カスタムスタンプ 作り方。 画像切出しスタンプ化!PicsArt新機能『カスタムステッカー』の作り方と使い方をご紹介

LINE:人気キャラクターに、自分の好きな文字を入れてスタンプが作れる! 最短1分で制作可能な自分だけの「カスタムスタンプ」が登場

カスタムスタンプ 作り方

まずは「LINE Creators Studio」をダウンロードしよう まずは「」をダウンロードしてください。 「LINE Creators Studio」とは、LINEの公式アプリで、写真撮影、イラスト作成、文字の挿入、フィルター加工などができ、スタンプを作成・販売できるアプリのこと。 これがあればスマホ1台で誰でもLINEのスタンプを作成・販売できます。 作成したLINEスタンプが審査に通ったらLINE内のマーケットでスタンプを売ることができます。 もちろん、自分だけのスタンプとして非公開に近いかたちで利用することも可能です。 お子さんやペットの写真を使ってオリジナルのスタンプも作れるのです。 LINEスタンプ作成前に準備すべきこと 「LINE Creators Studio」のアプリをダウンロードしたら、Creators Marketへの登録を済ませましょう。 以下の手順に従って登録してください。 1.LINE Creators Studioを起動し、「設定」から「ログイン」をタップ 2.注意事項・規約に目を通し、「同意する」をタップ 3.ユーザー情報を入力し、「保存」をタップ 4.認証メールが届くので、メール内のURLをタップし、登録完了 登録が完了したら、マイページに戻り、クリエイター名を入力しましょう。 クリエイター名の入力は必須となります。 後で修正もできるので、安心して入力してください。 LINEスタンプの作り方 さっそく以下の手順でLINEスタンプを作っていきましょう。 1.「LINE Creators Studio」のアプリのホーム画面で「+新しいスタンプをつくる」をタップ 2.パッケージのタイトルを入力 3.「+」をタップして、作成メニュー「アルバムの写真を使う」、「カメラで写真を撮る」、「イラストを描く」という3つのアイコンの中から用途に応じたものを選択 ここから先は、写真を使う場合と、イラストを描く場合で手順が異なりますので、以下にそれぞれ紹介していきます。 写真を使ってスタンプを作る手順 写真を使ってスタンプを作る場合には「アルバムの写真を使う」、もしくは「カメラで写真を撮る」のアイコンをタップして作成を進めます。 写真を選んだらトリミングし、文字を入力するなどしていきます。 トリミングには「自動切りぬき」、「なぞる」、「デコフレーム」、「かたち」、「消しゴム」の5種類があります。 それぞれ感覚的に操作できるので、いろいろな方法を試してみてください。 イラストを描いてスタンプを作る手順 イラストを描いてスタンプを作る場合には「イラストを描く」のアイコンをタップして作成を進めます。 私のように絵心がなくても、それはそれで面白いスタンプになるので、ぜひチャレンジしてみてください。 笑 スタンプの追加と編集 スタンプを作成完了させると、パッケージの編集画面に戻ります。 この画面からスタンプの追加と編集ができます。 「+」をタップすると、新たなスタンプの作成ができます。 先ほど紹介した手順をもとに新たなスタンプを作成してください。 各スタンプの編集画面を開くと、下部に4つのアイコンがあり、それぞれこんなことができます。 「…」は、作成したスタンプを共有したり、スタンプを画像として保存できます。 「+」は、そのスタンプを複製できます。 右下のごみ箱マークは、作成したスタンプを削除できます。 ちなみにパッケージの編集画面では、スタンプの追加と編集以外に、以下の4つのことができます。 メイン画像の選択• タイトルの変更• 説明文の追加• 販売申請 審査申請から販売までの流れ スタンプを8個以上作成すると、販売申請ができるようになります。 ちなみに、1つのパッケージに対してスタンプは8個・16個・24個・32個・40個設定できます。 8個以上スタンプを作って、実際に販売してみましょう。 審査申請を行う 作成したスタンプは何でも販売できるわけではありません。 販売の前にはLINEの審査が必要になります。 審査の申請を出すまでの流れをチェックしてみましょう。 パッケージの編集画面の下部にある「販売申請」をタップ• スタンプの数を設定して、スタンプを選択• プレビューで内容を確認後、注意事項をよく読み、問題がなければ「上記の内容に同意します」にチェックを入れて「リクエスト」をタップ• それぞれ設定してください。 これで審査申請は完了です。 後はLINEの審査を待つだけ。 審査の状況はTOP画面の下部「申請済みリスト」をタップすると確認できます。 「申請待ち」から始まり「申請中」に変わったら1週間程度で結果の通知がLINEとメールに届きます。 スタンプを販売する 審査を受けてLINEから承認されたら、販売の手続きが必要になります。 以下の手順で進めていきましょう。 TOP画面下部の「申請済みリスト」をタップして、「承認」となっているスタンプを選択• 画面下部の「リリース」をタップ• 注意事項をよく読み、問題がなければ「OK」をタップ これでスタンプの販売が開始されます。 右上の「STORE」をタップすると、販売画面に移動します。 反映までには少し時間がかかるので、しばらく時間を置いてから確認してください。 実際に作ってみると分かりますが、LINEスタンプって意外と簡単に作れるものなんです。 もちろん凝ったものを作ろうと考えると、少し編集メニューが足りないと感じますが、簡易的なものであれば、「LINE Creators Studio」から簡単に作れます。

次の

Lineのカスタムスタンプの種類とか作り方など。 : 在宅フリーランス向け

カスタムスタンプ 作り方

カスタムマッチって?なにができるの? 通常のマッチングとは別に、プレイヤー個人が自由に設定できる部屋のことです。 「PUBLIC MATCH」の右側にある「CUSTOM MATCH」を選ぶと、ずらっとリストが並ぶと思います。 それらの部屋がカスタムマッチです。 部屋によっては鍵が掛かっていたりしますね。 ドンカップやチキリンピックなどの大会は、このカスタムマッチを利用して開催されているのです。 カスタムマッチで出来ることについては、ドンカップを開催しているshobosukeさんがツイートしています。 けっこう細かい設定ができるみたいですよ。 日本では上記のshobosukeさんが初めて権限を与えられました。 なぜならばshobosukeさんが、PUBGの開発者も関わっていたゲーム「H1Z1」において、プライベートサーバーを運営し、積極的に大会を開くなど数々の貢献をしていたからだそうです。 その後2017年7月に、PUBG公式パートナーの募集が再度掛けられ、それから日本でのカスタム権限保持者もだいぶ増えてきました。 F また2018年1月17日から、再々度PUBG公式パートナーの募集が始まり、その条件は以下のとおりとなっています。 ・ YouTubeチャンネル登録者数10000以上 or Streamingプラットフォーム平均同時視聴者数100人以上 ・週に3回以上のStreaming活動 ・配信や動画に不適切な内容がなく、利用するプラットフォームの規約に反する活動を行わない うーん、厳しい 笑 現状カスタム権限を持てる人は、それなりの知名度を持っていてPUBGの普及に貢献出来る人に限られているみたいです。 ちなみに、あの サッカーブラジル代表のネイマール選手もTwitterでカスタム権限欲しいなぁとつぶやいていました。 ネイマール選手のつぶやきに対して、運営も「DMちょうだい。 そしたら君のチームに連絡するから」と好意的な返事をしてたり。 — PLAYERUNKNOWN PLAYERUNKNOWN 公式パートナーの募集は度々行われているようので、カスタムマッチを建てたい人はPUBG JAPAN Partnersのアナウンスをチェックしておきましょう。 とは言え、いまのところそういったアナウンスは、まったく無いので様子見といったところでしょう。 いずれは一般プレーヤーにもカスタム権限を開放して欲しいところですが、現在のPUBGプレイヤー数の多さを鑑みるに難しい気がします。 筆者が大昔にやっていたinfestationというゲームでは、月額数千円でプライベートサーバーを借りれるシステムがあったのでそういう仕組みでも導入してくれたらなぁ……と思ったのですが、steamゲーでそういう月額うんぬんは厳しそう。 カスタムマッチが一般ユーザーにも使用可能に!? 2018年7月現在 テストサーバーにて、カスタムマッチが一般ユーザーでもマッチ生成できるようになりました。 今後のアップデートで正式に開放されると思いますが、これによって遊び方の自由度は高くなりますね。 まとめ ・カスタムマッチではさまざまなルールでゲームができる。 ・カスタムマッチで部屋を建てるにはPUBGの公式パートナーとなる必要がある。 いかがでしたか? カスタム部屋はユニークなルールのものが多く、配信で眺めているだけでも楽しめたりします。 PUBGがより、いっそう盛り上がっていくためにも、有名配信者の方には積極的にPUBG公式パートナーとなって欲しいですね。

次の

Lineのカスタムスタンプの種類とか作り方など。 : 在宅フリーランス向け

カスタムスタンプ 作り方

画像表示エリア 下部エリアに登録したベースファイル画像がすべて表示されます。 スタイル情報を編集したいスタンプを選択すると、上部エリアに大きく表示され編集ができます。 [やり直し]ボタン: 元に戻した操作をやり直すことができます。 [プレビュー]ボタン 編集したスタンプを保存し、スタイル情報を反映したスタンプ画像を一覧で表示できます。 販売エリア情報 販売エリアで登録した情報が表示されます。 使用したいフォントがない場合は、販売情報の編集に戻り、販売エリアを変更してください。 設定した文字数が、購入者が入力できる文字数の最大値になります。 プレビュー画面で配置を決定する際に表示する、仮のテキストを入力してください。 全角半角に関係なく、設定した最大文字数まで入力できます。 フォント フォントの種類を選択できます。 販売エリア情報に基づき、選択できるフォントが異なります。 使用したいフォントがない場合は、販売情報の編集に戻り、販売エリアを変更してください。 スライドバーを操作するか、数値を直接入力してください。 方向・配置 縦書き、横書きを指定できます。 左寄せ、中央、右寄せ、均等割付の配置設定ができます。 [設定をすべてのスタンプに適用]ボタン ほかのスタンプにテキストの配置やフォント情報など、すべての設定を適用できます。 エクスポートする:設定した文字の配置やフォント情報を持つファイルを書き出して、ファイルとしてローカルに保存することができます。 かならず[保存]をしてから戻ります。 [保存]ボタン:登録中のスタイル情報を保存します。 ダミーテキストの位置、角度等の設定について リセット• テキストの開始点 テキストの開始点になります。 移動させることで角度をつけることができます。 テキストの終点 テキストの終点になります。 移動させることで角度をつけることができます。 テキストの中間点 テキストに曲線をつけることができます。 [リセット]ボタン テキストの位置、曲線などをリセットし、初期位置に戻ります。 テキスト自体を移動させる場合は、緑の線をクリックしながら移動させてください。 テキストの水平について 水平になると、緑の線が青くなります。 セーフエリア 画像の左右25px、上下15pxに、テキストの見切れをふせぐための「セーフエリア」を濃いグレーで表示しました。 「セーフエリア」内にテキスト入力欄(始点、中間点、終点)を設定した場合、横幅のあるテキストや上下に高さのあるテキストが見切れる場合があり、リジェクトの対象となる可能性があります。 スタイルファイルのインポートとエクスポートについて スタイルファイルは文字の配置情報やフォント等、スタイル編集画面で設定した情報を持ったファイルです。 スタイル編集画面で読み込むことで、別のスタンプに設定を反映させることができます。 インポートする エクスポート 1. [保存]ボタンをクリックする 2. [エクスポート]ボタンをクリックする(スタイル情報をお使いのPCにダウンロード) 3. スタイル情報ファイルが保存されます カスタムスタンプの販売開始以降は、アイテム管理>スタンプ画像タブの[スタイル情報の確認]ボタンをクリックすると、スタイルファイルをエクスポートすることができます。 ステータスが「審査待ち」以降のカスタムスタンプ画像を開き、[スタイル情報の確認]ボタンをクリックする。 [エクスポート]ボタンをクリックして、スタイルファイルをダウンロードしてご利用ください。 style」とは? スタンプ編集画面で設定した文字の配置やフォント情報を持ったファイルになります。 一覧を確認しながら、仮で表示するテキストを変更することが可能です。 設定した最大文字数以内で表示させたいテキストを入力し「更新」ボタンをクリックしてください。 一覧のテキスト情報が更新されます。 かならずプレビューで確認してください。 かならずプレビューで確認してください。 設定文字数が表示されるか確認してみよう 同じフォントでも文字によって幅が違う場合があります。 下記のような文字幅のあるテキストをプレビューで入力して、すべてのスタンプで文字が見切れないか確認しよう。 [新規登録]ボタンをクリックして[スタンプ]を選択する。 表示情報を入力する。 ベースファイル画像を登録。 [スタイル情報の編集]ボタンをクリックして編集する。 スタイル情報を登録してプレビューで確認する。 カスタムスタンプをつくるためのポイント カスタムスタンプ画像について テキストを入れる箇所を空けてデザインしよう• 横書き• 縦書き スタンプ画像制作の際は、かならずテキストが入る箇所を空けてデザインしてください。 カスタムテキストが設定できるのはスタンプ内の1箇所のみです。 全体で見た際に表現が少なく見えないよう、縦書き、横書き等、さまざまなデザインでつくることを推奨しています。 デザインを制作する段階で、何文字入る想定なのかを考慮し、最大文字数を設定してください。 日本語• 中文(繁体)• 文字数が多いと表示する際に文字が小さくなり視認性が悪くなるので気をつけよう。 テキストの視認性について フォントサイズは大きく フォントサイズはなるべく大きく設定することを推奨しています。 設定画面では視認できても、スタンプとしてトーク画面に表示された際に小さく、テキストが読めない場合があります。 フォントのアウトラインを設定する トーク画面の背景によって視認性が下がらないよう、可能な限りフォントにはアウトラインをつける設定をしてください。 黒いフォントカラーは、黒色の着せかえ適用時の視認性を考慮し、 白やグレーなどでアウトラインをつけてください。 テキストの表示位置について テキストがスタンプの外にはみ出さないよう注意してください。 操作画面外にテキストが移動し、操作ができなくなった場合はリセットし、初期位置に戻してください。 プレビュー画面にて、テキストが意図した表示になっているか確認してください。 画像の左右25px、上下15pxに、テキストの見切れをふせぐための「セーフエリア」を濃いグレーで表示しました。 「セーフエリア」内にテキスト入力欄(始点、中間点、終点)を設定した場合、横幅のあるテキストや上下に高さのあるテキストが見切れる場合があり、リジェクトの対象となる可能性があります。 セーフエリア 始点 中間点 終点•

次の