ボディ コンバット 82。 ボディコンバット

SAITAMA00中止と今後のコロナウイルス対策

ボディ コンバット 82

日頃よりSuperBodyContestへ暖かいご支援を賜り、心より御礼申し上げます。 本日は皆様に重要かつ大切なお知らせがございます。 日増しに拡がる新型コロナウイルスの影響により、SAITAMA00開催会場(サンシティ越谷市民ホール)において、感染症対策により、予定されていた3月中の全公演日程が中止または延期となる連絡を受けました。 そして、このウイルスの影響はほんの1週間で世界の情勢を変えるほど急速かつ甚大となっており、収束する見通しも立っていない状況下です。 その為、当面の期間は生活環境も平常とは異なることが予想され、エントリー選手ならびにご家族等の心労増加、そして罹患された方が多い北海道・愛知・大阪のおかれた状況を熟慮し、本当に苦渋の決断となりましたが2020年のSuperBodyContestの開催スケジュールを大幅に見直すことに致しました。 また、他のスポーツ業界でも大会当日に選手が発熱したことを理由に開場直後に中止を決めた事例もあり、選手のみならずご家族やお仲間など心配してくださっている方が多くいることを思い巡らせ、万一さえもあってはならないと判断いたしました。 (こちらは本日までにコロナウイルスを理由に辞退された方も対象と致します。 なお、本会場までの航空券予約や宿泊予約を行なっている方でキャンセルができない場合は当事務局の木下までご相談ください。 チケットぴあ様の払い戻し準備が整いしだい、WEBサイト等でご案内申し上げます。 (決済手数料と配送料は払い戻しの対象となりませんので予めご了承願います。 ) 楽しみにしてくださった皆様に直接お伝えできない無礼をご容赦願いますとともに、新型コロナウイルスの影響により辛い思いをなさっておられる方々に心よりお見舞い申し上げ、1日でも早い収束を願っております。 そして、改めてTOKYO 06を2020年の開幕に位置付け、SuperBodyContest関係者一同、皆様のご期待に応えられるよう努めて参ります。

次の

コンバット 1年用

ボディ コンバット 82

最近、ケガに泣かされてばかりです… ジムに行く回数が増えたのが原因なんですけどね。 しかも、年がら年中、同じプログラムばかりしてるので。 (笑) そう。 『ボディ・コンバット』です。 格闘技の動きをエアロビクスに取り入れたプログラムです。 60分、とにかく動きまくり!!かなり激しいです。 音楽も、洋楽のかなりアップテンポな曲ばかり。 しかも、「えぃ!」とか「やぁ!」っていうかけ声まで出せるのです。 ストレスたまり気味の今の僕にピッタリでしょ?(笑) 先週の土曜日のこと。 いつものように、会社が終わった後、ちゃりんこでジムに向かっていたんです。 途中に、螺旋階段を下るところがあって… なにげなく、自転車をかついで降りていたら… ぐきぃい… なんて鈍い音は、もちろんしなかったんですけどね。 でも、分かりやすく言うならそんな感じ。 腰のスジがやられちゃいました。 「なんとかなるだろう」と思って、ジムまでは行ったのですが、 自転車から降りて立った途端、 ぐきぃい… 顔が引きつるほど痛いぃ… 呼吸困難になりそぉ… (腰を曲げる角度によって、電撃のように痛みが襲ってくるんです!) 仕方ないので、断念してそのまま帰りました。 それでも、次の日にはほぼ痛みを感じないくらい良くなってたので、 日曜日、憧れの『ボディ・コンバット』受けに行ってきました。 そこで…昨日できなかったストレスもあり、思いっきり バックキックぅ~ その瞬間、 ぐにぃ~~ 「えぃ!」のかけ声のハズが、 「ひええぃぃぃぃぃ…」 あくまでも「こんなイメージ」をあらわす効果音ですけど。 (笑) 右内股の筋肉を痛めてしまいました。 「ハムストリングス」という、なにやら美味しそうな名前の筋肉です。 日常生活ではそんなに使わないので、それほど不自由はしないんですけど。 でも、そのままジムに行ってはいけません。 「ちょっと良くなったし」と安易に考えて、火曜日もジムに行った僕。 『ボディ・コンバット』に、ハムストリングスは欠かせないようでした。 (笑) 動くたびにかすかに痛むので、右足をかばいながら運動していた僕は、 左足首に不自然な荷重がかかり… ずきずきずきずきずき… 音楽に合わせてスピーカーが振動するたびに、 どくどくどくどくどく… しつこいですが、あくまで効果音なんで。 (笑) でも、とうとう、左足首も痛めてしまいました。 まあ、これも大したことはないんですけどね。 それでも、大事を取って、今日は休むことにしました。 今度こそは誓います。

次の

ボディパンプ

ボディ コンバット 82

ボディコンバットとは 全国スポーツクラブの格闘技プログラム ボディコンバット(BODY COMBAT)は、格闘技エクササイズです。 コナミスポーツやNAS、ジョイフィット、ジェクサーなど全国フィットネスクラブで行われています。 総合運動プログラム「レスミルズ」の人気種目の一つです。 キックボクシングやムエタイ、テコンドー、 ボディコンバットは、キックボクシングが基本です。 それに、テコンドー、空手、ムエタイ、ボクシング、太極拳、カポエイラなどの技や動きを組み合わせています。 ジムのスタジオに集まり、音楽(曲)にあわせて、インストラクターを見ながら、あらかじめ決められた振り付けで動きます。 パンチとキック 痩せる運動 ボディコンバットには、あまり複雑な動き(振り付け)はなく、パンチとキック、そしてガード(防御)を繰りします。 上半身と下半身の様々な筋肉を使うので、消費カロリーが高く、「痩せる運動」として人気があります。 ストレスが溜まっている人にも向いています。 場所(店舗) コナミ、NAS、ジェクサー、ジョイフィットなど ボディコンバットは、日本最大のフィットネスクラブ「コナミスポーツ」が採用しています。 全国のスタジオで定期的にレッスンを実施しています。 このほか、大和ハウス系の「NAS」やJR東日本系の「ジェクサー」、独立系の「ジョイフィット」も、ボディコンバットのクラスを行っています。 レズ・ミルズの代表格 ボディコンバットは、ニュージーランドの「レズ・ミルズ・インターナショナル」という会社がプログラムを作っています。 レズ・ミルズは、世界トップのエクササイズ開発会社で、アジアや欧米、中東など全世界に普及しています。 レズ・ミルズにはボディコンバット以外にも、「ボディパンプ」「ボディアタック」「ボディステップ」「ボディジャム」など様々な種類のエクササイズがあります。 コンバットは、ボディパンプに次いで人気が高いです。 「グループファイト」「ファイドウ」の原型 類似の格闘技プログラムに、米国MOSSA(モッサ)が提供する「グループファイト」や、アルゼンチンのラディカルフィットネスが提供する「ファイドウ」などがあります。 また、日本独自のプログラムとして、セントラルスポーツの「ファイトアタック」もあります。 これらのプログラムは、いずれもボディコンバットをモデルにして作られたとされます。 ボディコンバットはいわば元祖といえます。 で知られる、もともとレス・ミルズの販売代理店でした。 また、「エクストリーム55(X55)」などの開発元である南米アルゼンチンのラディカルフィットネスも、レス・ミルズの従業員が作ったものです。 つまり、レス・ミルズは、様々なジム用プログラムの大元であり、老舗です。 効果 消費カロリー「740キロ」 ボディコンバットは、最高で740キロカロリーを消費することができると言われており、ダイエットに最適なプログラムの一つです。 シザーズやクロスで下半身を鍛える パンチの動きで上半身(とくに腕と肩と腹筋)、ボクシングのフットワークやランニング、足を前後に動かす「シザーズ」、足を左右にクロスさせる「クロス」といった動きで下半身も鍛えることができます。 体幹の強化 パンチのときに体幹をしっかり回旋して打つ事を「ローテーション」といいます。 基本動作をしっかり意識して行わないと、なかなか出来ないローテーションですが、プログラム序盤に正しい姿勢と動きをインストラクターが教えてくれるので、その時に覚えてしまいましょう。 全部で10曲 ボディコンバットは音楽が10曲用意されています。 それぞれの曲で動作(振り付け)が決められています。 「コンバットトラック」「パワートラック」「ムエタイトラック」「コンディショニング」の4つから構成されています。 <構成要素> 要素 内容 コンバットトラック パンチとキック パワートラック パンチのみ ムエタイトラック ワイクルー(ムエタイの試合前に選手が披露する独特な踊り)、肘、膝 コンディショニング 身体調整 45分と60分のクラス 初心者OK ボディコンバットは、45分間と60分間のレッスンが主流です。 曲が全部で10曲あるので、60分のクラスだと、すべての曲を使います。 初心者の方は、最初は疲れるかも知れません。 45分のクラスは、8曲を使用します。 初心者でも十分に楽しめます。 新曲は1月、4月、7月、10月の年4回 ボディコンバットの曲は年に3か月ごとに新しいものに入れ替わります。 1月、4月、7月、10月の年4回、新曲がスタートします。 新曲が始まる前月くらいに、一部のスポーツクラブで新曲発表会が行われます。 オークションにDVDも ヤフオクなどのオークションには、公式DVDが出回ることもあるようです。 ウェアとグルーブ コンバットのクラスでは、格闘技用のグローブを着用して参加する人がけっこういます。 格闘技では、自分の拳(こぶし)を守るためグローブをつけたりしますが、それを模倣したもので、気分を高揚させる効果があるようです。 また、レスミルズが販売している公式ウェアを着ている人も多いです。 タンクトップに半ズボン(ハーフパンツ)のスタイルが目立ちます。 」 M.

次の