グラボ 見方。 ゲーミングPCにおすすめなグラボ(GPU)の選び方とは | 【ゲーミングPCおすすめ2019】選び方のポイント【デスクトップ】

グラフィックボード(グラボ)の確認方法とその見方とは|ドスパラ通販【公式】

グラボ 見方

パソコンで使用しているグラフィックボードの確認方法とグラフィックボードの性能確認について掲載しています。 グラフィックボードはパソコンからモニタに画像を出力するための主要部品となります。 画面(モニタ)に画像を出力する性能(解像度や表示速度など)は、パソコンの性能よりグラフィックボードの性能により大きく左右します。 高価なモニタを購入しても、パソコンのビデオカード性能が低いとモニタの性能を発揮出来ないことがありますので、モニタ購入前に使用中のグラフィックボードを確認することをおすすめいたします。 モニタの性能などについては以下でご確認ください。 グラフィックボードは、ほとんどが以下の3つ「NVIDIA GeForce」「AMD Radeon」「Intel HD Graphics」の製品となります。 「NVIDIA GeForce」「AMD Radeon」は、ホームページに型番ごとのスペックが掲載されています。 「Intel HD Graphics」は、ホームページにスペック掲載は無く、パソコンのスペックで確認する必要があります。 メーカ・シリーズ 概要 NVIDIA GeForce NVIDIA社のグラフィック機能 グラフィック専用のCPU GPU を利用しており、高性能なグラフィックボードも多くあります。 NVIDIA社のGPUを使用した製品が多くのメーカーから発売されています。 最高解像度などの情報はメーカのホームページで確認することが出来ます。 スペックの表示は玄人向けで分かりづらい表記です。 AMD Radeon AMD社のグラフィック機能 グラフィック専用のCPU GPU とCPU内臓グラフィックの両方があります。 AMD社のGPUを使用した製品が多くのメーカーから発売されています。 最高解像度などの情報はメーカのホームページで確認することが出来ます。 Intel HD Graphics Intel社のCPU内臓グラフィック機能 グラフィック(画面出力)は専用のCPU GPU が使用されますが「Intel HD Graphics」は、CPU内にグラフィック機能も内蔵されています。 一般的にグラフィック専用CPU GPU より処理能力は低下しますが、コストや消費電力などのメリット多くもあり、高性能なグラフィック機能を求めないパソコンで多く利用されています。 最高解像度などのグラフィック性能についてはメーカーサイトには掲載されていません。 「最大解像度は、チップセット、モニターの性能、製造元の設定方法など様々な要因によって異なります。 」 このため、パソコンメーカのサイトなどで確認する必要があります。 当ページの「」で確認した、型番で検索してメーカのスペック表示を確認します。 モニタの解像度などについては以下でご確認ください。 グラフィックボードの性能比較.

次の

グラフィックボード(グラボ)の確認方法とその見方とは|ドスパラ通販【公式】

グラボ 見方

タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックして「設定」を選択します。 「Windowsの設定」が開きます。 「システム」をクリックします。 ウィンドウ左側のリストにある「バージョン情報」をクリックします。 リストの下の方にあるため、見つからない場合はスクロールしてください• 「デバイスの仕様」の欄にパソコンの情報が表示されます。 スペック情報として主に次の項目が確認できます。 プロセッサ: パソコンに搭載されているCPU、クロック周波数• 実装RAM: パソコンに搭載されている物理メモリ容量• システムの種類: Windowsのビット数• 「デバイスの仕様」からさらにもう少し下へスクロールすると「Windowsの仕様」の欄を確認します。 インストールされているWindowsのエディションとバージョンの情報が確認できます。 グラフィックボードを確認したい場合は、左側のメニューから「ディスプレイ」を探してクリックします。 右ペインで「ディスプレイの詳細設定」の文字をクリックします。 利用中のディスプレイの下に「グラフィックボード名」が表示されます。 グラフィックボードのRAM等の詳細な情報を確認したい場合は、を参考にして下さい。 「スタート」ボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。 「msinfo32」と入力して「OK」をクリックして「システム情報」ツールを起動します。 「システム情報」ツールが起動し、表示された右側のウィンドウでパソコンの構成を確認できます。 OS名・バージョン: Windowsのエディション、バージョン• プロセッサ: CPUの名前、周波数、コア数• ベースボード製造元: マザーボードのメーカー名• ベースボード製品: マザーボードの製品名• インストール済みの物理メモリ RAM : パソコンに搭載されている物理メモリの容量• グラフィックボードを確認したい場合は、ウィンドウ左側にある「コンポーネント」ツリーを展開して「ディスプレイ」の項目をクリックします。 グラフィックボードに関連する情報が確認できます。 名前: グラフィックボード名• グラフィックボードのVRAMなどの詳細な情報を確認したい場合は、を参考にして下さい。 方法3: Systeminfoコマンドを使う WindowsのSysteminfoコマンドを実行することでシステム情報を得ることができます。 Systeminfoコマンドを実行するには次の手順で操作を行います。 「スタート」ボタンを右クリックします。 右クリックメニューが表示されたら「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。 ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を選択します。 PowerShellウィンドウが開きます。 表示された画面にそのまま次のコマンドを半角で入力し、エンターキーを押します。 systeminfo• PCの情報がリストで表示されます。 必要な情報を確認して下さい。 OS Name: Windows10のエディション名• OS Version: Windows10のバージョン• System Type: システムのビット数• 「x86-based PC」は32bit、「x64-based PC」は64bitです。 Processor s : PCに搭載しているCPU名とクロック周波数• Total Physical Memory: Windowsで認識している物理メモリ(RAM)の容量 方法3: Get-ComputerInfoコマンドを使う Windows10では、PowerShell上で使えるGet-ComputerInfoコマンドを実行することでもシステム情報を得ることができます。 Get-ComputerInfoコマンドは、Systeminfoコマンドよりも詳細な情報が表示されます。 Get-ComputerInfoコマンドを実行するには次の手順で操作を行います。 「スタート」ボタンを右クリックします。 右クリックメニューが表示されたら「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。 ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を選択します。 PowerShellウィンドウが開きます。 表示された画面にそのまま次のコマンドを半角で入力し、エンターキーを押します。 Get-ComputerInfo• 取得されたPCの情報がリストで表示されます。 必要な情報を確認して下さい。 WindowsProductName: Windows10の製品名• WindowsVesion: Windows10のバージョン情報• OsArchitecture: システムのビット数• CsProcessors: PCに搭載しているCPU名とクロック周波数• CsTotalPhysicalMemory: Windowsで認識している物理メモリ RAM の容量 リストに表示される情報が多すぎる場合は、「-Property」パラメータを使用してプロパティを指定すると特定のシステム情報のみを表示できます。 例えば、OSに関するシステム情報のみを抽出したい場合は、次のコマンドで確認できます。 特にグラフィックボードの詳細な情報を確認したい場合は、DirectX診断ツールがおすすめです。 DirectX診断ツールを起動し、システムやグラフィックボードの情報を調べるには次の手順で操作します。 「スタート」ボタンを右クリックし、右クリックメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択します。 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが開いたら、テキスト入力欄に「dxdiag」と入力し、「OK」をクリックします。 しばらく待つと「DirectX診断ツール」ウィンドウが開きます。 「システム」タブでは、次の情報を確認することができます。 オペレーティングシステム: Windowsのエディション、ビット数、ビルド番号• プロセッサ: CPU名(コア数)、クロック周波数• メモリ: 物理メモリ RAM の容量• 「ディスプレイ」タブを開くとグラフィックボードの詳細な情報が確認できます。 チップの種類: グラフィックボード名• 製造元: グラフィックボードメーカー• 表示メモリ VRAM : グラフィックボードに搭載されているグラフィックメモリの容量• 共有メモリ: メインメモリと共有しているグラフィックメモリの容量 DirectX診断ツールでは、その他にもモニターやグラフィックドライバーの情報等を調べることができます。

次の

グラボの温度の確認方法・おすすめソフト・温度を下げる方法

グラボ 見方

タスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックして「設定」を選択します。 「Windowsの設定」が開きます。 「システム」をクリックします。 ウィンドウ左側のリストにある「バージョン情報」をクリックします。 リストの下の方にあるため、見つからない場合はスクロールしてください• 「デバイスの仕様」の欄にパソコンの情報が表示されます。 スペック情報として主に次の項目が確認できます。 プロセッサ: パソコンに搭載されているCPU、クロック周波数• 実装RAM: パソコンに搭載されている物理メモリ容量• システムの種類: Windowsのビット数• 「デバイスの仕様」からさらにもう少し下へスクロールすると「Windowsの仕様」の欄を確認します。 インストールされているWindowsのエディションとバージョンの情報が確認できます。 グラフィックボードを確認したい場合は、左側のメニューから「ディスプレイ」を探してクリックします。 右ペインで「ディスプレイの詳細設定」の文字をクリックします。 利用中のディスプレイの下に「グラフィックボード名」が表示されます。 グラフィックボードのRAM等の詳細な情報を確認したい場合は、を参考にして下さい。 「スタート」ボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。 「msinfo32」と入力して「OK」をクリックして「システム情報」ツールを起動します。 「システム情報」ツールが起動し、表示された右側のウィンドウでパソコンの構成を確認できます。 OS名・バージョン: Windowsのエディション、バージョン• プロセッサ: CPUの名前、周波数、コア数• ベースボード製造元: マザーボードのメーカー名• ベースボード製品: マザーボードの製品名• インストール済みの物理メモリ RAM : パソコンに搭載されている物理メモリの容量• グラフィックボードを確認したい場合は、ウィンドウ左側にある「コンポーネント」ツリーを展開して「ディスプレイ」の項目をクリックします。 グラフィックボードに関連する情報が確認できます。 名前: グラフィックボード名• グラフィックボードのVRAMなどの詳細な情報を確認したい場合は、を参考にして下さい。 方法3: Systeminfoコマンドを使う WindowsのSysteminfoコマンドを実行することでシステム情報を得ることができます。 Systeminfoコマンドを実行するには次の手順で操作を行います。 「スタート」ボタンを右クリックします。 右クリックメニューが表示されたら「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。 ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を選択します。 PowerShellウィンドウが開きます。 表示された画面にそのまま次のコマンドを半角で入力し、エンターキーを押します。 systeminfo• PCの情報がリストで表示されます。 必要な情報を確認して下さい。 OS Name: Windows10のエディション名• OS Version: Windows10のバージョン• System Type: システムのビット数• 「x86-based PC」は32bit、「x64-based PC」は64bitです。 Processor s : PCに搭載しているCPU名とクロック周波数• Total Physical Memory: Windowsで認識している物理メモリ(RAM)の容量 方法3: Get-ComputerInfoコマンドを使う Windows10では、PowerShell上で使えるGet-ComputerInfoコマンドを実行することでもシステム情報を得ることができます。 Get-ComputerInfoコマンドは、Systeminfoコマンドよりも詳細な情報が表示されます。 Get-ComputerInfoコマンドを実行するには次の手順で操作を行います。 「スタート」ボタンを右クリックします。 右クリックメニューが表示されたら「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。 ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を選択します。 PowerShellウィンドウが開きます。 表示された画面にそのまま次のコマンドを半角で入力し、エンターキーを押します。 Get-ComputerInfo• 取得されたPCの情報がリストで表示されます。 必要な情報を確認して下さい。 WindowsProductName: Windows10の製品名• WindowsVesion: Windows10のバージョン情報• OsArchitecture: システムのビット数• CsProcessors: PCに搭載しているCPU名とクロック周波数• CsTotalPhysicalMemory: Windowsで認識している物理メモリ RAM の容量 リストに表示される情報が多すぎる場合は、「-Property」パラメータを使用してプロパティを指定すると特定のシステム情報のみを表示できます。 例えば、OSに関するシステム情報のみを抽出したい場合は、次のコマンドで確認できます。 特にグラフィックボードの詳細な情報を確認したい場合は、DirectX診断ツールがおすすめです。 DirectX診断ツールを起動し、システムやグラフィックボードの情報を調べるには次の手順で操作します。 「スタート」ボタンを右クリックし、右クリックメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択します。 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが開いたら、テキスト入力欄に「dxdiag」と入力し、「OK」をクリックします。 しばらく待つと「DirectX診断ツール」ウィンドウが開きます。 「システム」タブでは、次の情報を確認することができます。 オペレーティングシステム: Windowsのエディション、ビット数、ビルド番号• プロセッサ: CPU名(コア数)、クロック周波数• メモリ: 物理メモリ RAM の容量• 「ディスプレイ」タブを開くとグラフィックボードの詳細な情報が確認できます。 チップの種類: グラフィックボード名• 製造元: グラフィックボードメーカー• 表示メモリ VRAM : グラフィックボードに搭載されているグラフィックメモリの容量• 共有メモリ: メインメモリと共有しているグラフィックメモリの容量 DirectX診断ツールでは、その他にもモニターやグラフィックドライバーの情報等を調べることができます。

次の