中村メイコ息子。 中村メイコの年齢は?夫と息子は?娘と娘婿は?若い頃画像!自宅処分!

中村メイコ

中村メイコ息子

もくじ• プロフィール 経歴 芸名 中村 メイコ なかむら めいこ 旧芸名 中村 メイ子 なかむら めいこ 本名 神津 五月 こうづ さつき 生年月日 1934年05月13日 84歳 出生地 東京府 現・東京都 身長 153cm 体重 45kg 血液型 O型 所属事務所 ホリプロ 中村メイコさんの 芸名は本名の五月に由来します、日本語の五月を英語のMAYに置き換えてます。 五月の置き換えでは、スタジオジブリのアニメ「となりのトトロ」のメイも有名ですよね。 中村メイコさん現在82歳です、2歳の時に映画「江戸っ子健ちゃん」で、デビューして以来芸暦80年です、2歳でデビュー後は数々の映画やラジオなどに出演しています、複数の配役をこなす7色の声を出せるとして有名になりました。 お父さんの方針で中学校には通っていないそうです、あの昭和の国民的歌姫の美空ひばりさんと大親友でした。 中村メイコさん喜劇女優・歌手・タレント・声優・司会・作家と多様な才能を発揮しています、もしかしたら日本初のマルチタレント?なのかもしれません。 1955年には「田舎のバス」を歌いヒットしています、田舎のバス一度くらいは聞いたことある曲だと思います。 芸暦80年って物凄いですね、現役最高齢俳優といわれた故庄司永建さん 享年91歳 でも芸暦70年いきませんでした、そう考えると芸暦80年ってかなり凄いことです。 芸暦80年以上の人いるのかなと気になり簡単に調べてみましたら、人間国宝で狂言師の野村万作さん・かしまし娘の正司歌江さん・ 、さんがいました、上には上がいるのですね。 デビュー以来さまざまな方と共演したそうで、榎本健一さんと共演・菊池寛さんとは会食したことがあるそうです。 見たことはありませんが榎本健一さんってエノケンって呼ばれる昭和の喜劇王ですし、菊池寛さんは作家で文藝春秋社を作り文学賞の名前にもなっている方です、ドラマ化して話題になった「真珠婦人」「貞操問答」はこの方の作品です。 16歳の頃アルバイト先の上司が吉行淳之介さんで、熱烈な恋をしたそうですが既婚だったので片思いに終りました、吉行淳之介さんの短編集に中村メイコさんがモデルの作品があるとか。 凄いつながりばかりです驚きます、吉行淳之介さんといえば、NHKの朝の連続テレビ小説「あぐり」のモデルになった吉行あぐりさんの長男です、女優の吉行和子さんは妹です。 中村メイコさん、戦後芸能界の生き字引みたいな方ですね、未発表や発表できないエピソードなんか沢山ありそうです、聞いてみたいものです。 1957年23歳の時に 作曲家の神津善行さんと結婚しています、2016年で結婚して59年です、 2017年で結婚60年でダイヤモンド婚式となります。 Sponsored Link 両親・夫・子供は誰? 中村メイコさん本人もすごいのですが、家族も凄いんです!! お父さんは 作家の中村正常さん お母さんは 著述家の中村チエコさん 旦那さんは 作曲家の神津善行 こうづ よしゆき さん 1932年01月02日 85歳 お子さんは3人います。 長女は 作家・エッセイストの神津カンナさん 1958年10月23日 58歳 次女は 女優の神津はづきさん 1962年08月31日 54歳 夫は俳優の杉本哲太さん 1965年07月21日 52歳 長男は 画家の神津善之介さん 1972年 45歳 中村さん両親も有名な方だったんですね知りませんでした、すごい芸術家一家ですね神津ファミリーと呼ばれているそうです。 どうでもいい話ですが神津はづきさんの旦那・杉本哲太さんですが、現在は名俳優ですが実はロックバンド紅麗威甦 グリース でデビューしているんです。 中村さんのすごいのは、結婚後は家事優先で仕事と家事を両立していたところです、普通売れっ子だと家事とかおろそかになってしまう気がします。 現在は夫の神津善行さんとの二人暮らしですが、結婚してからずっと夕食を欠かさず作っています、仕事で家を空ける時以外は必ず作り、メニューも毎日違うそうです。 芸能生活80年もすごいですが、結婚生活59年家事と仕事の両立すごいですよね、離婚の危機とかもあったのでしょうかちょっと知りたいです。 昭和九年会 中村メイコさん「昭和九年会」という親睦団体に入っています、調べてみたら「昭和九年会」凄い団体でした。 昭和九年会(しょうわくねんかい)は、昭和9年(1934年)生まれの芸能人の集まりによる親睦団体。 この年に生まれ、活躍した芸能人が多かった事から、1976年に愛川欽也さんと長門裕之さんが中心になり結成し、定期的案集まりやイベントを開催。 この「昭和九年会」のメンバーが凄いのです。 まとめます。 中村メイコさん2歳の時にデビューして2016年で芸能生活80年です。 中学校に行っていません。 家族が芸術家・俳優だらけの芸術家一家です。 結婚生活59年ずっと仕事と家事を両立している。 昭和九年会のメンバーの記事です。 中村メイコさんと年齢が近い人の記事です。

次の

芸能人生83年、中村メイコの生前整理「トラック7台分を手放したときに感じたこと」

中村メイコ息子

略歴 [ ] (現・)出身。 器楽科卒業。 作曲を、を中山冨士雄に師事する。 主に映画音楽を中心に約300曲を作曲し、や吹奏楽曲も作曲している。 エッセイなども執筆している。 に民族音楽の復興のため、など日中伝統楽器を使った女性11名のグループ「六華仙」を結成する。 植物と音楽による研究を早稲田大学で行っており、植物の微弱な信号音で小交響詩「依代」を作曲するという活動もしている。 家族・親族 [ ] 妻は女優の、長女はの、次女はの、長男はの、娘婿(はづきの夫)は俳優のという芸術・一家である。 作曲した作品 [ ]• じゃじゃ馬ならし• スター誕生• 奥様は大学生• 初代主題歌• (行進曲:のスポーツ番組のオープニングテーマに使用される)• 『』テーマ(1969年から1984年までオープニングテーマに使用された)• ママ横向いて• 交響詩「月山」• 星空に両手を(作詞:/唄:、、1963年)• 新妻に捧げる歌(作詞:中村メイコ/唄:、1964年)• 札幌の空(現在も発行の小学校4年の音楽教科書に掲載されている合唱曲)• ソング(作詞:中村メイコ TBS創立10周年記念) 他多数。 著書 [ ]• 歌謡曲の唄い方教室 : たちまち上達する ( 1971年)• 音楽の落とし物 : そして…その落とし物 (講談社 1980年 のち)• オフィシャル・マナー・ハンドブック (中村メイコ 解説、横山敏子 イラスト、スコラ 1981年)• 輝いて生きるー変わる時代の中で : 自分のライフスタイルの探し方(みんなに聞いて欲しい心の物語 ; 6)(共著、 1995年)• 植物と話がしたい : 自然と音の不思議な世界 (講談社 1998年)• 蕎麦処山下庵 : 山下洋輔と三十人の蕎麦者たち ( 編著、 2009年) 放送出演 [ ]• (、司会)• (、準レギュラー)• (、審査員)• (1976年 - 1977年 、一社提供、司会)• 神津善行 音楽研究所(1982年 - 1983年 TBSラジオ、一社提供(当時、明星のインスタントラーメン「」のに出演していた絡みで)、メインパーソナリティ)• 第17話「瀬戸は夕焼け 夫婦舟」(1982年 、為造役) 脚注 [ ].

次の

中村メイコの旦那や息子・次女や娘婿(杉本哲太)が凄い!

中村メイコ息子

中村メイコさんの子供たち 中村メイコさんと神津善行さんの間には3人の子供さんがいて、それぞれが芸術的才能にあふれています。 長女:神津カンナ 長女の神津カンナさんは1958年生まれ。 作家、エッセイストとして活躍。 東洋英和女学院高等部卒業後にニューヨークへ渡り、帰国後に「親離れするとき読む本」を著し、作家活動を開始します。 作家としての活動のほか、「ビートたけしのTVタックル」などテレビ番組の司会や、「神津カンナのあんな話こんな話」などラジオ番組のパーソナリティとしても活躍し、その多才ぶりを発揮しています。 次女:神津はづき 次女の神津はづきさんは1962年生まれ。 姉の神津カンナさんと同じく東洋英和女学院卒業後にニューヨークへ渡り、帰国後1983年に「わが家はカタログ」で女優デビュー。 以後、女優として、映画「二十四の瞳」「死国」、火曜サスペンスや月曜ドラマスペシャルなど、数多くの作品に出演する他、舞台やエッセイやラジオなどでも活躍。 1992年には俳優のさんと結婚し、現在は3児の母親になっています。 長男:神津善之助 長男の神津善之助さんは1972年生まれ。 現在はスペインに拠点を置く洋画家として活動しています。 1991年に武蔵工業大学入学し、1992年に「光の収集家」「20世紀最後の印象派」の異名を取るスペインの画家、J・トレンツ・リャド氏に師事。 以後、25歳の若さで東京で初個展を開きます。 その後も、マヨルカのバルセロ財団主催国際絵画展、マドリードの第65回サロン・デ・オトーニョ展、第14回BMW財団主催国際絵画展入選、デュラン絵画コンクール大賞など数多くの賞を受賞。 日本やスペイン・マドリードに数多くの個展を開催し、いずれも目覚ましい成功へと導いています。 中村メイコさんの自宅 中村メイコさんは、なんと近年自宅を手放したのだそうです。 30年間暮らしてきた一戸建てを引き払い、広さが3分の1のマンションに引っ越したのだとか。 「人生の終いじたく」という本を著している中村メイコさん、いわゆる「終活」の一環なのでしょうね。 「片付けを子供や孫や友人にさせるのは迷惑。 自分の身体が動くうちに、自分で全部片付けるのが大人のエチケット」と言う中村メイコさん。 最終的にはトラック7台分もの「ゴミ」が出たのだそうです ゜o゜; その中には、映画デビューした2歳以来の台本やスチールや衣装なども含まれていたのだとか。 客観的には映画史や芸能史の貴重な史料のはずですが、中村メイコさんは「美空ひばりと違って自分の歴史なんてたいしたことない」と考えて、全部捨ててしまったのだそうです。 とても謙虚な方で素敵だな、と感心する一方で、もったいない、という気がしなくもありません。 中村メイコ記念館とか建てて展示すればよかったのに、と思ったりもしましたが、きっとそういうのは中村メイコさんの趣味じゃないのでしょうね。 そんな中村メイコさん、もう80歳を過ぎていますが、こういうエピソードを聞くにつけ、生きているだけでも尊い存在なのだな、と改めて思ったりしました。 以上、中村メイコさんについてでした!.

次の