ランダム ダイス 伝説。 ランダム·ダイス(Random Dice)のレビューと序盤攻略

ランダムダイス攻略

ランダム ダイス 伝説

ランダムダイス無課金おすすめの最強デッキ 英雄ダイスまでのダイスで編成したデッキです。 ランダムダイス、というだけにダイスの出現はランダムな為に、どうしても運に左右されるところがありますが、極力多少ダイスの出目に偏りがあっても戦える、というデッキで構成してみました。 左から、「歯車のダイス」、「強風のダイス」、「感染のダイス」、「適応のダイス」、「いけにえのダイス」、の5つです。 各ダイスの効果を解説していきます。 歯車のダイス このデッキの攻撃の要になる「歯車のダイス」です。 本デッキには英雄ダイスが多く組み込まれていますが、英雄は協力モードをプレイして、カードボックスを開けていけば手に入れることができます。 能力は、 連結された歯車のダイスの数によって攻撃力が上昇する。 連結は上下左右に隣接させるということですので、近くに配置してつなげていけばいくほど強力になっていきます。 通称「ギアデッキ」とプレイヤーの中では呼ばれています。 強風のダイス 攻撃メインは「歯車のデッキ」ですが、都合よく「歯車」が沢山出ればよいですが、運悪くなかなか出ない、という場合、他にも 攻撃できるダイスとして「強風のダイス」を組み入れておきます。 効果は、 一定時間ごとに変身する。 変身すると攻撃速度が上がる。 電気のダイス(改)でもよいかと思います。 感染のダイス 「歯車のダイス」が性質上、盤面の大半を埋める構成になるため、高い出目で置いておけば1個でも効果を発揮するダイスとして「感染のダイス」を組み入れます。 効果は、 敵を感染状態にし、感染状態の敵が死亡すると、持続ダメージを与える毒ガスが生成されます。 サブ攻撃要員として入れます。 適応のダイス 手詰まりも回避でき、かつ盤面のダイスを整理していくのに非常に適したダイスです。 同じ目のダイスと合体出来ます。 本デッキだけでなく どんなデッキでも使い勝手がよいため、組み込んでいるプレイヤーも多くみかけます。 いけにえのダイス レアリティは「レアダイス」ですが、伝説ダイスも組み込まれているデッキの中にも編成されているのをよく見かけます。 多くのダイスを輩出し、パワーアップさせるのにはSPが不可欠となるため、SP増加の役割で活躍してくれます。 ダイスが合体するときや攻撃を受ける時、ダイスの目数に比例してSPを獲得するため、どんどん合体させてSPを稼ぎましょう。 ランダムダイス無課金おすすめの最強デッキの使い方 残して増やしていくダイスと、どんどん消していくダイスを区別してプレイできるので比較的シンプルに戦略を立てられます。 攻撃の要となるのが「歯車のダイス」ですので、 歯車のダイスは出来るだけ多く出しておき、繋がらない箇所にはつながっていない箇所は他のダイスを重ねて、歯車が出るようにしていきます。 レベルアップも最優先は「歯車のダイス」とします。 「いけにえのダイス」は消してどんどんSPを稼ぎ、「強風ダイス」は歯車が出ないときに途中でゲームオーバーにならないよう、担保しておきます。 「感染のダイス」は出目4以上のものを1個作っておくことを目標にし、大きめのものが作れたら、小さいものは他のダイスを優先して消していく方針で大丈夫です。 盤面のコントロールに、「適応のダイス」を使っていけばバランスを取ってプレイすることが出来ると思います。 まとめ ランダムダイスの無課金で作れる、かつ作りやすい最強デッキをご紹介しました。 他にも、攻撃ダイスの中心に「鉄のダイス」を据えるのも強力です。 協力モードの際は、敵の動きを遅らせる「氷のダイス」も有効です。 今回ご紹介したデッキのまとめです。 歯車のダイスを軸にしたデッキ編成• 性質上、歯車のダイスで盤面の多くを占めるため、組み合わせるダイスはSPを稼げるもの、出目が高ければ単体で威力が発揮できるものを組み込む。 思うようにダイスが出なかった場合のリカバリーも出来るように、他の攻撃パターンも組み込んでおく。 強いデッキをくみ上げて、対戦モードや協力モードで威力を発揮してみてくださいね!.

次の

RANDOM DICE(ランダムダイス)攻略 Wiki代わりのメモ これ1つで凌げる!(序盤) ②

ランダム ダイス 伝説

80s - -0. 一般の攻撃ダイスの中ではかなり優秀なダイスです。 70s - -0. 出目ごとに+30ダメージが追加されます。 出目ごとのダメージと毒ダメージは以下にて計算できます。 50s - -0. スロウ状態は3回重複し確定で遅延させることができるので、協力のサポート側では重宝されます。 00s - - ターゲット 強い敵 - - - - - - - - - - HPの高い敵から攻撃するダイスでボスに対して二倍のダメージを与えることができます。 一般のダイスにしてはかなり優秀で、クラスが高い人でも使用しております。 レアのトゲのダイスと合わせることで本領発揮してくれます。 90s - - ターゲット ランダム - - - - - - - - - - ランダムで敵を攻撃するダイスです。 使っている人を見たことがないので、あまり使うことはないでしょう。 00s - - ターゲット 前方 - - - - - - - - - - ランダムダメージを与えるダイスです。 ただでさえ運要素の高いランダムダイスの難易度をかなり上げてくれるネタダイスです。 難易度が物足りない人にオススメのダイスです。 0のアップデートでランダムの幅が変更になりました。 最大クリティカルダメージ率の数値までランダムで攻撃することが出来るのでそこそこ強いです。 80s - -0. 2s 一定の確率で1度だけ麻痺させることの出来るダイスです。 遅延としては優秀でマジシャンを倒せない場合にこのダイスを入れることで倒す確率を上げる事が出来ます。 序盤はかなり活躍するダイスです。 00s - -0. 5s 一定時間ごとに追加SPを生成するダイスで、エネルギーのダイスとかなり相性がいいのです。 PvP(対戦)に於いていけにえのダイスの方が安定することから、あまり使っている人を見かけません。 協力モードでエネルギーのダイスで高ウェーブ攻略するときに稀に使っている人いるくらいです。 2において最も使用されていたバフダイスです。 対戦、協力どちらでも使える超優秀ダイスです。 バフに悩んだ場合は光のダイスを入れると良いでしょう。 トゲのダイス Lv1,CLASS3 LvUP CLASSUP タイプ 設置 - - 攻撃力 - - - 攻撃速度 5. 00s - -0. 75s - 道にトゲを設置するダイスです。 鉄のダイスと合わせて使用されることが多いです。 協力モードでランクの低い人が30を超えるときに使用されることがあります。 もしも使うとしたら、このダイスは場に一つあれば十分なので、1個だけ残して合成するようにしましょう。 協力モードで高速周回するときに使用されます。 歯車のダイスや電気のダイス(改)などと相性がいいです。 大量のSPがあれば現環境で最も高いダメージを与えることができる夢のダイスです。 協力モードで200超えの高ウェーブを目指す際によく使用されます。 00s - - ターゲット 前方 - - SP 80 - - - - - - ダイスが合成されるとき、二分のダイスで出目が増えたり、暗殺のダイスで出目が減ったりするとき、マジシャンによりダイスが破壊されたとき、ナイトの変換によりいけにえのダイスから別のダイスに変更されたときにダイスの目に比例してSPを獲得します。 サポートダイスとして超優秀で、初心者から上級者まで使用者が多いダイスです。 80s - -0. 0で追加されたダイスです。 ランダムで攻撃を行い、5回打つ毎に追加ダメージを発生させます。 ターゲットがランダムであるためかなり使いにくいダイスです。 対戦では使用頻度は少ないですが、協力モードでは高ウェーブ狙いの場合には使用することがあるダイスです。 00s - -0. マジシャンは状態異常回復をするため、何度でも振り出しに戻すことができるのですが、振り出しに戻した回数の分だけメテオを撃ち込まれて盤面を荒らされてしまうので、初心者の方は取り扱い注意なダイスです。 7s - - バージョン4. 0で大幅に仕様変更されたダイス。 5回攻撃毎レーザー範囲攻撃を行います。 バージョン4. 0よりレーザー損傷が出目算に変わりました。 以下にて計算できますので、参照にしてください。 00s - - ターゲット 前方 - - - - - - - - - - 同じで目のダイスと合体できるダイスです。 暗殺、召喚、核などのダイスと合わせて使用されることが多いです。 いけにえのダイスと合成するといけにえのダイス1個分のSPしか回収ができないので注意して使用するようにしましょう。 感染のダイス Lv1,CLASS5 LvUP CLASSUP タイプ 状態異常 - - 攻撃力 - - - 攻撃速度 5. 00s - -0. 00s - - 敵を感染状態にし、感染状態の敵が死亡するとその場所に毒ガスを設置するダイスです。 高火力なギアのダイスと合わせることが多く、対戦において1,2ウェーブは安定して超すことができます。 ダイスのプールがない方にはオススメです。 感染のダイスもトゲのダイスと同様の式でダメージ計算することができます。 00s - -0. 1s 敵からSPを吸収するダイスです。 吹雪と合わせて使うことでかなり強いダイスで、成長持っていない方の相方になるダイスです。 相手に敵を送らないようにして、自分だけSPを貯めるようにすると相手がSP枯渇して勝つことができます。 PSは必要ですが楽しいダイスなので成長を持っていない方は試してみてください。 60s - - ターゲット 前方 - - 強風持続時間 3. 3s 強風発動時間 7. 00s - - 風のダイスの上位互換で、一定時間ごとに形状変化し攻撃速度があがります。 単体攻撃のダイスとしてはかなり優秀ですが、クリティカル率が高い人は台風のダイスを使用するので、このダイスを使わなくなります。 70s - -0. 02s ターゲット 前方 - - - - - - - - - - 同じ目のダイスと位置を入れ替えることの出来るダイスです。 歯車のダイス、元素のダイスなどと合わせて使用されます。 また、かなり難しいですが、マジシャンのメテオをスイッチのダイスを使って避けることもできます。 Ver3. 0までは最強ダイスとして対戦で最も多く使われていました。 0、3. 0の二度のバージョンアップによりかなり弱体化されました。 弱体化されてもまだまだ現役の強いダイスです。 連結ダメージの計算フォームは以下記事にて掲載しております。 0で追加されたダイスです。 敵との距離が遠いほど強さを発揮します。 元素のダイスでは盤面外側に配置するのに対し、ウェーブのダイスは外側のゴール方向に配置することで効果を発揮します。 00s - -0. 雑魚は即死、ボスには割合ダメージが与えられます。 雑魚を一掃できるのはかなり楽しいですが、雑魚一掃くらいしか使い道がなく、現状では人気がない伝説のダイスです。 また、核合成によるボスダメージは出目が高いほど割合ダメージが多い傾向にあります。 (未検証のため具体的な数字は不明です。 )高い出目の核合成はボスまで残しておくと安定するので、雑魚処理は低い出目で行いましょう。 00s - -0. 道が長い対戦では使用する方は少ないですが、協力の場合には安定して30ウェーブを超えることができるので使用者が多いダイスです。 60s - - ターゲット ランダム - - 蟻地獄持続時間 5. 00s - 蟻地獄発動時間 7. 00s - -0. 2s 道に減速効果のある蟻地獄を設置するダイスです。 協力モードで高ウェーブを狙う場合、サポート側では必須になるダイスです。 レベルが5になると蟻地獄の持続時間が9. 00sとなり、1つのダイスで7秒間に2個の遅延を設置することができるので、現環境においては遅延効果が最も高いダイスです。 00s - - ターゲット 前方 - - - - - - - - - - 同じ目のダイスと合成すると、そのダイスに変身するダイスです。 とても便利なダイスでどのデッキにも入ります。 持ってて損はありません。 ver3. 0にてボスへの割合ダメージ発生率も追加されました。 地獄のダイス Lv1,CLASS7 LvUP CLASSUP タイプ バフ - - 攻撃力 - - - 攻撃速度 - - - ターゲット - - - 即死確率 0. 台風や砂などと相性がよく、協力ではサポート側に、対戦では台風や強風と合わせて使われることが多いです。 70s - -0. 02s ターゲット 前方 - - 盾持続時間 3. 50s 盾発動時間 10. 00s - -0. 1s 道に敵を邪魔する盾を設置するダイスです。 設置系の遅延ダイスで砂と比べると発動時間や持続時間から選ばれることが少ないです。 このダイスは太陽と相性がよく、チーターか全てクラス15まで上げた廃課金者が愛用しております。 00s - - 一定時間ごとに敵の動きを遅くするダイスです。 8秒ごとに吹雪を起こし、敵全体に遅延効果をもたらせます。 協力の場合は道が狭いため相性が悪いため使用されませんが、対戦ではかなり活躍するダイスです。 吹雪の遅延効果は合計出目に依存します。 最大効果値は50%で効果値は以下記事にて掲載しております。 00s - - ターゲット 前方 - - - - - - 成長時間 15s - -1s ダイスが生成されてから一定時間後に一段階上のダイスにランダムで変身するダイスです。 このダイスを手に入れるまでがチュートリアルと言われ、クラス上げには必須なダイスとなります。 最初はこのダイスを手に入れることを目標にするようにしましょう。 50s - - ターゲット 前方 - - - - - - - - - - ダイスを合体させるとその出目よりも低い数値のダイスをランダムで生成します。 いけにえのダイスと比べられることが多いダイスで、いけにえは早熟型で召喚は大器晩成型と使い分けると良いでしょう。 20s(0. 変身状態の太陽の攻撃スピードは通常の2倍の速度になり、さらに通常の攻撃に加え火のダイスのような範囲攻撃(スプラッシュダメージ)を展開します。 スプラッシュダメージの範囲には上限があり、上限に突破すると範囲は広がらなくなります。 太陽のダイスは数の調整が必要なので、必ずジョーカーのダイスとセットで使うようにしましょう。 80s - -0. 02s ターゲット 前方 - - - - - - - - - - ダイスが合体すると相手のダイスの目をランダムに減少(協力では増加)させます。 嫌がらせに特化したダイスでかなり強いです。 そして協力の高ウェーブ狙いの場合にはサポート側必須ダイスとなっております。 ロイヤルプレミアムパック(課金)でトロフィー2300でGETすることもできるので、どうしても欲しい場合には課金しましょう。 20s -0. 80s - ダイスの周りを回転する元素が攻撃をするダイスです。 元素の攻撃は割合ダメージとなっているため、高ウェーブに近づくにつれて強力なダイスとなります。 20s - -0. 2までは協力で75ウェーブを超える場合に必要でした。 0になってからはレオンの登場により使われなくなったダイスです。 60s - - ターゲット 前方 - - 変身開始時間 6. 00s - - 次の変身時間 4. 00s - - 強風のダイスの上位互換で一定時間ごとに2回変身を繰り返し、2段目の変身ではすべての攻撃がクリティカル攻撃になるダイスです。 アタッカーのダイスとしてかなり安定し、対戦、協力共に使用している人が多いです。 また、このダイスの特徴は確定クリティカル攻撃となっているので、クリティカルダメージ率が高い場合にダイスの恩恵が大きくなります。 ランダムアリーナを行う際には必ず選ぶようにしましょう。 強風と台風のDPSを比べる計算フォームは以下記事にありますので、もしも気になる方がいたら参考にしてください。 50s - - ターゲット 前方 - - - - - - - - - - ダイスと合成するとダイスが変化せずにダイスの目が1つ増加するダイスです。 成長を持っていないときに歯車のダイスと合わせることで、歯車のダイスを安定して強化することができます。 協力ではSPを与えるボーナスモンスターが召喚されます。 対戦、協力ともに使用できる面白いダイスで、対戦ではボスがナイトの時に敵がナイトを倒しきれないと思ったら転移を打つとそのターンで勝つことができます。 協力ではSPを増やすことができるので、30ウェーブ高速周回やエネルギーのダイスを使った高ウェーブ狙いの時に活躍します。 このダイスだけ名前がサイコロとなっているので、次回のアップデートの際に名前が変更される可能性があります。 このダイスは同じ出目の攻撃スピードを下げることができるのですが、その分自分もその枠を使ってしまっているため、あまり強くないダイスです。 しかし協力戦ではある一定の条件を満たすとバグで超速の攻撃ができるようになるため、お遊びダイスとして使用されております。 時間のサイコロと光のサイコロの最大効果値の計算フォームは以下記事にけいさいしておりますので、参考にしてください。

次の

RANDOM DICE(ランダムダイス)攻略 wiki代わり ダイス一覧

ランダム ダイス 伝説

こばにちは。 とんがり畑です。 勿論、雑魚敵にも有用。 ランダムな位置に地雷を設置して、敵が触れると爆発する。 何が有用って、1つ1つのダメージはたいしたことないけど、道に溜めておけることで、 保険的な火力が確保できること。 協力モードのウェーブ20やウェーブ30のボスも地雷だけでボス1匹は仕留められるレベル。 ボスのマジシャンに全部消されるので、すべての状況で強いわけではない。 手に入れたらいれておこう。 ダイスの目が増えると後ろの敵にも連鎖で攻撃してくれる。 ダイスの目が増えるほど有用な火力になっていく。 単体攻撃ながらに素早い攻撃でガシガシ敵を倒していく。 一定時間ごとに一定時間火力が上がるので、出し方次第で交互や合わせることで、 若干の瞬間火力、持続火力が調整可能。 ダイスは5つ必ず入れなきゃいけないってのがネックだけど、 うまいこと歯車のダイスが並べば、火力がドンドンあがっていき、 雑魚だろうがボスだろうが一瞬で溶けていく。 ランダムダイスというタイトルだけあって、歯車のダイスが並ぶかどうかは 運次第・・・。 台風のダイス出してレベル5にしておけば、余裕で20ウェーブまでは到達できるだろ ってくらいには強い。 対戦でも、これだけ入れておけば負けないんじゃないかな?って思える。 うーん、序盤のバランスブレイカー的存在。 台風より強いダイスあるだろ!ってご意見もあるかと思いますが、 1つだけ挙げるなら・・・というところです。 太陽やエネルギー、コンボのダイスも台風のダイスを余裕で凌ぐレベルに強いけど、 序盤で考えると・・・かなり組合せに左右されるかなと思い、ランクインはさせないでみました。 ある種、最強のダイスはジョーカーのダイスだろうな、とは思います。 投稿ナビゲーション.

次の