スーパー カブ 90 中古。 スーパーカブ90(中古)と110 走行性能等は?

カブの寿命は10万キロとみた方がよろしいでしょうか

スーパー カブ 90 中古

書き忘れてました カブに限らず振動の大きくなった横型エンジンでよくある「EXボルトが振動で折れる」ことでしょうか?(知人経験談) 私は緩み止めナット使ってますので今の所折れた経験ありませんが、旧いエンジンで高回転を常用される方は時々点検された方が良いかと思います。 社外マフラーでいい加減な取り付けしててバランスが悪いとEXボルトに負荷がかかって折れます(友人経験談) 他の方も仰ってるように(参考URL参照して下さい)新車のセル無しモデルで195,300円、セル付きモデルでも216,300円です(プラス登録費用その他納車整備費用等諸々かかりますが)のでその辺を加味して新車か中古車かお考えになられると良いかと思います (スデにカブ90とCT110を所有してますので後々の事ですが)個人的には(四角いデザインさえ気にしなければ)、50カスタム(セル付き)をボアアップした方が良いのかな?とか思ったりもしています セルはオマケですが、カブ系唯一のアンチリフト・サスに加えて4速ミッション装備です。 あとは信頼できる場所で購入されるのが良いかと思います メーター戻し(交換)したり事故車を手抜き修理する輩もいますからね カブ90はタマ数が少ないので50と比較して割と高値のような気がします 蛇足ですが・・・ カブ乗りなら知ってる事かと思いますが、急ブレーキの時普通のバイクのようにフロントを先にかけるとフロントアップ(荷重が抜けて)ロックし易いので気持ちリアを先にかけて沈み込ませるか?(タンデムの時は更に難しいです笑)カスタム(フレーム加工要)してテレスコ化するのかな?(カスタム費用考えるとエイプの方が安いかも?) それでは楽しいカブ・ライフを・・・ 参考URL: 質問の 回答 >スーパーカブの弱点 走行して 一番の弱点はパンクです チュウブですから 直ぐに空気抜けます またタフチュウブ有りますが効果??です 修理は出来ません交換になります 高くつきます 此れが一番に弱点と思います(スクータ)に比べて なるべく程度に良い物を買って下さい(高いですが後々の修理を考えれと 決局安いと思います) 後は事故車に気御つけて下さい。 整備上の注意点や壊れやすいところなど OIL交換を 確実にすること(OILの量も見る 3000KMまでの交換をお勧めします。 チエーンの調整もして下さい 黒くて丸いキャップが有りますので それを外して張りぐわいを見て下さい。 エンジン及び車体は 天下のホンダですから心配要りません。 点検整備されていたら10万KM以上走れます。 ホンダ2輪専門店より 既に沢山出ているところ、も一つ。 ホンダの古い設計の原付単気筒4st群は、使い込むとアイドリングが出なくなります。 (カブに限らずシャリィもCT110もCB50もXE75も全てその傾向があります。 完全にアイドリングが出なくなっているエンジンでは、キャブのスロー側の調整程度ではどうにもなりません。 ) 中古屋で買うのであればその様な症状が出ているモノは店頭に並びませんが、中古屋でも現状渡しとか個人売買で購入される場合は注意が必要です。 実際には、暖めた状態で一旦エンジンを切り、 1)セルがついているモデルでもセルを使わず、キックで軽くかからなければスロー側が 2)アイドリング回転数が異常に低いと、アイドリング状態に何かムリがあることになります。 或いはお店のヒトは『キャブを調整すればこんなモノは・・・』と言うかもしれませんが、故意にエンスト寸前までアイドリングを下げるバカものはいません。 スローのセッティングが変わってしまっているということは、つまりそうなる原因があるという事です。 アイドリングが不安定で、しかも相手が『これはここのトラブル』『納車までにここをこう治す』と具体的に説明出来ない場合は、購入を考えた方がヨイかもしれません。 A ベストアンサー どちらも長時間乗ったことがあります。 この2台は、同じ名前で、似たような格好はしているけれども、 ぜんぜん別のバイクだと考えた方がいいかもしれませんよ。 90の中古と、110の新車をそのまま比較すると、90に勝ち目はありません。 断然、110の方が快適で、燃費も良いですし、インジェクションなのでキャブのように 調子崩したりしません。 テレスコピックサスペンションと剛性の高いフレームで、乗り味は90と比べてひとクラス 上の快適さ。 ノーマルで乗るなら110の方が良いのですけれど、自分好みにカスタムする手段が かなり限られています。 カブ90の場合は、星の数ほどパーツがありますから、その辺は好みかと。 10年、20年、30年乗るつもりで考えてらっしゃるのなら、 110の経年耐久性は、まだ未知数です。 フレームを覆う外装のプラスチックパーツは20年もすれば朽ち果てるでしょうし、特にインジェクション周りが心配です。 しかし90は鉄板をプレスして整形した外装パーツが主なので、錆びてきても気にせず、いい感じにヤレて年季が入ってくるので、キャブ掃除ぐらいの軽い整備を覚えれば、今から20年後でも30年後でも、きっと現役で乗れると思います。 私も30年前のカブに乗ってますけれど、ものすごく調子いいですよ。 どちらも長時間乗ったことがあります。 この2台は、同じ名前で、似たような格好はしているけれども、 ぜんぜん別のバイクだと考えた方がいいかもしれませんよ。 90の中古と、110の新車をそのまま比較すると、90に勝ち目はありません。 断然、110の方が快適で、燃費も良いですし、インジェクションなのでキャブのように 調子崩したりしません。 テレスコピックサスペンションと剛性の高いフレームで、乗り味は90と比べてひとクラス 上の快適さ。 ノーマルで乗るなら110の方が良いのです... A ベストアンサー 質問者に出来そうな簡単なことを書きます、まず乗る前にすることと(始業前点検も含め)それ以外のことも一緒に書き込みます。 エンジンオイルの量、フロントブレーキ、リヤブレーキ、効き具合も含め点検、タイヤの空気圧、タイヤの状態、灯火類の点検(球切れなどが無いかなど)開放式であればバッテリーの液も偶には点検します。 なお、エンジンオイルは0.6リットル程度だと思いますから点検はしましょう、知り合いの息子はオイル切れで焼き付かせて高い物に付いています(定期的にオイル交換はしていたそうです) 修理の依頼を受けたけど被害が大きく高額に成りそうなので載せ替えをしました。 後はワイヤーなどの給油状態などやドライブチェーンも含めスプロケットも給油や張りなどの点検、又点火プラグやエヤークリーナーなども定期的に点検しましょう。 この辺りまでは少しバイクが解る方なら出来ると思いますが自信が無ければ出入りのお店で定期的に見て貰い少しずつ覚えるようにしていけば将来役に立つと思います。 その他バイクの場合ステムベアリングの異常が無いか等も有りますがこちらは一般の人がいじると悪くなっても良くなることは考えにくいのでプロに任せましょう、ざっと簡単に書きましたが最低でも灯火類、ブレーキの効き具合、タイヤの空気圧や状態くらいは自分で見ましょう。 ブレーキのバルブが切れている状態で乗ったりタイヤの空気圧やタイヤがすり減っていれば危険なだけでなく取り締まりを受けることも有ります。 最初にすべては無理でしょうし一つずつお店で見て貰いながら覚えましょう、なお、バイク屋経験が無いので金額は解りませんが異常が無くて点検だけや簡単な調整程度なら数千円だと思います(お店にも寄ると思います) 質問者に出来そうな簡単なことを書きます、まず乗る前にすることと(始業前点検も含め)それ以外のことも一緒に書き込みます。 エンジンオイルの量、フロントブレーキ、リヤブレーキ、効き具合も含め点検、タイヤの空気圧、タイヤの状態、灯火類の点検(球切れなどが無いかなど)開放式であればバッテリーの液も偶には点検します。 なお、エンジンオイルは0.6リットル程度だと思いますから点検はしましょう、知り合いの息子はオイル切れで焼き付かせて高い物に付いています(定期的にオイル交換はしてい... A ベストアンサー 結論から言うと問題ない。 今までと違うとすれば、エンジンオイルがへたっているか今まで気が付かなかっただけでしょう。 カラカラ音はチェーンとスプロケの音。 張りを調整して油をさせばある程度収まりますが、チェーンドライブのバイクならある程度出ます。 ノンシールチェーンならなおさら。 カコンカコン言ってるのはギアやクラッチハウジングのバックラッシュ。 エンジンには必ずバックラッシュがありますが、後輪を手で回した時と話した時の力のかかる方向が変わる際にエンジン内部のギアやクラッチの遊びの分だけ動いてからぶつかるときの音。 ベアリングやギア欠けならもっと低いゴロゴロ音が常になりますし、ニュートラルで後輪を回してもピストンもバルブも動かないのでヘッド関連はありえません。 A ベストアンサー 4ストロークであるため(最近じゃ当たり前だけど) 50ccであるため 単気筒であるためピストンのフリクションロスが少ない(気筒数が増えると一気に燃費が悪化) 使われる速度域が低いため(空気抵抗が少ない) 自動遠心クラッチでギア車のためミッションでのロスが少ない(スクーターの無段変速機のようなベルトの摩擦を利用していないためロスが少ない) 原付にしては大きなタイヤサイズのため(径が小さいと転がり抵抗大) スポークホイールのため(軽量) 負圧式キャブのため(一部の原付スクーターは強制開閉式キャブで燃費が悪い) バイクが重量の割りに燃費が悪いというのは仕方ないことです。 その回答はNo11さんが書いた通り、一定の速度を維持するだけであればタイヤの転がり抵抗と空気抵抗と機械の内部抵抗だけです。 後は・・・ どこかでチラっと聞いた話ですが、カブのエンジンは点火プラグあたりに濃い混合気が集まるように設計されていて 所謂リーンバーンエンジン(希薄燃焼エンジン)となっていると聞いたことがあります。 出力を抑えて燃料消費率に特化したエンジンなのかも? まぁ・・・記憶違いかもしれませんがね。 ちなみにカブ50カスタムに乗ってましたが、半径1キロ以内の超チョイノリ状態で使ってもリッター50走りました。 四国ツーリングで信号の無い道を延々と走った時はリッター80超 ツーリング時の平均はリッター73キロでした。 日常で使う時はリッター65キロ程。 鳩山さんが本気で2020年までに1990年比でCO2を25%削減するって言うのであれば・・・ 普通車(特に排気量や重量が大きい車)の税金を上げて、二輪車の税金を免除してしまえばいいのです。 原付が増えると道路が走りにくくなるので125ccまでは普通免許で乗れるようになったらな・・・・と思います。 4ストロークであるため(最近じゃ当たり前だけど) 50ccであるため 単気筒であるためピストンのフリクションロスが少ない(気筒数が増えると一気に燃費が悪化) 使われる速度域が低いため(空気抵抗が少ない) 自動遠心クラッチでギア車のためミッションでのロスが少ない(スクーターの無段変速機のようなベルトの摩擦を利用していないためロスが少ない) 原付にしては大きなタイヤサイズのため(径が小さいと転がり抵抗大) スポークホイールのため(軽量) 負圧式キャブのため(一部の原付スクーターは強... Q 先日、スーパーカブ50STD(AA01)にキタコの75ccボアアップキット を取り付け、2種登録した者です。 時間が無く、キャブのセッティングを含め、他は一切手を付けていません。 (ノーマルのままです。 ) 土日には時間が取れるので、色々と改造しようと思いますが、 何から手を付ければいいのかわかりません。 現在、プラグが白く、混合気が薄めな感じがします。 (6番) キャブは最低限交換した方がいいですか?(逆に言えばノーマルのままではエンジンに悪影響ですか?) キャブはノーマルのままでMJ、SJの交換のみ(セッティングのみ)で対応出来るならば一番いいのですが... ボアアップ後に必ずすべきこと、出来ればした方がいいことなど、 色々とアドバイスを頂きたく思います。 A ベストアンサー 最近50の車体に70のノーマルエンジン(どちらも約20年前の物)を搭載しました(焼き付きのために)最初はノーマルキャブでセッティングを出そうとしたけど良いことになりませんでした(取りあえず乗れるけどね)なお、6Vのエンジンでしたから12Vにしてから対応しました。 その後口径21のキャブを安いからオークションで手に入れて現在メインジェットが95にしていますが今でも少し薄い状態です。 プラグに至っては8番の物を使用しています、その際にノーマルワイヤーでは自由長が足らなくて始動したとたんにエンジンは中速回転に成り、その後ワイヤーも交換しました。 持ち主が私ではないために最低でも100番程度のメインジェットにしないと合わないからもう一度セッティングの必要が有ると思っています。 カブの70のエンジンマフラーはノーマル(安い物買ったけど抜けが良すぎて使えなかった)もちろん五月蠅いのも有ります、従って質問者の場合もマニホールドの交換とキャブの交換、その後色々とセッティングが必要ですが私も含め他の方のセッティングで必ずOKとは限りませんから良く注意して作業しましょう。 今することで一番簡単にできるのはニードルの位置を変えることで多少は変わりますよ。 最近50の車体に70のノーマルエンジン(どちらも約20年前の物)を搭載しました(焼き付きのために)最初はノーマルキャブでセッティングを出そうとしたけど良いことになりませんでした(取りあえず乗れるけどね)なお、6Vのエンジンでしたから12Vにしてから対応しました。 その後口径21のキャブを安いからオークションで手に入れて現在メインジェットが95にしていますが今でも少し薄い状態です。 プラグに至っては8番の物を使用しています、その際にノーマルワイヤーでは自由長が足らなくて...

次の

スーパーカブ90に乗っています。何万キロくらいからへたってきます...

スーパー カブ 90 中古

『スーパーカブ90DX』の中古車を購入しました• モデル名:ホンダ・スーパーカブ90DX(デラックス)• ボディカラー:タスマニアグリーンメタリック• モデル年式:2005年• 走行距離:8,944km 中古のカブを選ぶ上でとくにこだわったのは外装の状態です。 古くても外装がキレイな車両は、無理な使い方をされず大切に保管されていた可能性が高いからです。 カブはエンジンが丈夫なため、状態が良さそうなら走行距離はあまり気にする必要がないと思います。 カブ90の低走行車(5千キロ以下)は現行の新車より高く、プレミア価格で買っても乗るのが勿体ないです。 日頃の足として気軽に乗れて、自分で整備やカスタムを楽しみたいので、1万キロ前後の車両を選びました。 購入した車体はフルノーマル。 レッグシールドやエンブレムなど樹脂パーツには、年式相応の経年劣化が見られるものの、外装には目立ったキズやサビがほとんどない極上車。 今となっては贅沢な作りの最終の鉄カブです。 キャブレター、ボトムリンクフォーク、3速ギア、セルなし等、最新のカブのような快適装備はありません。 しかし本物のカブを味わいたいなら、やはりレトロな雰囲気を残した昔のカブがいいと思うのです。 スーパーカブ90の納車後インプレ 『スーパーカブ90』が納車されてから半年(走行距離1,500km)が経ちましたので、乗っていて気付いたポイントなどをインプレしたいと思います。 走行性能と乗りやすさ 軽くてコンパクトな車体は自転車感覚で気軽に乗れて、コーナーもスイスイと気持ちよく曲がってくれます。 また、低重心の横型エンジンに外径の大きな17インチタイヤの組み合わせで、直進安定性が高いのも特徴です。 一方で3速ギアはかなり低速寄りなので、慣れるまでは「あと1速(4速)あったら」と感じるケースが頻繁にあります。 低速ギアはトルクがありますが速度は出ません。 郵便局や新聞配達など、短距離でのストップアンドゴー、急な坂道での積載力に振った設定になっているのでしょう。 カブ90はカブ50をより速く快適にしたモデルではなく、原付1種の交通規制(制限速度や二段階右折など)をクリアし、あくまで法定速度で走行することを前提に設計されたバイクだと感じました。 それ以上はエンジンの音と振動が大きく、最初は「壊れるんじゃないか」と思ったほどです。 ノーマルはかなりローギアードな設定なので、スプロケ交換を試したいと思います。 サーキット等の私有地で検証。 タンデム 半年間の走行距離1,500kmの半分以上はタンデム走行です。 キャリアにピリオンシートを取り付けて妻や子供を乗せています。 もともとの車体重量が86kgと軽いので、後ろに人を乗せると車体が一気に重くなると感じます。 しかし、重いものを運ぶことを前提に設計されたビジネスバイクなので、走り出せば力不足によるストレスは意外にも感じません。 さすがに勾配の急な上り坂は加速しませんが、タンデムをしても最高速はあまり変わらない印象です。 短距離走行や二人乗りがメインの乗り方で、燃費を気にせずアクセルもガンガン開けて走行しています。 ツーリング 同じ原付二種のスクーターと比較するなら、スーパーカブ90での長距離ツーリングはかなり疲れます。 平均速度の高い首都圏の国道では、のんびり走りたくても、安全のためにある程度の速度で巡行する必要があります。 そうなると、高いエンジン回転数を維持する必要があり、エンジンの音と振動で疲労がたまります。 やはりカブは田舎道を法定速度で巡行するのが一番快適です。 積載性 至ってシンプルなビジネスバイクであるスーパーカブ90は、快適装備や余計なものを一切装備していません。 しかし、フロントバスケット、インナーラック、大型キャリアなど、自分の用途に合わせて、装備を拡張していけるメリットがあります。 郵便局、新聞配達、そば屋の出前など、働く人のために作られたスーパーカブは、途上国では3人乗りもできてしまうほど丈夫なバイクです。 カブの積載力と拡張性は原付クラスで一番といってもよいでしょう。 スーパーカブ90のメリットとデメリット スーパーカブ90を買ってから分かったメリットとデメリットをまとめました。 スーパーカブ90のメリット• 燃費がいい• 取り回しが良い• 積載力が高い• 修理や整備がしやすい• カスタムを楽しめる スーパーカブに乗ってみてとくに感心したは整備性の高さです。 オイル、タイヤ、チェーンの交換、キャブレターやエアクリーナーの清掃など、最低限のメンテナンスは慣れれば誰でも簡単にできてしまいます。 スチールフレームは耐久性も高く、整備さえしてれば一生乗れるバイクだと思います。 スーパーカカブ90のデメリット• エンジン音と振動が大きい• 高速巡行が苦手• 快適装備がない• サビやすい もともとはビジネス用に特化されたバイクなので、普通のバイクと同じ感覚で乗るとあまり快適ではありません。 最新のカブはFIとセルでエンジンの始動も楽々ですが、カブ90はキャブレターとキックだけなので気温が低い日はエンジンをかけるのにも一苦労。 頑丈なスチールフレームはサビが出やすいため、長く乗るには手入れが必要です。 しかしこの手間やデメリットも、カスタムをして改善していく楽しみ方もあります。 スーパーカブ90は豊富なカスタムパーツで楽しめる スーパーカブはカスタムで理想のカブに仕上げていくことも楽しみの一つです。 純正部品はもちろん、互換部品、社外のカスタムパーツが豊富です。 ネットや書籍の情報も充実しているので、修理や整備に困ることもありません。 シンプルな作りなので、それぞれの部品代も高くなく、気軽にカスタムを楽めるのも根強い人気の理由だと思います。 純正部品はWebikeやモノタロウなどの通販サイト、または『2りんかん』などのバイク用品店で。 互換品やカスタムパーツはアウスタをよく使っています。 まとめ 現行の『スーパーカブ110』や『クロスカブ』の購入を検討したこともありました。 『スーパーカブ90DX』を入手した今、色々な新型カブが登場していますが、他のカブにはまったく目移りしません。 それは質実剛健な作りの昔のカブだけが持つ魅力を感じるからだと思います。 もしコストパフォーマンスだけを重視するなら、性能が高い最新のカブを買うのがオススメです。 でも自分で整備や修理をしたり、いろいろな面倒な手間さえも、楽しみの一つと思えるなら『スーパーカブ90』は最高の一台だと思います。

次の

スーパーカブ90/ホンダの新車・中古バイクの相場、バイク情報|ウェビック バイク選び

スーパー カブ 90 中古

ホンダ 17• ヤマハ 1,620• スズキ 1,638• カワサキ 106• 国内メーカーその他 0• ハーレーダビッドソン 0• ドゥカティ 0• BMW 0• KTM 81• トライアンフ 0• SYM 5• ベスパ 113• アプリリア 23• キムコ 35• プジョー 34• PGO 1• モトグッチ 0• ビューエル 0• MV アグスタ 0• アディバ 0• ロイヤルエンフィールド 0• ハスクバーナ 0• ピアジオ 0• デイリン 3• マラグーティ 1• ジレラ 0• BRP 0• Aモーター 1• クリーブランド 0• ベータ 5• その他 2• トライク 0• 電動スクーター 0• スノーモービル 0• TGB 1• イタルジェット 0• ノートン 0• インディアン 0• デルビ 0• メガリ 0• スネークモータース 0• ザックス 0• ガスガス 0• プロッツァ 0• ハートフォード 0• ビモータ 0• トモス 0• 富士重工 0• エルエムエル 0• ヴィクトリー 0• カジバ 0• モト・モリーニ 0• ロードホッパー 0• ATV バギー 0• SWM 2• テラモーターズ 0• ラベルダ 0• ノメル 0• ヒョースン 0• アクセス 0• オーヴァークリエイティブ 0• パジャジ 0• 海外メーカーその他 0• 除雪機 0• TM 0• MZ 0• モンテッサ 0• BSA 0• ベネリ 0• ソレックス 0• フサベル 0• ランブレッタ 15• ブリヂストン 0• リエフ 0• ポケバイ 0• ロデオモーターサイクル 0• ダイハツ 0• セーガレ 0• スコルパ 0• MBK 0• モトベガン 0• VOR 0• AJP 0• ウラルモト 0• GPX 18• アタラ 0• アエルマッキ 0• デンリン 0• 東京マルイ 0• フェニックス 0• ボスホス 0• TVS 0• ベルティマーティ 0• ファンティック 6• マットモーターサイクルズ 0• ブルタコ 0• シェルコ 0• アパックスパワー 0• ヨシムラ 0• モリワキ 0• メグロ 0• CPI 0• サンモーターサイクルズ 0• マーニ 0• モンディアル 0• エフワイエム 0• ヤディア 0• シンユー 0• ジョンウェイ 0• ボスアー 0• CKファクトリー 0• ウエストコーストチョッパーズ 0• 原付スクーター 0• 原付二種スクーター 0• ビッグスクーター 0• ミニバイク 1• ストリート 0• クラシックタイプ 0• ネイキッド 0• ツアラー 0• 海外メーカー 0• ビジネスバイク 17• 4stミニ/ミニモト 1• 絶版名車 〜1979年 0• 絶版名車 1980年〜 0• ビンテージモトクロス 0• ダートトラック 0• トライアル 0• ストリートファイター 0• カフェレーサー 0• ローライダー/チョッパー 0• ニュースクール/ウォンウォン系 0• トライク/サイドカー 0• ビルド/フルカスタム 0• アドベンチャー/ビッグオフ 0• モトクロッサー 0• エンデュランサー 0• ネオクラシック 0• 3輪バイク 0• モペッド 0• 北海道 0• 北海道 0• 東北 1• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 1• 仙台市泉区 1• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 関東 9• 茨城県 1• つくばみらい市 1• 栃木県 0• 群馬県 0• 埼玉県 0• 千葉県 1• 千葉市中央区 1• 東京都 2• 板橋区 1• 練馬区 1• 神奈川県 5• 横浜市栄区 1• 茅ヶ崎市 3• 相模原市南区 1• 北陸・甲信越 0• 新潟県 0• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 東海 2• 静岡県 0• 岐阜県 2• 恵那市 1• 揖斐郡池田町 1• 愛知県 0• 三重県 0• 関西 2• 大阪府 1• 泉佐野市 1• 京都府 1• 京都市北区 1• 滋賀県 0• 兵庫県 0• 奈良県 0• 和歌山県 0• 中国 1• 鳥取県 1• 鳥取市 1• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 2• 福岡県 1• うきは市 1• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 1• 鹿児島市 1• 沖縄県 0• 探す バイク選びお買い得コンテンツ• 探す 価格から探す• 探す バイクライフから探す• 通勤通学• 個性重視• アニバーサリーモデル大集合!• 個性派カラーリング!• 渋さ・味わい• 大人の味わい、カフェレーサー• こだわり• 250cc4発マルチネイキッド• 軽さ速さで選ぶ2ストローク• 通勤に最適なバイク• 初心者にも最適• 小柄な人にオススメ• 航続距離が長いバイク• お財布にやさしいバイク• 快適ロングツーリング• セカンドバイクに最適な一台• パワーウエイトレシオランキング• コンパクトランキング• コダワリの2サイクルスポーツ• 80年台、90年台レプリカスポーツ• 空冷エンジンが好き!• 探す 地域から探す• 北海道• 情報 ランキングから探す• 情報 マイページ機能• 情報 バイクサービス•

次の