穢れた。 穢れを祓って、もふもふと幸せ生活

穢れ(けがれ)・禊(みそぎ)の意味は?

穢れた

実際映画を見始めるとそんなことはないのですが 映画を見てもらえば分かる通り、女性の生理の問題について首を突っ込むラクシュミは村人からも、そして彼の妻であるガヤトリからも奇妙な目で見られてしまいます。 そもそも、なぜ女性は生理中に隔離されなければならないのでしょうか? そこにはインド社会に浸透したヒンドゥー教の浄・不浄という概念があり、その中で 血というのは死と並び最も穢れている(不浄な)ものとされてきたからという理由があります。 ヒンドゥー教の浄・不浄 死や血を不浄なものと考える思考は他の民族にとっても直感的に納得出来ないものではありません。 ただ、インドではそれが少し独特で、例えば、馬や羊の糞は不浄でも牛の糞は浄だったりします。 ガンジス川で人々が沐浴する姿も有名ですが、あれも聖なる川とみんなが思っているからそうするわけですね。 しかし実際行ってみればわかりますが、いくら聖なる・・・と言われても上流で人骨が流され人々が体を洗った水は見るからに汚水です。 笑 すでに述べたように死は不浄とされていたため、死にまつわる一切の仕事は低カーストの人々がやらされました。 よって低カーストの人々も不浄である、穢れているとされたのです。 というように、私達には直感的に納得できないインド独自の浄・不浄観を持っています。 穢れの汚染 不浄なものの穢れは周りを汚染すると考えられていたそうです。 なので、穢れの少ない上流階級の人々は穢れているとされる低カーストの人々に触れないし一緒に食事もとらないということが起こります。 映画中でも、みんなが沐浴をするような聖なる川にラクシュミは動物の血のついた状態で入ってしまいました。 それは、浄・不浄の概念に則るととんでもない行為だったということがわかります。 生理中の女性を隔離する、というのもその穢れがうつると考えられていたから。 ヒンドゥー社会の理想の生活規範を記したマヌ法典というものがあります。 そこには、こう記してあるそうです。 カースト制度については下記の記事に書きました。 実は日本にもあった? わずか数十年前の日本にも、女性の生理を、血を不浄視する慣習があったそうです。 月経も「さわり」とか「よごれ」などと呼ばれて不浄視され、漁村や農村では、生理時の女性が海に出たり、農具に触れると不漁・不作を招くとして行動を規制された。 引用:ヒンドゥー教-インドの聖と俗 確かに、女人禁制なんていう神聖なスポットとかTVで見たことある・・・ という意味で、この生理中の女性を不浄視する慣習は日本人にとっても全く無縁とも言えないものなのです。 インドにおける女性蔑視の文化 ラクシュミと離れざるを得なくなったガヤトリは、実の兄に引き取られて彼の家に住み始めました。 兄が自分の妻に対して怒鳴りつけるような態度をとっているシーンがあったと思います。 実生活を見てみると、女性蔑視の文化が根付いている様子がいまだに見受けられるのではないでしょうか。 パートナーがなくなった場合に、男性は再婚しやすいけど女性が再婚すると白い目で見られたり、女性からは離婚を申し出ることができないのに男性が一方的に追い出すことはできてしまいます。 古典に記される女性蔑視 古来より、ヒンドゥー教では女性は男性よりも下位に位置づけられてきました。 ヒンドゥー社会の理想の生活規範を記した マヌ法典では女性は生来より宗教上のシュードラ(奴隷)と記されていたようです。 古代の聖典リグ・ヴェーダにはこう記されているそうです。 「・・・女人の心は教え導き難いものである。 その知性は軽薄である。 」(八・三三・一七) 引用:ヒンドゥー教-インドの聖と俗 なぜ女性蔑視が始まったのか? これは、違う文献を読んでいた中で書いてあり私がなるほどな、と思った内容ではありますが。 かつて、インドにはドラヴィダ人という種族が住んでいましたが、西からアーリア人という種族が侵攻してきてドラヴィダ人に勝利しヒンドゥー社会を作り上げたとされています。 アーリア人は自分たちが有利になるようなヒンドゥー教、カースト制度を作り上げました。 そしてドラヴィダ人を自分たちよりも下位に位置づけました。 侵攻してきたわけなので、アーリア人のほとんどが男性であり女性は元来よりその土地に住んでいたドラヴィダ人しかいません。 よって必然的に、アーリア人のつくった社会では地位が低くなってしまった。 始まりはそこなのかなと思います。 感想 映画って、本当に素晴らしいなと改めて思ったんです。 だって、言うなれば不浄なことを扱う映画であるパッドマンがインドで大ヒットしているという事実が、リベラルな人々の存在と過去の慣習への反対を示している気がします。 そして、私がこの間の滞在で映画館に行ったときは、本編が始まる前の広告の時間にパッドマンの1シーンが使われたナプキンのCMが流れてるんですよ。 映画は、固定観念や負の事象に対して問題提議をできる存在なんだなあと、改めて思いました。 そして、恥の文化についても調べてまとめたかったのでおいおいまとめていきます! 現代インドのこういう文化の現状も書けるようにしていけたらと思います!• 関連する記事• 2019. 16 こんにちは! 今日はNetflixで見たインドのドラマ「しあわせのモーメント」からわかった中産階級の […][…]• 2019. 17 こんにちは! 今日はNetflixで見たインド映画「マダム・イン・ニューヨーク(原題:English […][…]• 2019. 18 こんにちは! 今日は6月に日本で公開予定のインド映画「パドマーワト」についてのあらすじや感想、キャス […][…].

次の

穢れを祓って、もふもふと幸せ生活

穢れた

英語…「禁止(prohibited)」や「禁断(forbidden)」など。 「タブー」はより即座に感情を表現できるため、好んで用いられた• フィジー…「違法(unlawful)」「神聖(sacred)」「至善(superlatively good)」• マダガスカル…「世俗(profane)」「不敬(profaned)」「不浄(polluted)」 いずれも当該社会において「タブー」に相当する言葉です。 1-2: タブーの具体例 さて、タブー視される行為は世界中に多様にあります。 ここでは 「宗教」と 「身体」に関するタブーを紹介します。 1-2-1: 宗教に関するタブー 宗教上の食物規制は非常に有名なタブーの例です。 たとえば、ヒンドゥー教、イスラム教、ユダヤ教には次のようなタブーがあります。 うんちの場合…人間のうんちはとても汚い。 犬のうんちよりも汚く感じ、それを靴で踏むことはもってのほかである。 にもかかわらず、私たちは「汚いもの」を毎日お腹のなかに抱えている• 食べ物の場合…食べ物は本来「きれいなもの」である。 しかしケーキをうっかり服にこぼしてしまったとき、洋服についた生クリームは汚くなる。 生クリームは空間を移動しただけなのに。 このような例は山ほどあります。 他の社会の例を含めると、収集がつかないほど例を集めることができます。 この「穢れ」をめぐる議論で一番有名なのは、上述したイスラム教の豚肉に関するタブーです。 イスラム教が豚肉を食べないのは、吐き気を催すほどきたないと考えられるからです。 事実、旧約聖書の申命記14章8節には「豚はひずめがわれているが、反芻しないため、汚いものである」と書かれています。 余計わけがわからくなったと思うかもしれませんが、安心してください。 これから紹介する文化人類学者が「きたなさ」の疑問に解答しています。 2-2: 穢れの意味 「きたなさ」に関して一般理論を提示したのは、文化人類学メアリ・ダグラスとエドモンド・リーチでした。 どちらの議論も 汚さが「秩序」の創造と関わることを指摘しています。 2-2-1: ダグラスの研究 まず、ダグラスはイスラム教における豚肉のタブーについて分析をしています。 ダグラスによると、• 申命記やレビ記は神の論理にしたがった一つの秩序に一致する人間は繁栄するが、逸脱するものは災いをもたらすようなもの• 神の秩序といっても当時の牧畜民であったユダヤ人が、理想的な世界を描いた秩序にすぎない• 秩序を形成するためには区分が重要であり、家畜とそれ以外の獣を分けておくことは牧畜民であったユダヤ人にとって重要だった• 家畜とそれ以外の獣の基準になったのが、「ひずめが分かれており反芻する」という基準である と指摘しています。 つまり、牧畜民にふさわしい食べ物である家畜は「ひずめが分かれており反芻する」有蹄類である一方で、「ひずめが分かれておらず反芻しない」動物は獣として扱われます。 では、この分類に当てはまらないケースはどうすればいいのでしょうか?実は、.

次の

まどマギ3 穢れ解析まとめ|解放契機 恩恵 獲得ポイント数示唆 蓄積示唆 大きさ 溜まり方

穢れた

穢れ けがれ とは一体何なの? 穢れという言葉を聞いたことがあるという方は多いはずです。 特に神社などでは、穢れのお祓いをしていただけたりしますね。 そもそも穢れとは一体何なのか? 穢れ=気枯れという意味で使われ、気力が落ちてしまっている状態のことを穢れというのです。 一番わかりやすいのが、神道では近親者が亡くなった際にはしばらくの期間神社を参拝してはならないとされています。 穢れの期間などと言われたりしますが、この穢れとはまさに気力が落ちてしまっている状態の期間ということなのです。 もちろん、近親者が亡くなった時だけではなく、気力が落ちてしまってる状態の時は、穢れと言われたりします。 そんな穢れから回復し、 気持ち的に落ち込んでる状態とさよならすることで、開運が近づいていきます。 穢れはお祓いじゃなくても自分で回復できる 嫌な出来事だったり、つらい出来事があったりして気持ち的に穢れてしまってるときもあるでしょう。 そんな時は、何もお祓いをする必要はありません。 自分自身で気分転換をしてみてください。 今いる場所から、一旦離れて自分自身を見てみてください。 同じ場所にいると、 運気の流れは停滞してしまいます。 今はそんな気分じゃないんだけど、などと言わずに思い切ってどこか遠くに出かけてみると穢れが取れて、気力がアップしていくことって多いはずです。 今いる場所から動くことって、ものすごく大切です。 気分転換に出かけてみることで、リフレッシュ効果も得られて気持ち的にも回復していくことができるでしょう。 汚れとは一体何? 汚れの方は、書いて字のごとく汚れた状態ことを指します。 開運の神様は、綺麗な場所にしか訪れないと言われています。 そうなのです。 汚い状態は、開運の神様は大嫌いなのです。 風水でも同様のことを言われてますが、綺麗な場所に開運は宿ると言われたりするように、綺麗に掃除しておくことで気の流れがスムーズになり、どんどん開運していくことができるようになるのです。 開運グッズなどを集めたりされてても全然開運できないという方もいらっしゃいます。 そんな方々に足りていないのは、多くの場合掃除だったりします。 開運グッズを玄関などに飾られてるのに、玄関に埃がたまっていたでは開運なんてすることができません。 開運グッズを置く前には、掃除が鉄則です。 もっというと、掃除もしてないのに開運グッズを買うべからずなのです。 物事には、順序というものがあります。 一番最初にすることは、汚れとさよならすることなのです。 穢れと汚れとさよならすることで良い気を循環させる 穢れと汚れは、どちらか一方でもダメだったりします。 両方セットで行うことで、良い気を運んでくることができるようになります。 汚れと穢れの両方とさよならしていくことで、あなたの中で開運の良い循環が生まれていきます。 あなたの中にある心の中のいらないもの、そして外側にあるいらないものをすべて出し切ってみてください。 今いらないものは、すべていらないものです。 また必要なものは、必ずあなたのもとに再びやってきます。 この原理に則り、いらない穢れと汚れとさよならしてみてください。 綺麗になった頃には、 開運が舞い込んでくるようになってるはずです。

次の