冠 稲荷 神社 宮司。 ★ブラタモリでタモリが漆を塗った「冠稲荷神社」の扁額を。

タモリさんが漆を塗った額が鳥居に

冠 稲荷 神社 宮司

本日は・・冠稲荷神社宮司のお別れの会に太田市まで弔問に伺いました。 さんは日本七社のひとつ。 故大塚宮司は、冠稲荷神社の他にも30社の宮司としても奉職、その他結婚式場ティアラグリーンパレス、幼稚園を経営されていらっしゃいました。 私も幼い頃から亡くなった父に連れられ、結婚式場の組合でいつもご一緒させていただき、こうして大人になってからも変わらないご縁で・・ 夏前にも、冠稲荷さんを訪れたとき『うち来たの久しぶりだよね!』と、ご丁寧に館内隅々ご案内してくださったり、その翌月は清水園にお立ち寄りくださり、随分長時間お話しをさせていただいたところでした。 いつも飛びきりの笑顔で接してくださり、お知恵をいただいたり、これからもまだまだ教えていただきたい事がたくさんありました。 残念でなりません。 ご愁傷さまです。 宮司のお元気な頃のお姿を思い出すと、悲しみで言葉もありません。 奥さまも素敵なお方、禰宜であられるご子息様も立派なお方、お嫁さんもしっかりとされお孫さんも健やかでいらっしゃる。 ご家族様の一日も早くお心が癒えますよう、心よりお祈りいたしております。

次の

【御朱印巡り】新潟・御幣稲荷神社 いたずらキツネ伝説(1/2ページ)

冠 稲荷 神社 宮司

08 m x 2. 63 m x 0. 74 m x 0. 6mx3. 77mx9. 」 椿山荘CM-1986 「元気の秘訣は暇なく予定を入れること」 サミュエル・ウルフマン擬きilovecb 「不安タスティック」 みうらじゅん 「うまくいっていることは続ける」(ブリーフセラピー) 「好きなものに囲まれて暮らすと元気になる」 高橋洋子 茨城から群馬に入り、まず訪れたのは冠稲荷神社(かんむりいなり) 安らぎの宮の森・群馬県太田市細谷町1。 ~」(桑子真帆アナ、SMAP草なぎ剛ナレーター)で有名になった神社です。 blog. html 番組の中でタモリ(森田一義)さんが漆を塗った扁額(へんがく)又は神額 しんがく が「冠稲荷神社」南鳥居のもの。 漆塗り61年の職人・早乙女初太郎さん 76歳 の作業場で、建造物の防腐・接着・硬化・色付などの為、下地に漆が塗られていて、そこでタモリさんが「塗ってもらいたいものがある」と言われて塗ったのが「冠稲荷神社」の神額 しんがく。 因みに、京都伏見稲荷大社分霊の冠稲荷神社は、伏見稲荷大社、豊川稲荷神社(愛知県豊川市)、信太森神社(葛葉稲荷神社)(大阪府和泉市)、王子稲荷神社(北区岸町)、妻恋稲荷神社(文京区湯島)、田沼稲荷神社(一瓶塚稲荷神社)(佐野市)と合わせ「日本七社」の一つ。 「冠稲荷神社ブログ」、「南鳥居の額の秘密大公開!」を覗くと、その時の様子が詳しく記されていました。 21日に撮影していた額の裏面のお名前!じゃん!。 漆塗協力、タモリさんこと森田一義さん。 裏面には森田一義と銘記されています。 「冠稲荷神社」のHPによると・・・ 古墳時代六世紀より千五百年の間、義経公 冠奉安を始め、数々の歴史を見つめ、祭祀祭礼が行われてきた宮の森。 冠稲荷神社は平安時代の天治二年(1125)、新田氏の始祖 新田義重公の父、源義国公創建と伝えられています。 承安四年(1174)源義経公は奥州下向の折、当社が源氏ゆかりの社であることを知り、冠の中に勧請(かんじょう)してきた京都伏見稲荷大社の御分霊を鎮祭しました。 また、時を経て、新田義貞公は元弘三年(1333)鎌倉幕府討伐の兵を挙げるにあたり、当社神前にて兜の中に神霊の来臨を請い戦勝を祈願されたと伝えられています。 この故事にちなみ、いつしか冠稲荷大明神と人々から呼ばれるようになりました。 また、冠稲荷が縁結び祈願で知られるのは「冠稲荷のボケ」の花の伝説に由来しているとのことです。 冠稲荷のボケと、縁結(えにしむすび)の実咲社(みさきしゃ)は、その昔…子供ができずに悩んでいた女性が、修験者に授かった木瓜(ぼけ)の実を服した途端、良縁と子宝に恵まれ、夫婦は大願成就のお礼として神苑に「ボケ」の木を植えたものだと伝えられています。 ・・・由緒ある、素敵なお稲荷さんを案内して貰い、感謝・感謝です。 【今日のLifeHack:現代の女性は、あらゆることを理解する。 ただ、自分の亭主のことだけは理解しない。. ワイルド】 <冠稲荷神社>.

次の

冠稲荷神社の宮司が、宮司を本・兼務する神社の総代(役員)様にお集まりいただき、ティアラグリーンパレスにて年に一度の太田敬神総代会を開催いたしました!

冠 稲荷 神社 宮司

本日は・・冠稲荷神社宮司のお別れの会に太田市まで弔問に伺いました。 さんは日本七社のひとつ。 故大塚宮司は、冠稲荷神社の他にも30社の宮司としても奉職、その他結婚式場ティアラグリーンパレス、幼稚園を経営されていらっしゃいました。 私も幼い頃から亡くなった父に連れられ、結婚式場の組合でいつもご一緒させていただき、こうして大人になってからも変わらないご縁で・・ 夏前にも、冠稲荷さんを訪れたとき『うち来たの久しぶりだよね!』と、ご丁寧に館内隅々ご案内してくださったり、その翌月は清水園にお立ち寄りくださり、随分長時間お話しをさせていただいたところでした。 いつも飛びきりの笑顔で接してくださり、お知恵をいただいたり、これからもまだまだ教えていただきたい事がたくさんありました。 残念でなりません。 ご愁傷さまです。 宮司のお元気な頃のお姿を思い出すと、悲しみで言葉もありません。 奥さまも素敵なお方、禰宜であられるご子息様も立派なお方、お嫁さんもしっかりとされお孫さんも健やかでいらっしゃる。 ご家族様の一日も早くお心が癒えますよう、心よりお祈りいたしております。

次の