新聞 記者 評価。 女優も評価される新聞記者の映画!シム・ウンギョンの演技とは?

日本政治とメディアに警鐘を鳴らす作品

新聞 記者 評価

CONTENTS• 映画『新聞記者』の作品情報 C 2019「新聞記者」フィルムパートナーズ 【公開】 2019年6月28日(日本映画) 【原案】 望月衣塑子、河村光庸 【監督】 藤井道人 【脚本】 詩森ろば、高石明彦 【キャスト】 シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー 【作品概要】 東京新聞の記者・望月衣塑子の同盟ベストセラーを原案とするオリジナル脚本によって制作された、メディアの意義を問いかけたポリティカル・サスペンス。 常に真実を追い求める若き新聞記者。 日頃不正な情報操作に携わってきたエリート官僚。 本来相容れぬ道を進んでいたはずの二人が、無力感や葛藤に苛まれながらも対峙し、政府が隠蔽しようとした恐るべき事実へと辿り着こうとする様を描きます。 新聞記者・吉岡を演じたのはシム・ウンギョン。 『怪しい彼女』(2014)などで知られている韓国の演技派女優です。 一方、内閣情報調査室に勤めるエリート官僚・杉原を演じたのは松坂桃李。 シムとはダブル主演という形で、全力の演技をスクリーン上で見せます。 映画『新聞記者』のあらすじ 東都新聞に勤める記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、日本人の父と韓国人の母に間に生まれアメリカで育ったのちに、とある出来事をきっかけに日本で新聞記者になったという異色の経歴を持っていました。 ある日、彼女のもとに大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届きます。 吉岡は上司・陣野(北村有起哉)の命により、極秘情報が果たして事実なのかその裏取り調査を開始します。 一方、内閣情報調査室に勤めるエリート官僚・杉原拓海(松坂桃李)は、国家の体制維持のためには時には民間人を巻き込んでの不正な情報操作も辞さない自身の仕事と、「国民に尽くす」という理想の間で苦悩していました。 妻・奈津美(本田翼)の出産が近づく中、彼は久方ぶりに外務省時代のかつての上司・神崎(高橋和也)と再会します。 しかしその数日後、神崎は意味深な言葉を遺して投身自殺を遂げてしまいました。 極秘情報の真相を追う吉岡と、神崎が家族を遺してでも自死しなければならなかったその理由を追う杉原。 その正体の鍵を握る匿名FAXの表紙に描かれた絵にして、本作のテーマを示す最たる象徴こそが「両目の潰された一頭の羊」の絵です。 象徴としての、羊。 キリスト教に少しでも触れたことがあれば、誰もが「迷える子羊」=「人間」という連想に至るでしょう。 それでは、告発者の描いた羊は何故、両目を潰されているのか。 何故、一頭だけなのか。 そこには、複数の理由が存在することが考えられます。 自ら真実を見つめようとする態度や能力を体制側の不正なる操作によって奪われた、或いは愚かにも放棄してしまった。 「両目の潰された一頭の羊」ほど、その哀れな姿を最も的確に、最も冷笑的に描いた絵は他にないでしょう。 それは、外務省に務めていた杉原のかつての上司・神崎(高橋和也)の姿です。 C 2019「新聞記者」フィルムパートナーズ 加えてそのような神崎の姿は、彼の元・部下であり、かつての彼同様に理想と現実の間に苦悩し続けている杉原の未来の姿とも重なります。 その理由が一体どのようなものなのかは、ぜひご自分の目で確かめてみてください。 それは暗黙の圧力でもありました。 突きつけられた現実に愕然とし、幽鬼のように路をゆく杉原。 やがて彼は、同じくジャーナリストとして真実を追い求め続けた中で挫折し、自ら死を選んでしまった父の真実にわずかながらも辿り着くことができた吉岡と、国会議事堂近くの横断歩道越しに再会します。 黒いアスファルトの上に横断歩道の白線が塗られている道路を挟み、遠ざかることも近づくこともなく互いの姿を見つめる二人の主人公を映し出したラストシーン。 C 2019「新聞記者」フィルムパートナーズ 真実を追い求め続けるメディアの守り手が存在するからこそ、不正を司る情報操作者が白日の下に晒され、初めて存在が認識される。 そして、情報操作者の司る不正が存在するからこそ、メディアの守り手が追い求め続ける真実が生じる。 映画『新聞記者』は、本来相容れぬ対極の立場で生きる二人を敢えて巡り合わせた。 そして、「互いの生きる立場と現実が遠くもなければ近くもない。 映画『新聞記者』監督の藤井道人プロフィール (C)Cinemarche 映画『新聞記者』の藤井道人監督は1986年生まれ、東京都出身。 日本大学芸術学部映画学科在学中から入江悠監督や鈴木章浩監督の作品に助監督として参加し、その一方で脚本家・青木研次に師事します。 19歳から映像ディレクターとしてCMやPVなどの映像制作に携わったのち、大学卒業後はフリーランスとして活動。 オリジナルビデオ作品やインディーズ長編映画などで企画・脚本・監督を務めました。 やがて大学時代に知り合った名プロデューサー・奥山和由の提案で伊坂幸太郎の小説『オー! ファーザー』の脚色を手がけ、その数年後に監督へと抜擢され、2014年に劇場公開された同作によって商業映画監督デビュー。 また、同じく2014年に公開された『幻肢』では第9回アジア青少年映画祭最優秀脚本賞を受賞しました。 現在は映画監督、脚本家、プロデューサーとして、映画・ドラマ・MV・CMなど幅広い分野で活動。 2019年には監督・脚本を務めた『デイアンドナイト』(1月公開)、プロデューサーを務めた『LAPSE ラプス』(2月公開)、そして本作『新聞記者』が劇場公開されるなど、その活躍は止まることを知りません。 まとめ C 2019「新聞記者」フィルムパートナーズ インターネットおよびSNSの普及により、もはやメディアの担い手ではない人間は存在しないであろう現在の日本社会。 「自粛」「自主規制」のムードが昨今拡大し続ける映画界において、メディアの孕む矛盾とストレートに向き合った姿勢だけでも、本作は評価されるべき作品と言えます。 本作によって矛盾を再認識させられた後、メディアの担い手である人々はその先にどのような結論へと至るのか。 その回答は、本作を鑑賞された人々それぞれに異なるものかもしれません。 ですが、その回答は決して現代の日本社会におけるメディアの在り方をネガティブな方向へと駆り立てるものではないことは確かでしょう。 映画『新聞記者』は2019年6月28日より公開です。

次の

新聞記者 感想・レビュー|映画の時間

新聞 記者 評価

人の心が真っ当にある政治家が国を引っ張る日はいつくるの?それを国民みんなが考えてる日はいつくるの?って感じだな。 「 検察庁法改正案に抗議します」のタグがSNSですごく拡散された時、せっせと頑張って消してたんだね。 違うタグ流行らせたり、すごく大変だったわけだ。 この作品が日本アカデミーに選ばれたことで作品を見る人は増えたと思う。 と同時に、こういう作品がより作られる(ために資金が動く)、若い監督が平等に評価される、も増えるといいね。 この作品は政治や内閣府だけじゃなくて日本の組織全体に問題提起できる。 誰がなんの責任を取るのか。 大きな組織であればあるほど。 単純にすごい。 だいぶ攻めてる。 この時代に政府・マスコミのあり方と報道に対してこんなに真っ当に問題提起をした映画がある? 「政治サスペンス映画」「『作ってはいけないんじゃないか』という同調圧力」と原案者が述べていたのは伊達じゃない。 これが世に出されたことに意味があると、私は思う。 キャスティングが完璧。 登場人物も過不足なくてキャラが立っていてわかりやすい。 あと全員めちゃくちゃ演技がうまい、全員適役。 全体を通じて彩度を落とした画面の色に、主人公吉岡の赤が印象的に映えていてとてもいい。 正義の象徴で芯のある彼女の様子がスッと伝わってくる。 すごくいい。 杉原の上司の「何が悪いかを決めるのは俺たちじゃない、"国民"だ」という旨のセリフに改めてゾッとした。 昨今情報が錯綜した一連の新型コロナに関する報道でも痛感したけれど、結構一国民は新聞・テレビ・SNSなど何かしらの媒体を通じてしか情報を手に入れることはできなくて、限りなく事実 および事実に近い 情報を手に入れたい もしくは手に入れている と思って情報に触れているにも関わらず、その真偽のほどは報道のあり方に強く依存していて、事実かどうか、そしてそれが「正しい」のかどうかは真の意味では判断できない側面がどうしてもあるんだよな。 だからこそ報道は報道に責任を持ってほしい、と報道のあり方に対して思っていた訳だけど、ただ報道機関も一企業・一団体であって、他から圧力がかけられる可能性もあるというところまでは想像が及ばなかった。 その「何のために」の大義名分は、本当にその"何か"のために? シムさん演じる吉岡が父親の話題を出される度に気丈に振る舞うけれどやっぱり少し涙が滲んでしまうところが、報道への熱意を持った側面とのギャップになっていてものすごくよかった。 本筋からずれるけれど「芯がある」ってことは、ブレないことよりブレたり落ち込んだりしてもすぐに立て直せる柔軟性があることなのかなぁと思ったりもした。 格好いいよ… あと松坂さん演じる杉原さんの職務と家庭との間の葛藤がめちゃくちゃ伝わってきた。 演技が本当〜に上手、惚れてしまう〜 今作の原案を執筆した 東京新聞記者「望月衣塑子」さん出演 森達也監督の「i」鑑賞後から観なければと思っていたが このテーマで日本アカデミー賞総なめという快挙には本当に驚かされた 「i」でも描かれていた幾つかの あってはならない政府の不祥事や不正問題等について 国を守る為との狂った正義感により 無実の国民を調べあげた挙げ句 加害者またはグレーな悪者へと陥れようと 情報操作で世論誘導まで行う内閣情報調査室の存在について ここまで描いたことは無かっただろうし 初めて知った驚愕の事実で最初は嘘でしょ やり過ぎでは…と感じたが ここ数年でも絶え間無く出ては消える あの問題やこの疑惑 政治家絡みのあの騒動等々 一時はメディアやニュース・新聞等で連日騒いでいるが 責任を追及しないままフェードアウトする現状を思うと全否定はできず 充分な現実味を感じた また今作品が日本アカデミー賞の作品賞に選ばれたことについては 終わってみれば登場人物は必要最小限なのに濃密で 撮影場所もそれほど多くないが持続する緊張感と 主演2人の演技は勿論素晴らしく感じたが この題材を良しとした多くのアカデミー会員の方々が 今作品のテーマに肯定の態度を示しているとも感じられ 今作品の意義は充分に果たされたのではないかと思われた テレビ・新聞・ネット情報を鵜呑みにせず自分で判断できる審美眼を養ないつつ 政治家を選別する眼もいい加減必要だろうと反省し改めるしかない ただ観賞後にボヤッと思うことは 内調が実際にあれ程の組織なら あの人の賭けマージャンを事前に察知し阻止・隠蔽できなかったのだろうか… 余りにもお粗末過ぎて救いようがない•

次の

日本政治とメディアに警鐘を鳴らす作品

新聞 記者 評価

新聞やテレビを見なくなってしまった多くの人々。 あまりにも内容がつまらないからだ。 僕は日本経済新聞は読むがテレビはほとんど見ない。 たまにはお笑い番組もいいが見ているとその薄っぺらさに飽き飽きしてしまう。 真実はもう「ネット」の世界のものなのか。 しかし、「ネット」の中には「フェイクニュース」も多い。 何が本当に「真実」かは自分で判断するしかない。 アメリカ、イギリスなどの先進国と比較して日本では海外の情勢がほとんど地上波では報道されない。 「香港問題」「台湾問題」「韓国問題」「ウイグル、チベット問題」「中国問題」「北朝鮮問題」「ロシア問題」・・・・。 日本のジャーナリズムは何かに抑え込まれているのか、権力の闇があるのか・・・なんとも言えない。 かといって、日本が自由のない独裁体制に縛り付けられた国でもない。 わが国は自由な民主主義国家なのだ。 それに日本のパスポートは世界最強だと言われる。 それは日本と言う国が世界中に信用されているからだ。 自由に行動できるし、文化・芸術・言論・思想・・・に大きな制約を受けることもない。 この映画の中で語られる内調・責任者の言葉「日本の民主主義は形だけでいいんだ!」が心にしみる。 これは事実なのか。 このドラマは反体制的な内容だが大ヒットしている。 40万人動員し興行収入は5億円を突破だ。 また、韓国公開、台湾への配給も決定している。 僕はこの映画を見て、これを作った人々の勇気をたたえたいが「違和感」も感じる。 何故、主役が韓国籍女性シム・ウンギョンなのか?彼女を悪く言うつもりはないがたどたどしい日本語とわざとらしい演技には閉口する。 でも、松坂桃李と田中哲司の鬼気迫る演技は一見の価値がある。 日本も少しづつ変わり始めたのか。 あなたはこの映画を見てどう感じるか。 何か、海外の見えない意思が裏で働いた映画なのかそれとも真に日本を良くしようと考えたドラマなのか。 自分で見て判断してほしい。 話のスジを少し紹介すると。 東都新聞社の女性記者、吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は上司の陣野(北村有起哉)から大学新設計画に関する調査を指示される。 羊が表紙に書かれた極秘情報が記された匿名のファックスが届いたからだ。 これをたどってゆくと内閣府の神崎(高橋和也)と言う人物にたどり着く。 ところが、その神崎が投身自殺してしまう。 彼女はこの自殺をおかしいと追ううち内閣情報調査室(内調)の杉原(松坂桃李)と言う男を知る。 彼はかつて神崎の部下だったのだ今は外務省から内調に出向していた。 杉原は何故、神崎が死ななければならなかったのかと悩んだ末に吉岡と組んでその理由を調べ始める。 二人は「大学新設」にからんで恐ろしいことが計画されていることを知る。 果たしてそれは何なのか、そしてその計画は阻止できるものなのか・・・。 その後のストーリーとネタバレ 吉岡の父はジャーナリストだった。 彼は政府の重大な疑惑をすっぱ抜きその記事を新聞で発表した。 ところがそのスクープが後で誤報とされてしまう。 彼はそのことで自分を追い詰め自殺していた。 吉岡は神崎の自宅に取材に行ったとき、妻の伸子(西田尚美)から鍵を渡される。 この鍵は神崎の机のカギだ。 引き出しの中に羊が表紙になった原稿や資料が見つかる。 東都新聞に送られてきた匿名のファックスは神崎からのものだった。 彼女は杉原を呼び寄せ、中身を確認すると驚愕の事実が浮かび上がってくる。 そこにはアメリカのダグウェイ実験場の資料があった。 ソルトレイク砂漠の中にあるアメリカ陸軍の研究施設だ。 ここでは生物兵器や化学兵器の防御に関する研究が行われている。 1968年3月、この施設から神経ガスが漏れ大量の羊が死んでいる。 国は「大学新設」を隠れ蓑に「日本のダグウェイ実験場」を作ろうとしていたのだ。 杉原は急いで自分のつてを使って裏を取る・・・間違いなくこの計画は実行に移されつつあった。 杉原、吉岡、陣野は密室で協議し新聞発表を決断する。 そしてこのスクープは翌日リリースされる。 もし、政府から誤報であると反論されたら自分の名前を出していいと杉原は腹をくくった。 その頃、杉原の妻・奈津美(本田翼)は彼との第一子を帝王切開で産んでいた。 杉原は子供を抱きしめ「すまない」と涙を流す。 杉原は上司、多田(田中哲司)に呼ばれる。 部屋に入ってきた杉原に多田はスクープ記事を見て「君は絡んでないだろうね」と念を押す。 そしておめでとうと「出産祝い」を渡す。 多田は杉原に向かって「外務省に戻るか、何年か海外に家族と言って来い」と言葉をかける。 多田はすべてを知っていると杉原は感じた。 多田の持論は「この国の民主主義は形だけでいいんだ!」であり「総理と現政権を守るのが我々の役目だ」との強い信念を持っている。 杉原の心は揺れ動き、既に体制側に戻っていた。 吉岡に匿名の電話が入ってくる「お父さんのスクープは事実だ」と・・・多田が受話器を下す。 その頃、吉岡のスクープ記事は誤報だと政府が答えたようだ。 彼女は杉原が霞が関ビルから出てくるのを待ち受ける。 彼は遠くから彼女に向かって「ごめん」と言っているようだった。 吉岡はそれを茫然と見送るしかなかった・・・。 レビュー 結局、正義感に燃えた杉原でさえも、最後は家族のために国側の人間に戻ってゆく。 そして吉岡のスクープは誤報として処理され、「大学新設」計画は場所を変えて存続してゆく。 国の大きな流れは止めようがない。 ここでいう「内閣情報調査室(内調)」とは一言でいえば「日本のCIA」と言える。 内閣府庁舎6階に居を構え定員は415名と言われている。 彼らは公安調査庁(法務省の外局)や公安警察と連携しており、すべての情報は内閣総理大臣に直接報告されている。 日本は「スパイ天国」と言われ、多くの国々のスパイが動き回っている。 また、「オウム真理教」に見られる、サリン、VXガス、炭そ菌、ボツリヌス菌散布のテロ、そして共産圏の政治的扇動などを防止するためには「日本のCIA」は必要なのかもしれない。 特に、2020年7月24日(金)から8月9日(日)まで開催される東京オリンピック・パラリンピックを無事に成功させるためにはこれらの機関と警察が最大限に連動すると思われる。 日本はサイバーテロに弱いと言われているがそれをどう克服するか課題だ。 「日本の民主主義は形だけでいいんだ!」と多田が言っている。 この言葉は政府中枢の本音かもしれない。 しかし、これが過ぎると一般人も巻き込んだ冤罪事件になる。 やはり、日本のジャーナリストは必要であるしこれらを常にけん制してほしい。 自由の国、アメリカではもっとエグいことをやっている。 「」が暴露した、かつてPRISM(プリズム)と呼ばれた「国民監視システム」。 これはグーグル検索と同じように特殊なキーを入力するだけで簡単に個人情報が閲覧できてしまう。 また、ベトナム戦争の劣勢を隠蔽した「」、さらに「ウォーターゲート事件」、「アフガニスタン・ペーパーズ」・・・きりがない。 しかし、これらは勇敢なジャーナリストたちによって白日の下にさらされている。 現在も彼らは命の危険を冒して真実を追求している。 人気記事• 348件のビュー• 283件のビュー• 127件のビュー• 119件のビュー• 109件のビュー• 98件のビュー• 91件のビュー• 90件のビュー• 81件のビュー• 68件のビュー• 50件のビュー• 39件のビュー• 37件のビュー• 36件のビュー• 35件のビュー• 34件のビュー• 32件のビュー• 31件のビュー• 31件のビュー• 30件のビュー• 27件のビュー• 23件のビュー• 19件のビュー• 19件のビュー• 18件のビュー• 17件のビュー• 17件のビュー• 16件のビュー• 14件のビュー• 14件のビュー.

次の