イオン イオンモール 株 違い。 イオン株式会社とイオンリテール株式会社、イオンモール株式会社の違いとイオングループについて

イオン株式会社とイオンリテール株式会社、イオンモール株式会社の違いとイオングループについて

イオン イオンモール 株 違い

, Ltd. 2018年5月17日に資本金の額を489億70百万円から1億円にすると広告した。 イオンリテール株式会社(: AEON RETAIL Co. , Ltd. )は、中瀬()に本社を置く日本の大手流通グループ「」に属する、東北地方を除く とで(GMS)および(SM)の「 」などを運営する企業である。 概要 [ ] イオンは、ライバル企業の買収などでグループが肥大化する一方、いわゆる「」によるイオンが得意としてきた郊外型店舗の出店規制、さらにはのに端を発する経済の先行き不透明さなどが相まって、消費低迷による売り上げの減少に見舞われるようになってきた。 そこで、グループの重複事業を整理し、より効率的な運営を行うため、はグループの純粋持株会社に転換し、小売事業をであった当社に切り離して継承させた。 当分の間はそれまでイオン自身が行っていた店舗運営のみを行うが、今後は順次グループ内の小売り事業の整理が進められることになっている。 沿革 [ ]• (61年):に「株式会社新日本海ショッピングタウン」を設立(当初の業務は同名の【現・】の管理・運営)。 (元年):ジャスコ株式会社が株式会社新日本海ショッピングタウンを買収。 (平成11年) - (平成12年)頃:新日本海ショッピングタウンの運営をジャスコ株式会社に譲渡、株式会社新日本海ショッピングタウンはへ移行。 1999年(平成11年)12月:「株式会社新日本海ショッピングタウン」を「(商号保全会社の)イオン株式会社」に商号変更(現在のイオン株式会社は別の会社であり親会社)。 この商号変更には、親会社であるジャスコ株式会社が、将来的にイオン株式会社への商号変更を可能にし、グループ外の他社に先に商号を取得されないようにするための商号保全の目的があった。 実際、ジャスコ株式会社は2001年にイオン株式会社に商号変更した。 したがって、以後2007年11月までイオングループ内に「イオン株式会社」が2社あった状態になる。 (平成19年)11月:「(商号保全会社の)イオン株式会社」を「イオンホールディングス株式会社」に商号変更。 これも、(親会社の)イオン株式会社が純粋持株会社に移行する際に商号変更する可能性を考慮して商号保全の目的でなされた商号変更である。 結局、同社の純粋持株会社移行に際して商号変更は行われなかった。 (平成20年)• :「イオンリテール株式会社」に商号変更。 :国内小売業では初の試みとしてとの直接取引を開始。 ・・・鳥取県内のジャスコで販売される。 なお、この件は同年に放送された『』で紹介された。 :イオン株式会社を分割し、そのうちの小売事業部門を吸収。 事業開始。 :JFいしかわとの直接取引を開始。 中部地区のジャスコにて取り扱う。 (平成21年)• :江の島片瀬漁業協同組合との直接取引を開始。 ・・・のジャスコにて取り扱う。 :IT機能に係わる資産をイオンリテールから分割し、イオンが全額出資する機能会社イオンアイビスを設立。 :葬祭事業として「」を開始。 :イオンリテール東北カンパニーと東北地域のイオングループ3社(・・)との間の協業組織として「イオン東北食品商品部」を新設。 :イオンリテールが運営すると内の「」6店舗をへ譲渡。 :イオンリテールが運営する内のショッピングセンター2店舗の全事業をへ譲渡。 (平成22年)• :スーパーマーケット事業を吸収分割により、イオン株式会社が新たに設立するマックスバリュ地域子会社6社(・・・・・)へ継承(一部店舗は除く)。 :生活雑貨専門店「R. U(アール・オー・ユー)」事業を立ち上げ、イオン津田沼ショッピングセンター(現・)と(Kazeゾーン)に2店舗を同時オープン。 :事業の再編に伴い、イオンリテール子会社のを吸収合併。 (平成23年)• :転換店舗1号店として、に「ザ・ビッグエクストラ」を開店。 :GMS事業の再編に伴い、グループ会社のを吸収合併。 同時に「ジャスコ」・「サティ」の店舗ブランドを「」に統一し、「」の運営を引き継いだ。 :のトップブランド「THEFACESHOP(ザ・フェイスショップ)」の日本総代理店となり、同日より「イオンショップ」での販売を開始。 同年にとにカウンセリング式のコーナーをオープン。 :と提携しの提供を開始。 :イオンリテール運営のザ・ビッグエクストラ、(信州池田店を除く)、イオンスーパーセンター21店舗を新設の株式会社へ 、メガマート信州池田店をマックスバリュ長野へ それぞれ継承。 :イオンリテール運営のモール型ショッピングセンター48か所を「」へ、 NSC 33か所を「」へそれぞれ名称変更。 同時にイオンリテールが運営していたNSC62か所を吸収分割によりイオンタウン株式会社へ継承。 (平成24年)• :小型スーパーマーケット業態「」事業を吸収分割により、新設のへ継承。 :「イオンバイク」で展開するサイクル事業の一部(関東地区の店舗)を新設分割により、当社子会社のイオンバイク株式会社へ継承。 (平成25年)• 3月1日:「イオンリカー」で展開するリカー事業の一部(単独出店している21店舗)を分割し、イオン株式会社の子会社であるイオンリカー株式会社へ継承。 11月1日:イオンリテール運営のショッピングセンター69ヶ所がイオンモールへ移管される。 11月30日:ブランドの垣根を越えたスタイル別で展開し、カフェやネイルサロンも併設したファッション・生活雑貨のワンフロア型大型専門店「FT(エフティ)」事業を立ち上げ、イオンタウン吉川美南内に1号店の「FT吉川美南店」をオープン。 (平成26年)• 3月1日:組織再編により地域ごとのカンパニー体制が見直され、従来の「北陸信越カンパニー」を各地域の事業部ごとに分割し、新潟事業部は「北関東カンパニー」と統合して「北関東・新潟カンパニー」に、長野事業部は「東海カンパニー」と統合して「東海・長野カンパニー」に、北陸事業部は「東近畿カンパニー」・「西近畿カンパニー」と統合して「近畿・北陸カンパニー」となる(「東北カンパニー」・「南関東カンパニー」・「中四国カンパニー」は従来通り)。 9月1日:「イオンのお葬式」として展開していたを親会社のイオン株式会社との共同出資により設立したイオンライフ株式会社へ分社化。 11月15日:従来から展開している「キッズ共和国」を新業態の「KIDS REPUBLIC(キッズ リパブリック)」に刷新し、内に1号店の「KIDS REPUBLIC 倉敷」をオープン。 (平成27年)• 3月1日:「R. U」として展開していた生活雑貨専門店事業と「アコレ」として展開していた小型ディスカウントストア事業をイオン株式会社との共同出資により設立したR. U株式会社とアコレ株式会社へそれぞれ分社化。 4月9日:株式会社のGMS事業のうち、関東・関西地方及び愛知県名古屋市・宮城県・山梨県の「」計34店舗をにより継承することに関する基本合意書を締結することを発表(愛知県名古屋市の店舗は同年9月1日付で、関東・関西地方及び宮城県・山梨県の店舗は2016年3月1日付でそれぞれ継承した。 4月17日:製品やアクセサリを扱うイオン初のアップル正規代理店(Apple Premium Reseller)「NEWCOM(ニューコム)」を立ち上げ、イオンレイクタウン内に1号店「NEWCOM レイクタウンkaze」をオープン。 6月1日:イオン商品調達株式会社の機能を移管統合。 9月1日:株式会社ダイエーより愛知県内のダイエー5店舗(今池店・金山店・上飯田店・名古屋東店・メイトピア店)を継承(継承は株式会社ダイエーが保有していた株式会社の普通株式を一旦イオン株式会社へ承継した後、イオン株式会社から当社へ再承継する2段階の会社分割によるもの )。 継承時は店舗ブランドを転換せず「ダイエー」で営業。 9月14日:当社が運営する本州・四国の「イオン」全店舗で収納代行サービスを開始(なお、当日よりサービスを開始したのは中国・四国エリアが対象で、東海・長野エリアでは8月10日より、東北・北関東・新潟エリアでは9月1日より、近畿・北陸エリアでは翌9月2日より、南関東エリアでは9月10日より先行で順次サービスを開始している)。 9月27日:承継された愛知県のダイエー5店舗の「ダイエー」としての営業を終了。 2日間の休業を経て、同年10月1日付で「イオン」へ屋号変更した。 10月14日:で「清水フードセンター」の屋号でスーパーマーケットを展開する株式会社との出資引受契約を締結し、同社がイオングループ入りしたことを発表。 12月4日:の前にこの日開業した「イオンタウン仙台富沢」の核店舗として、「イオン仙台富沢店」をオープン。 当店舗は当社が運営する店舗で初めてとなる売り場面積1,000平方メートル未満の小型スーパーマーケットで、売場面積は約840平方メートルである。 2016年(平成28年)• 2月26日:2014年から開始している「イオンモバイル」において、当社がMVNO事業者()となり、独自の通信料金プランの提供と、対象の「イオン」店舗での故障修理の受付・登録情報(料金プラン・ユーザー情報)の変更・解約受付を開始。 3月1日• 株式会社ダイエーより本州の一部(関東・関西の一部及び・)の「ダイエー」29店舗を継承(継承方法は株式会社ダイエーが吸収分割によって29店舗の小売事業に関して有する権利義務を承継したイオンリテールストア株式会社の普通株式を、愛知県の店舗を承継した時と同様に、一旦イオン株式会社へ承継した後、イオン株式会社から当社へ承継する2段階の会社分割によるもの )。 継承した店舗は後述する「ダイエー碑文谷店」を除く28店舗は3月中に順次「ダイエー」としての営業を終了し、2日間の休業を経て「イオン」へ屋号変更し、3月30日の金剛店()、(大阪府)、()、三田店()の4店舗のブランド変更により、「ダイエー碑文谷店」を除く全店舗の「イオン」への屋号変更を完了した。 株式会社よりの「」7店舗を継承(マックスバリュ東北での営業は継承前に終了済)。 継承した店舗は改装が行われ、3月15日の村上肴町店(新潟県)を皮切りに順次「イオン」としてオープンし、3月30日の亀田店(新潟県)を以って全店舗がスーパーマーケット業態の「イオン」としてオープンさせた。 ファッションビル事業再編に伴う組織統合に伴い、「」・「ビブレ」の運営を株式会社へ移管。 3月5日:にこの日開業した公設商業施設「ひろのてらす」内に「イオン広野店」をオープン。 当店は食料品や日用品を中心に扱うスーパーマーケット業態の店舗となる。 4月8日:イオン葛西店3階に、専門店「ステッキ工房 FANTASTICK(ファンタステッキ)」をオープン。 5月5日:ダイエー碑文谷店の閉店によりイオンリテール運営のダイエーが消滅。 7月22日:2010年から発行しているご当地「しずおかWAON」の利用金額の0. 9月24日:イオン東戸塚店(現・イオンスタイル東戸塚)3階に、キッズリパブリック東戸塚店をオープン。 当店より「キッズリパブリック」のブランドロゴ・シンボルマークが一新される。 12月16日:「」(旧:ダイエー碑文谷店)ソフトオープン。 2017年(平成29年)8月31日 - イオンモリシア津田沼店とイオン南砂町スナモ店の2店舗を閉店し、運営を株式会社ダイエーへ継承。 継承後、改装により同社のフードスタイル業態(AEON FOOD STYLE by daiei)へ転換し、同年9月5日にダイエー津田沼モリシア店とダイエー南砂町スナモ店として再開業する。 2018年(平成30年)• 3月1日 - 営業企画担当および営業推進本部を再編し、営業担当を新設。 営業担当下に地域カンパニーを配置し、従来の6カンパニー体制から7カンパニー体制へと再編。 従来の「北関東・新潟カンパニー」「東海・長野カンパニー」「近畿・北陸カンパニー」からそれぞれ新潟事業部、長野事業部、北陸事業部を分割し、これら3事業部を統合して「北陸信越カンパニー」を新設した(「東北カンパニー」・「南関東カンパニー」・「中四国カンパニー」は従来通り)。 10月10日 - 全国の食品スーパー事業再編の一環として、当社の東北カンパニーとマックスバリュ東北を経営統合させる方針を発表。 2020年(令和2年)• 3月1日 - 当社の東北カンパニーの事業(小売店舗59店舗とデベロッパー事業を手がけた29店舗)にかかる権利義務等を、によりマックスバリュ東北に承継。 マックスバリュ東北は社名を「イオン東北」に商号変更。 また、東北カンパニー事業承継に伴い、東北事業本部を新設。 店舗ブランド [ ] (〈GMS〉・〈SM〉) 北海道の店舗は、東北地区の店舗はイオン東北、九州地区の店舗は、沖縄県の店舗はが展開。 当社では以前から日用品・食料品が中心の食品スーパー3店舗、ショッピングセンター 1店舗 を展開していたが、2010年12月にイオンマルシェを吸収合併したことで、かつてのから改称した総合スーパー6店舗を引き継いだ。 2011年3月1日、イオンリテールがマイカルを吸収合併したことにより「」・「」・「マックスバリュ中条店(イオンリテールが唯一運営していたマックスバリュ)」の店舗ブランドは一斉に「イオン」に統一された。 ただし、同年7月18日に閉店したは運営がイオンリテールに移管されたものの、変更を行わず、従来通りの屋号で閉店日まで営業していた。 このうち、イオンモールなどの大型ショッピングセンター内のもの(イオン直営店)は、改装後、衣料品売り場を中心に「イオンスタイルストア」と呼称され、のちに食品売り場も含めて、ファミリー向けのイオン直営店を呼称されるようになっている。 2015年4月に「イオンレイクタウン店」・「イオン鎌取店」を「イオンスタイルレイクタウン」・「イオンスタイル鎌取」に屋号変更したのを皮切りに、2014年以降に改装及び新規開業した店舗も順次「イオンスタイル」に屋号変更されている。 なお、今後は、シニア層向け売り場は「イオングランドジェネレーションストア」へ、ダイエー等の食品重視の都市型総合スーパー店舗を中心に「イオンフードスタイルストア 」へと、それぞれ転換する構想である。 2015年10月1日に愛知県の「」全5店舗もイオンに転換され、2016年3月1日に本州の一部(宮城県・山梨県及び関東・関西地区の一部)の「ダイエー」を継承し、後述するダイエー碑文谷店を除く28店舗も3月中に順次イオンに転換された。 また、スーパーマーケット業態については2011年のブランド統合時点で存在していた店舗や新規開業の他、マックスバリュ東北から継承した新潟県内の「マックスバリュ」の転換店舗も含まれる。 () 元々はマックスバリュ西日本が展開していた独自業態だったが、全国展開になりつつあるディスカウントストア。 当社は埼玉県の八潮南店、東京都の昭島店の2店舗を運営する。 これら2店舗は「ジャスコ」から業態転換された店舗で、イオンビッグの設立・継承後も引き続きイオンリテールの運営となっている。 建て替えのため2016年5月31日に閉店した倉敷笹冲店も当社が運営を担当していた。 () 『スポーツクラブ』と『女性専用フィットネススタジオ』の2形態で運営を行っている。 (自転車専門店) イオングループが展開する自転車専門店として、2010年8月26日に行徳店(千葉県)をオープン。 2012年9月現在は中部・近畿の一部に展開するほか、九州地区ではイオン九州が、北海道ではイオン北海道がそれぞれ展開している(イオン九州では自転車専門店事業の立ち上げ当初、「 イオンサイクルショップ」として展開していたが、「イオンバイク」も併用するようになり、「イオンサイクルショップ」からの屋号変更も行われたことで、現在は店舗ブランドを「イオンバイク」に統一している)。 なお、関東地区の店舗については新たに設立したイオンバイク株式会社へ事業を継承した。 (小型スーパーマーケット) 大型コンビニをコンセプトとしたSMで、仙台荒町店()を実験店の皮切として、宮城県仙台市内に11店舗を展開するほか、(前店)や島根県(上乃木店)にも展開している。 2016年3月1日に都市型型の9店舗はの運営に移管されたが、専門店業態「ビブレジーン」(ビブレジーンを除く)の運営は引き続きイオンリテールが担当している。 なお、新百合ヶ丘ビブレも当社で運営していたが、2018年にイオン新百合ヶ丘店(現・)へ統合された。 2013年11月30日に立ち上げたファッション、雑貨、カフェ、サロン等を複合した大型専門店。 緑色の外観に大きなFTの文字が特徴。 吉川美南店(イオンタウン吉川美南内)と湘南茅ヶ崎店(2015年9月18日開業、イオンスタイル湘南茅ヶ崎2階)の2店舗を展開している。 キッズリパブリック 2014年11月15日に立ち上げた玩具やベビー用品、子供衣料などを複合展開したベビー・キッズ向け総合専門店。 1号店となる倉敷店の開業当初は従来から展開していた「キッズ共和国」に代わる新業態となっていたため、看板等に「キッズ共和国」が表記されていたが、2016年4月23日に開業した今治新都市店(内)からは「キッズ共和国」の表記が無くなり、2016年9月24日に開業した東戸塚店でブランドロゴ・シンボルマーク共に一新された。 2018年1月現在、秋田県・千葉県・神奈川県・富山県・島根県・岡山県・広島県・徳島県・愛媛県に10店舗を展開している。 また、「キッズリパブリック」の構成フロアの一つである玩具専門店「モントイズ」は単独での出店も行われており、群馬県と奈良県に2店舗を展開する。 店舗の一例• ただし、イオンモールへの名称変更後も、イオンリテールやイオン北海道、イオン九州の運営していたSCについては、引き続き各社が運営を行い、イオンモールとは運営会社が異なる状態となっていた。 グループの事業整理を目的として2013年11月1日よりイオンリテールが運営していた計54SCがイオンモールへ運営移管された。 イオンショッピングセンター 当社やイオン北海道、イオン九州が運営するショッピングセンターで、従前からイオンショッピングセンター名称のままの店舗の他、旧マイカルタウン「」「」など、マイカルから当社経由でイオンモールに移管した店舗が含まれる。 「イオンモール」同様、グループの事業整理を目的として2013年11月1日よりイオンリテールが運営していた計15SCがイオンモールへ運営移管された。 (〈GMS〉・〈SM〉) のブランド。 愛知県のダイエー5店舗 名古屋市のみ展開 を承継し、「ダイエー」の店舗ブランドもそのまま継承して当社が運営していた。 しかし、2015年9月27日を以って愛知県のダイエー全店舗が営業を終了し、休業を経て同年10月1日に「イオン」へブランド変更した。 2016年3月1日からも関東・関西の一部及び・を継承し、このうちの28店舗は3月中に順次「ダイエー」としての営業を終了し、2日間の休業を経て「イオン」へブランド変更した。 2016年5月5日にダイエー碑文谷店が閉店されたのを最後にイオンリテール運営のダイエー店舗は消滅した。 ダイエーのブランドであるショッピングモール。 ダイエーから2016年3月1日にショッパーズプラザ新浦安、ショッパーズプラザ横須賀の2店を継承した際、同名が引き続き使用された。 その後、ショッパーズプラザ新浦安は2017年5月に「」に変更され、は2019年3月に閉店されたため、イオンリテール運営のショッパーズプラザは消滅した。 なお、は引き続きダイエーが運営している。 イオンは従前から「フォーラス」を運営していたが、2011年3月のマイカルの吸収合併に伴って「ビブレ」の運営を引き継ぎ、2ブランド体制で運営していた。 ファッションビル事業の再編による組織統合により、2016年3月1日を以って「フォーラス」4店舗と「ビブレ」9店舗の計13店舗の運営をOPAへ移管したが、先述の通り「ビブレ」の店舗のうち、専門店業態「ビブレジーン」(ビブレジーンを除く)等の運営は引き続きイオンリテールが担当している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東北地方はが運営• 2011年9月21日よりとも連携しでも販売を開始した• 売上低迷や老朽化のため閉店した「ジャスコいかるが店(奈良県生駒郡斑鳩町)」跡地に、2010年11月26日に「イオンいかるが店」としてオープン。 また、京都府の東向日店は「イオンフードスタイル」の屋号での出店となる。 同一建物内の「ザ・ビッグ倉敷店」はによる運営で、建て替え期間中の仮店舗営業時以降は同社運営の「ザ・ビッグ倉敷店」に統一されている。 東洋経済オンライン. 2010年9月9日. 2013年11月18日閲覧。 , イオン株式会社 ニュースリリース• 東洋経済オンライン. 2013年10月24日. 2013年11月18日閲覧。 イオン株式会社「第83期定時株主総会招集ご通知」 2008年4月21日• - イオン株式会社 ニュースリリース 2009年7月8日• PDF プレスリリース , イオンリテール・イオン, 2009年9月11日 , 2020年3月8日閲覧。 - イオン株式会社 ニュースリリース 2009年12月7日• - イオンリテール・イオン 2社連名によるリリース(配信元:イオンリテール株式会社) 2010年4月16日(2015年3月8日閲覧)• - イオン株式会社・THEFACESHOP ニュースリリース 2011年4月27日• 日本通信プレスリリース、2011年6月10日(2011年6月25日閲覧)。 - イオン株式会社 ニュースリリース 2011年8月19日(2011年8月26日閲覧)• - マックスバリュ長野株式会社 ニュースリリース 2011年8月21日(2011年9月12日閲覧)• - イオン株式会社 ニュースリリース 2011年10月27日(2011年10月30日閲覧)• , イオン株式会社 ニュースリリース 2011年11月21日• - イオン株式会社 ニュースリリース 2011年10月5日(2011年10月30日閲覧)• - イオン株式会社 ニュースリリース 2013年3月1日• - イオンリテール株式会社 ニュースリリース 2013年9月26日(2013年11月6日閲覧)• PDF プレスリリース , イオン株式会社, イオンモール株式会社, イオンリテール株式会社, 2013年10月24日 , 2013年11月1日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, 2013年11月12日 , 2015年3月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2014年2月25日 , 2015年3月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, イオンリテール株式会社, 2014年8月29日 , 2014年9月15日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2014年11月11日 , 2015年3月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, イオンリテール株式会社, 2015年2月27日 , 2015年3月1日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, イオンリテール株式会社, 2015年2月27日 , 2015年3月1日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2015年4月9日 , 2015年4月9日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社・イオン株式会社, 2015年4月10日 , 2015年4月18日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社・イオン株式会社, 2015年6月1日 , 2018年11月20日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, 2015年7月8日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2015年9月11日 , 2015年9月26日閲覧。 プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2015年9月14日 , 2015年9月14日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2015年10月1日 , 2015年10月21日閲覧。 PDF プレスリリース , 清水商事株式会社, 2015年10月14日 , 2015年10月21日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2015年11月16日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2016年2月18日 , 2016年2月29日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, 2015年12月17日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社 北関東・新潟カンパニー, 2016年3月24日 , 2016年4月8日閲覧。 2016年2月3日. 2016年3月13日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2016年4月7日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン、イオンリテール、マックスバリュ東海(3社連名), 2016年7月22日 , 2016年7月22日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2016年8月5日 , 2018年1月5日閲覧。 - イオンリテール 2016年11月18日• PDF プレスリリース , イオンリテール株式会社, 2018年2月28日 , 2015年6月28日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン株式会社, 2018年10月10日 , 2020年3月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ東北株式会社・イオン株式会社, 2019年12月10日 , 2020年3月8日閲覧。 関連項目 [ ]• (2015年度よりトップパートナーで協賛)• 外部リンク [ ]• イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

イオンリテール

イオン イオンモール 株 違い

順位 株主名 持株比率 1 イオン株式会社 55. 93% 2 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口 2. 62% 3 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 2. 07% 4 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 1. 92% 6 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 0. 88% 7 ジェーピーモルガンチェースバンク385151 常任代理人株式会社みずほ銀行決済営業部) 0. 87% 8 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 0. 84% 9 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口7) 0. 83% 10 ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー510312 常任代理人株式会社みずほ銀行決済営業部) 0. 78 1584. 05 1705. 67 1819. 27 1926. 73 146. 32 149. 84 152. 17 148. 42 潜在株式調整後1株当たり当期純利益 130. 67 146. 26 149. 78 152. 13 148. 39 1株当たり配当額 22. 0 27. 0 35. 0 38. 0 40. 0 1株当たり中間配当額 11. 0 13. 5 16. 0 19. 0 20. 0 自己資本比率 35. 5 37. 0 36. 6 35. 4 34. 8 自己資本利益率 9. 3 9. 7 9. 1 8. 6 7. 9 株価収益率 12. 2 11. 8 14. 9 11. 9 10. 3 従業員数 1,458 1,596 1,682 1,792 1,788 平均臨時雇用人員 1,348 1,299 1,335 1,342 1,315 配当性向 17. 0 16. 7 19. 7 25. 0 26. 3 平均年齢(年)、提出会社の状況、従業員の状況 40 平均年齢(月)、提出会社の状況、従業員の状況 11 平均勤続年数(年)、提出会社の状況、従業員の状況 6 平均勤続年数(月)、提出会社の状況、従業員の状況 10 発行済株式総数に対する所有株式数の割合 67. 71 議決権の数(個)、発行済株式、議決権の状況 2,273,036 発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)、自己株式等 0. 0 連結子会社の数 43 発行済株式総数(普通株式) 227,902 227,414 227,430 227,472 227,515 所有株式数 154,052 株式数(株)、発行済株式、議決権の状況 227,515,009 自己名義所有株式数(株)、自己株式等 2,600 他人名義所有株式数(株)、自己株式等 0 所有株式数の合計(株)、自己株式等 2,600.

次の

イオンとイオンモールは株価が違いますが買うとしたらどちらが...

イオン イオンモール 株 違い

イオンギフトカード、ハーモニックのカタログギフト、地球温暖化防止に貢献の中から選択する株主優待です。 保有株数により商品の金額が異なります。 申込期限は2019年7月16日(火)当日消印有効。 申込優待品は7月中旬より順次発送予定。 申込がなかった株主へは8月上旬にイオンギフトカードが送られてきます。 下記3つのコースから選択できます。 (今回は100株保有の株主優待の内容です。 いずれにも印が付いてない場合、判別できない場合はイオンギフトカードが送られてきます。 ハーモニックのカタログギフトを選択した場合は電話番号が必要です。 今回はもちろん、イオンギフトカードにしました。 イオンギフトカードは他のイオン系の株主優待と一緒に利用できるし、イオンのお客様感謝デーの支払いとしても利用できるのでお得です。 例えば、お客様感謝デーに3,160円の食品を購入する際に、イオンクレジットカード(WAON一体型)およびイオンの株主優待のオーナーズカードを提示します。 お客様感謝デーなので5%OFFになり、3,002円。 イオン北海道の株主優待券を3枚使うと300円引きになるので2,702円。 2,702円をイオンモールの株主優待でもらったイオンギフトカードで支払います。 オーナーズカードを提示しているので後日、 2,702円の3%が現金で戻ってきます。 (約81円) 3,160円の商品を実質2,621円で購入することができます。 (539円引き) イオンクレジットカード(WAON一体型)を提示しているので、WAONポイントも貯まります。 イオンギフトカードの残っている298円分は次回の買い物で使用することができます。 イオンギフトカードは1円単位で利用できるので無駄になりません。 イオンで買い物をするなら、イオンクレジットカードを持っているとお得に買い物ができます。 20日、30日のお客様感謝デーは5%引きで買い物ができますしポイントも貯まります。 年会費無料なので、イオン専用として持っていても損のないクレジットカードです。 イオンギフトカード3,000円分。 イオンではよく買い物をするので本当に重宝します。 イオンモール株主優待取得条件 権利確定月 2月(年1回) 株主優待獲得株数 100株以上 株主優待内容 イオンギフトカード、ハーモニックのカタログギフト、地球温暖化防止に貢献から選択。

次の