ヒゲダン 歌。 Official髭男dism(ヒゲダン)のおすすめ曲10選!ピアノポップが心地のいいピースフルバンド

Official髭男dismの歌詞一覧リスト

ヒゲダン 歌

そんな彼らは、攻撃的でハイテンションな『始まりの朝』からアッパーに走り出す3rdアルバム『レポート』をこの春リリース。 真骨頂のグルーヴィーチューンやメロディアスなバラード、さらにはラップや異色なエッセンスが入った曲まで多面性を増している。 この新作を引っ提げて、現在は『Official髭男dism one-man tour 2017』を開催中。 「そもそもデビュー作を出したとき、僕はまだ地元でサラリーマンをしていたんです。 CDの発売日も仕事をしていたので、iTunesで何位だとか、タワレコメンに選ばれたとか言われても、自分の街にはタワレコもないし、仕事中にはネットの情報もチェックできないし、東京で何が起きているのか分からない状態だったんです。 そういうところから2年でワンマンツアーを回れるようになって、信じられない気持ちでいっぱいですね。 でも、夢を追いかけて上京してきて、ワンマンライブをやれば集まってくれる人がいる状態を経験していくうちに、もっと自分たちの曲を多くの人に届けたいと思うようになったし、もっと大きな景色を見たくなってきて。 CDデビュー前の自分が全く想定してなかった道が現れてきた。 そこから自分の夢がガラッと変わった感じはしますね」 「高校時代はヘヴィメタルにハマってたので、ディープ・パープル、ボン・ジョヴィ、ドリーム・シアターとかをコピーしてましたね。 全然できなかったですけど 笑。 あと、これはどこでもお話しする機会がなかったんですけどコピーバンドは2つやっていて、1つはAORのバンドでキーボードを、もう1つはホワイトスネイクのコピーバンドでドラムをやってたんです。 めちゃめちゃしごかれてたんですけど、すごく面白かったですね 笑。 その甲斐あってか、あの山下達郎さんが米子にいらっしゃったときに、バックでベースを弾いているレジェンドの伊藤広規さんと一緒にセッションさせてもらう機会があって! 普通の19~20歳では体験できないことを、ちょっとはできたかなと」 「もちろん! 社会人をやっていた頃は、すごくいろんな人とお仕事する機会もあったので。 70~80代の方もいれば、同じくらいの歳の方もいる。 音楽に詳しい方にしか分からないのは悔しいし、自分が本当にいい音楽をやっている自信があるから、そこに届けたいなら国民的なグループになるしかないと思ったし。 だから、そこまでたどり着くのが僕の人生の大きな目標ですし、リスナーの人生に寄り添える音楽を、ずっと作っていきたい。 歳を取ってきたら見えてくることも違うから、出てくる言葉とかも変わってくると思うんで、自分の感じたものを、しっかりみんなで共有できるメッセージに変えていきたいなと思ってます」 「世のウエディングソングにはたくさん名曲があるし、僕も好きな曲がいっぱいありますけど、その中で自分なりの祝福の仕方をしたいなって考えたんです。 喧嘩しない夫婦なんていないじゃないですか。 だから喧嘩というものをいい意味で捉えた上で、ちゃんと自分たちの幸せの道を歩いて行ってほしいなと思って。 それがきっかけでできた曲なので。 これは本当に今のヒゲダンらしいJ-POPを作ることができたと思ってますね」 「めちゃくちゃ活きてますね。 この作品より以前の作品ももちろんそうですし、2年間やっていた営業マンの頃体感したことは、国民的なバンドになっていく上で不可欠だったんじゃないかなと僕は思ってるんです。 特に70代以上の方と話をする機会がたくさんあったのはすごく大きなことだと思っていて。 職種としては金融関係というかライフプランとかに絡んでくるような仕事だったんですけど、その人たちが見せる表情とか、涙とか、いろんな人の人生の大きな瞬間に触れてきたこと、その仕事をしたことによって見てこれた景色は、自分の中ではすごく尊いものになってますね。 本当にいろんなこと考えさせられたし。 僕は見てきたビジョンを元に曲を作ることが多くて、出会った人の表情とか、その人に起こった出来事とか、自分が隣にいて体感したこと、1つ1つ自分がカメラマンの如く覚えてるんです。 でも、自分の体験をそのまま曲にすればいいかと言うと、必ずしもそうではない。 リスナーが自分の感情を重ねる余地を残すのは大事だなと思っていて。 『1Q84』という小説が本当に素晴らしくて、すごく好きなんですよね。 そこから、自分がこの物語の主人公だったら何を感じるだろう、何を見るだろうっていうコンセプトで書いたんです。 『Trailer』は僕らなりのはみ出し方をしている曲ですね。 そもそもこの曲はボーナストラック的な意味合いもあって、Trailer=映画のフィルムの余白、次回予告という意味があるので、後書きっぽい感じにして締めくくろうとは思ってました。 今までに開いたことのない扉を開けましたね。 『55』 M-4 とかもそうなんですけど、歌詞の意味を大事にしつつ言葉のハマり具合に重点を置いていくスタイルを取りました。 『Trailer』は今までで一番静かで音数も少ない曲だし、『Rolling』 M-5 は今までで一番テンポが速くてハイテンション。 そういう意味では、今ヒゲダンがやってみたいこと、やれることを全部詰め込んだアルバムになってますね」 「自分たちの持ち味というか、今後の可能性、今やりたいこと/やれることが全部詰まったアルバムのツアーなので、ライブも同じ姿勢で、面白そうだよなと思ったらとりあえずやってみる、っていうのは大切にして取り組もうと思ってます。 あとは、会場も今までのツアーよりも大きくなってるから、その会場とその人たちの想いとか熱気に負けない熱量で、熱いライブをしっかりやるのが大事じゃないのかなと思います。 大阪でやれば、僕たちの地元の山陰から観に来てくれる人もいるだろうし、普通に自転車圏内から観に来る人もいるだろうし。 島根大学と松江高専の卒業生で結成されており、平均年齢は23歳。 同作品は4月度タワレコメン、ニッポン放送4月度優秀新人に選出され、新人では異例のiTunes J-POPチャートにてTOP10位ランクイン。 』をリリース後、初単独ツアーを開催し、各地でチケットはソールドアウト。 6月9日より『Official髭男dism one-men tour 2017』を開催。 ブラックミュージックをルーツにJ-POP新時代の旗手を目指す新しい才能である。 Official髭男dism オフィシャルサイト Comment!! 高校時代にお父さんぐらいの年代のおじさんたちと一緒に、ハードロックやAOR系のテクニカルなコピーバンドをやっていたというのもいいですね。 そこで鍛えられた演奏技術や肥沃な音楽性とJ-POP的な親和性が融合されたヒゲダンの楽曲世界。 個人的に、『レポート』の中ではラストチューン『Trailer』が一番好き! 深夜のラジオ番組のエンディングで聴きたいな…。 底力のある次世代バンドとしてしっかり根を張りながら、将来の国民的ポップバンドになってほしいです、ぜひ」.

次の

【Official髭男dism】ドラマ主題歌の楽曲一覧!アニメ・映画の主題歌も全て紹介

ヒゲダン 歌

2019. 05 厳選曲にビンテージ、Pretenderを追加 ある時iTunesを適当に流していたら「 ドラマで不倫現場を見てしまった妻の顔をアップした時」のようなピアノ伴奏が聞こえてきたんだ。 そのまま聞いていると物凄く心地が良いじゃないか。 なんだこの曲は、誰が歌っているんだ。 気になった僕は パッと パッと パッと見てみたんだ。 どうやら Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)というバンドらしい。 曲がとにかく良い。 その時聞いてた曲は【 ノーダウト】。 改めて調べると某ドラマの主題歌になっていた。 そこからはズッポリハマった。 久しぶりにハマった。 正直ほとんどの人がハマると思う。 とにかくキャッチーで耳障りが良くてついつい口ずさんじゃうんだ。 凄いんだ、聞いたことない人は本当に勿体無いんだ。 前置きはここまでにして、本記事では僕が心を鷲掴みされた曲を厳選していくよ。 最高のスルメ曲なんだ(聞けば聞くほど味が出るってやつ) 目次• Official髭男dism(ヒゲダン)って何者? Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)はヒゲが似合う4人組のバンドかと思いきや、みんなヒゲを生やしてないんだ。 バンド名の由来は以下の通り。 このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が込められている。 引用 : 確かにヒゲダンの曲を聞くとワクワクするんだ。 このワクワクがずっと続くような曲を作ってくれたらもう最高ですわ。 もうね、ゲスの極みの絵音さんとか米津さんも天才って思ったけどヒゲダンも天才なんよね。 つまり4人組の天才集団ですわ! 語るとまた長くなってしまうでな、チャチャっと僕のおすすめのヒゲダンメドレーを書いていくよ。

次の

【紅白】ヒゲダン、万感の紅白で「Pretender」歌唱「しっかり感謝を」

ヒゲダン 歌

どうもこんにちは、ひいらぎ です。 2018年に大きなフェスやイベントに露出する機会が増え、一気に認知度が上がったOfficial髭男dism(ヒゲダン)。 Pretenderという多くの人を魅了したラブソングで一気に有名になりましたよね。 今回はそんな ラブソングを根本的から覆す存在とも言えるOfficial髭男dism(ヒゲダン)のオススメ曲・人気曲をご紹介したいと思います。 もし、Official髭男dism(ヒゲダン)をまだ知らない方がいましたら、下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ一度ご覧になってからこの記事をお読みください! Official髭男dism ヒゲダン のおすすめ曲・人気曲 第1位:Pretender はい。 個人的なオススメ曲としても、人気曲としても堂々の一位の ラブソングだと思います。 この曲はとても聴きやすく聴く人の心に残る素晴らしいメロディーなのですが、 この曲のすごいところはメロディーよりも歌詞にあるんです。 普通、ラブソングというのはすべての人の心に響くように作るために、どうしても「好きだ」「愛している」などの万人ウケする薄っぺらい歌詞が歌われがちなのですが、このPretender曲はこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞をしています。 「Pretender」注目の歌詞 グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 Pretender -Official髭男dism ヒゲダン 一番サビの後半部分の歌詞。 先ほどPretenderはこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞だ。 と紹介しましたが、この「君は綺麗だ」という歌詞が ラブソングを根底から覆す歌詞なんです。 いままでのラブソングだったら、ここの歌詞は「君が大好きだったんだ」など万人受けする薄っぺらな歌詞が使われていたでしょう。 しかし、 Pretenderでは「君は綺麗だ」と表現しているわけです。 こんだけ熱く語っていて結局何がすごいんだよって感じですが、簡単に何がすごいかというと、 失恋してまだ諦められない複雑な気持ちを万人受けしない「綺麗」という2文字だけで聴く人すべてに想像させることができている点なんです。 「好きだ」「愛している」なんて言葉を使わなくてもこの切ない複雑な気持ちを表現できる。 しかも歌詞を変えた理由が、「 大きなイベントやいろんなライブに出させてもらって得た経験から色々感じたから」だそうで、Official髭男dism ヒゲダン ファンとしては、絶対に聴き逃せない一曲となっています。 「Stand By You」注目の歌詞 Stand By You いつも Stand By You 涙のターミナル 並んで立っている Stand By You いつも Stand By You 未来がハイになる 君と歌になる Stand By You -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビの前半部分です。 ここの部分にちょくちょく入る合いの手がいい味を出しているんですよね。 また、ちょっとネタバレになってしまいますが、このStand By Youという曲は藤原さんがOfficial髭男dism ヒゲダン のメンバーに対して歌っているかのように解釈できるんですよね。 歌詞の意味を考察してから改めて見るとさらに泣ける部分です。 ラブソングに定評があるOfficial髭男dism ヒゲダン としては少し独特な曲ですが、 Official髭男dism ヒゲダン の意外な一面も知れるいい曲です。 「宿命」注目の歌詞 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光り輝くから 切らないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして暴れ出すだけなんだ 宿命 -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビ部分の歌詞です。 ここの「奇跡じゃなくていい 美しくなくていい」という歌詞に「試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、(中略)言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 」という想いを藤原さんが込めたそうです。 甲子園といえば奇跡に近い熱いドラマが注目されがちですが、すでに甲子園に出ていることが「 奇跡」なのかもしれませんね。 この曲は、フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌のために書き下ろされた一曲です。 一般的にドラマや映画、アニメのために書き下ろされた曲って、なんだか内容が薄い曲に仕上がりがちですよね。 ですが、この「ノーダウト」という曲はそんな 常識を見事に裏切ってくれています。 ドラマの主題歌だから・・・と聴くのをためらわずにぜひ一度お聴きください! 「ノーダウト」注目の歌詞 早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて 誰に何度 裏切られても 目を 覚まして 笑って One more time ノーダウト -Official髭男dism ヒゲダン この曲は、魔法のように簡単に広まってく噂話をされてしまった主人公が嘘をついてしまうというようなストーリーになっているんですが、(詳しくは解釈記事をみてください)ここで初めて主人公の心のうちが伺えるんですよね。 騙したいわけではないのに自己防衛のために騙してしまう。 そんな悲痛の叫びを歌っているのでしょう。 曲の音を聞いた瞬間から「 あぁ、好き」となれるいい曲ですので、聞いたことがない方は是非聴いてみてください! 「115万キロのフィルム」注目の歌詞 きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも山ほど見せるだろう 115万キロのフィルム -Official髭男dism ヒゲダン 2番冒頭の歌詞です。 この曲の曲名の由来は、 20歳~100歳までの80年間。 人生をビデオカメラで回し続けたらフィルムの長さが約115万キロになるということからきているのですが、その人の人生に関わる人のことを「キャスト」と表現しているのがすごいいいんですよね。 ウキウキした未来がくるかのような気分にさせてくれるいい曲だと思います。 ポップな曲調で描かれるラブソングに注目してみてください! 「SWEET TWEET」注目の歌詞 愛する君の声がどんな歌より素敵なんだ 聴けば心が踊りだす なんてステキな恋なんだ! 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 曲のラストの部分の歌詞です。 「愛する君の声がどんな歌より素敵」という歌詞がすごい グッとくる歌詞ですよね。 1位のPretenderでも書きましたが、「愛する君の声がどんな歌より好き」と歌詞にすればいいものを、「愛する君の声がどんな歌より 素敵」という歌詞にしているところが、 安っぽくなくてOfficial髭男dism ヒゲダン らしいですよね。 メロディーだけでなく、歌詞にも力を入れる。 そんな曲との向き合い方をしているからこそ、ここまで人気になったのかもしれません。

次の