということにあります。 特に日本は左側通行であるため、対向車線で起こったことに対して反射的にハンドルを切ると、 助手席側に大きな損傷を受けるケースが多くなります。 運転手が自分の意志とは無関係にハンドルを切ることで、結果的に助手席側に大きなダメージを受けやすいというのが大きな要因となるのです。 このようなことも含めて、大切なお子様を守る意味でも、助手席でのチャイルドシートの利用は 避けるべきと言えるでしょう。 そんな時に非常に便利なのが 「ベビーミラー」と呼ばれるアイテムを使用する方法です。 これがあれば、後部座席にチャイルドシートを設置しても、振り返らずにお子様の様子を確認することが可能になっています。 ベビーミラーは、「フロントガラスに設置するタイプ」と「ヘッドレストに設置するタイプ」の2種類があります。 しかし、やむを得ない事情によりどうしても チャイルドシートを助手席で使用しなくてはならないケースもあるかもしれません。 確かに道路交通法上問題があるわけではありませんのでそれは可能となりますが、 以下のような点に注意しましょう。 座席を一番後ろまで下げる チャイルドシートを助手席で使用した時の事故で起こるリスクの一つが、エアバッグによる衝撃であることは述べた通りです。 そこでチャイルドシートを設置する助手席を出来うる限り下げ、 エアバッグからなるべく遠くになるように設置しましょう。 これによって、万が一の事故の際に、エアバッグがなるべく開ききった状態で顔にあたるようにします。 必ず前向きで設置する やむを得ない事情によりチャイルドシートを助手席に設置する場合 最も避けなくてはいけないのが後ろ向きで設置することです。 チャイルドシートを後ろむきで設置すると、エアバッグが開いた際、その衝撃でチャイルドシートは後ろへ吹き飛ばされます。 お子様への負担は甚大はものであり、大きな怪我などのリスクが非常に高いので 絶対に後ろ向きでの設置はやめましょう。 まとめ チャイルドシートを助手席に設置する行為は、違法ではないものの、推奨される方法ではないことをお分かりいただけたでしょうか。 お子様の安全面を第一に考えると、後部座席に設置を行うのがベストです。

次の

二人目のチャイルドシート!助手席は違反?取り付け場所は?

チャイルドシート 助手 席 違反

チャイルドシートは子どもを交通事故から守るためにも重要なもの。 法律でも使用が義務づけられていますよね。 そこで気になるのが助手席でのチャイルドシートの使用問題。 法律上ではチャイルドシートをつける場所に決まりはなく、車内の取りつけ可能な座席であればどこでも良いとされています。 チャイルドシートを助手席で使うのは法律違反でないにも関わらず、なぜ使わない方が良いとされるのでしょうか。 その理由は、エアバッグの危険性によるものです。 出典:photoAC 車が衝撃を受けたときに人を守ってくれるエアバッグですが、実はかなりの衝撃を伴います。 助手席にチャイルドシートを置いて子どもを乗車させていれば、大人が座るよりもフロントに近く、さらに衝撃が増します。 事故自体が危険なものですが、エアバッグによる衝撃も、子どもの体が耐えられるものとは言い切れません。 事故から身を守ってくれるはずのエアバッグが子どもにとっては危険を伴うこともあるのです。 その場合には、チャイルドシートをつける向きも重要なポイントです。 チャイルドシートを前向きで使用できるのはいつからかと言うと、首がしっかりすわり、ひとり座りができるようになった1歳前後から。 ただし、前向きで使用する際にもさまざまな注意点があります。 後ほど、注意点をまとめた項目で説明するのでチェックしておいて下さいね! ・なぜ前向きが良く、横向きや後ろ向きはだめなの? 出典:photoAC 後ろ向きや横向きで使用するのは危険を伴うため、おすすめできません。 特に後ろ向きの場合、チャイルドシートを取りつけると、フロント部分との距離が近くなり、エアバッグが作動したときの衝撃がより強くなってしまいます。 そのうえ、後ろ向きで乗車するのは一般的に低月齢の赤ちゃん。 骨格も安定しておらず、ケガをする可能性も極めて高いのです。 前向きで座れるようになって初めて助手席に取りつけられると考えておくといいかもしれません。 出典:photoAC チャイルドシートの取りつけ方には、シートベルト式とISOFIX(アイソフィックス)式があるので、あらかじめ助手席への取りつけが可能かどうか確認しておくこともポイントです。 出典:photoAC ちなみに、海外の車には助手席のエアバッグを任意で停止できる装置がついているものがあり、チャイルドシートをつけるときだけ停止させておくことで、後ろ向きで使用することができるそう。 やむを得ない場合はそのような車を選ぶのも手段のひとつですが、助手席には前向きで使用することが基本と覚えておきましょう。 しかし、間違った使い方をすると命を守ってくれるはずのチャイルドシートがまったく意味のないものになってしまいます。 助手席で使うことは推奨されていませんが、やむを得ない場合はきちんと注意点を守ったうえで使うようにしましょうね。 外部サイト.

次の