みや ぞ ん 韓国 籍。 みやぞんは韓国籍で本名は金大耕!実は隠し子で父親は近所のおっちゃんなど生い立ちが複雑すぎる!

実は韓国籍だったジャニーズ芸能人まとめ!意外な在日芸能人を紹介!

みや ぞ ん 韓国 籍

朝鮮籍と韓国籍の成立の背景 [ ] 韓国併合により日本国籍を付与された旧の臣民については、日本のとは別に、と称される戸籍が編製され、朝鮮戸籍に登載された者は朝鮮人とすることになった。 日本による受諾の結果、それまでが管轄していた地域は日本政府の統治下から脱したものの、朝鮮半島はの軍政下におかれ、朝鮮人による有効な独立政府が存在したわけではなかったため、朝鮮人は引き続き日本国籍を有した状態にあった。 日本国内においては1947年に制定されたの一つである(昭和22年第207号)が施行された。 これにより、日本に在住する朝鮮戸籍登載者は、日本国籍を持ちながら国籍等の欄に出身地である「朝鮮」という記載がなされた。 その後、に(韓国とされる)政府が樹立された際、同政府は、当時日本を統治していたに対し、は大韓民国成立により韓国籍を取得したことになるとして、外国人登録上「韓国」又は「大韓民国」の国籍表示を用いるよう要請した。 そのような事情等を踏まえ、以降、本人の希望があった場合は、日本における外国人登録上の国籍を 韓国又は 大韓民国に書き換える措置が採られることになった。 当初は単に本人の希望により書換えが行われたが、便宜的すぎるとの批判を受け、には、韓国政府が発行する国籍証明書を提示した場合に書換えをする扱いがされるようになった。 の(サンフランシスコ講和条約)の発効により日本が朝鮮の独立を正式に認めたことに伴い、朝鮮戸籍登載者はいわゆるとして正式に日本国籍を喪失した。 同条約の発効日に前述の外国人登録令に代わるものとして(昭和27年法律第125号)が公布・施行され、の(日韓基本条約)の締結により日本と韓国とのが結ばれたが、外国人登録の扱いについては同様の取扱いが継続している。 推移 [ ] 平成23年末までは外国人登録証明書の「国籍等」欄に「朝鮮」または「韓国」の表記がなされている者を「韓国・朝鮮」に計上されていて、当時の外国人登録者数のうち、現行の出入国管理及び難民認定法第19条の3に規定する「中長期在留者」に該当し得る在留資格をもって在留する者及び「特別永住者」の数を表す。 平成24年末の統計からは、在留カード等の「国籍・地域」欄に「韓国」の表記がなされている者を「韓国」に、「朝鮮」の表記がなされている者を「朝鮮」に計上されていて、「中長期在留者」及び「特別永住者」の数である。 平成30年末の在留外国人は273万1093人、うち「朝鮮」は2万9559人である。 年 朝鮮 韓国 平成23年 2011 (韓国・朝鮮)542,182 平成24年 2012 40,617 489,431 平成25年 2013 38,491 481,249 平成26年 2014 35,753 465,477 平成27年 2015 33,939 457,772 平成28年 2016 32,461 453,096 平成29年 2017 30,859 450,633 平成30年 2018 29,559 449,634 登録替えの扱いの差異 [ ] 朝鮮籍から韓国籍への登録替えの扱いについては、 朝鮮籍はあくまでも便宜上のものに過ぎず、本人の出身地を表す以外のものではないとされているのに対し、 韓国籍は、韓国政府が発行する国籍証明書の提示に基づくものであり、の国籍を示すとされている。 そのため、国籍証明書が発行されていれば登録替えは容易である。 これに対し、韓国籍から朝鮮籍への登録替えの扱いについては、国籍の記載を単なる便宜上の籍に戻すものであり、登録替えではなくいわゆる登録事項の訂正であるとの見解が示されている。 そのため訂正が認められるのは、国籍証明書の提示等がないため韓国籍の取得が明らかではなかったにもかかわらず事務取扱上のミス等の理由により韓国籍への書換えが行われた場合であるとされている。 現在では、法務省民事局通達第1810号に記載されている条件、すなわち、書換申請者がのを行なっていないこと、の正式旅券の発給を受けていないこと、申請者本人及び父の日本における在留資格が「」ではない、という3条件が全て満たされていれば、韓国籍から朝鮮籍への書換は可能である。 しかし、現在、日本に在住している韓国籍のにおいて、通達に示されている3条件を全て満たしている該当者は少ない為、朝鮮籍への書換は事実上困難となっている。 両登録籍の扱いの差異と実情 [ ] 朝鮮籍として外国人登録されている場合でも、韓国籍として登録されている場合でも、日本国内においては、実質的な国籍の問題やの問題とは無関係であり、法令上の取扱いを異にしない。 そもそも、国籍を取得するか否かは各国ので定められ他国はそれに干渉することはできず、上の国籍は各国の国籍法で決定された国籍を反映させるに過ぎない。 しかし、在日韓国・朝鮮人が韓国へ入国する場合などにおいて、韓国政府の入国管理の取扱い上、韓国籍ではなく朝鮮籍であった場合に制限がある、などの事情があり、韓国籍を選択する理由は様々である。 一方で従来の外国人登録制度では、現在も日本が国家承認していない(北朝鮮)の国籍による外国人登録は認められなかった(に制度そのものが廃止された。 詳しくは参照)。 在留カードにおいて、国籍・地域表記欄に「台湾」と記載される者が中華民国籍を有する のとは異なり、 朝鮮籍であることと朝鮮民主主義人民共和国の国籍の有無には関わりがない。 また、日本は北朝鮮と国交がなく、日本と台湾(中華民国)のような関係でもないため、朝鮮民主主義人民共和国の国籍を有することを理由に 北朝鮮などと記載することはできない。 このように、法制上は、「朝鮮」の表記は「朝鮮半島出身者及びその子孫等で,韓国籍を始めいずれかの国籍があることが確認されていない者」であることを示している。 朝鮮籍である理由としては人によって異なり、北朝鮮を支持する、北朝鮮を支持はしないが韓国も積極的に支持しない、かつて朝鮮戸籍を編制したの後継であると自身との関係を尊重するなど、色々な理由があるとされる [ ]。 後半では、作家・の韓国籍取得(参照)をきっかけにして、 朝鮮籍を「北でも南でもない『準統一国籍』」と考える作家・と、同じく朝鮮籍を維持しつづけていたが政権発足により韓国は民主化したとみなして韓国籍を取得した李恢成とが雑誌媒体を通して論争を繰り広げた。 国際私法上の国籍の扱い [ ] 国籍を連結点とする的法律問題が在日韓国・朝鮮人に生じた場合、当事者の国籍をどのように決定するかが問題となる。 日本の国賠法では相互補償主義を採るため、現在日本では北朝鮮との間に国交が存在しないとされることから、朝鮮籍人への賠償が不可能になるとの考えもある。 そのため、裁判実務では朝鮮人には京都地裁昭和48年7月12日のように朝鮮半島に2つの国家が存在するとの事実状態から「北鮮と南鮮(韓国)を2国と見る限り、朝鮮人は二重国籍とみることができる」としたうえで、日韓の間に相互補償制度が存在すればよいとして、朝鮮籍への補償を認める態度を容認している。 また、日本のでは、に関する法律関係はの本国法(国籍を有する国の法律)によるが(36条。 つまり、例えばフランス人が死亡した際の相続人間のなどは、フランスのにより定まる)、被相続人が日本国籍を有しない在日韓国・朝鮮人の場合、被相続人が韓国籍を有していたとして韓国の相続法を適用するか、朝鮮国籍を有していたとして北朝鮮の相続法を適用するかが問題となる。 この点については細かな点でいろいろな見解に分かれるが、大きく分けると、通則法38条1項にいう「当事者が二以上の国籍を有する場合」に類似するものとして扱う考え方と、通則法38条3項にいう「当事者が地域により法を異にする国の国籍を有する場合」に類似するものとして扱う考え方に分かれる。 なお、少数説として、端的に日本が承認している政府の定める法律(韓国法)によるべきとする見解、特殊な事情から国籍を連結点として採用する基礎がないとして住所地法あるいは常居所地法(日本法)によるべきとする見解もないわけではない。 実際上の処理としては、上記の問題点に関する検討過程が裁判書に記載されていないことが多く、個々の判決や審判がどのような見解を採用したのか不明な場合が多い。 もっとも、 韓国籍として外国人登録されている場合は、そのように登録した具体的な事情を考慮せずに、韓国法を適用する場合が多く、 朝鮮籍として登録されている場合でも、どちらの国籍に属するか検討するプロセスを経ず、北朝鮮法の解釈に不明な点があるとか、法の内容が明らかであってもそれが日本の社会で受け入れがたい場合もある(例えば、北朝鮮法では不動産は相続財産を構成しないとされている。 もっとも、北朝鮮において1995年に成立した対外民事関係法では、不動産の相続については不動産所在地法がになるとされており、日本所在の不動産の相続に関しては狭義のが成立するので日本の相続法が適用されることになった)などの事情もあり、韓国法を適用する場合が多いとされている。 日本人と朝鮮籍の者との結婚 [ ] 朝鮮籍と日本人との婚姻において、自動的な国籍の変動(国籍の得喪)はない。 一方の配偶者と同じ国籍を取るためには、国籍取得の手続きを取る必要がある。 朝鮮籍の配偶者が日本国籍を取ることは先例上可能だが、日本人配偶者が朝鮮籍となることは朝鮮籍が便宜上の籍であるがために不可能である。 また、日本人と朝鮮籍の者との間の子が二重国籍の場合は、22歳までに国籍選択(日本国籍、韓国籍、朝鮮籍)をしなければならない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

実は韓国籍だったジャニーズ芸能人まとめ!意外な在日芸能人を紹介!

みや ぞ ん 韓国 籍

朝鮮籍と韓国籍の成立の背景 [ ] 韓国併合により日本国籍を付与された旧の臣民については、日本のとは別に、と称される戸籍が編製され、朝鮮戸籍に登載された者は朝鮮人とすることになった。 日本による受諾の結果、それまでが管轄していた地域は日本政府の統治下から脱したものの、朝鮮半島はの軍政下におかれ、朝鮮人による有効な独立政府が存在したわけではなかったため、朝鮮人は引き続き日本国籍を有した状態にあった。 日本国内においては1947年に制定されたの一つである(昭和22年第207号)が施行された。 これにより、日本に在住する朝鮮戸籍登載者は、日本国籍を持ちながら国籍等の欄に出身地である「朝鮮」という記載がなされた。 その後、に(韓国とされる)政府が樹立された際、同政府は、当時日本を統治していたに対し、は大韓民国成立により韓国籍を取得したことになるとして、外国人登録上「韓国」又は「大韓民国」の国籍表示を用いるよう要請した。 そのような事情等を踏まえ、以降、本人の希望があった場合は、日本における外国人登録上の国籍を 韓国又は 大韓民国に書き換える措置が採られることになった。 当初は単に本人の希望により書換えが行われたが、便宜的すぎるとの批判を受け、には、韓国政府が発行する国籍証明書を提示した場合に書換えをする扱いがされるようになった。 の(サンフランシスコ講和条約)の発効により日本が朝鮮の独立を正式に認めたことに伴い、朝鮮戸籍登載者はいわゆるとして正式に日本国籍を喪失した。 同条約の発効日に前述の外国人登録令に代わるものとして(昭和27年法律第125号)が公布・施行され、の(日韓基本条約)の締結により日本と韓国とのが結ばれたが、外国人登録の扱いについては同様の取扱いが継続している。 推移 [ ] 平成23年末までは外国人登録証明書の「国籍等」欄に「朝鮮」または「韓国」の表記がなされている者を「韓国・朝鮮」に計上されていて、当時の外国人登録者数のうち、現行の出入国管理及び難民認定法第19条の3に規定する「中長期在留者」に該当し得る在留資格をもって在留する者及び「特別永住者」の数を表す。 平成24年末の統計からは、在留カード等の「国籍・地域」欄に「韓国」の表記がなされている者を「韓国」に、「朝鮮」の表記がなされている者を「朝鮮」に計上されていて、「中長期在留者」及び「特別永住者」の数である。 平成30年末の在留外国人は273万1093人、うち「朝鮮」は2万9559人である。 年 朝鮮 韓国 平成23年 2011 (韓国・朝鮮)542,182 平成24年 2012 40,617 489,431 平成25年 2013 38,491 481,249 平成26年 2014 35,753 465,477 平成27年 2015 33,939 457,772 平成28年 2016 32,461 453,096 平成29年 2017 30,859 450,633 平成30年 2018 29,559 449,634 登録替えの扱いの差異 [ ] 朝鮮籍から韓国籍への登録替えの扱いについては、 朝鮮籍はあくまでも便宜上のものに過ぎず、本人の出身地を表す以外のものではないとされているのに対し、 韓国籍は、韓国政府が発行する国籍証明書の提示に基づくものであり、の国籍を示すとされている。 そのため、国籍証明書が発行されていれば登録替えは容易である。 これに対し、韓国籍から朝鮮籍への登録替えの扱いについては、国籍の記載を単なる便宜上の籍に戻すものであり、登録替えではなくいわゆる登録事項の訂正であるとの見解が示されている。 そのため訂正が認められるのは、国籍証明書の提示等がないため韓国籍の取得が明らかではなかったにもかかわらず事務取扱上のミス等の理由により韓国籍への書換えが行われた場合であるとされている。 現在では、法務省民事局通達第1810号に記載されている条件、すなわち、書換申請者がのを行なっていないこと、の正式旅券の発給を受けていないこと、申請者本人及び父の日本における在留資格が「」ではない、という3条件が全て満たされていれば、韓国籍から朝鮮籍への書換は可能である。 しかし、現在、日本に在住している韓国籍のにおいて、通達に示されている3条件を全て満たしている該当者は少ない為、朝鮮籍への書換は事実上困難となっている。 両登録籍の扱いの差異と実情 [ ] 朝鮮籍として外国人登録されている場合でも、韓国籍として登録されている場合でも、日本国内においては、実質的な国籍の問題やの問題とは無関係であり、法令上の取扱いを異にしない。 そもそも、国籍を取得するか否かは各国ので定められ他国はそれに干渉することはできず、上の国籍は各国の国籍法で決定された国籍を反映させるに過ぎない。 しかし、在日韓国・朝鮮人が韓国へ入国する場合などにおいて、韓国政府の入国管理の取扱い上、韓国籍ではなく朝鮮籍であった場合に制限がある、などの事情があり、韓国籍を選択する理由は様々である。 一方で従来の外国人登録制度では、現在も日本が国家承認していない(北朝鮮)の国籍による外国人登録は認められなかった(に制度そのものが廃止された。 詳しくは参照)。 在留カードにおいて、国籍・地域表記欄に「台湾」と記載される者が中華民国籍を有する のとは異なり、 朝鮮籍であることと朝鮮民主主義人民共和国の国籍の有無には関わりがない。 また、日本は北朝鮮と国交がなく、日本と台湾(中華民国)のような関係でもないため、朝鮮民主主義人民共和国の国籍を有することを理由に 北朝鮮などと記載することはできない。 このように、法制上は、「朝鮮」の表記は「朝鮮半島出身者及びその子孫等で,韓国籍を始めいずれかの国籍があることが確認されていない者」であることを示している。 朝鮮籍である理由としては人によって異なり、北朝鮮を支持する、北朝鮮を支持はしないが韓国も積極的に支持しない、かつて朝鮮戸籍を編制したの後継であると自身との関係を尊重するなど、色々な理由があるとされる [ ]。 後半では、作家・の韓国籍取得(参照)をきっかけにして、 朝鮮籍を「北でも南でもない『準統一国籍』」と考える作家・と、同じく朝鮮籍を維持しつづけていたが政権発足により韓国は民主化したとみなして韓国籍を取得した李恢成とが雑誌媒体を通して論争を繰り広げた。 国際私法上の国籍の扱い [ ] 国籍を連結点とする的法律問題が在日韓国・朝鮮人に生じた場合、当事者の国籍をどのように決定するかが問題となる。 日本の国賠法では相互補償主義を採るため、現在日本では北朝鮮との間に国交が存在しないとされることから、朝鮮籍人への賠償が不可能になるとの考えもある。 そのため、裁判実務では朝鮮人には京都地裁昭和48年7月12日のように朝鮮半島に2つの国家が存在するとの事実状態から「北鮮と南鮮(韓国)を2国と見る限り、朝鮮人は二重国籍とみることができる」としたうえで、日韓の間に相互補償制度が存在すればよいとして、朝鮮籍への補償を認める態度を容認している。 また、日本のでは、に関する法律関係はの本国法(国籍を有する国の法律)によるが(36条。 つまり、例えばフランス人が死亡した際の相続人間のなどは、フランスのにより定まる)、被相続人が日本国籍を有しない在日韓国・朝鮮人の場合、被相続人が韓国籍を有していたとして韓国の相続法を適用するか、朝鮮国籍を有していたとして北朝鮮の相続法を適用するかが問題となる。 この点については細かな点でいろいろな見解に分かれるが、大きく分けると、通則法38条1項にいう「当事者が二以上の国籍を有する場合」に類似するものとして扱う考え方と、通則法38条3項にいう「当事者が地域により法を異にする国の国籍を有する場合」に類似するものとして扱う考え方に分かれる。 なお、少数説として、端的に日本が承認している政府の定める法律(韓国法)によるべきとする見解、特殊な事情から国籍を連結点として採用する基礎がないとして住所地法あるいは常居所地法(日本法)によるべきとする見解もないわけではない。 実際上の処理としては、上記の問題点に関する検討過程が裁判書に記載されていないことが多く、個々の判決や審判がどのような見解を採用したのか不明な場合が多い。 もっとも、 韓国籍として外国人登録されている場合は、そのように登録した具体的な事情を考慮せずに、韓国法を適用する場合が多く、 朝鮮籍として登録されている場合でも、どちらの国籍に属するか検討するプロセスを経ず、北朝鮮法の解釈に不明な点があるとか、法の内容が明らかであってもそれが日本の社会で受け入れがたい場合もある(例えば、北朝鮮法では不動産は相続財産を構成しないとされている。 もっとも、北朝鮮において1995年に成立した対外民事関係法では、不動産の相続については不動産所在地法がになるとされており、日本所在の不動産の相続に関しては狭義のが成立するので日本の相続法が適用されることになった)などの事情もあり、韓国法を適用する場合が多いとされている。 日本人と朝鮮籍の者との結婚 [ ] 朝鮮籍と日本人との婚姻において、自動的な国籍の変動(国籍の得喪)はない。 一方の配偶者と同じ国籍を取るためには、国籍取得の手続きを取る必要がある。 朝鮮籍の配偶者が日本国籍を取ることは先例上可能だが、日本人配偶者が朝鮮籍となることは朝鮮籍が便宜上の籍であるがために不可能である。 また、日本人と朝鮮籍の者との間の子が二重国籍の場合は、22歳までに国籍選択(日本国籍、韓国籍、朝鮮籍)をしなければならない。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

韓国籍の方の相続

みや ぞ ん 韓国 籍

たとえば アメリカで赤ちゃんが生まれたら? その子は、自動的にアメリカ国籍になりますよね。 なぜ、在日の人は、日本で生まれているのに韓国籍になるのか? その答えは、ズバリ、韓国と日本の国籍法が「血縁主義」によるからです。 簡単に言えば、父親の国籍をどんどん継承していく法律なのです。 ですから、どこの国に生まれようが、父親の国籍が韓国人であれば、 韓国政府からみれば、その子供は韓国人なのです。 よって、韓国領事館に「うまれたよ~」という出生の届け出を14日以内に 提出しなければなりません。 地元の区役所だけに提出して忘れる方が多いのですが、あとあと相続の際に面倒なことになります。 日本の場合も、国籍法の内容はほぼ同様でしたが、95年に少し変わりました。 「父親の国籍が日本人ならば、その子供は日本国籍」という父系主義から、 「父母のどちらかが、日本人ならば、その子供は日本国籍」 という父母両系主義に変わっております。 法律は、社会情勢によって変わるのです。 逆に、アメリカのような移民国家は、「出生地主義」という かたちで法整備を行っており、アメリカ国民として国籍を与えているのです。 一旦、ここで整理しましょう! それでは、在日の韓国籍同士が結婚した場合、その子供は韓国籍となります。 もし、在日の韓国籍男性と日本人女性が結婚した場合、その子供は? 韓国政府からみれば、韓国籍であり、日本政府からみれば、日本国籍という 二重国籍となります。 一旦、親がどちらかの国籍を選択することができますが、子供が22歳になった 時に本人の意志で再度、選択することができます。 もし、日本人男性と在日の韓国籍女性が結婚した場合、その子供は? 日本国籍です。 それでは、それでは、アタマの体操です! もし、在日の韓国籍男性と日本人女性が結婚して、新婚旅行先のアメリカで 子供がおぎゃーと生まれた場合は? 韓国・日本・米国政府が、共に、自国民とみなし、3重国籍となるわけです。 このケースとは逆に 父系主義をとっている国で、籍を入れないシングルマザー の子供はケースによって、無国籍になる場合もあるのです。 国籍法が国によって違うので、このようにケースによって違いがあるのです。 それでは、歴史的な法律の流れをカンタンに説明しましょう! 昔、ヨーロッパがアフリカ諸国などを植民地にして、強制労働をさせるために 自国へ連れてきたのです。 ところが、そんな奴隷のような時代も終わり、人権がさけばれるなか、 その強制的に連れてこられた人々が結婚をして子供が生まれるのです。 ヨーロッパの国々の国籍法はもともと、「血縁主義」の「父系主義」 だったのです。 が、しかし その子供の法律的な処遇をどうすべきか? つまり、出生国の言葉や文化しかわからず、アフリカの母国に生活基盤もないのです。 外国人として永住権を与えるのか?国籍を与えて自国民として保障するのか? 論議の結果 国籍を与えること、つまり、この時に「血縁主義」から「出生地主義」が採用されたのです。 移民国家のアメリカもこの法律を採用して、「出生地主義」になっているのです。 オマケのおまけの汽車ぽっぽ! それでは、日本人同士の夫婦の場合で、飛行機のなかで子供が生まれた場合は? 飛行機の登録国がアメリカの場合は、アメリカ国籍が取得可能です。 <二重国籍> アメリカの空港内の入国審査前でも同様です。 日本の空港内では、日本国籍です。 このようにケースによって、さまざまに分かれるのです。 10万円代~.

次の