みんな あつまれ 歌詞。 特別番組「授業だよ!みんなあつまれ」/泉南市ホームページ

あつまれ!笑顔 速水けんたろう/茂森あゆみ 歌詞情報

みんな あつまれ 歌詞

しゅっぱつしんこう きかんしゃトーマス みんなあつまれ! しゅっぱつしんこう Calling All Engines! 監督 スティーブ・アスクィス 脚本 ポール・ラーソン アビ・グラント 製作 サイモン・スペンサー 製作総指揮 ジョセリン・スティーブンソン 配給 公開 DVD TV ミニマックス DVD TV ジムジャム 上映時間 60分 製作国 言語 英語 前作 次作 『 きかんしゃトーマス みんなあつまれ! しゅっぱつしんこう』( Calling All Engines! )は、人気人形劇『』の長編シリーズ第2作目の作品である。 概要 [ ] テレビシリーズ第8シリーズ制作後に、「きかんしゃトーマス」の原作「」出版60周年記念作品として第8シリーズからの新スタッフの手で制作された長編作品。 前長編作『』の続編的要素が強いが、前作に比べると対象年齢が低く、ミニクイズコーナーや歌も挿入されテイストの作品となった。 内容はテレビシリーズを単純に長くしたもので、長編1作目のような生身の人間が出演したり、そのために複雑な設定がなされる事もなく、本編中のミニクイズコーナーで設定やストーリーの理解を助ける場を設け、トーマスが活躍する分かり易いものに整理された。 主に空港建設中の蒸気機関車とディーゼル機関車の衝突・協調が描かれている。 米国では2005年にDVD及びVHSビデオをリリースし、英国では同年にDVD及びVHSビデオをリリースした。 分かり易い物語であること等が要因となり、英米ではVHS・DVDの発売のみで劇場公開されなかったにもかかわらず、売り上げは成功を収めた。 あらすじ [ ] 夏の観光シーズンに向け、トーマス達が暮らすソドー島に新しく空港が建設されることになった。 機関車達は一生懸命働くが、蒸気機関車とディーゼル機関車との間で争いが頻発。 その最中、大きな嵐が島を襲い仕事に甚大な遅れが出てしまう。 機関車達はお互いに協力して空港を完成させることを決める。 日本での公開 [ ] 日本では公開に先駆け、挿入歌「がんばるんだ」の映像が『』のコーナー『IQミラー間違い9』で流された。 2008年夏にイベントで上映され、にDVDとしてリリース。 フジテレビからへ日本語版制作権の移行・声優変更後の初の長編となった。 長編シリーズの中で本作のみ長らく劇場公開がされていなかったが、より静岡県で日本初となる蒸気機関車のトーマス号が走行開始したのを記念し、同年よりの配給を通じて全国一斉公開された。 挿入歌 [ ]• ああ いそがしい(Busy)• きかんしゃトーマスのテーマ2 みんなあつまれ! しゅっぱつしんこうバージョン(New Engine Roll Call)• The Dream Song 地名 [ ] ティドマス機関庫(Tidmouth Sheds) トーマスと仲間の蒸気機関車が寝起きする六台用機関庫。 本作では修理のために一時取り壊され、機関車達は他の場所で寝なければならなくなってしまう。 しかし、トップハム・ハット卿が機関庫を取り壊したのには修理とは別にもう一つの理由があった。 給炭所(The Coaling Plant) 蒸気機関車が石炭を補給する施設であり、ディーゼル機関車が燃料を補給する給油所としての役割も兼ねている。 本作ではトーマスとメイビスの計画により、この場所で蒸気機関車とディーゼル機関車の会議が開かれる。 新しく登場した地名 [ ] ソドー空港(Sodor Airport) 夏に多くの観光客を迎えるため建設されることとなった空港。 すぐ近くにソドー・エアポート駅がある。 ソドー吊り橋(Sodor Suspension Bridge) ウェルズワース駅付近にある大型の吊り橋。 観光客に人気のスポットだが、嵐のために崩壊してしまう。 登場キャラクター [ ] 蒸気機関車 [ ] トーマス 日本吹き替え - 青い小型タンク機関車。 空港建設開始当初はディーゼル機関車に悪戯をして争いを誘発していたが、トップハム・ハット卿の警告があった日の夜にレディーの夢を見、蒸気機関車とディーゼル機関車が協力する方法を考え始める。 ティッドマス機関庫修理中はエミリーとナップフォードの機関庫で寝泊まりする。 エドワード 日本吹き替え - 青い中型テンダー機関車。 本作ではヘンリーとコンビを組んで仕事をする場面が多い。 ティドマス機関庫修理中はディーゼルと共に石切場の機関庫で寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜にはマッコール農場のカカシにされる夢を見る。 ヘンリー 日本吹き替え - 黄緑の大型テンダー機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 本作ではエドワードとコンビを組んで仕事をする場面が多い。 ティドマス機関庫修理中はパーシーと共に精錬所で寝泊まりする。 ゴードン 日本吹き替え - 青い大型テンダー機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ティドマス機関庫修理中は簡素なテントで寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜には公園のアスレチックにされる夢を見る。 ジェームス 日本吹き替え - 赤い中型テンダー機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ティドマス機関庫修理中は給炭所の石炭ホッパーの下で寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜には遊園地のココナッツ落としにされる夢を見る。 パーシー 日本吹き替え - 黄緑の小型タンク機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ティドマス機関庫修理中はヘンリーと共に精錬所で寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜には遊園地のジェットコースターにされる夢を見る。 エミリー 日本吹き替え - 深緑の中型テンダー機関車。 ティドマス機関庫の修理中間に居候へやって来たトーマスに不満を持っていた。 しかし、彼と同じ寝床で何日か過ごす内に仲間の存在の重要性を意識するようになる。 レディー 日本吹き替え - 2000年 に初登場。 濃赤紫の4輪の小型タンク機関車。 蒸気機関車とディーゼル機関車を協力させる方法を考えていたトーマスの夢の中にラスティーと共に現れ、トーマスに助言する。 前作『魔法の線路』以来の登場であると同時に、2014年現在で本作が最後の登場。 ディーゼル機関車 [ ] ディーゼル 日本吹き替え - 黒い小型ディーゼル機関車。 ディーゼル機関車達の中心的存在。 蒸気機関車のトーマスのことを何かと敵対視し、彼らと争って様々な混乱を招いた。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 メイビス 日本吹き替え - 黒い小型ディーゼル機関車。 トーマスの支線で働いていて蒸気機関車との仕事が多いためかトーマス達に対して他のディーゼル機関車より友好的であり、トーマスと共に給炭所の会議について計画する。 ハリー 日本吹き替え - 黄色と深緑。 バートと双子の小型ディーゼル機関車。 ディーゼルと同様トーマス達のことを敵対視し混乱を招いた。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 バート 日本吹き替え - 並木伸一 黄色と深緑。 ハリーと双子の小型ディーゼル機関車。 ディーゼルと同様トーマス達のことを敵対視し混乱を招いた。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ディーゼル10 日本吹き替え - 頭上に巨大なシャベル「ピンチー」を取り付けた黄土色の大型ディーゼル機関車。 凶暴で気難しい性格をしているため蒸気機関車だけでなく同類のディーゼル機関車からも恐れられている。 前作『魔法の線路』以来の登場。 梁田清之が声を演じたのは本作のみ。 デリック カメオ出演、台詞はない。 挿入歌のミュージックビデオにゴードンの丘を上る後姿が登場する。 第5シリーズ以来の登場となった。 ヘリコプター [ ] ハロルド 日本吹き替え - 白いヘリコプター。 人物 [ ] トップハム・ハット卿 日本吹き替え - ソドー鉄道の局長。 空港建設や嵐の後片付けなどについて機関車達に仕事の指示を出す。 脇役 [ ] トビー 茶色の小型路面機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 トビーはアールズデール・エンドに自分の機関庫を持っていたため、ティドマス機関庫修理中も問題なく寝起きすることができた。 ビルとベン 双子の黄色い小型タンク機関車。 ハーヴィー 臙脂色の小型クレーン機関車。 本作では嵐の後片付けや吊り橋の修理など多くの仕事に借り出されているため、終盤に空港で事故が起きた際にも運悪く不在だった。 デイジー 黄緑の旅客用ディーゼル気動車。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 本作では台詞は無い。 第4シーズン以来の登場。 デリック 緑の凸型ディーゼル機関車。 ソルティー 港で働く赤い小型ディーゼル機関車。 ラスティー 高山鉄道所属のオレンジ色の小型ディーゼル機関車。 トーマスの夢の中にレディーと共に現れ、蒸気機関車とディーゼル機関車が協力することの大切さを身をもって示す。 アニーとクララベル オレンジ色の客車。 ヘンリエッタ オレンジ色の客車。 ジョージ 黄緑のスチームローラー。 物語終盤、空港の滑走路整備に借り出される。 ジョージがカメオ出演でなく正式に登場するのは第5シリーズ以来であると同時に、本作が最後の正式登場である。 キャロライン 赤い小型自動車。 ブッチ 黄色い大型レッカー車。 クランキー 灰緑の大型クレーン。

次の

あつまれ!笑顔 速水けんたろう/茂森あゆみ 歌詞情報

みんな あつまれ 歌詞

しゅっぱつしんこう きかんしゃトーマス みんなあつまれ! しゅっぱつしんこう Calling All Engines! 監督 スティーブ・アスクィス 脚本 ポール・ラーソン アビ・グラント 製作 サイモン・スペンサー 製作総指揮 ジョセリン・スティーブンソン 配給 公開 DVD TV ミニマックス DVD TV ジムジャム 上映時間 60分 製作国 言語 英語 前作 次作 『 きかんしゃトーマス みんなあつまれ! しゅっぱつしんこう』( Calling All Engines! )は、人気人形劇『』の長編シリーズ第2作目の作品である。 概要 [ ] テレビシリーズ第8シリーズ制作後に、「きかんしゃトーマス」の原作「」出版60周年記念作品として第8シリーズからの新スタッフの手で制作された長編作品。 前長編作『』の続編的要素が強いが、前作に比べると対象年齢が低く、ミニクイズコーナーや歌も挿入されテイストの作品となった。 内容はテレビシリーズを単純に長くしたもので、長編1作目のような生身の人間が出演したり、そのために複雑な設定がなされる事もなく、本編中のミニクイズコーナーで設定やストーリーの理解を助ける場を設け、トーマスが活躍する分かり易いものに整理された。 主に空港建設中の蒸気機関車とディーゼル機関車の衝突・協調が描かれている。 米国では2005年にDVD及びVHSビデオをリリースし、英国では同年にDVD及びVHSビデオをリリースした。 分かり易い物語であること等が要因となり、英米ではVHS・DVDの発売のみで劇場公開されなかったにもかかわらず、売り上げは成功を収めた。 あらすじ [ ] 夏の観光シーズンに向け、トーマス達が暮らすソドー島に新しく空港が建設されることになった。 機関車達は一生懸命働くが、蒸気機関車とディーゼル機関車との間で争いが頻発。 その最中、大きな嵐が島を襲い仕事に甚大な遅れが出てしまう。 機関車達はお互いに協力して空港を完成させることを決める。 日本での公開 [ ] 日本では公開に先駆け、挿入歌「がんばるんだ」の映像が『』のコーナー『IQミラー間違い9』で流された。 2008年夏にイベントで上映され、にDVDとしてリリース。 フジテレビからへ日本語版制作権の移行・声優変更後の初の長編となった。 長編シリーズの中で本作のみ長らく劇場公開がされていなかったが、より静岡県で日本初となる蒸気機関車のトーマス号が走行開始したのを記念し、同年よりの配給を通じて全国一斉公開された。 挿入歌 [ ]• ああ いそがしい(Busy)• きかんしゃトーマスのテーマ2 みんなあつまれ! しゅっぱつしんこうバージョン(New Engine Roll Call)• The Dream Song 地名 [ ] ティドマス機関庫(Tidmouth Sheds) トーマスと仲間の蒸気機関車が寝起きする六台用機関庫。 本作では修理のために一時取り壊され、機関車達は他の場所で寝なければならなくなってしまう。 しかし、トップハム・ハット卿が機関庫を取り壊したのには修理とは別にもう一つの理由があった。 給炭所(The Coaling Plant) 蒸気機関車が石炭を補給する施設であり、ディーゼル機関車が燃料を補給する給油所としての役割も兼ねている。 本作ではトーマスとメイビスの計画により、この場所で蒸気機関車とディーゼル機関車の会議が開かれる。 新しく登場した地名 [ ] ソドー空港(Sodor Airport) 夏に多くの観光客を迎えるため建設されることとなった空港。 すぐ近くにソドー・エアポート駅がある。 ソドー吊り橋(Sodor Suspension Bridge) ウェルズワース駅付近にある大型の吊り橋。 観光客に人気のスポットだが、嵐のために崩壊してしまう。 登場キャラクター [ ] 蒸気機関車 [ ] トーマス 日本吹き替え - 青い小型タンク機関車。 空港建設開始当初はディーゼル機関車に悪戯をして争いを誘発していたが、トップハム・ハット卿の警告があった日の夜にレディーの夢を見、蒸気機関車とディーゼル機関車が協力する方法を考え始める。 ティッドマス機関庫修理中はエミリーとナップフォードの機関庫で寝泊まりする。 エドワード 日本吹き替え - 青い中型テンダー機関車。 本作ではヘンリーとコンビを組んで仕事をする場面が多い。 ティドマス機関庫修理中はディーゼルと共に石切場の機関庫で寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜にはマッコール農場のカカシにされる夢を見る。 ヘンリー 日本吹き替え - 黄緑の大型テンダー機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 本作ではエドワードとコンビを組んで仕事をする場面が多い。 ティドマス機関庫修理中はパーシーと共に精錬所で寝泊まりする。 ゴードン 日本吹き替え - 青い大型テンダー機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ティドマス機関庫修理中は簡素なテントで寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜には公園のアスレチックにされる夢を見る。 ジェームス 日本吹き替え - 赤い中型テンダー機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ティドマス機関庫修理中は給炭所の石炭ホッパーの下で寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜には遊園地のココナッツ落としにされる夢を見る。 パーシー 日本吹き替え - 黄緑の小型タンク機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ティドマス機関庫修理中はヘンリーと共に精錬所で寝泊まりする。 また、ハット卿の警告があった日の夜には遊園地のジェットコースターにされる夢を見る。 エミリー 日本吹き替え - 深緑の中型テンダー機関車。 ティドマス機関庫の修理中間に居候へやって来たトーマスに不満を持っていた。 しかし、彼と同じ寝床で何日か過ごす内に仲間の存在の重要性を意識するようになる。 レディー 日本吹き替え - 2000年 に初登場。 濃赤紫の4輪の小型タンク機関車。 蒸気機関車とディーゼル機関車を協力させる方法を考えていたトーマスの夢の中にラスティーと共に現れ、トーマスに助言する。 前作『魔法の線路』以来の登場であると同時に、2014年現在で本作が最後の登場。 ディーゼル機関車 [ ] ディーゼル 日本吹き替え - 黒い小型ディーゼル機関車。 ディーゼル機関車達の中心的存在。 蒸気機関車のトーマスのことを何かと敵対視し、彼らと争って様々な混乱を招いた。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 メイビス 日本吹き替え - 黒い小型ディーゼル機関車。 トーマスの支線で働いていて蒸気機関車との仕事が多いためかトーマス達に対して他のディーゼル機関車より友好的であり、トーマスと共に給炭所の会議について計画する。 ハリー 日本吹き替え - 黄色と深緑。 バートと双子の小型ディーゼル機関車。 ディーゼルと同様トーマス達のことを敵対視し混乱を招いた。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 バート 日本吹き替え - 並木伸一 黄色と深緑。 ハリーと双子の小型ディーゼル機関車。 ディーゼルと同様トーマス達のことを敵対視し混乱を招いた。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 ディーゼル10 日本吹き替え - 頭上に巨大なシャベル「ピンチー」を取り付けた黄土色の大型ディーゼル機関車。 凶暴で気難しい性格をしているため蒸気機関車だけでなく同類のディーゼル機関車からも恐れられている。 前作『魔法の線路』以来の登場。 梁田清之が声を演じたのは本作のみ。 デリック カメオ出演、台詞はない。 挿入歌のミュージックビデオにゴードンの丘を上る後姿が登場する。 第5シリーズ以来の登場となった。 ヘリコプター [ ] ハロルド 日本吹き替え - 白いヘリコプター。 人物 [ ] トップハム・ハット卿 日本吹き替え - ソドー鉄道の局長。 空港建設や嵐の後片付けなどについて機関車達に仕事の指示を出す。 脇役 [ ] トビー 茶色の小型路面機関車。 トーマスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 トビーはアールズデール・エンドに自分の機関庫を持っていたため、ティドマス機関庫修理中も問題なく寝起きすることができた。 ビルとベン 双子の黄色い小型タンク機関車。 ハーヴィー 臙脂色の小型クレーン機関車。 本作では嵐の後片付けや吊り橋の修理など多くの仕事に借り出されているため、終盤に空港で事故が起きた際にも運悪く不在だった。 デイジー 黄緑の旅客用ディーゼル気動車。 メイビスの求めに応じ給炭所の会議に出席する。 本作では台詞は無い。 第4シーズン以来の登場。 デリック 緑の凸型ディーゼル機関車。 ソルティー 港で働く赤い小型ディーゼル機関車。 ラスティー 高山鉄道所属のオレンジ色の小型ディーゼル機関車。 トーマスの夢の中にレディーと共に現れ、蒸気機関車とディーゼル機関車が協力することの大切さを身をもって示す。 アニーとクララベル オレンジ色の客車。 ヘンリエッタ オレンジ色の客車。 ジョージ 黄緑のスチームローラー。 物語終盤、空港の滑走路整備に借り出される。 ジョージがカメオ出演でなく正式に登場するのは第5シリーズ以来であると同時に、本作が最後の正式登場である。 キャロライン 赤い小型自動車。 ブッチ 黄色い大型レッカー車。 クランキー 灰緑の大型クレーン。

次の

あつまれどうぶつの森 とたけけソング一覧

みんな あつまれ 歌詞

Eテレ『2355』『0655』 まずは『 2355』と『 0655』がどのような番組なのかを説明しましょう。 きょうの終わりにほっとひといき。 『2355』は、見ると気持ちよくリラックスできる、 おやすみ前にぴったりの5分番組です。 - 『2355』の番組公式Webサイトには上記引用部のように書かれています。 平日23:55-00:00に「Eテレ」で放送される5分のミニ番組です。 0655は、1日のはじまりをつくる5分番組。 「日めくりアニメ」「おはようソング」などの楽しいコーナーで、あなたを送り出します。 - 『0655』の公式Webサイトには上記引用部のように書かれています。 平日06:55-07:00に、同じく「Eテレ」にて放送されている5分のミニ番組です。 『2355-0655年越しをご一緒にスペシャル2019-2020』 毎年、大晦日から翌年の元日にかけた年をまたいで、『2355』と『0655』のコラボレーション特番が放送されています。 タイトルは「 年越しをご一緒にスペシャル」です。 2019年も12月31日23:45から2019年1月1日00:10まで放送されました。 番組のタイトルは『 2355-0655年越しをご一緒にスペシャル2019-2020』です。 「2355」「0655」が送る年越しの特別番組! ねずみ年のえとソングや、恒例の新春たなくじ、大人気「らくがきサンドウィッチマン」に加え、2019年の「おはようソング」名作も振り返る、盛りだくさんの25分間! 録画データの番組説明には上記引用部のように書かれていました。 干支ソング 『2355・0655年越しをご一緒にスペシャル』では毎年、新年の「干支(えと)」を題材にした曲が披露されます。 その名も「干支ソング」です。 今回の放送でも2020年の干支ソングが公開されていました。 過去の干支ソング 2020年の干支ソングを紹介する前に、2019年までの干支ソングをおさらいしましょう。 2013年(巳年):「チーム・にょろにょろの歌」• 2014年(午年):「走れ!ウマダ・ウマジロウ」• 2015年(未年):「メーメーメーがやってきた!」• 2016年(申年):「喜多喜多! さるさるどしー!」• 2017年(酉年):「庭野トリ彦本日もケコケッコー!」• 2018年(戌年):「ポチが通ります」• 2019年(亥年):「オレ、いのししだし!」• 2020年(子年):「???」 上記のとおりです。 2020年は子年 2020年の干支は「子年」です。 子年の読みは「ねどし」。 ネズミ(鼠)ですね。 子年の干支ソング 2020年の「干支ソング」の曲名は「 みんなあつまれ!! 202ネズミマーク(にせんにチュー)ねずみ年新年会」でした。 曲タイトルのネズミマークは「チュー」と読ませたいようです。 2020(にせんにじゅう)ではなく「にせんにチュー」と。 作詞・作曲・アニメーション担当 「みんなあつまれ!! 202ネズミマーク(にせんにチュー)ねずみ年新年会」の作詞・作曲・アニメーションなど、各担当者は一切表記がありませんでした。 確か、昨年も「年越しをご一緒にスペシャル」内では担当者の表示はありませんで、後日明らかにしていたと記憶しています。 今年もそうですね。 いや、でも昨年は歌の担当者だけは表示されていたでしょうか。 それは歌っていた人が「ブラザー・トム」さんだったからかもしれませんね。 今年の干支ソングはタレントさんやミュージシャンが歌っていない、ということなのでしょう。 今回の曲はかつて放送された「重箱の隅つつくの助」とよく似たノリを感じました。 干支ソングで言えば「喜多喜多!さるさるどしー!」とノリが近いです。 「重箱の隅つつの助」は作詞が「佐藤雅彦」さんと「うちのますみ」さん、作曲が「近藤研二」さんです。 「さるさるどしー!」は作詞・作曲が「堀江由朗」さんと「うちのますみ」さんと「佐藤雅彦」さんです。 なので、特に作詞に関しては佐藤さんかうちのさん、あるいは両者が関わっているものと予想しています。 予想が外れていたら申し訳ありません。 追記ここから: 作詞作曲とうたの担当者が公式webサイトに載っていました。 作詞:うえ田みお・貝塚智子• 作曲:堀江由朗• うた:チュー吉合唱団 予想は外れですね。 申し訳ありません。 :追記ここまで 歌詞の内容 2020年の干支ソング「みんなあつまれ!! 202ネズミマーク(にせんにチュー)ねずみ年新年会」の歌詞についてです。 内容はネズミたちが新年会を開いている体で、昔からのお正月の遊びを紹介するものでした。 例えば、1匹では「凧揚げ」で2匹なら「羽根つき」、3匹なら「福笑い」、4匹なら「おしくらまんじゅう」、5匹なら「カルタ」、6匹なら「雪合戦」……といった遊びですね。 3匹からは人数とは直接に関係しなくなっているような。 最後に「ハッピーニューイヤー」ではなく「ハッピーチューイヤー」で締めくくっていました。 結局はタイトルとチューイヤーが言いたいだけだったきがしないでもないですね。 当たりか外れか? 2020年の干支ソング「みんなあつまれ!! 202ネズミマーク(にせんにチュー)ねずみ年新年会」が、私にとって当たりか外れか。 昨年2019年の「オレ、いのししだし!」は個人的に当たりでした。 当たりは2014年の「走れ! ウマダ・ウマジロウ」以来です。 今まで2度しか個人的なヒットソングがなかったことから、実は2020年の干支ソングに対しては期待していませんでした。 期待しすぎると、好みではない曲だった場合にガッカリしてしまうから。 結論を申し上げると、2020年の干支ソングは私の好みではありませんでした。 当たりか外れかで言うと外れです。 あくまで私の好みで言うと、です。 おわりに ということで『2355-0655 年越しをご一緒にスペシャル 2019-2020』で、2020年の干支ソング「みんなあつまれ!! 202ネズミマーク(にせんにチュー)ねずみ年新年会」が公開されたことについての記事でした。 おそらく2020年1月6日月曜日の『0655』でも放送されると思います。 年越しをご一緒にスペシャルを見逃した方はぜひご覧になってください。

次の