葬儀 愛媛。 【愛媛県】の葬儀・葬式の口コミ(全32件)

愛媛県の斎場/火葬場一覧|葬儀・家族葬をするなら【終活ねっとのお葬式】

葬儀 愛媛

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 適正価格のセットプランをご用意 葬儀をお考えの方は、終活ねっとのお葬式をご利用ください。 一般葬や家族葬、直葬など、豊富なセットプランをご用意させていただいております。 愛媛県の平均費用と火葬場 愛媛県での葬儀にかかる平均費用は約114万円となっておりますが、終活ねっとのお葬式ではこれよりも費用を抑えて執り行うことが可能です。 例えば、終活ねっとのお葬式なら、一般葬セットプランは565,000円〜(税抜)、火葬式セットプランは170,000円〜(税抜)で行うことができます。 お気軽にご相談ください 葬儀の流れや費用など、葬儀・お葬式に関してなにか疑問や不安、わからないことのある方は、いつでもご相談ください。 24時間365日対応しております。 愛媛県には100件近くの斎場があります。 そのなかでも、公営の斎場は40件以上確認することができます。 火葬場施設が併設している斎場は50件近くあります。 公営斎場と民営斎場とで使用料が異なります。 公営斎場は地方自治体が運営しているため費用を抑えることが可能で使用料も5万円〜10万円ほどです。 民営斎場は、公営斎場と比べて使用料が約40万円と高額ですが、斎場数が多くプランも豊富です。 愛媛県の火葬場の数は約40件と、集落単位での火葬場が残っていることもあり、比較的多い件数です。 統廃合が進められています。 愛媛県を含む四国地方は、公共交通機関があまり発達していません。 自動車での移動が必須です。 斎場・火葬場を探す際は、駐車場の有無なども確認しておくと良いでしょう。 愛媛県の葬儀の進行は、通夜、翌日に葬儀・告別式、出棺、火葬の順で進みます。 基本的に「後火葬」の地域ですが、葬儀の前に火葬を行い、遺骨にて葬儀を行う「前火葬」の地域も一部存在します。 通夜の焼香客に軽食や酒を振る舞う「通夜振る舞い」は、関東圏では一般の参列者にも行いますが、愛媛県では近親者のみに出されることが多いようです。 枕飯とよばれる風習 愛媛県では、納棺の際の旅支度の一つとして、枕飯で作ったおにぎりを頭陀袋(ずたぶくろ)に入れます。 枕飯とは、故人が生前使用していた茶碗に山盛りのご飯を盛り、箸を一本立てたものです。 これは、故人が死後に寺や霊場へ行く際のお弁当として必要なものであり、枕飯がないと出発できずに成仏できないという信仰から由来するものだと言われています。 棺を回してから出棺 棺回しとは、親近者が出棺の際に棺を三度回す儀式のことです。 愛媛県の場合、三回棺を回した後、親近者が葬列をなして棺の周りを回ります。 家族葬が増えつつある 愛媛県では、組という近隣住民が葬儀の際に喪家を助ける風習があります。 地域によっては根強くこの風習が残っていますが、近年では亡くなる方の高齢化を背景に家族葬を希望する方が増加してきており、組の風習が薄れつつあります。 全ての葬儀形式を合わせた費用の全国平均額は約135万円です。 この135万円の葬儀費用の内訳は、『葬儀一式にかかる費用』『飲食接待費用』『宗教者にかかる費用』の3つが主となっています。 愛媛県における葬儀費用の金額相場は約114万円と報告されており、全国相場よりもお安くなっております。 もちろんこの金額はあくまでも目安であり、葬儀の費用はその内容や規模などによって変動します。 例えば、夕方から通夜を行い翌日に告別式を行う、いわゆる「一般的な葬儀」である一般葬を愛媛県で執り行った場合、その費用相場は約139万円になります。 一般葬では、会葬者に故人の親族だけでなく友人や職場・近所の人々を含み、特に現役で働いていた方が亡くなった場合は、会葬者の多い葬式になる傾向があります。 よって人数分の飲食接待費や、通夜と告別式にわたって必要になる式場の使用料が多くかかります。 また伝統的な葬儀の形式であるため、地域ごとの特徴や風習の影響を受けやすく、金額の差も出やすいと言われています。 愛媛県と同じ四国地方の一般葬の費用相場については、香川県が約162万円・高知県が約157万円・徳島県が約125万円とばらつきがあります。 少しでも費用を抑えたい方は、家族葬がおすすめです。 家族葬とは、家族や親族など故人と特に親しい者だけで行う小規模な葬儀のことを指します。 小規模であり会葬者が少ない分、飲食接待費を削減できるほか、香典返しも必要なくなります。 そのため、費用相場は一般葬に比べると3~4割程度安くなる場合が多く、愛媛県でも相場が95万円ほどになっています。 懸念点としては、会葬者が少ないことから香典を期待できない・後日に焼香に訪れる人が増える、などの点もあり、かえってご遺族の負担が大きくなる可能性があります。 ただし葬儀の多様化に伴い、近年人気が高まっている葬儀形式でもあります。 ぜひ家族葬で葬儀を執り行うことも選択肢のひとつに加えていただければと思います。 上記の料金以外にも、葬儀社によっては追加料金を請求される場合があります。 あなたが望む葬儀とするためにも、事前にプランの内容、追加オプションなどについて葬儀社によく確認することが大切です。 「終活ねっとのお葬式」は、安心してご利用いただけるパック料金となっております。 状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランをご用意しておりますので、ぜひご利用ください。 ご逝去のタイミングは、いつ来るかわからないものです。 家族葬の際のご逝去後の対応について、頭に入れておくと安心でしょう。 遺体の搬送・安置 葬儀社に連絡し、遺体を搬送していただきます。 安置場所は、自宅が望ましいですが、都合の悪い場合は葬儀社に相談しましょう。 病院に葬儀社を紹介されることもありますが、断っても問題はありません。 葬儀社と葬儀に関して打ち合わせ 葬儀社と、葬儀の日程など具体的な打ち合わせに入ります。 理想の葬儀や規模感、予算などを詳細に伝えましょう。 訃報通知・葬儀案内を送る 事前に決めていた参列者に、訃報通知と葬儀の案内を送ります。 電話で報告し、葬儀の詳細はFAXや文書等で送るのが一般的です。 この際、家族葬であることや、香典・供花などの辞退も伝えるようにします。 家族葬の葬儀の流れ 葬祭費給付金制度とは、故人が国民健康保険もしくはその扶養家族、後期高齢者医療制度に加入していた場合に、故人が住んでいた市区町村から給付金を受け取ることができる制度です。 また、給付金を受給できるのはその故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人(喪主)になります。 つまり受給対象者は、自営業者や個人事業主、パートやアルバイトで勤務先の健康保険に加入していなかった故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人になります。 故人が会社に勤めていて健康保険や協会けんぽに加入していた場合は対象外になります。 しかし、この場合は後述の別の給付金「埋葬料」を申請することができます。 葬祭費給付金制度の注意点は、葬儀を執り行った人全員が給付金を受給できるわけではなく、申請をし、申請を通った人だけが受給することができる点です。 そのため、受給を希望する人は必要書類を揃えて自分で申請手続きをする必要があります。 愛媛県の葬祭費給付金 葬儀費用を抑える4つの方法 1. 葬祭費給付金を利用する 国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している場合は、自治体に申請することによって約1〜7万円(自治体によって異なる)の葬祭費給付金を受給できます。 費用を抑えられる葬儀形式を選ぶ 最近は費用が抑えられる葬儀形式も見受けられるようになってきました。 そのような葬儀形式を選択すると費用を大きく抑えることができます。 詳しくは後述の(葬儀の種類とその費用・特徴)をご覧ください。 公営の斎場や火葬場を選ぶ 予約が取りづらい場合もありますが、民間の斎場・火葬場に比べて大きく費用を抑えることができます。 終活ねっとのお葬式で費用を抑える 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 葬儀費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説 医師による臨終の診断 医師より死亡診断書を受け取り、臨終に立ち会った人で末期の水を取ります。 そして湯灌(ゆかん)でご遺体を清め、死化粧をします。 病院へのご遺体の安置 病院で亡くなられた場合は霊安室にてご遺体を安置します。 この間にご遺体の搬送先の決定、搬送の手配をします。 近親者への連絡 親族や親しい親戚、知人などには葬儀の日程が決まる前に死亡の連絡をします。 連絡方法は電話やメールを使います。 ご遺体の搬送・退院 ご遺体を病院から搬送先に搬送し、北枕で安置して枕飾りを施します。 喪主を決める 喪主は個人と縁が深い方が務めることになります。 一般的には法律上の相続人が喪主となることが多いようです。 葬儀社・お寺の手配 親族で葬儀の方針を決定し、葬儀社を手配します。 菩提寺など縁のある寺院がある場合はそこにも連絡します。 菩提寺がない場合は葬儀社に相談して手配してもらいます。 「死亡届」「火葬申請書の許可」 役所に死亡届・死亡診断書を提出します。 その際、火葬許可申請書も同時に提出し、火葬の際に必要な火葬許可証を発行してもらいます。 忌引休暇の取得 葬儀の日程が決まったら、勤務先の忌引規定に従って忌引休暇を取得します。 遺品整理 手帳やパソコンにあるデータなど後日必要になる可能性のあるものは保管し、個人の愛用品などを形見分けします。 遺品の処理や整理は専門の業者に以来するのも良いでしょう。 供物や供花、香典を頂いた場合は返礼品が必要になります。 その後お一周忌、三回忌など年忌法要を執り行います。 頂いた香典の3分の1から半分ほどの金額の品物をお返しするのが目安です。 有価証券や借地権、著作権など相続できる財産は多岐にわたりますが、借金や住宅ローンなども相続する必要があります。 また、個人宛ての香典や死亡退職金などは相続の対象となりません。 各葬儀の特徴・相場 直葬・火葬式 直葬は、近親者のみで通夜や告別式は省略して火葬のみを行うシンプルな葬儀形式です。 お坊さんを呼ばずに式を執り行います。 火葬式の場合は、お坊さんを呼びお経を挙げてもらう事が出来ます。 費用相場 一般的な費用相場:20-40万程度 終活ねっとの直葬:127,000円 税抜 終活ねっとの火葬式:170,000円 税抜 メリット ・時間や費用を抑えられる。 ・心身的な負担を軽減できる。 デメリット ・菩提寺に納骨を断られることがある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 一日葬 通夜を行わず、告別式と火葬を執り行う葬儀形式です。 費用を抑えつつ、最後のお別れをしっかりと行えます。 費用相場 一般的な費用相場:60万程度 終活ねっとの一日葬:305,000円 税抜 メリット ・時間や費用を抑えられる。 ・心身的な負担を軽減できる。 ・葬送の儀式を行うことが出来る。 デメリット ・開始時間が午前中などの早い時間になってしまう場合がある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 家族葬 ご家族やご親族のみで執り行う葬儀形式です。 費用相場 一般的な費用相場:60-150万程度 終活ねっとの家族葬:455,000円 税抜 メリット ・一般葬に比べて香典返しや御礼品の費用が抑えられる。 ・故人の最期にゆっくりと寄り添える。 ・自由な形式で葬儀を執り行える。 デメリット ・葬儀後に弔問の対応に追われる可能性がある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 一般葬 一般的に知られている、通夜・告別式から火葬まで、葬儀の儀式を一通り執り行う葬儀形式です。 費用相場 一般的な費用相場:200万程度 終活ねっとの一般葬:565,000円 税抜 メリット ・葬儀後の弔問の対応を最小限に抑えることができる。 ・菩提寺からの理解を得やすい。 ・たくさんの人に会葬してもらうことが出来る。 デメリット ・他の葬儀形式に比べて費用がかかってしまう。 ・心身的な負担が他の葬儀形式に比べて大きい。 逝去から通夜までの流れ ご逝去 医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。 臨終に立ち会った人で末期の水をとり、湯灌でご遺体を清めます。 病院で亡くなられた場合は病院の霊安室で安置し、葬儀社が決まってから自宅や斎場の安置所に搬送します。 また、「死届」や「火葬許可証」の手続きや訃報の連絡やその他手配などを行います。 通夜の流れ 喪主・親族集合・準備 式の開始の2時間前には会場に入り、通夜の受付などの準備を行います。 ご遺族は参列者に対して挨拶を行います。 この際、喪主は開式と閉式の挨拶をし、お酌に回ります。 葬儀・告別式の流れ 喪主・親族集合・準備 式の開始の1時間前には会場に入り、受付の準備などを行います。 出棺の前にも喪主が一言挨拶をします。 火葬は約1〜2時間かかります。 喪主から順に2人1組になって「橋渡し」を行います。 初七日法要はご臨終の七日後に行われる法要ですが、近年では繰り上げて火葬後に行われるのが一般的です。 喪服 男性 正喪服 モーニングコートにレギュラーカラーで白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 準喪服 シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 略喪服 黒のビジネススーツ、もしくは濃紺やダークグレーのスーツに白いシャツを着用します。 ネクタイは寒色系の地味なもので構いません。 女性 洋装の正喪服 正式礼装に用いられる黒無地のワンピースかアンサンブルスーツに黒のブラウスを着用します。 スカート丈はひざ下で、黒のストッキングを履きます。 和装の正喪服 シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 略喪服 黒や濃紺、ダークグレーなどの地味でシンプルなワンピースに地味な色合いのブラウスを着用します。 パンツスーツでも構いません。 子供 子供は幼稚園や小学校の制服を着用します。 制服がない時は黒や紺などの地味な色合いの服装にします。 香典返しに適した品物 品物の金額の目安 頂いた香典の金額の3分の1から半分が目安とされています。 後に残らないものが多い 「不幸を後に残さない」という意味合いで、食べ物や飲み物など後に残らない「消え物」が良いとされています。 香典返しに適さない品物 肉や魚など「四つ足生臭もの」と言われる品物は香典返しではマナー違反とされています。 また、お酒も祝い事を意味するため基本的には香典返しには適しません。 主な香典返しの例 日用品 タオルや洗剤などの日用品も良く選ばれます。 タオルには「悲しみを拭い、不幸を残さない」という意味があると言われています。 商品券やクオカード 近年では、香典返しとして百貨店の商品券やクオカードが贈られるケースも増えています。 ただし、年配の方や目上の人に対してはマナー違反になってしまうこともあるので注意が必要です。 カタログギフト カタログギフトは受け取った側が自由に商品を選べるため、近年香典返しとしても人気が高まっています。 香典返しをする時期 忌明け 香典返しの時期として一般的なのが49日を過ぎた忌明け後になります。 当日返し 葬儀当日に香典を頂いた方にお返しする当日返しも近年増えてきています。 高額な香典を頂いた場合は後日追加でお返しをします。 香典返しの送り方 手渡し 直接会って手渡しするのが基本となります。 当日返しの場合は手渡しとなります。 郵送 忌明けに送る場合など、なかなか直接会って渡すのは難しいです。 そのため、近年では郵送するのが一般的です。 のし紙について 香典返しに用いるのし紙は弔事用の熨斗飾りのついていないのし紙で、掛け紙と言います。 表書きには「志」「満中陰志」「粗供養」などが使われます。 2回目以降の 月々支払い額 現金価格 支払い総額 直葬 4,500円 139,700円 162,278円 火葬式 6,000円 187,000円 217,222円 一日葬 10,800円 335,500円 389,722円 家族葬 16,100円 500,500円 581,389円 家族葬豪華 24,300円 753,500円 875,279円 一般葬 20,000円 621,500円 721,945円 一般葬豪華 28,500円 885,500円 1,028,612円 分割払いは、オリコWebクレジットの1回・6回・12回・18回・24回・36回からお選びいただけます。 6回以上の分割払いの場合、実質年利6. 設定されたプランだけでお葬式はできるのでしょうか? お葬式に必要とされる基本的な道具やサービスは、各プランに含まれております。 ただし、プランで設定された安置日数を超える場合やご希望される斎場、オプションの追加などによっては、別途費用が発生する場合がございます。 火葬料金は別途お客様負担となります。 プランのなかに、お坊さんの読経や戒名の料金は含まれますか? 含まれておりません。 付き合いのあるお寺がある方は、直接お寺にご連絡ください。 もし、付き合いのあるお寺がない場合には、定額で終活ねっとにてご手配いただけます。 早朝深夜、土日祝日でも対応してもらえるのでしょうか? 24時間365日いつでも、お葬式のプロが対応いたします。 お気軽にお電話ください。 病院から紹介してもらった葬儀社を利用すべきでしょうか? お断りしても問題ありません。 急いで葬儀社を決めて高額な葬儀費用を請求されるケースもございますので、葬儀社は慎重にお選びいただくことをおすすめします。 参列者の人数に上限はありますか? 各プランごとに目安の参列者数を想定しており、式場の大きさもプランによって変わってきます。 そのため、目安の参列者数を大幅に超えた場合、参列者の方々にご不便をおかけするだけでなく、スタッフの人件費が追加になる場合もあります。 参列者の人数が不明確な場合などは、コールセンターにご相談ください。 最適なプランをご案内いたします。 運営会社 会社名 株式会社 終活ねっと 住所 〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 24F 設立日 2016年9月2日 資本金 1000万円 代表取締役 島津 勇一.

次の

愛媛県の斎場/火葬場一覧|葬儀・家族葬をするなら【終活ねっとのお葬式】

葬儀 愛媛

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 適正価格のセットプランをご用意 葬儀をお考えの方は、終活ねっとのお葬式をご利用ください。 一般葬や家族葬、直葬など、豊富なセットプランをご用意させていただいております。 愛媛県の平均費用と火葬場 愛媛県での葬儀にかかる平均費用は約114万円となっておりますが、終活ねっとのお葬式ではこれよりも費用を抑えて執り行うことが可能です。 例えば、終活ねっとのお葬式なら、一般葬セットプランは565,000円〜(税抜)、火葬式セットプランは170,000円〜(税抜)で行うことができます。 お気軽にご相談ください 葬儀の流れや費用など、葬儀・お葬式に関してなにか疑問や不安、わからないことのある方は、いつでもご相談ください。 24時間365日対応しております。 愛媛県には100件近くの斎場があります。 そのなかでも、公営の斎場は40件以上確認することができます。 火葬場施設が併設している斎場は50件近くあります。 公営斎場と民営斎場とで使用料が異なります。 公営斎場は地方自治体が運営しているため費用を抑えることが可能で使用料も5万円〜10万円ほどです。 民営斎場は、公営斎場と比べて使用料が約40万円と高額ですが、斎場数が多くプランも豊富です。 愛媛県の火葬場の数は約40件と、集落単位での火葬場が残っていることもあり、比較的多い件数です。 統廃合が進められています。 愛媛県を含む四国地方は、公共交通機関があまり発達していません。 自動車での移動が必須です。 斎場・火葬場を探す際は、駐車場の有無なども確認しておくと良いでしょう。 愛媛県の葬儀の進行は、通夜、翌日に葬儀・告別式、出棺、火葬の順で進みます。 基本的に「後火葬」の地域ですが、葬儀の前に火葬を行い、遺骨にて葬儀を行う「前火葬」の地域も一部存在します。 通夜の焼香客に軽食や酒を振る舞う「通夜振る舞い」は、関東圏では一般の参列者にも行いますが、愛媛県では近親者のみに出されることが多いようです。 枕飯とよばれる風習 愛媛県では、納棺の際の旅支度の一つとして、枕飯で作ったおにぎりを頭陀袋(ずたぶくろ)に入れます。 枕飯とは、故人が生前使用していた茶碗に山盛りのご飯を盛り、箸を一本立てたものです。 これは、故人が死後に寺や霊場へ行く際のお弁当として必要なものであり、枕飯がないと出発できずに成仏できないという信仰から由来するものだと言われています。 棺を回してから出棺 棺回しとは、親近者が出棺の際に棺を三度回す儀式のことです。 愛媛県の場合、三回棺を回した後、親近者が葬列をなして棺の周りを回ります。 家族葬が増えつつある 愛媛県では、組という近隣住民が葬儀の際に喪家を助ける風習があります。 地域によっては根強くこの風習が残っていますが、近年では亡くなる方の高齢化を背景に家族葬を希望する方が増加してきており、組の風習が薄れつつあります。 全ての葬儀形式を合わせた費用の全国平均額は約135万円です。 この135万円の葬儀費用の内訳は、『葬儀一式にかかる費用』『飲食接待費用』『宗教者にかかる費用』の3つが主となっています。 愛媛県における葬儀費用の金額相場は約114万円と報告されており、全国相場よりもお安くなっております。 もちろんこの金額はあくまでも目安であり、葬儀の費用はその内容や規模などによって変動します。 例えば、夕方から通夜を行い翌日に告別式を行う、いわゆる「一般的な葬儀」である一般葬を愛媛県で執り行った場合、その費用相場は約139万円になります。 一般葬では、会葬者に故人の親族だけでなく友人や職場・近所の人々を含み、特に現役で働いていた方が亡くなった場合は、会葬者の多い葬式になる傾向があります。 よって人数分の飲食接待費や、通夜と告別式にわたって必要になる式場の使用料が多くかかります。 また伝統的な葬儀の形式であるため、地域ごとの特徴や風習の影響を受けやすく、金額の差も出やすいと言われています。 愛媛県と同じ四国地方の一般葬の費用相場については、香川県が約162万円・高知県が約157万円・徳島県が約125万円とばらつきがあります。 少しでも費用を抑えたい方は、家族葬がおすすめです。 家族葬とは、家族や親族など故人と特に親しい者だけで行う小規模な葬儀のことを指します。 小規模であり会葬者が少ない分、飲食接待費を削減できるほか、香典返しも必要なくなります。 そのため、費用相場は一般葬に比べると3~4割程度安くなる場合が多く、愛媛県でも相場が95万円ほどになっています。 懸念点としては、会葬者が少ないことから香典を期待できない・後日に焼香に訪れる人が増える、などの点もあり、かえってご遺族の負担が大きくなる可能性があります。 ただし葬儀の多様化に伴い、近年人気が高まっている葬儀形式でもあります。 ぜひ家族葬で葬儀を執り行うことも選択肢のひとつに加えていただければと思います。 上記の料金以外にも、葬儀社によっては追加料金を請求される場合があります。 あなたが望む葬儀とするためにも、事前にプランの内容、追加オプションなどについて葬儀社によく確認することが大切です。 「終活ねっとのお葬式」は、安心してご利用いただけるパック料金となっております。 状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランをご用意しておりますので、ぜひご利用ください。 ご逝去のタイミングは、いつ来るかわからないものです。 家族葬の際のご逝去後の対応について、頭に入れておくと安心でしょう。 遺体の搬送・安置 葬儀社に連絡し、遺体を搬送していただきます。 安置場所は、自宅が望ましいですが、都合の悪い場合は葬儀社に相談しましょう。 病院に葬儀社を紹介されることもありますが、断っても問題はありません。 葬儀社と葬儀に関して打ち合わせ 葬儀社と、葬儀の日程など具体的な打ち合わせに入ります。 理想の葬儀や規模感、予算などを詳細に伝えましょう。 訃報通知・葬儀案内を送る 事前に決めていた参列者に、訃報通知と葬儀の案内を送ります。 電話で報告し、葬儀の詳細はFAXや文書等で送るのが一般的です。 この際、家族葬であることや、香典・供花などの辞退も伝えるようにします。 家族葬の葬儀の流れ 葬祭費給付金制度とは、故人が国民健康保険もしくはその扶養家族、後期高齢者医療制度に加入していた場合に、故人が住んでいた市区町村から給付金を受け取ることができる制度です。 また、給付金を受給できるのはその故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人(喪主)になります。 つまり受給対象者は、自営業者や個人事業主、パートやアルバイトで勤務先の健康保険に加入していなかった故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人になります。 故人が会社に勤めていて健康保険や協会けんぽに加入していた場合は対象外になります。 しかし、この場合は後述の別の給付金「埋葬料」を申請することができます。 葬祭費給付金制度の注意点は、葬儀を執り行った人全員が給付金を受給できるわけではなく、申請をし、申請を通った人だけが受給することができる点です。 そのため、受給を希望する人は必要書類を揃えて自分で申請手続きをする必要があります。 愛媛県の葬祭費給付金 葬儀費用を抑える4つの方法 1. 葬祭費給付金を利用する 国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している場合は、自治体に申請することによって約1〜7万円(自治体によって異なる)の葬祭費給付金を受給できます。 費用を抑えられる葬儀形式を選ぶ 最近は費用が抑えられる葬儀形式も見受けられるようになってきました。 そのような葬儀形式を選択すると費用を大きく抑えることができます。 詳しくは後述の(葬儀の種類とその費用・特徴)をご覧ください。 公営の斎場や火葬場を選ぶ 予約が取りづらい場合もありますが、民間の斎場・火葬場に比べて大きく費用を抑えることができます。 終活ねっとのお葬式で費用を抑える 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 葬儀費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説 医師による臨終の診断 医師より死亡診断書を受け取り、臨終に立ち会った人で末期の水を取ります。 そして湯灌(ゆかん)でご遺体を清め、死化粧をします。 病院へのご遺体の安置 病院で亡くなられた場合は霊安室にてご遺体を安置します。 この間にご遺体の搬送先の決定、搬送の手配をします。 近親者への連絡 親族や親しい親戚、知人などには葬儀の日程が決まる前に死亡の連絡をします。 連絡方法は電話やメールを使います。 ご遺体の搬送・退院 ご遺体を病院から搬送先に搬送し、北枕で安置して枕飾りを施します。 喪主を決める 喪主は個人と縁が深い方が務めることになります。 一般的には法律上の相続人が喪主となることが多いようです。 葬儀社・お寺の手配 親族で葬儀の方針を決定し、葬儀社を手配します。 菩提寺など縁のある寺院がある場合はそこにも連絡します。 菩提寺がない場合は葬儀社に相談して手配してもらいます。 「死亡届」「火葬申請書の許可」 役所に死亡届・死亡診断書を提出します。 その際、火葬許可申請書も同時に提出し、火葬の際に必要な火葬許可証を発行してもらいます。 忌引休暇の取得 葬儀の日程が決まったら、勤務先の忌引規定に従って忌引休暇を取得します。 遺品整理 手帳やパソコンにあるデータなど後日必要になる可能性のあるものは保管し、個人の愛用品などを形見分けします。 遺品の処理や整理は専門の業者に以来するのも良いでしょう。 供物や供花、香典を頂いた場合は返礼品が必要になります。 その後お一周忌、三回忌など年忌法要を執り行います。 頂いた香典の3分の1から半分ほどの金額の品物をお返しするのが目安です。 有価証券や借地権、著作権など相続できる財産は多岐にわたりますが、借金や住宅ローンなども相続する必要があります。 また、個人宛ての香典や死亡退職金などは相続の対象となりません。 各葬儀の特徴・相場 直葬・火葬式 直葬は、近親者のみで通夜や告別式は省略して火葬のみを行うシンプルな葬儀形式です。 お坊さんを呼ばずに式を執り行います。 火葬式の場合は、お坊さんを呼びお経を挙げてもらう事が出来ます。 費用相場 一般的な費用相場:20-40万程度 終活ねっとの直葬:127,000円 税抜 終活ねっとの火葬式:170,000円 税抜 メリット ・時間や費用を抑えられる。 ・心身的な負担を軽減できる。 デメリット ・菩提寺に納骨を断られることがある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 一日葬 通夜を行わず、告別式と火葬を執り行う葬儀形式です。 費用を抑えつつ、最後のお別れをしっかりと行えます。 費用相場 一般的な費用相場:60万程度 終活ねっとの一日葬:305,000円 税抜 メリット ・時間や費用を抑えられる。 ・心身的な負担を軽減できる。 ・葬送の儀式を行うことが出来る。 デメリット ・開始時間が午前中などの早い時間になってしまう場合がある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 家族葬 ご家族やご親族のみで執り行う葬儀形式です。 費用相場 一般的な費用相場:60-150万程度 終活ねっとの家族葬:455,000円 税抜 メリット ・一般葬に比べて香典返しや御礼品の費用が抑えられる。 ・故人の最期にゆっくりと寄り添える。 ・自由な形式で葬儀を執り行える。 デメリット ・葬儀後に弔問の対応に追われる可能性がある。 ・周りの理解を得られない可能性がある。 一般葬 一般的に知られている、通夜・告別式から火葬まで、葬儀の儀式を一通り執り行う葬儀形式です。 費用相場 一般的な費用相場:200万程度 終活ねっとの一般葬:565,000円 税抜 メリット ・葬儀後の弔問の対応を最小限に抑えることができる。 ・菩提寺からの理解を得やすい。 ・たくさんの人に会葬してもらうことが出来る。 デメリット ・他の葬儀形式に比べて費用がかかってしまう。 ・心身的な負担が他の葬儀形式に比べて大きい。 逝去から通夜までの流れ ご逝去 医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。 臨終に立ち会った人で末期の水をとり、湯灌でご遺体を清めます。 病院で亡くなられた場合は病院の霊安室で安置し、葬儀社が決まってから自宅や斎場の安置所に搬送します。 また、「死届」や「火葬許可証」の手続きや訃報の連絡やその他手配などを行います。 通夜の流れ 喪主・親族集合・準備 式の開始の2時間前には会場に入り、通夜の受付などの準備を行います。 ご遺族は参列者に対して挨拶を行います。 この際、喪主は開式と閉式の挨拶をし、お酌に回ります。 葬儀・告別式の流れ 喪主・親族集合・準備 式の開始の1時間前には会場に入り、受付の準備などを行います。 出棺の前にも喪主が一言挨拶をします。 火葬は約1〜2時間かかります。 喪主から順に2人1組になって「橋渡し」を行います。 初七日法要はご臨終の七日後に行われる法要ですが、近年では繰り上げて火葬後に行われるのが一般的です。 喪服 男性 正喪服 モーニングコートにレギュラーカラーで白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 準喪服 シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 略喪服 黒のビジネススーツ、もしくは濃紺やダークグレーのスーツに白いシャツを着用します。 ネクタイは寒色系の地味なもので構いません。 女性 洋装の正喪服 正式礼装に用いられる黒無地のワンピースかアンサンブルスーツに黒のブラウスを着用します。 スカート丈はひざ下で、黒のストッキングを履きます。 和装の正喪服 シングルまたはダブルのブラックスーツにレギュラーカラーの白無地のシャツを着用します。 ネクタイは黒無地の結び下げです。 略喪服 黒や濃紺、ダークグレーなどの地味でシンプルなワンピースに地味な色合いのブラウスを着用します。 パンツスーツでも構いません。 子供 子供は幼稚園や小学校の制服を着用します。 制服がない時は黒や紺などの地味な色合いの服装にします。 香典返しに適した品物 品物の金額の目安 頂いた香典の金額の3分の1から半分が目安とされています。 後に残らないものが多い 「不幸を後に残さない」という意味合いで、食べ物や飲み物など後に残らない「消え物」が良いとされています。 香典返しに適さない品物 肉や魚など「四つ足生臭もの」と言われる品物は香典返しではマナー違反とされています。 また、お酒も祝い事を意味するため基本的には香典返しには適しません。 主な香典返しの例 日用品 タオルや洗剤などの日用品も良く選ばれます。 タオルには「悲しみを拭い、不幸を残さない」という意味があると言われています。 商品券やクオカード 近年では、香典返しとして百貨店の商品券やクオカードが贈られるケースも増えています。 ただし、年配の方や目上の人に対してはマナー違反になってしまうこともあるので注意が必要です。 カタログギフト カタログギフトは受け取った側が自由に商品を選べるため、近年香典返しとしても人気が高まっています。 香典返しをする時期 忌明け 香典返しの時期として一般的なのが49日を過ぎた忌明け後になります。 当日返し 葬儀当日に香典を頂いた方にお返しする当日返しも近年増えてきています。 高額な香典を頂いた場合は後日追加でお返しをします。 香典返しの送り方 手渡し 直接会って手渡しするのが基本となります。 当日返しの場合は手渡しとなります。 郵送 忌明けに送る場合など、なかなか直接会って渡すのは難しいです。 そのため、近年では郵送するのが一般的です。 のし紙について 香典返しに用いるのし紙は弔事用の熨斗飾りのついていないのし紙で、掛け紙と言います。 表書きには「志」「満中陰志」「粗供養」などが使われます。 2回目以降の 月々支払い額 現金価格 支払い総額 直葬 4,500円 139,700円 162,278円 火葬式 6,000円 187,000円 217,222円 一日葬 10,800円 335,500円 389,722円 家族葬 16,100円 500,500円 581,389円 家族葬豪華 24,300円 753,500円 875,279円 一般葬 20,000円 621,500円 721,945円 一般葬豪華 28,500円 885,500円 1,028,612円 分割払いは、オリコWebクレジットの1回・6回・12回・18回・24回・36回からお選びいただけます。 6回以上の分割払いの場合、実質年利6. 設定されたプランだけでお葬式はできるのでしょうか? お葬式に必要とされる基本的な道具やサービスは、各プランに含まれております。 ただし、プランで設定された安置日数を超える場合やご希望される斎場、オプションの追加などによっては、別途費用が発生する場合がございます。 火葬料金は別途お客様負担となります。 プランのなかに、お坊さんの読経や戒名の料金は含まれますか? 含まれておりません。 付き合いのあるお寺がある方は、直接お寺にご連絡ください。 もし、付き合いのあるお寺がない場合には、定額で終活ねっとにてご手配いただけます。 早朝深夜、土日祝日でも対応してもらえるのでしょうか? 24時間365日いつでも、お葬式のプロが対応いたします。 お気軽にお電話ください。 病院から紹介してもらった葬儀社を利用すべきでしょうか? お断りしても問題ありません。 急いで葬儀社を決めて高額な葬儀費用を請求されるケースもございますので、葬儀社は慎重にお選びいただくことをおすすめします。 参列者の人数に上限はありますか? 各プランごとに目安の参列者数を想定しており、式場の大きさもプランによって変わってきます。 そのため、目安の参列者数を大幅に超えた場合、参列者の方々にご不便をおかけするだけでなく、スタッフの人件費が追加になる場合もあります。 参列者の人数が不明確な場合などは、コールセンターにご相談ください。 最適なプランをご案内いたします。 運営会社 会社名 株式会社 終活ねっと 住所 〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 24F 設立日 2016年9月2日 資本金 1000万円 代表取締役 島津 勇一.

次の

愛媛県葬祭事業協同組合

葬儀 愛媛

数字で見る愛媛県のお葬式 お葬式自体にかかった費用 965,800円 飲食費 330,900円 返礼品費用 376,200円 会葬者の人数 45人 参列者からのお香典の合計 616,900円 愛媛県の葬儀事情 愛媛県の葬儀の進行は、通夜、翌日に葬儀・告別式、出棺、火葬の順で進みます。 基本的に「後火葬」の地域ですが、葬儀の前に火葬を行い、遺骨にて葬儀を行う「前火葬」の地域も一部存在します。 通夜の焼香客に軽食や酒を振る舞う「通夜振る舞い」は、関東圏では一般の参列者にも行いますが、愛媛県では近親者のみに出されることが多いようです。 香典返しは、カタログギフトが多く、いただいた額の半分から三分の一程度の金額のものを、葬儀の時香典返しを行う即返しではなく、四十九日後に香典返しを行う場合がほとんどです。 故人にお弁当を持たせる? 愛媛県の一部の地域では、故人が愛用していた茶碗に盛った枕飯でおにぎりをにぎり、故人に持たせる風習があります。 旅支度(死装束)のひとつ、「頭陀袋」にお弁当としておにぎりを入れます。 出棺の際に柩を回す? 愛媛県でもほかの県と同じように、出棺の際柩を回す風習が見られます。 近親者4人で柩を担ぎ、3度回してから道の中央に止まり、その後、柩の周りを近親者が回ります。 「三度回し」「棺回し」と呼ばれるもので、柩を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻れないようにするためです。 「迷うことなく冥土へ赴き、成仏して欲しい」という思いがこめられているという説があります。 愛媛県のお葬式に参列する 夜や葬儀の際に助け合う「組」などの近隣組織のつながりは四国全域で盛んですが、愛媛県では農村部などを除き、徐々にすたれつつあるようです。 四国では通夜や葬儀の際に助け合う「組」など、地域の組織が比較的盛んですが、愛媛県では農村部などを除き、徐々にすたれつつあるようです。 葬儀・告別式の後に火葬をする「後火葬」が主流ですが、場合によっては先に火葬を済ませることもあります。 また、通夜振る舞いは、近親者だけで行うことが多いようです。 昨今は愛媛県でも家族葬を希望する人が増えており、故人との関係によって焼香すべきか迷うことも多いでしょう。 そうした場合、葬儀の準備で忙しい遺族に直接確認するのは控えるべきですが、葬儀社やお寺に尋ねてみるのも一つの方法です。 火葬場へ行くとき額に三角の布を付ける? 遺族が額に白い三角布を着けて火葬場へ向かう。 全国でも同じような風習は点在していますが、愛媛県の一部地域でも「いろ」と呼ばれる三角形の布を額に付けることがあります。 白い布を身に付けることで、白装束の故人と同じ格好になりますが、「あの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送ります。 しかし、そこから先はお一人でお旅立ちください」という意味が込められているようです。 葬儀社に聞いた葬儀しきたり お葬式経験者に聞いた葬儀しきたり 松山市 葬儀と49日の法要を同日で行うこと。 (女性 58歳) 今治市高部 今治では、火葬に行く前に遺影を持って、近所を回りました。 (女性 66歳) 不明 無くなった年の年末に、「みんま」という行事を行うこと。 (男性 56歳) 愛媛県の葬儀のしきたりQ&A 「いい葬儀」を運営する鎌倉新書は、長年の出版社としての経験をもとに、お葬式をはじめ、お墓・仏壇・相続など、私たちが人生の終盤に必要となる知識や情報を、ご本人やご家族の方々に提供しています。 また、この領域でのメディア活動を長年にわたって行ってきた経緯から、全国の葬儀社や石材店、仏壇・仏具店のほか、税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家との幅広い情報ネットワークを持つ唯一の会社だと自負しています。 お葬式・お墓・仏壇・相続は、日々の生活とは異なり、直面した方々にとっては分からないことだらけです。 過去から引き継ぐべきルールやしきたりがある一方、時代と共に変化する家族のカタチやそれに伴ったニーズがあります。 そうした中で「やるべきこと」「できること」「したほうがいいこと」「してはいけないこと」、そして「間違った買い物になっていないか」などに関して、適切な情報提供やアドバイスを行っています。 当サイト「いい葬儀」では、業界リーディングカンパニーのネットワークを駆使し、他の葬儀紹介サイトでは掲載が難しいとされる優良葬儀社・大手葬儀社を厳選してご案内しております。

次の