結婚退職 挨拶。 【退職挨拶の文例つき!】スピーチ、メール(社内・社外)の注意点

最後こそ印象良く!退職の挨拶メールはこれで間違いなし【そのまま使えるテンプレあり!】

結婚退職 挨拶

「本日はお忙しい中、このような会を開いていただきましてありがとうございます。 」 「ここまでやってこられたのは皆様のおかげです。 みなさまに出会えたことは私の宝物です。 」 「この度は、私のわがままで何も会社に恩返しをできぬまま退職することになってしまい本当に申し訳ございません。 最後にみなさまの健康と益々のご活躍、そして会社のさらなる発展を心よりお祈りいたします。 短い間でしたが本当にお世話になりありがとうございました。 在籍中はひとかたならぬお世話になりありがとうございました。 本来であれば、お伺いし、ご挨拶すべきところではありますが、 取り急ぎ、メールでのご報告での失礼をお許しください。 このアドレスは本日を持ちまして使えなくなります。 いろいろとありがとうございました。

次の

退職挨拶(あいさつ)メール文例集

結婚退職 挨拶

退職・退社の挨拶スピーチでは、 1. 退職の報告 2. これまでの感謝の気持ち 3. 職場の今後への応援の気持ち を、伝える内容を盛り込みます。 これは定年・転職・結婚といった退職・退社理由に左右されません。 また、送別会を開いてもらい、そこでの退社・退職の挨拶スピーチであれば、最初に送別会を開いてもらったことへのお礼を伝えましょう。 また、退社後にどうしていくのかということにも軽く触れて報告するのがベストな退職の挨拶内容です。 退社・退職の挨拶スピーチは30~60秒が目安 退社・退職時の挨拶スピーチは30~60秒を目安としましょう。 あまりに短いと、これまでの感謝の気持ちを伝えられません。 また、退社・退職の挨拶スピーチは朝礼や、会社の定時に社員を集めて行われることもあるため、長すぎてもいけません。 ではこの基本をもとに、定年・転職・結婚という理由別の退職・退社挨拶と、送別会で話す退社・退職時の挨拶スピーチの例文をそれぞれご紹介しますので、参考にしてみてください。 経験者の声「お世話になった人には個別に挨拶しました」 実際に退職するにあたり、格別の恩義がある方に対しては、より大きな感謝を伝えるべきです。 たとえば、個別に挨拶をして回るというのも効果的でしょう。 朝礼や送別会のタイミングで、そこにいる方々に向けて退職・退社の挨拶をすることは勿論のこと、私は特にお世話になった方(現在・過去の上司、可愛がってもらった先輩など)には個別にご挨拶しました。 直接ご挨拶にも伺いましたし、過去の思い出、お世話になった出来事も踏まえながらメールでも連絡しました。 退職の挨拶を考える前にまずは転職先を決めよう 退職の挨拶は大事ですが、その前にまずは転職先を決めることが重要です。 退職した後に転職活動を始めると、収入がない期間が長くなってしまいますので、注意が必要です。 転職求人を探す場合は、業界No. 1の求人数を誇る「リクルートエージェント」がおすすめです。 豊富な求人数のおかげで、様々な条件を提示しても、それにマッチした求人が見つかります。 ぜひ、自分が求める条件に合った求人を「リクルートエージェント」で見つけてください! 一身上の都合により、本日付で退職することになりました。 5年前に入社し、それからは、笑いあり、涙ありの会社生活でしたが、大きな失敗もなくこれたのは、一重に、これまでご指導頂いた、上司・先輩方、助けて頂いた同僚の皆様のお陰だと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。 以上で退職の挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。 皆様にはこれまでに何度もご迷惑をかけしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 時には厳しく、時には優しくご指導いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 みなさんと4年間、一緒に働かせていただいたことは忘れません。 これからもお元気でご活躍ください。 ありがとうございました。 仕事を辞めるのと同じくらい転職が成功するかが不安….. 仕事を辞めるのには、不安がつきものです。 しかし、それと同じくらい転職が成功するか不安になる人がほとんどです。 もし落ちてしまったらどうしようなどで、転職活動に前向きになれないこともあります。 そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。 あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。 利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください! 本日は私のためにこんな素敵な送別会を開いていただき誠にありがとうございます。 しかも、このように大勢のみなさんにお集まりいただきまして、本当に胸が熱くなる思いです。 朝礼でもお話しましたように、実家の家業を継がなければならず、この日が来ることは以前から分かっていました。 しかし、いざ退職を迎えると、後ろ髪を引かれる思いです。 職場のみなさんも良い方ばかりで、お蔭さまで充実した会社生活を送らせていただき、みなさんには深く感謝しています。 今月末には実家のある北海道に転居します。 お近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください。 長い間大変お世話になりました。 どうぞ皆様お元気でご活躍ください。 退社・退職の挨拶スピーチは心を込めて感謝を伝える 会社を退職するときには定年・転職・結婚など理由に関わらず、退職の挨拶やスピーチをするのが一般的です。 その際にしっかりと職場の仲間たちに送り出してもらえるように、また好印象を持ってもらえるよう、退社時の挨拶の準備をしっかりしておきましょう。 上司を納得させて円満退職したい方は必見.

次の

退職の挨拶マナー☆結婚や定年7つのシーン別文例集

結婚退職 挨拶

退職時の挨拶(スピーチ・メール)の仕方と例文(社内/社外/上司向け)最終出社日にすべきこと【バイト・パートの退職】 お世話になったパートやバイト先を辞めるときは、退職の挨拶をするのがマナーです。 最後にしっかり挨拶ができれば、気持ちよく辞められますし、職場の人たちにも良い印象を残せるはず。 とはいえ、「どんなふうに挨拶すれば良いのかわからない」という人もいると思います。 そこで今回は、パートやバイトを退職するときの挨拶の仕方についてご紹介します。 【目次】 1. みんなの前で退職の挨拶をする場合のポイントと例 朝礼や終礼、送別会など、パートやバイト先の人たちの前で退職の挨拶をするときのポイントとスピーチの文例をお伝えします。 退職の挨拶をする際に気をつける3つのこと 人前に立っての挨拶は緊張しますが、まずは次の3つを心がけ、落ち着いていきましょう。 自分の中で良いイメージを持って臨めば大丈夫です。 その1)ゆっくり、はきはき、丁寧に話そう 話すときは、「ゆっくり、はきはき、丁寧に」を心がけ、その場にいる一番遠くの人に話しかけるつもりで声を出すと、ちょうど良いでしょう。 緊張すると、どうしても早口になりがちですが、早口で話しているうちに、自分でも何を話しているのかわからなくなることがあります。 そうなるとさらに緊張してしどろもどろになり、恥ずかしい思いをして終わるということも…。 ゆっくり、はきはき、丁寧に話せば、頭の中を整理しながら話せるため、挨拶がうまくいきやすいでしょう。 その2)視線はZ形に動かそう みんなの前で行う挨拶がなぜ緊張するかというと、視線が自分に集中しているのを意識してしまうことが原因の一つです。 そんなときは、左奥にいる人から右奥、そこから左奥一つ手前へと「Z」の文字を描くように視線を動かしてみましょう。 全体をゆったりと見渡すような顔の動きが落ち着いた印象を与えられるでしょう。 その際、視線を動かしながらも、一人一人の目を見て話すことで「1対1」のような状況をつくることがポイントです。 こうすれば、何人を前にしても、「大勢対自分」ではなく、「1対1」の関係をつくり出せるため、緊張をやわらげることができます。 目の前に複数の人がいると、緊張して照れ笑いを浮かべたり、うつむき加減になったりすることがあります。 そうなりがちな人は、「Z」形に視線を動かす方法を試してみてください。 その3)長さは1分~2分程度でまとめよう 挨拶の内容は、長すぎず、短すぎずの1分~2分くらいでまとめましょう。 短すぎると素っ気ない印象を与えますし、長すぎると聞いているほうは飽きてしまいます。 1分間で早口にならずに話すのに適した文字数は、300字程度です。 あらかじめ300字~600字程度で挨拶文を作っておくと、程よく収まるでしょう。 退職の挨拶に盛り込むべき内容 挨拶の内容は次の項目で組み立てるのが基本です。 この基本に沿って話すことで、出だしから最後までスマートにまとめられるでしょう。 結婚、出産など、おめでたい理由であれば事実を伝えても構いませんが、それ以外は「一身上の都合」でOK。 たとえ本当の理由が上司との人間関係などネガティブな要素であったとしても、口にするのはNGです。 記憶をたどり、パートやバイトの思い出や、その場にいる人たちと一緒に汗を流したエピソードを盛り込んでも良いでしょう。 ただし内容は簡潔に。 気づいたら一人、長々と思い出話にふけっていたというのでは、周囲も冷めてしまいます。 この場合のエールとは、これからの職場の発展やお世話になった人たちの活躍を祈る思いのほか、陰ながら応援している気持ちなどです。 在職期間がそれほど長くなかったとしても、一度はお世話になった場所。 感謝の気持ちとエールをセットにすることで、挨拶がうまく締まります。 退職挨拶の例 これまでの内容を踏まえ、退職時に行うスピーチの文例をご紹介します。 エピソードなどは自分自身のことに置き換えて話してください。 <トーク例> 「本日をもちまして、一身上の都合により退職することになりました。 接客の仕事は初めてでしたので、最初はとても不安だったのですが、みなさんに丁寧に仕事を教えていただき、充実した2年間を過ごすことができました。 年末に職場のメンバー総出で、ひたすら福袋を作り続けた「福袋プロジェクト」も、忘れられない思い出です。 お客さまにご迷惑をおかけするなど失敗もありましたが、温かく見守っていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。 職場は離れますが、今後は消費者の立場から、お店のPRに協力できればと考えています。 そして、ここでの経験を自分の強みとして、今後の人生に活かしていくつもりです。 お世話になった皆さまのご活躍とご健康をお祈りしております。 ありがとうございました」 2. バイト先に退職の挨拶をメールでする場合のポイントと文例 直接会えない人にはメールで退職の挨拶をしましょう。 ポイントと文例をお伝えします。 退職挨拶のメールを送る際に気をつけること 気をつけたいのは、社内の人と社外の人への辞める挨拶は分けて考えることです。 メールを送るタイミングも、社内と社外で別に考えます。 ただ、職場によっては「送るのは退職日の数日前」といったローカルルールが存在するところもあります。 そのため、どのタイミングで送るのが適切か、職場の先輩や同僚に確認しておくと良いでしょう。 先に社外の人に退職することを伝えるのはマナー違反であり、トラブルの原因にもなりかねません。 タイミングとしては、退職日の2~3週間前が一般的です。 いきなり「明日、退職します」では、クライアントも「後任は?」「引き継ぎはどうなっているの?」と不安になってしまいます。 そのようなことのないように余裕を持ってメールを送りましょう。 一般的には最終出社日、ローカルルールによっては退職の数日前です。 そうしないと送り先のアドレスが送信者全員の目にさらされ、重大な情報漏洩となる場合があります。 なお、個人的にお世話になった上司や先輩、親しい同僚への挨拶は、個別にメールを送っても、もちろん差し支えありません。 初めて対面したときの第一印象など、思い出話なども添えると、心のこもったものになります。 送別会などを開いてもらったのであれば、お礼を伝えても良いでしょう。 社内の人に送る退職挨拶のメール内容 メールの内容は、スピーチとほぼ同じです。 退職する日付、退職理由、感謝の気持ち、職場へのエールを盛り込みましょう。 件名は、用件がひと目でわかるように「退職の挨拶」とします。 本文は、ビジネスメールであることをわきまえ、ネガティブなことは書かず、簡潔にまとめることを意識してください。 退職理由は、結婚や出産などのおめでたい理由以外は、「一身上の都合」でOKです。 不都合がなければ、今後の連絡先を書き添えても構いません。 職場を離れた後に連絡する必要が生じることもあるでしょうし、縁が将来につながる可能性もあります。 社内の人に送る退職挨拶のメール文例 社内の人に送るメールの文例をご紹介します。 どう書こうか迷ったときの参考にしてください。 このメールは、お世話になった皆さまにお送りしています。 一身上の都合により、本日をもちまして退職することとなりました。 本来ならば直接ご挨拶に伺うべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 こちらでアルバイトを始めてから1年。 短い期間でしたが、どんな質問にも丁寧に答えていただき、社会人のマナーについてもご指導いただいたこと、心より感謝しております。 とても好きな仕事内容でしたので、辞めてしまうのは寂しい気持ちでいっぱいですが、こちらで得た経験は自分の糧となりました。 今後の連絡先は、下記の通りです。 何かありましたら、こちらにご連絡いただければと思います。 お世話になり、本当にありがとうございました。 社外の人にとっては、これから誰に連絡を取ればいいのかが気になるところです。 お礼や感謝の気持ちも大切ですが、後任や引き継ぎについては、必ず書き添えましょう。 また、結婚と出産以外の退職理由を「一身上の都合」とする点は、社内でも社外でも同じです。 ただし、社内メールの際に記した今後の連絡先については、社外の人には共有しないのが一般的です。 あくまでも仕事を介しての関係ですから、プライベートとは線を引きましょう。 社外・取引先の人に送る退職挨拶のメールの文例 社外の人に送るメールの文例です。 感謝の気持ちを伝えつつ、スムーズに業務を引き継ぐことを記し、安心してもらえるようにまとめましょう。 本来であれば直接ご挨拶に伺うべきところですが、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 先日も、急なお願いにもかかわらず快く対応してくださり、本当に助かりました。 ありがとうございました。 電話番号は変わりません。 お世話になり、本当にありがとうございました。 基本ルールは「社内向け」と同じです。 ネガティブな内容はさけ、仕事でのエピソードや思い出話、相手から何を学んだのかを添えると、より感謝の思いが伝わります。 このたび、一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今後の連絡先は、下記の通りです。 何かありましたら、こちらにご連絡いただければと思います。 お世話になり、本当にありがとうございました。 みんなの前で退職の挨拶をする機会がない場合 退職にあたって、みんなの前で卒業の挨拶をする機会がない場合は、個別に挨拶をすることになります。 そのときのポイントについて確認しておきましょう。 挨拶する順番 挨拶をする順番は、自分が所属する部署で役職が一番上の人から始め、続いて直属の上司、同僚という順番です。 オフィスなどで数人の席がまとまっている場合は、一人一人に声をかけるのではなく、その場の全員に対して挨拶をする形で大丈夫です。 部署が異なる人への挨拶は、仕事上の関わりがあった人や親しい間柄だった人だけで問題ないでしょう。 挨拶するタイミング 自分の仕事が片付き、上司や同僚の仕事もひと段落した頃合いを見計らって挨拶に回りましょう。 初めに「すみません、今、少しだけお時間よろしいでしょうか」と声をかけることも忘れずに。 忙しそうだなと感じたら、時間を改めるなど臨機応変に対応することが大切です。 挨拶のポイントと例 スピーチやメールのパターンと同じです。 ポイントは、退職する日付と退職の事実、感謝の気持ちを伝えること。 たとえ気心の知れた同僚であっても、会社に対する不満や愚痴を言うことはNG。 ライバル会社でパートやバイトが決まっているなど、社内の人が耳にして快く思わない内容も、触れないようにしましょう。 最終出社日にいない人への挨拶 挨拶をしたかった人が、最終出社日に出張などで不在ということもあります。 相手が上司である場合は、メールで挨拶をするか、メモや手紙を残しておきましょう。 最終出社日にすべきこと 最終出社日には挨拶回りのほかにもしなければならないことがあります。 ここで整理しておきます。 業務の引き継ぎ 業務の引き継ぎは、最終出社日には終わっていることが基本です。 退職を申し出たときに上司に相談し、後任の人への引き継ぎのスケジュールを立てておきましょう。 そうすれば、最終出社日にまで引き継ぎでバタバタすることはありません。 会社から預かった備品の返却 会社から預かったり借りたりしていた備品は、私物ではないので返却するのが原則です。 備品には主に次のようなものがあります。 借りたまま退職すると、後日、返却のために出社しなければなりません。 最寄り駅で定期券を解約し、お金を返却するという会社もあります。 全額支給ではなく一部支給の場合は、総務の担当者と相談しましょう。 取引先やお客さまから受け取った名刺も、業務を通じてのもの。 持ち帰らずに、後任担当者に託すのが基本です。 会社から指示がある場合は、それに従って対処しましょう。 会社の指示に従ってデータの処理を行ってから返却しましょう。 自分のデスク周りやロッカーの片づけ すべての業務が終わったら、デスクやロッカーをきれいに片づけましょう。 私物は持ち帰り、不要な書類はシュレッダーにかけるなどして廃棄します。 特にデスク周りは、文房具など細かい備品も多く、意外と整理に時間がかかるもの。 退職する日の数日前から、計画的に整理整頓を始めておきましょう。 菓子折りなどの配布 菓子折りは必ず配らなければならないというものではありませんが、お世話になったお礼の気持ちとして用意すると、挨拶代わりとしても重宝します。 あくまでも気持ちなので、高価なお菓子でなくて大丈夫。 1,000円~3,000円程度の品で、個包装になっているものが分けやすくておすすめです。 気をつけたいのは、賞味期限と個数。 賞味期限が短く、日持ちしないものは避けましょう。 また個数は人数分より少し多めのものを選ぶのが喜ばれるコツです。 もし、個別にお礼の品を渡す場合は、ほかの人にはわからないように、そっと渡すのがマナー。 心に留めておきましょう。 しっかりと退職の挨拶をして有終の美を パートやバイトを辞めるとはいえ、そこですべてが途切れてしまうわけではありません。 どこかで偶然ばったり出会うこともあるでしょうし、新たなバイトやパート先のお客さまだったりと、今後も関わることがあるかもしれません。 仕事を教えてもらい、お給料をいただいた職場です。 社会人としてのマナーを守り、しっかりと退職の挨拶をしましょう。 「立つ鳥跡を濁さず」で有終の美を飾れば、自分自身もさわやかな気持ちで、次のステップに進むことができますよ。

次の