約束のネバーランド 密猟者とは。 約束のネバーランド考察:Gではじまる を考察

約束のネバーランド考察:Gではじまる を考察

約束のネバーランド 密猟者とは

「約束のネバーランド」は週間少年ジャンプで連載した、原作:白井カイウ先生、作画:出水ぽすか先生による珠玉のダークファンタジー作品です。 水車の下に隠された秘密の部屋でミネルヴァの真意と人間の世界への渡り方を知ったエマ達は密漁者を倒し、この猟場から脱出することを決意します。 ルーカスの教えのもと、少しずつ準備を進めていた子供たちはついに密猟者の鬼と勝負にでます。 今までただ失うだけだった子供たちが、猟場の鬼を狩りはじめました 漫画「約束のネバーランド」9巻には第71話から第79話が収録されています。 31日間の無料トライアルで、 600円分のポイントGET! マンガ好きも納得 無料漫画が3000作品以上! 会員登録なしで 無料漫画が読み放題! 目次• 第71話 真意 エマの持つペンが、ミネルヴァの真意を知るために閉ざされた部屋のカギだと気づいた二人は風車の下にある秘密の部屋へと向かいます。 エマのペンを使い開いた先には複数のモニターや機械が埋め尽くす制御室のような場所でした。 エマはさらにその奥に扉を見つけ、先へ進みます。 するとそこには金色の水の上に小さな小屋が浮かぶ正にゴールディ・ポンド(金の池)がありました。 エマ達はもともとのこの場所が猟場ではなかったのではないかと考えます エマ達は触れることが出来ない不思議な水に入り、小屋の中へと進みます。 小屋の中にはエレベーターと電話が置かれていました。 このエレベーターが人間の世界にわたるためのものではないかと考えたエマは、ペンでエレベーターを起動させます。 ところが、起動したもののすぐにエレベーターは機能を停止してしまいました。 その時、黒電話に誰かから電話がかかってきます。 第72話 CALL 電話に出たエマの耳に届いたのはウィリアム・ミネルヴァと名乗る男の声でした。 エレベーターは確かに人の世界にわたるための物でしたが、既に使えないとミネルヴァは話します。 エマは電話の声に違和感を覚え話かけますが、一方的な会話にそれが録音であることに気が付きます。 ミネルヴァは裏切りによって道をふさがれ、おそらく既に子供達のために作った集落も安全ではないのだろうと話します。 ミネルヴァはかつて鬼と約束を結んだ一族の末裔で、自分の役割を務めながら食用児のことを気にかけていました。 食用児が自分で未来を選択できるよう手助けをしてくれていたのです。 この電話を聞いているということは既に自分が死んでいるだろうとミネルヴァは話し、エマ達に残りの人間の世界にわたるためのエレベーターは4つの農園にあると教えます。 そしてただ逃げるだけではなく、約束そのものを壊すのであれば「七つの壁」を探すようムジカと同じ言葉を口にします。 そして最後にここまでたどりついた子供たちに、ねぎらいの言葉をかけるのでした。 ミネルヴァが最後に残してくれた「マーヴィンの寝床」に眠る手がかりをエマ達は探し始めます。 第73話 決起 「マーヴィンの寝床」という小説に登場するヒントを使い、無事にチップを手に入れたエマ。 それは支援者との連絡の取り方や、GPの設計図などが入ったメモリチップでした。 「七つの壁」と「ラムダ7214計画」という情報も手に入れ、ルーカスとエマは世界の本当の真実を子供達へと伝えることを決意します。 鬼のいない世界があることを伝え「猟場を壊す」ことへ決起する子供達。 エマはその中で一人でいるアダムに気が付きます。 アダムは他の子供と違いあまり言葉も分からず、何処から来たのかも不明、ずっと同じ「22194」という数字を繰り返しているだけだとヴァイオレットは教えてくれました。 第74話 特別な子 エマはアダムがもしかすると西の果てに建設中の新農園から来たのではないかと推測します。 22194その数字はノーマンの首にある識別番号の数字でした。 場所は変わり、ノーマンはハウスではない別の施設で生き延びていました。 ノーマンが出荷されることになったあの日、彼は鬼に食べられることなく「ピーター・ラートリー」と名乗る男に連れられ研究を手伝うという新しい形で出荷されていました。 特別な頭脳をもつ子供として新農園でノーマンは生き延びていたのです。 ノーマンは気が付いていませんでしたが、その農園では人を改造したようなおかしな人間が育てられていました。 ノーマンは脱出不可能なその施設から必ず抜け出し、再びエマ達と会うことを決意します。 第75話 不屈の葦 エマ達は密猟者に対抗するために準備を進めていました。 鬼を殺すための技術も、殺意も隠していた子供たちですが、子供たちはエマにレウウィス大公と呼ばれる鬼だけは気を付けろと忠告します。 以前猟場に来たばかりのルーカス達は、鬼に対応し全員生き延びていたにも関わらずレウウィスに見つかった瞬間壊滅させられたというのです。 レウウィスは実力だけでなく、相手の殺意を駆り立てるために大切なものを奪うという性格の持ち主でした。 準備は進み、エマは生き残った少年テオと話をします。 兄と姉を奪われ、ふさぎ切ってしまったテオですが、ヴァイオレットとエマに励まされこの猟場を終わらせるために立ち上がることを誓います。 そして計画についてリーダーが説明をしようとした瞬間、猟場に狩りの始まりをつげる音楽が響きました。 普段であれば3日は猶予があるはずなのに、早すぎる狩りの再開に子供たちは慌てます。 完全ではない状態で計画はスタートしてしまいました。 第76話 開戦 密猟者たちは食卓で猟場にGFからの脱走者がいる事、そしてそのランクが特上であることを知り、待ちきれずに再び狩場へと向かいます。 特上は上級貴族でも食べることのできない特別なもので、狩りをせずにはいられなかったのです。 エマ達は秘密の水車の小屋に小さな子供など動くことができない子供たちを隠し、精鋭メンバー10人で鬼を分断し倒す計画に映ります。 レウウィス・パイヨン・ノウス&ノウマ・ルーチェ、エマの担当はレウウィスでした。 エマはレウウィスを一時的に引き付け、その間に他3組の鬼を他のメンバーが倒し最終的に全員でレウウィスを倒すという算段です。 それぞれ鬼を分断することに成功し、計画を開始するための爆弾の合図が森に響きます。 第77話 無知な雑魚共 最初に分断に成功した鬼はルーチェという鬼でした。 ルーチェに対峙するジリアンという少女は、かつてこの猟場で大切な姉替わりの人を、ナイジェルという少年はおなじく幼い兄妹をルーチェに殺されていました。 無力に追われるふりをしていた二人は木の上から銃を連射します。 二人の狙いがルーチェ自身と錯覚させながら、先に部下を全滅させ二人はルーチェを追い詰めました。 第78話 まず一匹 ナイジェルとジリアンは無様に逃げるルーチェを追い詰め、命乞いを聞くことなくその頭を打ち抜きます。 二人はルーチェが4組の鬼の中で最弱だということを知っていたので、すぐ次の鬼の元へと向かいます。 次の鬼はノウス&ノウマという男女のペアの鬼で、ソーニャという少女とサンディという少年が引き付けることに成功していました。 ルーチェよりも知恵のきくノウスとノウマは追いかけている子供達が今まで猫をかぶっていたことに気が付きます。 ノウマとノウスは与えた武器で自分たちの仮面を壊すことはできないと思い込んでいますが、ルーカスの知恵の元子供たちは武器を改造し鬼の仮面を砕ける特殊な武器を作りだしていました。 第79話 この一矢に定むべし ルーカス達が作り上げた特殊な武器は数がすくなく、特殊弾が5発・専用銃が3つと数は非常に少ないものでした。 だからこそ、失敗は許されません。 罠を張り、トラップを作動させノウスとノウマの動きを読んだ二人は至近距離まで近づいた瞬間閃光で目くらましをしまずノウマの面を砕きます。 ところが、その瞬間ソーニャはノウマにつかまってしまいました。 絶体絶命の状況ですが、ノウマがソーニャに夢中になったことで遠方に控えていたヴァイオレットとポーラがノウマを狙撃し殺すことに成功します。 漫画「約束のネバーランド」9巻感想 本当のGPでミネルヴァの真意と人間の世界への渡り方を知ったエマ達。 この時点でまだ「七つの壁」のことなどは明かされていませんが、同じ言葉を以前鬼のムジカが口にしていたのでとても気になるキーワードになっています。 そしてついに密猟者に対し決起する子供達。 明るくエマを助けてくれる先輩達ですが、皆それぞれ大切な人を失った過去が描かれておりとても胸がしめつけられます。 だからこそ、鬼を倒すことができた瞬間は思わず手に汗をにぎる展開です。 とはいえ、まだ倒せた鬼はまだ二匹。 この後無事にエマ達が密猟者の鬼を倒しきることができるのか、目が離せません!.

次の

約束のネバーランド考察:Gではじまる を考察

約束のネバーランド 密猟者とは

約束のネバーランド95話「帰ろうぜ」ネタバレと伏線考察 ーオリバーの回想ー 数え切れない恩がある。 思い起こすのは、右も左もわからないオリバーを助けてくれたあの日。 「僕とここから逃げないか?」 ある日、ルーカスはザックとポーラ、そしてオリバーの前でそう提案します。 今よりもだいぶ幼いオリバーは、歯を食いしばりながら、いやだとルーカスに縋りました。 「俺は密猟者(あいつら)を許せない。 この場所が許せない。 逃げてもこの場所があるなんて・・・」 同胞達が無惨に狩り殺されていくこの場所が許せない。 オリバーはこの猟場を終わらせたいと強く願いました。 他の二人も同じ意見で、黙って頷いています。 「わかった。 終わらせよう。 もうこんな想いを誰もしないように」 強い思いを汲んだルーカスは、彼らを抱きしめ、そう受け止めてくれました。 恩人で、師匠で、そしてーーーーー ー現在に戻るー ケガをしたオリバーは、自分たちを置いて行けとルーカス達に言いました。 足手まといになるからと。 「「置いて・・・行け?」何を言ってる?・・・オリバー」 その言葉にルーカスは目を見開いて信じられないと言わんばかりに聞き返します。 オリバーは穏やかに微笑みに、その言葉は本気なのだと伝わってきました。 「言葉の通りだ。 俺達・・・エマ以外の重傷者7人を、ここに置いて行ってくれ・・・」 そうすれば全てが解決する。 オリバーはそう続けます。 エマをオジサンとレイが最短距離で連れて帰り、ルーカスが残りの子達を連れて3週間かかるが安全なルートで戻れば問題ないと。 負傷者がいなければルーカスに加えナイジェルとヴァイオレットがいれば何とかなるだろうと。 「バカな・・・!! 」 「もう・・・十分だよルーカス」 憤るルーカスに、オリバーは冷静に返します。 「助けてくれた・・・知識を、技術を・・・生きる目的を。 そして、家族をくれた」 「俺達の願い(ワガママ)をきいて一緒に戦ってくれた・・・」 「俺達がどれだけ救われたか」 「父親がいたなら・・・こんな感じだったのかなぁ。 」 少し照れくさそうに、視線を逸らしながらも告白するオリバーに、ルーカスはハッとさせられます。 「ルーカスは俺達にとって、大切な恩人で、師匠(せんせい)で、兄さんで・・・父さんだ」 「そうよ・・・だから・・・みんなで決めていたの」 「ええ・・・最初から」 重傷者のジリアンも、ソーニャも、同じ思いだと続きます。 オリバー達9人は決めていました。 全員生き残るのが大前提だが、もしそれが難しくなったなら、 『ルーカスと他の皆だけは必ず生かして外に出す』と。 『それが、この戦いを始め貫いてきた俺達のせめてもの責任だ』と。 結束は固く、迷いはなかった。 「覚悟はできている。 足手まといになりたくない」 「ルーカスが・・・皆が、エマが・・・生き残るために俺達をここへ置いて行ってくれ」 『ちがう・・・ちがうよみんな・・・。 親ならば、我が子に復讐などさせるものか』 オリバーの言葉に、唖然としていたルーカスは、自分の罪悪感、不甲斐なさに歯がみします。 「いやだ」とオリバーが言ったあの時。 ルーカスは怖じ気づいただけだったと。 いざGPを出てもどうなるか? 身の安全の保証もない鬼の世界で怯えて暮らすのか。 GPの真実を知らなかったルーカスから見たら、頼みの綱のミネルヴァは敵だとも思えた。 『あいつだってもう死んでいるかもーー』 自分が逃がしたオジサンのことも、悪い可能性しか考えられなかった。 だから。 『僕はあの時、君達の気持ちを恐怖から逃れる口実に使ったにすぎないんだ・・・!!』 「だめだ・・・置いて行けない・・・君達を置いていくなんてーーー」 「誰も置いていかねぇ」 苦しみながらそう答えるルーカスにかぶせるように、強い口調で断言するのはレイです。 「エマは助ける。 全員でも帰る」 「ああ、そうじゃなきゃ他でもねぇエマ(こいつ)が納得しねぇ」 オジサンも続きます。 「俺があんた達と帰る」 「え」 「ナイジェルとヴァイオレットと3人で、絶対にあんた達全員無事にシェルターへ連れて帰る」 驚くヴァイオレットに、決定事項のように続けるレイ。 「オッサン。 あんたにエマを任せていいか?」 「任せろレイ。 お前の親友は俺が必ず連れ帰り助ける」 それじゃエマは・・・と心配するナイジェルだったが、レイはオジサンを信頼してエマを託すと決めました。 オジサンもその信頼に応えるように、レイの名を呼びます。 「いや・・・待ってくれ。 それでも危険だ。 それに俺達は動けないんだぞ。 3週間ももつかどうかだって・・・」 エマの応急処置も進む中、まだオリバーは自分たちを置いていく案を推しますが・・・ 「でもまだ生きてるだろ!?」 「!」 その後ろ向きな意見を一喝したのはテオでした。 「生きている限り諦めちゃダメだ!! 俺もできることは何でもするから・・・!」 「そうだよ! 俺達だってあんたらを担いで歩くくらいはできるんだ!」 テオに続いて、子供達が次々と説得にかかります。 「ごめん、オリバー。 俺も誰かを犠牲に生き残る道はもう嫌だ!」 「ああ、アダムもいるし何とかできるさ」 ナイジェルとヴァイオレットも腹を決めたように後押しします。 「ここじゃなくてもまだ死ねる。 ここまでやったんだ、全員で帰ろうぜ」 「決まりだ」 レイやオジサンの言葉に、オリバーも、ジリアンも、ソーニャ達負傷者のみんなも、異論はなかった。 みんな納得して少しすまなさそうに、複雑な思いを滲ませながら微笑みます。 「さぁ急いで手当てと準備を済ませるぞ!」 時間が迫る中方針が決まった一行は、オジサンを中心に行動をはじめます。 「ナイジェル、エマのペンだ。 頼めるか?」 「!」 その中で、ルーカスはナイジェルを呼び止めます。 全員無事に逃げ切るために」 「わかった!」 ルーカスに手渡されたミネルヴァさんのペンを受け取ったナイジェルは素早く「最後の手段」を実行しに行きます。 それは。 GPのペンを使わなかったら入れなかった隠された設備部分にあります。 モニターの前に行き、ケースで保護されたボタンをおすと・・・ 「緊急破壊装置作動」 モニターにはCAUTION(危険)の文字に、時間が30分と表示されています。 以前、ルーカスとエマが見つけた文字通りの最終手段でした。 「それじゃ、全員準備はいいか?」 用意を調えた一行は、手分けして荷物や担架に乗せた怪我人を運びながら進みます。 日も傾き、辺りは黄昏色に染まる頃。 緊急破壊装置作動まで、10分を切った辺りで、バイヨン郷の手下達が異変に気がつきますが、もう後の祭りでした。 意表を突かれた手下達が駆けつけるのも想定内で、レイが的確に目の核を撃ち抜き撃退していきます。 残り7分・・・5分・・・と。 時限装置のカウントダウンはビービー、という警告音と共に刻まれていく中で いざ、この場を離れるとなったその時。 幾ばくかのさみしさがあったのは間違いないのだろうか。 GPで過ごした日々、命を狙われ危険と隣り合わせの中でも、子供達の生活があった。 笑顔があった。 訓練の日々があった。 そこには確かに仲間・・・家族の絆があった。 言葉もなく、複雑な思いで一同は振り返る。 「あんたらすげぇよ・・・」 そんな中、口を開いたのはレイです。 「あくまで小さな・・・秘密の狩場(場所)ではあったけど、鬼達の庭をブッ壊した」 「逃げるだけじゃない。 立ち向かって。 もうGP(ここ)で殺される食用児(こども)はいないんだ」 「世界を変えた・・・その一歩だ」 『変えようよ世界。 これはそういう脱獄なんだ』 エマが以前言っていました。 フィル達の奪還。 GPの解放。 1000年前の約束。 これは世界を変える脱獄ーーーーー 『俺達もーーーー』 決意も強く、両の目をしっかり見開きその光景を焼き付ける・・・ 「じゃあ、無事に戻れよ」 「オッサンも」 レイとオジサンはそう言葉を交わし合います。 ドドドドドド。 轟音を響かせ、GPの天井が割れ、村に水が注がれていき・・・ 2046年1月29日。 ゴールディ・ポンド密猟場崩壊。 絶望が水の底に沈み、一つの世界が変わったその頃で、第95話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 普通の人間だったら重体・・・もしくは死んでいただろう衝撃もアダムには軽傷。 レイではなくても何者だ!? となりますね。 ノーマンの遺伝子に鬼の頑丈さを混ぜていたりするのかな? 美味しい脳に頑丈な体・・・でも、それだと鬼側にとっては不利な部分も出てきそう。 ピーター・ラートリーの狙いはそこにもあった?とか。 鬼の世界でも幅を利かせて有利に取り引きをするため・・・とか。 試作品でこれなら、成功作はどのような人物になるのか、次回以降で徐々に見えてくるのかラムダの全貌も気になるところですね。 そして。 『最後の手段』はやはり自爆的なもの・・・でしたね。 皆が逃げ切る前だったら自爆で被害も甚大。 自分達を犠牲にして次に入荷される子達を守る的な感じで。 準備を整えて逃げる手段で使うなら最強の切り札。 使いどころで変わってしまう諸刃の剣でしたが、皆の負傷も準備も想いも無駄にならずに良かった。 そして個人的に・・・レイがオジサンを頼り、オジサンがレイも名前で呼んで、応え、こちらもエマ同様に信頼関係が築けた演出もグッときましたね。 約束のネバーランド95話感想 レイの説得や、ラスト数ページに引き込まれてしまった95話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね! 今週の展開熱かったなぁ・・・。 あのレイがエマをオジサンに託したのも、オジサンがそれにきちんと応えたのにも涙腺緩んでしまった。 その一言で伝わってきそうな熱さです。 週刊少年ジャンプ2018年33号の掲載順をご紹介 33号はこのような掲載順になっていました。 上から ・ONE PIECE 巻頭カラー ・鬼滅の刃 ・約束のネバーランド ・ハイキュー!! ・僕のヒーローアカデミア ・こちら葛飾区亀有公園前派出所 読み切りセンターカラー ・呪術廻戦 ・ブラッククローバー ・BURN THE WITCH 読み切りセンターカラー ・BLEACHと僕 レポート読み切り ・アクタージュ ・ぼくたちは勉強ができない ・総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司 ・Dr. STONE センターカラー ・アリスと太陽 ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・食戟のソーマ ・火ノ丸相撲 ・銀魂 ・ノアズノーツ ・紅葉の棋節 ・キミを侵略せよ! 作者コメント欄 で、22作品になっています。 2018年33号は週刊少年ジャンプの50周年記念号です。 特別読み切りがあったり、歴代の大先生方のコメントが掲載されていたり,対談があったり内容も盛りだくさんです。 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は3番目です。 先週号に引き続き安定の上位ですね。 ここ5週の掲載順番は『3番、11番、5番、2番、13番(最新号から)』ですので、平均は一つ上がり4番です。 約束のネバーランド、最新コミックス10巻は8月3日(金)発売予定です! コミックスはの方は勿論、本誌派の方もコミックス10巻はレウウィス大公との戦いの前まで・・・ ノウスノウマやバイヨン達密猟者達との手に汗握る知略の戦いが収録されていると予想します。 激動のGP編をコミックスでまとめて読めますね! 週刊連載でのドキドキを改めて味わえるコミックスも是非。 2019年1月から、『約束のネバーランド』ノイタミナ枠でTVアニメ化決定! とうとうアニメ化ですね!少し先にはなりますが、19年の注目冬アニメになることは間違いないでしょうね。 続報が楽しみです。 公式Twitterピックアップツイート! 2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ! 【WJ33号 裏・目次コメント】 WJ本誌とは反対のローテーションでお届けする裏目次コメント。 GFの脱獄の時と同じ感じで、今度はかつてのレイのように犠牲になろうとしたオリバーを、レイが生きるための説得をしているのが感慨深く感じます。 自分にも言い聞かせた言葉なのか。 水に沈んだGPを見つめる、 いつも眠たげな『片目寝不足』なレイの表情が違った。 世界を変えたその瞬間に立ち会えなかったエマの分まで両の目で見つめていたのでしょうか。 無事にGPを出られても、レイルートもオジサンルートも道中は無事でいられるとは限らないし、怪我人達の体力がもつかもまだ安心はできないですよね。 全員生きて生還、してほしいです。 次週は新展開なのか、後日談なのか。 33号は早めに発売になったので、次までが長いですねぇ・・・。

次の

約束のネバーランド

約束のネバーランド 密猟者とは

「約束のネバーランド」第7巻のネタバレ 明日は約束のネバーランド7巻の発売日です!宜しくお願いします!! — 出水ぽすか ポ~ン) DemizuPosuka 【約束のネバーランドの簡単なあらすじ】 GF グレイス=フィールド の農園で イザベラを本当の「ママ」のように慕い、幸せに暮らしていた38人の子供たちはある日、最年長のエマとノーマンは鬼を目撃し、 人間の子供を食料として食べていることを知ります。 GFの孤児院は食料として子供たちを飼っていることに気づいたエマは同年齢のレイの協力を得て、 脱走する準備を始めます。 そんな中、 ノーマンの出荷が決まってしまい抵抗するエマ達でしたが、少しでも脱走が成功できるようにと、 ノーマンは自ら進んで出荷されてしまいます。 悲しみにくれるエマでしたが、脱走計画を進めるために確実に準備を進め、4歳児以下は必ず助けに来ることを約束して脱走を成功させます。 外の世界にはじめて出たエマ達は、 外の世界でウィリアム・ミネルヴァを頼りにB06-32地点を目指し森を進みます。 森の中でムジカ達のような人間を食べない鬼と出会い、外の世界での人間と鬼との約束の存在を知ります。 森を抜け、目的地に着いたエマ達を待っていたのは 見知らぬ大人の男性でした。 ここにミネルヴァは存在せず、彼はこの地下に残された物資を守る為にもエマ達に出ていくように告げます。 銃を向けられたエマはペンを置いて出ていくように言われますが、股間を蹴って銃から離れると 「外へは出ていかない!」と言い放ち、話を続けようとしますが オジサンの様子が急変し気絶してしまいます。 気絶を確認すると、 レイは彼を拘束し部屋に閉じ込めて、みんなは地下の探検を始めます。 翌日、目覚めたオジサンは縛られており、別室ではエマ達が久しぶりのお風呂やご飯、ベッドを楽しんでいました。 資料室の資料により手に入れた新しい情報と新しいミネルヴァからの手紙を手にしたレイは新しい 目的地A08ー63へエマとレイで行くことを提案します。 一方、 気絶から目覚めたオジサンは受けている扱いに怒りをあらわにしてナイフを手に部屋から出てエマたちの元へ向かいます。 エマ達は荒れた部屋に書かれていた 「密猟者」という文字から、 オジサンの仲間たちがいなくなった原因を内輪揉めではなく、外で何かが起きるというところまで仮定します。 ドアが開くと、ナイフを持って怒りをあらわにしてるオジサンがそこには立っていました。 子供たちはびっくりしながらオジサンを見ているとエマは 「取引をしよう!」とオジサンへ提案します。 エマは外に出て 次の目的地までの案内+用心棒としてオジサンについてきて欲しい!と言いますが、オジサンは即座に断り 「出ていけ。 」の一点張りです。 手を貸してくれないなら 「地下シェルターを破壊する!」と言う エマの手にはいざとなった時の 緊急破壊装置のスイッチが握られているのでした。 それをみたオジサンは根負けしてしまい、着いていくことを承諾しながら、 たった一日で緊急破壊装置まで見つけてしまう頭の良さにビックリもしていました。 一旦手を組むことになったオジサンとエマ達は四日後に出発するための準備を始めます。 レイは資料室で本を読み知識を増やして、エマはオジサンの過去に何が起きたのか知りたいようでしたが オジサンは口を固く閉じていました。 出発一日前、オジサンの隠し扉へ案内され中には たくさんの武器が隠されており好きな武器を選ぶように言われます。 銃よりは使い慣れた弓矢やナイフを持っていこうと考えた2人は1つだけ銃を持っていく事に決めて 「必ず生きて帰ってこよう。 」と誓い合いました。 出発の日、みんなに見送られながら出発していきます。 ギルダは 途中なにかあっても必ず1人は生きて連れ帰ってくるようにオジサンに言い放ち、エマ達は再び外へ出ていくのでした。 再び出てきた荒野を全速力で突破し森へ到着し、四日で目的地にたどり着くルートを選んで進んでいきます。 シェルターを盾に取られて、付き添いを承諾したオジサンでしたが、 この森の中でエマかレイのどちらかの命を落としてもらう作戦で森へ案内したようでした。 エマ達は疑うこともせずオジサンについて行き、森の中を進んでいきます。 順調に進んでいく エマ達の様子を面白無く思うオジサンは わざと敵の手中に進み鬼に見つかってしまいます。 上から襲ってきた鬼に立ちすくむエマは食べられてしまうあと一歩のところで、オジサンの放った銃に助けてもらいますが、鬼は直ぐに再生し仲間を連れて襲いかかってきます。 オジサンは木の上で余裕の笑みを浮かべ 「生き延びてみろ。 」とエマ達に言い放つのでした。 オジサンに試されるエマは一体この後どうなるのか…? 気になる続きはこちらからどうぞ^^ 「約束のネバーランド」第7巻を読んだ感想 約束のネバーランド、1~7巻まで購入しました。 最高だった。 だと言うことがわかるので今後のストーリーも楽しみです!!.

次の