韻 マン change my life。 韻だけでは終わらない。音源の中毒性に酔う!! 韻マン「Change My Life」

「Change My Life」ランキング推移

韻 マン change my life

ランキング推移• 2020年6月28日 : 87 位• 2020年6月27日 : 87 位• 2020年6月26日 : 87 位• 2020年6月25日 : 84 位• 2020年6月24日 : 85 位• 2020年6月23日 : 85 位• 2020年6月22日 : 76 位• 2020年6月21日 : 79 位• 2020年6月20日 : 80 位• 2020年6月19日 : 80 位• 2020年6月18日 : 79 位• 2020年6月17日 : 78 位• 2020年6月16日 : 78 位• 2020年6月15日 : 73 位• 2020年6月14日 : 72 位.

次の

SHUN Change My Life 歌詞&動画視聴

韻 マン change my life

最近のディグり不足から来る慢性的な流行遅れなんですけど、今回は韻マンのこちらの音源。 TikTokの音源になっててブリッジだけ5000回は聞いた。 ヒップホップ気取り側にいるはずなのにTikTok経由で知った。 韻マンっぽいと思ったら本当に韻マンだったパターン。 初めて聴いた印象としてはヒップホップぽくないなってこと。 どこまでヒップホップでどこまでポップなのかを議論するつもりはないんですけど、そこがまたバズった理由のひとつかと思ったりするわけです。 今は音源を作ってから地道にライブしてくよりもTikTokのほうが知名度上がるの早いかもしれないっすね。 まあ、バズらせるのも至難の技だとは思うんですけど、市場の大きさが段違い。 いわゆるストリート、現場ってやつは地元的な存在で、流行りからは遠いんですよね。 実際に足運ぼうってターゲット層の中でもだいぶコアですし実際。 Twitterでは面白いコンテンツか議論を呼ぶやつかすでに有名なやつがバズるイメージがあって、あんまり国境を超えない気がしてます。 海外の若者が少なさそう。 インスタはあんまりわからない。 並び順勝手に決めないで。 そんな中で音楽との親和性が高くてグローバルなTikTokは画期的だなーと思います。 しかも今はサブスクの存在があるので離れていても収益面に繋げやすい。 特にこれからのアーティストは有名ティックトッカーに音源使ってもらうってのはどうですか? と、全く噛んでないので外野から適当に考えてみた。 コンテンツの流動性が早いからコンテンツに時間をかけるよりマーケティングを頑張ったほうが早そう。 でもそんなのは楽しくないからこだわり抜いた作品に出会えたときは喜びも一入的な。 AIより人間の温かみ的な。

次の

SHUN Change My Life 歌詞&動画視聴

韻 マン change my life

ランキング推移• 2020年6月28日 : 87 位• 2020年6月27日 : 87 位• 2020年6月26日 : 87 位• 2020年6月25日 : 84 位• 2020年6月24日 : 85 位• 2020年6月23日 : 85 位• 2020年6月22日 : 76 位• 2020年6月21日 : 79 位• 2020年6月20日 : 80 位• 2020年6月19日 : 80 位• 2020年6月18日 : 79 位• 2020年6月17日 : 78 位• 2020年6月16日 : 78 位• 2020年6月15日 : 73 位• 2020年6月14日 : 72 位.

次の