電話 占い 2020。 電話占い【リノア】は復縁の相談が人気!?復縁に強いおすすめ占い師もご紹介!|【電話占いランキング2020】比較で判明!当たる電話占いサイトや占い師の特徴

電話占い人気ランキング2020

電話 占い 2020

私たちは「令和」という新しい時代を迎えました。 即位礼正殿の儀で令和天皇が述べられたおことばに、『日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たす』とのお誓いがございました。 この「統合」はマヤでは、フナブ・クーの「hun1なるもの」の数秘の意です。 マヤ暦では令和天皇は「ヘビ・1」のお生まれでもありますので、「1」なるもの「統合」は、より一層私たちにとって身近なものになるだろうとおもいます。 また皇后雅子様のマヤ暦のお生まれは「イヌ Oc ・8 uaxac 」であられますので、2020年を担ぐ年の守護者「香・8」とはコインの裏表の関係となります。 天皇とともに、国民や社会での女性なるものの力強い導き手の象徴となってくださるようにもおもいます。 2020年2月20日、マヤ暦では年の守護者が「道」から「香」に交代します。 「香」は地球、躍動する動き、地震、創造的思考や天の脳髄などといわれていて、あらゆるものを存在させる原初霊とも関係するパワフルな「トーテム守護者」です。 2020年は東京オリンピックも開催され、スポーツだけではなく、世界中から「日本なるもの」や「日本文化」も注目されることとなるでしょう。 では2020年、マヤ暦からはどのような世界が見えてくるのでしょうか!? (1)「旱魃 かんばつ の風」が吹く前兆なる時 2020年2月、東の王「香 caban 」が北のバカブ王のもと「年の荷」をもって着座されます。 アマゾン大規模森林火災によって広大な森林が炎に包まれ、緑が喪失していくなかで先住民たちは故郷を失うという、これまでにない脅威に直面しています。 このことは人類への大きな警告だろうとおもいます。 古代マヤ民族は「焼き畑農業」をしていました。 数年のあいだ作物栽培をおこなった後、いったんその畑を放棄し、その土地を回復させる休閑期間をへて、再び利用するという循環的な農耕の方法です。 あるいは枯草、藁などを火をつけて焼き払い、害虫の卵や幼虫を絶滅させることで灰を肥料として利用するということもあります。 2019年、大規模なアマゾン森林火災の発生で「焼き畑」は原則禁止されました。 『カトゥン4アハウ』の時代 1993年から2012年 、私たちが住む「社会」という大地は、大地震や大震災、大型ハリケーンやアメリカ同時多発テロなどがおこり、比喩的にいえば「今私たちが暮らす社会という大地」は、すでに埃だらけになってしまい、潤いを与えてくれる自然の恵みや水は枯れてしまいました。 そして2013年から始まった『カトゥン2アハウ』の現代、統治がクライマックスになるのは、これから2022年までです。 マヤ宇宙論でもある『チラムバラムの予言』と自然界の摂理に準じてこの事象を読み解くならば、殺伐として潤いのなくなってしまった近代社会は、アマゾンの森林大火災のようにさらに炎は燃え広がり、害虫の卵が絶滅するまで『フン・ヨボル・イク 旱魃の風 』は滞在するだろうということです。 ということは2022年頃までに「旱魃 かんばつ の風」が生まれ、大きな災難や飢饉がもたらされるかもしれないということです。 旱魃 かんばつ とは、大地がひでりでカラカラになってしまうことですが、現代社会はまさに旱魃 かんばつ と化してしまっているように一見すると見えるのですが、マヤ暦的にはこれからが始まりです。 2020年の冬至12月21日には「風・1」が着座して、翌年2021年2月には「風」が「冥界数9」と合体し、年の守護者として「一年」を担ぐ座につくこととなります。 「旱魃の風・・・フン・ヨボル・イク」の到来です。 2020年、私たちが生きる大地・社会の様子を、危機感をもってみなおすこと。 自分たちの足で確かめながら、乾いた砂漠という社会でどのように生き延びるのか、サバイバル術戦略が必要になるのかもしれません。 2020年は元気な年になるけれども、2021年はぐっと下がるという覚悟をして楽しむことが大切となりそうです。 (2)権力や強いものが破壊されていく年 「香 Caban 8 uaxac 」が年の守護者となる2020年、宵の明星でアンダーワールドに同行する「香」の神は、春分の頃になると『ブルク・チャブタン 戦争と人身供儀の神で崇拝された英雄 』と出会うことになります。 マヤ暦には「時や日、周期」を担ぐ「日の担ぎ手」と呼ばれるサンタクロースのような存在がいます。 サンタクロースはクリスマスになるとプレゼントをいれた大きな白い袋を背負ってやってきますが、マヤの「日の担ぎ手」は「時の荷」を袋にいれ、担いで天から地上へ降りてきて、偶然をよそおったり私たちの願いを叶えたり、プチ試練を与えて成長するように、といったような事象の中身がはいっているわけです。 毎日違う「担ぎ手」がやってくるのですが、私たちのナーカルと波動が似ている「担ぎ手」もいれば、温度が全く違うような「担ぎ手」もやってきます。 それを地上では「良い引き寄せがあった」とか「悪い一日だった」という表現をしているわけですね。 そういった時の荷の現象が天から降りてくるとき、私たちは個人のことだけでなく、大きな地球惑星として、あるいは世界や国としても、荷をとらえなければなりません。 2020年の一年を担ぐ守護者の荷は、地上で強いものも天空神の存在によって破壊されうるという「テスカトリポカ」に対応する「ブルク・チャブタン」が、生贄を要求することもあるかもしれません。 天への生贄として高位な宗教指導者や社会的権威や力あるものの暗殺には気をつけなければならないかもしれません。 また金融取引や強盗事件などにも、警戒が必要かもしれません。 お金やダイヤモンド、高級ブランド志向や権威主義など、力ある強いものに執着する心を破壊しようとされる年の荷なのだろうと予測されます。 (3)「未来」でも「現在」でもなく「ゼロ以前」から始まる 古代マヤ民族はインドの数学者が「0」を発見する数百年も前から、「ゼロ」の概念や記号を採用していました。 貝殻のかたちで描かれるマヤの「ゼロ」は、量や単位が存在しないということではなく、「一つのくくりが終わる」「一続きの働きが完了する」という価値概念をもっています。 たとえば「2012年12月21日世界が滅亡する」という、マヤ人類滅亡説が世間を騒がせましたが、そのときのマヤ暦の表記は「13バクトゥン. 0.0.0.0」とゼロが並んでいます。 現代では真夜中12時を0時と表しますし、生まれた子どもは1年経過するまで「0才」ですよね。 「ゼロ」は存在していないわけではないことがわかると思います。 またマヤ神聖暦は「妊娠周期暦」ともいわれていますが、曼荼羅 まんだら という仏教の宇宙観で「胎蔵界曼荼羅」は、胎児が母胎のなかで育まれ成長するがごとく人が菩提心 ぼたいしん に目覚め、悟りに導かれていく姿を展開していて、その有り様はマヤ神聖暦と同じ構造をなしています。 でもよく考えると0才として誕生するのであれば、お腹の中にいる胎児としての「時」は何なのでしょう?人間として身体を形造って成長していく様は生命の神秘であったり、無意識的な世界であったりというようにすごく大切な時で、「マヤ神聖暦」や「胎蔵界曼荼羅」はそのことをあらわしています。 本質やミクロコスモスが象られる「ゼロ以前」の創造の世界が認識される「始まり」の時です。 1960年代を境に物質科学主義から多重世界認識へと、意識がシフトしつつあるといわれています。 そして2020年、私たちは「現在」「過去」でも「未来」でもなく、「ゼロ」以前から世界が始まっているのだと理解することが、不思議な引き合いの拘束性を働かせ、運命の秘密を解き明かす鍵になるだろうとおもいます。 引き寄せの法則の原初思考がここにあると教えてくれています。 (4)ゆらぎと非線形的思考へ向かう年 私たちは今、未来予測が困難な時代に生きています。 そして2020年は私たち日本人にとっても、大切な転換点になるだろうと感じています。 マヤ暦では「52年サイクル(カレンダーラウンドと呼ばれる)」は、とても神秘的で重要な意味をもっています。 人間も52才で新しい火の儀式がやってきて第二の誕生をむかえます。 そのような聖なるサイクルからみえてくる2020年を予測してみましょう。 1916年大正5年は、2020年を担ぐ年の守護者と同じ「香・8」の年でした。 現代の世界のあり方に影響を与えた世界史上極めて重要な出来事だと言われる「第一次世界大戦」という、世界戦争の真っ最中でした。 そこでは人間も社会も未熟でした。 そして次なる「香・8」の年は1968年です。 今年52才をむかえる人たちが生まれた年です。 1963年にようやく黒電話の提供が開始され、東京大学では闘争がおこり、安田講堂事件となったのが「香・8」が終わろうとしていた頃です。 また年末には3億円強盗事件もおこりました。 社会も人も戦争と平和のあいだでめまぐるしいほどの変化を受けとめながら、世界は少しずつ発展と成長を繰り返し、社会や人が成熟してきたという時代背景です。 2020年もまた「大きな変化の流れを受けとめる」始まりになるだろうと予測します。 成熟した社会とそこに生きる私たち人間は、次なるものが何なのか見つからなくなっているからです。 これまでの時代のように「原因と結果」「善と悪」、「生と死」や「完全と不完全」なのどように、相反するものごとの見方がまずは変化していくということを、マヤの暦や予言は教えてくれています。 スピノザのように「組み合わせ」として考えたり、統合や合体させたり、あるいはマヤ暦の生と死のサインがペアであるように背中合わせとして考えたり、未規定なるものとして全体をとらえたりしながら、結果や相対するものにコミットしない生き方や思考へと向かうわけです。 そのような「非線形的な考え方、生き方」が中心となってくるだろうと予測されます。 大河の時の流れのなかで、日常的には魂や心は日々修行をしつつ、次元を超えたマヤの聖なる時間では、秩序や規則のない「非線形的」なゆらぎを感じて世界を生きるように、異なる世界のとらえ方をしながら大いなる自然の摂理に導かれていくように思います。 2020年が皆さまににとって、脳髄を震撼させるような「大切なこと」に気づく一年となりますように。

次の

電話占い人気ランキング2020

電話 占い 2020

New arrival 最新デビュー 毎月続々と人気の占い師がデビュー。 最新情報をいち早くお届けします。 Feature Cometの電話占い 「寄り添い」の心 Cometの電話占いが他社サービスと最も異なる点は、未来は定められた結果を待つものではなく、見えたものに対して意識を高める、行動してみる、そして継続的に最適な努力をすることで望む未来へと変えていくサポートをします。 そんな理由から電話占いCometは「当たる」「詳しいアドバイス」に加えて、「寄り添いの心」を何よりも大切にしたいと考えています。 Blog 占い師ブログ Cometの人気占い師が発信する面白情報。 ライフスタイルに役立つ情報をお届け。 自宅や外出先からも携帯電話ひとつで時間や場所を気にすることなく、プロの占い師にプライベートな悩み相談ができることから、20代から50代の女性を中心に幅広く利用されています。 さらにシステムを通すことで個人の連絡先が相手に伝わることもなく、時間管理や決済も安全にご利用いただけます。 Price 鑑定料金について 電話占いは1分単位、メール占いは1通単位。 料金は後払いからご利用いただけます。

次の

2020年 1月 当たる!?オススメの電話占い師

電話 占い 2020

私たちは「令和」という新しい時代を迎えました。 即位礼正殿の儀で令和天皇が述べられたおことばに、『日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たす』とのお誓いがございました。 この「統合」はマヤでは、フナブ・クーの「hun1なるもの」の数秘の意です。 マヤ暦では令和天皇は「ヘビ・1」のお生まれでもありますので、「1」なるもの「統合」は、より一層私たちにとって身近なものになるだろうとおもいます。 また皇后雅子様のマヤ暦のお生まれは「イヌ Oc ・8 uaxac 」であられますので、2020年を担ぐ年の守護者「香・8」とはコインの裏表の関係となります。 天皇とともに、国民や社会での女性なるものの力強い導き手の象徴となってくださるようにもおもいます。 2020年2月20日、マヤ暦では年の守護者が「道」から「香」に交代します。 「香」は地球、躍動する動き、地震、創造的思考や天の脳髄などといわれていて、あらゆるものを存在させる原初霊とも関係するパワフルな「トーテム守護者」です。 2020年は東京オリンピックも開催され、スポーツだけではなく、世界中から「日本なるもの」や「日本文化」も注目されることとなるでしょう。 では2020年、マヤ暦からはどのような世界が見えてくるのでしょうか!? (1)「旱魃 かんばつ の風」が吹く前兆なる時 2020年2月、東の王「香 caban 」が北のバカブ王のもと「年の荷」をもって着座されます。 アマゾン大規模森林火災によって広大な森林が炎に包まれ、緑が喪失していくなかで先住民たちは故郷を失うという、これまでにない脅威に直面しています。 このことは人類への大きな警告だろうとおもいます。 古代マヤ民族は「焼き畑農業」をしていました。 数年のあいだ作物栽培をおこなった後、いったんその畑を放棄し、その土地を回復させる休閑期間をへて、再び利用するという循環的な農耕の方法です。 あるいは枯草、藁などを火をつけて焼き払い、害虫の卵や幼虫を絶滅させることで灰を肥料として利用するということもあります。 2019年、大規模なアマゾン森林火災の発生で「焼き畑」は原則禁止されました。 『カトゥン4アハウ』の時代 1993年から2012年 、私たちが住む「社会」という大地は、大地震や大震災、大型ハリケーンやアメリカ同時多発テロなどがおこり、比喩的にいえば「今私たちが暮らす社会という大地」は、すでに埃だらけになってしまい、潤いを与えてくれる自然の恵みや水は枯れてしまいました。 そして2013年から始まった『カトゥン2アハウ』の現代、統治がクライマックスになるのは、これから2022年までです。 マヤ宇宙論でもある『チラムバラムの予言』と自然界の摂理に準じてこの事象を読み解くならば、殺伐として潤いのなくなってしまった近代社会は、アマゾンの森林大火災のようにさらに炎は燃え広がり、害虫の卵が絶滅するまで『フン・ヨボル・イク 旱魃の風 』は滞在するだろうということです。 ということは2022年頃までに「旱魃 かんばつ の風」が生まれ、大きな災難や飢饉がもたらされるかもしれないということです。 旱魃 かんばつ とは、大地がひでりでカラカラになってしまうことですが、現代社会はまさに旱魃 かんばつ と化してしまっているように一見すると見えるのですが、マヤ暦的にはこれからが始まりです。 2020年の冬至12月21日には「風・1」が着座して、翌年2021年2月には「風」が「冥界数9」と合体し、年の守護者として「一年」を担ぐ座につくこととなります。 「旱魃の風・・・フン・ヨボル・イク」の到来です。 2020年、私たちが生きる大地・社会の様子を、危機感をもってみなおすこと。 自分たちの足で確かめながら、乾いた砂漠という社会でどのように生き延びるのか、サバイバル術戦略が必要になるのかもしれません。 2020年は元気な年になるけれども、2021年はぐっと下がるという覚悟をして楽しむことが大切となりそうです。 (2)権力や強いものが破壊されていく年 「香 Caban 8 uaxac 」が年の守護者となる2020年、宵の明星でアンダーワールドに同行する「香」の神は、春分の頃になると『ブルク・チャブタン 戦争と人身供儀の神で崇拝された英雄 』と出会うことになります。 マヤ暦には「時や日、周期」を担ぐ「日の担ぎ手」と呼ばれるサンタクロースのような存在がいます。 サンタクロースはクリスマスになるとプレゼントをいれた大きな白い袋を背負ってやってきますが、マヤの「日の担ぎ手」は「時の荷」を袋にいれ、担いで天から地上へ降りてきて、偶然をよそおったり私たちの願いを叶えたり、プチ試練を与えて成長するように、といったような事象の中身がはいっているわけです。 毎日違う「担ぎ手」がやってくるのですが、私たちのナーカルと波動が似ている「担ぎ手」もいれば、温度が全く違うような「担ぎ手」もやってきます。 それを地上では「良い引き寄せがあった」とか「悪い一日だった」という表現をしているわけですね。 そういった時の荷の現象が天から降りてくるとき、私たちは個人のことだけでなく、大きな地球惑星として、あるいは世界や国としても、荷をとらえなければなりません。 2020年の一年を担ぐ守護者の荷は、地上で強いものも天空神の存在によって破壊されうるという「テスカトリポカ」に対応する「ブルク・チャブタン」が、生贄を要求することもあるかもしれません。 天への生贄として高位な宗教指導者や社会的権威や力あるものの暗殺には気をつけなければならないかもしれません。 また金融取引や強盗事件などにも、警戒が必要かもしれません。 お金やダイヤモンド、高級ブランド志向や権威主義など、力ある強いものに執着する心を破壊しようとされる年の荷なのだろうと予測されます。 (3)「未来」でも「現在」でもなく「ゼロ以前」から始まる 古代マヤ民族はインドの数学者が「0」を発見する数百年も前から、「ゼロ」の概念や記号を採用していました。 貝殻のかたちで描かれるマヤの「ゼロ」は、量や単位が存在しないということではなく、「一つのくくりが終わる」「一続きの働きが完了する」という価値概念をもっています。 たとえば「2012年12月21日世界が滅亡する」という、マヤ人類滅亡説が世間を騒がせましたが、そのときのマヤ暦の表記は「13バクトゥン. 0.0.0.0」とゼロが並んでいます。 現代では真夜中12時を0時と表しますし、生まれた子どもは1年経過するまで「0才」ですよね。 「ゼロ」は存在していないわけではないことがわかると思います。 またマヤ神聖暦は「妊娠周期暦」ともいわれていますが、曼荼羅 まんだら という仏教の宇宙観で「胎蔵界曼荼羅」は、胎児が母胎のなかで育まれ成長するがごとく人が菩提心 ぼたいしん に目覚め、悟りに導かれていく姿を展開していて、その有り様はマヤ神聖暦と同じ構造をなしています。 でもよく考えると0才として誕生するのであれば、お腹の中にいる胎児としての「時」は何なのでしょう?人間として身体を形造って成長していく様は生命の神秘であったり、無意識的な世界であったりというようにすごく大切な時で、「マヤ神聖暦」や「胎蔵界曼荼羅」はそのことをあらわしています。 本質やミクロコスモスが象られる「ゼロ以前」の創造の世界が認識される「始まり」の時です。 1960年代を境に物質科学主義から多重世界認識へと、意識がシフトしつつあるといわれています。 そして2020年、私たちは「現在」「過去」でも「未来」でもなく、「ゼロ」以前から世界が始まっているのだと理解することが、不思議な引き合いの拘束性を働かせ、運命の秘密を解き明かす鍵になるだろうとおもいます。 引き寄せの法則の原初思考がここにあると教えてくれています。 (4)ゆらぎと非線形的思考へ向かう年 私たちは今、未来予測が困難な時代に生きています。 そして2020年は私たち日本人にとっても、大切な転換点になるだろうと感じています。 マヤ暦では「52年サイクル(カレンダーラウンドと呼ばれる)」は、とても神秘的で重要な意味をもっています。 人間も52才で新しい火の儀式がやってきて第二の誕生をむかえます。 そのような聖なるサイクルからみえてくる2020年を予測してみましょう。 1916年大正5年は、2020年を担ぐ年の守護者と同じ「香・8」の年でした。 現代の世界のあり方に影響を与えた世界史上極めて重要な出来事だと言われる「第一次世界大戦」という、世界戦争の真っ最中でした。 そこでは人間も社会も未熟でした。 そして次なる「香・8」の年は1968年です。 今年52才をむかえる人たちが生まれた年です。 1963年にようやく黒電話の提供が開始され、東京大学では闘争がおこり、安田講堂事件となったのが「香・8」が終わろうとしていた頃です。 また年末には3億円強盗事件もおこりました。 社会も人も戦争と平和のあいだでめまぐるしいほどの変化を受けとめながら、世界は少しずつ発展と成長を繰り返し、社会や人が成熟してきたという時代背景です。 2020年もまた「大きな変化の流れを受けとめる」始まりになるだろうと予測します。 成熟した社会とそこに生きる私たち人間は、次なるものが何なのか見つからなくなっているからです。 これまでの時代のように「原因と結果」「善と悪」、「生と死」や「完全と不完全」なのどように、相反するものごとの見方がまずは変化していくということを、マヤの暦や予言は教えてくれています。 スピノザのように「組み合わせ」として考えたり、統合や合体させたり、あるいはマヤ暦の生と死のサインがペアであるように背中合わせとして考えたり、未規定なるものとして全体をとらえたりしながら、結果や相対するものにコミットしない生き方や思考へと向かうわけです。 そのような「非線形的な考え方、生き方」が中心となってくるだろうと予測されます。 大河の時の流れのなかで、日常的には魂や心は日々修行をしつつ、次元を超えたマヤの聖なる時間では、秩序や規則のない「非線形的」なゆらぎを感じて世界を生きるように、異なる世界のとらえ方をしながら大いなる自然の摂理に導かれていくように思います。 2020年が皆さまににとって、脳髄を震撼させるような「大切なこと」に気づく一年となりますように。

次の