トマト 大量 消費 ソース。 トマトを大量消費するならトマトソースで!冷凍保存で時短にも!

トマトの大量消費レシピ特集!使い道に困ったら参考にしたい人気料理♪

トマト 大量 消費 ソース

本格!イタリアントマトソース 【材料】 ・ホールトマト 100~250g ・ピュアオリーブオイル 50ml ・ニンニク 2分の1片 叩き潰したもの ・バジル 2枚 ・玉ねぎ小サイズ 1個 ・塩 適量 【材料 香油 】 ・ピュアオリーブオイル 30ml ・ローズマリー 3分の1本 ・ニンニク 2分の1片 叩き潰したもの ・セージの葉 2枚 ・鷹の爪 2分の1個 ・バジル 2枚 【作り方】• 冷えた鍋に香油の材料を入れ、鍋を傾けながら極弱火で香草がキツネ色になるまで加熱します。 香油の材料を加熱している間に、ホールトマトの 身を搾り取るように皮と芯を取り除きます。 皮や芯も絞り、身はつぶします。 冷えた鍋にニンニク、オリーブオイルを入れてから火をつける。 にんにくに色がついてきたら、みじん切りにした玉ねぎをいれ、弱火で10分ほど 透き通るまで 炒めま す。 トマトを入れ中火で加熱し、表面がぽこぽこしてきたらバジルをちぎりながら入れ、10分煮ます。 10分煮たら味見をして、塩で味を調えて完成。 トマトソースに入れるバジルをちぎって入れると切れ口から香りが強く出るので、ソースにもしっかり香りがつきますよ! イタリアトマトソースで使用した ホールトマトなど水煮にされたトマト缶を利用すると生から作るよりかなり簡単に作れます。 また本来はトマトを摩り下ろしたり、つぶして作るものですが荒くカットするなど完全につぶさなくても大丈夫です。 そして保存方法ですが粗熱をとったらジップロックに入れ、 平らにした状態で冷蔵庫で1週間ほど保存できます。 耐熱の保存容器に入れることで冷凍保存も可能です。 トマトソースを使ったレシピのおすすめは? 今までトマトソースの作り方についてみてきましたが今度はトマトソースを使ったおすすめのレシピを紹介します。 牛ひき肉と玉ねぎを油で炒める。 塩コショウ、トマトソースを加え水分が少し飛ぶまで煮る。 ホワイトソースは市販で売られていますし、後はミートソースを作るだけです。 ちなみに ラザニア生地を使用せず餃子の皮でもお手軽に作れますよ。 トマトソースのアレンジも知りたい! さまざまな料理に使える万能トマトソースですが、ソースそのものにアレンジができます。 トマトクリームソース 【材料】 ・トマトソース 300ml ・コンソメ キューブ1つ ・生クリーム 100cc ・塩コショウ 適量 【作り方】• 鍋でトマトソースを加熱して水分を飛ばす。 そこに残りの材料を入れて煮込めば完成。 もしえびや魚介類を使用する場合は、コンソメはなくても魚介から旨みがしっかり出ます。 その代わり、 最初に鍋で魚介類を焼いて旨みをしっかり出すことがポイントです。 まとめ いかがでしたか?トマトソースは覚えておけばどんな料理にも使えます。 使用する材料も魚からきのこ類まで相性は抜群で、冷やしてもおいしく食べられます。 ぜひ皆さんもトマトソースでいろいろな料理を作ってみてください。

次の

ウスターソースを使ったレシピ24選♪消費にもおすすめの人気料理をご紹介!

トマト 大量 消費 ソース

トマトにはリコピンが豊富なのは有名な話。 トマトが赤いのは、このリコピンが赤色の色素成分であるカロテノイドだからなのだ。 カロテノイドの中でも、リコピンは抗酸化作用が強い。 ビタミンEと比較すると、抗酸化作用の強さはおよそ100倍以上ともなるのだ。 リコピンは油に溶けやすいので、油と一緒に調理すると効率よく吸収しやすくなる。 トマトに合わせる油といえば、イタリアンでおなじみのオリーブオイルが思い浮かぶが、ゴマ油と和えても美味しく食べられる。 また、リコピンは加熱すると吸収率が高まる。 シチューやスープにすると、美味しく効率よく栄養を摂取できるのだ。 リコピンを摂取するのに吸収率がよくなる時間帯があることはあまり知られていない。 1日の中でも、朝にリコピンを摂取すると吸収されやすいという研究結果が明らかになった。 リコピンは牛乳との相性もいいので、牛乳と一緒に朝食として食べるのもいいだろう。 トマトは冷蔵ではだいたい10日は日持ちするものの、熟し具合によってはなるべく早く食べたほうがいい場合もある。 生のままでも美味しく食べられるが、一度に大量には消費できないだろう。 トマトが大量に手に入ったときは、冷凍保存をおすすめしたい。 冷蔵保存するにも、ひと手間かけるだけでより美味しく便利にトマトを食べられるようになる。 まず、まるごと保存する場合はヘタを取り除いてからラップで1個ずつ包み、ヘタ部分を下にしてから冷凍保存用袋で冷凍する。 生のトマトの皮むきをする場合は、熱湯につけたり直火であぶったりしなければならないが、冷凍したまるごとトマトは、凍ったまま水につけるだけで簡単に皮がむけるようになる。 保存期間が延びるだけでなく、調理工程も省くことができるようになるのだ。 刻んだトマトも冷凍できる。 粗めのみじん切りにしてから、平らになるように冷凍保存用袋に入れて冷凍する。 使う時は、必要な分だけをパキッと折って、スープなどの具材として加熱して食べる。 解凍する手間もなく、味もなじみやすくなっている。 ミニトマトはまるごと冷凍し、凍ったままハチミツをかけて食べるとシャーベットのようなデザートとして楽しめる。 冷凍庫に常備菜としてストックしておけば、幅広い料理に使うことができるだろう。 トマトを一度に大量消費できる調理法としては、トマトソース作りをおすすめしたい。 トマトソースの作り方を簡単に紹介しよう。 トマトは、ヘタの部分をくり抜くようにして取り除き、皮をむく。 皮のむき方はいろいろあるが、湯を沸かした鍋にトマトを入れたり、直火にかけたりして、皮がむけてきたら冷水にとって手でむく方法がある。 皮をむいたら、トマトをざく切りにしていく。 種はそのままでもいいが、気になるようならトマトを横半分に切ってスプーンで取り除くといいだろう。 フライパンにみじん切りにしたオリーブオイルを熱し、ニンニクを入れる。 弱火でじっくり火を入れていくと、焦げにくく香りもよくなる。 次にみじん切りにした玉ねぎを加えて、弱火で炒めていく。 時間をかけて炒めると、玉ねぎの甘みを引き出すことができる。 玉ねぎに火が通ったら、トマトを投入し、塩コショウやハーブなどで味を調えてから煮込む。 酸味が気になる時は砂糖を加えるといいし、市販のトマトペーストを加えると味に深みが出て色みもきれいに仕上がるだろう。 できあがったトマトソースは、小分けにして冷凍や瓶詰めにして保存しておける。 毎朝のトーストに塗れば、ピザトーストがすぐできる。 パスタやスープ、炒め物など、幅広い料理に使えるトマトソースは、一度に大量に作っておけば便利な食材である。

次の

万能ソース!基本のトマトソースを大量に作り置きして料理にアレンジ

トマト 大量 消費 ソース

本格!イタリアントマトソース 【材料】 ・ホールトマト 100~250g ・ピュアオリーブオイル 50ml ・ニンニク 2分の1片 叩き潰したもの ・バジル 2枚 ・玉ねぎ小サイズ 1個 ・塩 適量 【材料 香油 】 ・ピュアオリーブオイル 30ml ・ローズマリー 3分の1本 ・ニンニク 2分の1片 叩き潰したもの ・セージの葉 2枚 ・鷹の爪 2分の1個 ・バジル 2枚 【作り方】• 冷えた鍋に香油の材料を入れ、鍋を傾けながら極弱火で香草がキツネ色になるまで加熱します。 香油の材料を加熱している間に、ホールトマトの 身を搾り取るように皮と芯を取り除きます。 皮や芯も絞り、身はつぶします。 冷えた鍋にニンニク、オリーブオイルを入れてから火をつける。 にんにくに色がついてきたら、みじん切りにした玉ねぎをいれ、弱火で10分ほど 透き通るまで 炒めま す。 トマトを入れ中火で加熱し、表面がぽこぽこしてきたらバジルをちぎりながら入れ、10分煮ます。 10分煮たら味見をして、塩で味を調えて完成。 トマトソースに入れるバジルをちぎって入れると切れ口から香りが強く出るので、ソースにもしっかり香りがつきますよ! イタリアトマトソースで使用した ホールトマトなど水煮にされたトマト缶を利用すると生から作るよりかなり簡単に作れます。 また本来はトマトを摩り下ろしたり、つぶして作るものですが荒くカットするなど完全につぶさなくても大丈夫です。 そして保存方法ですが粗熱をとったらジップロックに入れ、 平らにした状態で冷蔵庫で1週間ほど保存できます。 耐熱の保存容器に入れることで冷凍保存も可能です。 トマトソースを使ったレシピのおすすめは? 今までトマトソースの作り方についてみてきましたが今度はトマトソースを使ったおすすめのレシピを紹介します。 牛ひき肉と玉ねぎを油で炒める。 塩コショウ、トマトソースを加え水分が少し飛ぶまで煮る。 ホワイトソースは市販で売られていますし、後はミートソースを作るだけです。 ちなみに ラザニア生地を使用せず餃子の皮でもお手軽に作れますよ。 トマトソースのアレンジも知りたい! さまざまな料理に使える万能トマトソースですが、ソースそのものにアレンジができます。 トマトクリームソース 【材料】 ・トマトソース 300ml ・コンソメ キューブ1つ ・生クリーム 100cc ・塩コショウ 適量 【作り方】• 鍋でトマトソースを加熱して水分を飛ばす。 そこに残りの材料を入れて煮込めば完成。 もしえびや魚介類を使用する場合は、コンソメはなくても魚介から旨みがしっかり出ます。 その代わり、 最初に鍋で魚介類を焼いて旨みをしっかり出すことがポイントです。 まとめ いかがでしたか?トマトソースは覚えておけばどんな料理にも使えます。 使用する材料も魚からきのこ類まで相性は抜群で、冷やしてもおいしく食べられます。 ぜひ皆さんもトマトソースでいろいろな料理を作ってみてください。

次の