もみあげ ちゃ ー しゅ ー。 もみあげチャ〜シュ〜とは (モミアゲチャーシューとは) [単語記事]

選べるちゃーしゅーのご紹介

もみあげ ちゃ ー しゅ ー

中国料理の一つ。 中国ではチャーシャオといい、日本ではという。 大切りの豚肉に大形の子 チャーツ (フォーク状の肉さし)を刺して、特別づくりの炉で焼くのでこの名がある。 一般家庭ではこの方法は困難なので、次の方法でつくるとよい。 豚ロースまたは三枚肉を700グラムくらいの大切りにして、ニンニク、ショウガのおろしたものを肉のところどころに詰め込み、脂身のところはなるべく中にしてローストビーフをつくるときのような形に細い麻紐 あさひも で縛る。 酒を加えたしょうゆの中に30分浸して、金串 かなぐし を通し、天板の底に直接肉が触れないようにしてオーブンで焼く。 2~3回つけ汁をつけながら、十分肉の中に火を通し焼き上げる。 他の作り方は、薬味を詰めた肉を5センチメートル角の棒状に切り、酒入りしょうゆに30分浸し、汁を切って、一切れずつ鉄鍋 なべ に少量の油をひいて、肉全体に焦げ目をつける。 煮込み鍋に全部の肉とつけじょうゆを入れ、ひたひたに水を加えて30分間くらい、汁がなくなるまで蓋 ふた をして煮る。 終わりに少量の砂糖を入れて蓋をとり、つやをつける。 この際、食紅をすこし入れてもよい。 本来食紅は、ハエの付着を防ぐために使ったので、現今は紅を用いなくてもよい。 チャーシューは薄く切って前菜 チエンツァイ としてもっとも多く用いられるが、湯麺 タンミエン 、チャーハンなど他の料理にも利用される。 日本ではできあがったチャーシューを、肉店で売っている。 [野村万千代] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

もみあげチャ〜シュ〜とは (モミアゲチャーシューとは) [単語記事]

もみあげ ちゃ ー しゅ ー

中国料理の一つ。 中国ではチャーシャオといい、日本ではという。 大切りの豚肉に大形の子 チャーツ (フォーク状の肉さし)を刺して、特別づくりの炉で焼くのでこの名がある。 一般家庭ではこの方法は困難なので、次の方法でつくるとよい。 豚ロースまたは三枚肉を700グラムくらいの大切りにして、ニンニク、ショウガのおろしたものを肉のところどころに詰め込み、脂身のところはなるべく中にしてローストビーフをつくるときのような形に細い麻紐 あさひも で縛る。 酒を加えたしょうゆの中に30分浸して、金串 かなぐし を通し、天板の底に直接肉が触れないようにしてオーブンで焼く。 2~3回つけ汁をつけながら、十分肉の中に火を通し焼き上げる。 他の作り方は、薬味を詰めた肉を5センチメートル角の棒状に切り、酒入りしょうゆに30分浸し、汁を切って、一切れずつ鉄鍋 なべ に少量の油をひいて、肉全体に焦げ目をつける。 煮込み鍋に全部の肉とつけじょうゆを入れ、ひたひたに水を加えて30分間くらい、汁がなくなるまで蓋 ふた をして煮る。 終わりに少量の砂糖を入れて蓋をとり、つやをつける。 この際、食紅をすこし入れてもよい。 本来食紅は、ハエの付着を防ぐために使ったので、現今は紅を用いなくてもよい。 チャーシューは薄く切って前菜 チエンツァイ としてもっとも多く用いられるが、湯麺 タンミエン 、チャーハンなど他の料理にも利用される。 日本ではできあがったチャーシューを、肉店で売っている。 [野村万千代] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

大井町ちゃーしゅー酒場

もみあげ ちゃ ー しゅ ー

中国料理の一つ。 中国ではチャーシャオといい、日本ではという。 大切りの豚肉に大形の子 チャーツ (フォーク状の肉さし)を刺して、特別づくりの炉で焼くのでこの名がある。 一般家庭ではこの方法は困難なので、次の方法でつくるとよい。 豚ロースまたは三枚肉を700グラムくらいの大切りにして、ニンニク、ショウガのおろしたものを肉のところどころに詰め込み、脂身のところはなるべく中にしてローストビーフをつくるときのような形に細い麻紐 あさひも で縛る。 酒を加えたしょうゆの中に30分浸して、金串 かなぐし を通し、天板の底に直接肉が触れないようにしてオーブンで焼く。 2~3回つけ汁をつけながら、十分肉の中に火を通し焼き上げる。 他の作り方は、薬味を詰めた肉を5センチメートル角の棒状に切り、酒入りしょうゆに30分浸し、汁を切って、一切れずつ鉄鍋 なべ に少量の油をひいて、肉全体に焦げ目をつける。 煮込み鍋に全部の肉とつけじょうゆを入れ、ひたひたに水を加えて30分間くらい、汁がなくなるまで蓋 ふた をして煮る。 終わりに少量の砂糖を入れて蓋をとり、つやをつける。 この際、食紅をすこし入れてもよい。 本来食紅は、ハエの付着を防ぐために使ったので、現今は紅を用いなくてもよい。 チャーシューは薄く切って前菜 チエンツァイ としてもっとも多く用いられるが、湯麺 タンミエン 、チャーハンなど他の料理にも利用される。 日本ではできあがったチャーシューを、肉店で売っている。 [野村万千代] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の