スプラトゥーン2 s帯 勝てない。 スプラトゥーン2 ガチホコ勝てない方必見!ホコ勝ち方攻略

【スプラトゥーン2】ウデマエSとS+の違いとS帯で勝てない原因を解説!

スプラトゥーン2 s帯 勝てない

スポンサードリンク ガチエリアのA帯で勝てないのはなぜか? ガチエリアが他のルールと違って難しいのは カウントを進められている側(負けている側)の打開が難しいからだ。 ガチホコやガチヤグラはカウントを進めるためには相手陣地に攻めていかなければならないので、攻める方が不利で守る方が有利。 ところがガチエリアはエリアを取ると取った側のインク一色になるので、むしろカウントを進めている方が有利になる。 特に私自身の立ち回りを振り返ってみると、自陣側で粘りながら相手と戦い数を減らしながら少しずつ攻めていく戦いが好きだ。 だからガチホコやガチヤグラでは反撃の機会を作れるのだが、ガチエリアでは 守り主体の戦いだとそのまま劣勢になりがち。 なので、ガチエリアで大切なのは攻める意識。 特に前線を押し上げるという考え方だ。 エリアの近くで塗りを固めるとエリア内で戦わなければならないことも多く、リスクが大きい。 前線を上げればそれだけ 戦いの主戦場がエリアから遠くなり、相手がエリアを奪うチャンスが減る。 エリアを奪った後はエリア周辺だけではなく、必ずエリアの先まで攻める意識を持とう。 A帯のプレイヤーでは例えばホッケふ頭ではエリアを取った後相手陣地まで詰めることが多いのに、フジツボスポーツクラブになると中央だけの塗りだけで左右エリアや金網向こうまで攻めないことが多い。 どんなステージでも相手の攻めの起点を潰していこう。 逆に相手にエリアを取られて不利になった時は 相手の前線を崩すことが大事。 ナワバリバトルのようにバラバラに動くのではなく、味方4人中1人は相手の注意を引く役、残りの3人で相手のインクが塗られている場所を1点突破するように奪い返すと相手の前線を崩すことができる。 マップを大きく見て(俯瞰して)エリア以外の塗りを意識して戦おう。 前線の押し上げも大事だが、エリアキーパーも1人は必要 攻めている時に前線の押し上げが大切である一方で、エリアを取って 前線を上げる時はエリアを守るエリアキーパーも1人は必要。 味方が攻めるために前に出たのであれば、自分はエリア近くで抜けてくる相手がいないか見張ろう。 どんなに前線を上げても、意外なルートでスルリと抜け出してくることはある。 塗り状況が有利でも、エリアを一度奪い返されるともう一度エリアに戻らなければならず、前線も押し戻されてしまう。 エリアキーパーになった時に 相手が抜け出してきたのを見つけたらカモン!(倒された時はやられた!)を使って味方を呼び戻そう。 スポンサードリンク エリア打開はスペシャルを頼る 相手にエリアを取られた時に奪い返すコツはちまちま奪うより一気に塗り返すこと。 そこで役立つのが スペシャルウェポンだ。 インクアーマー以外のスペシャルウェポンは相手を攻撃するだけでなく、一時的に広い範囲を塗れるものも多い。 先ほども紹介したようにガチエリアは打開が難しいので、普通に撃ち合うだけではなかなかガチエリアを奪えない。 スペシャルウェポンの力を借りてエリアを奪い返そう。 味方の武器と相手の武器から単純な塗り合いはどちらが有利か考える ガチエリアは武器の塗り能力が大事なのは言うまでもないだろう。 しかし、その塗り能力を考える時自分だけの武器の塗り能力だけではなく、 味方と相手の総合的な塗り能力で考えてみよう。 例えば相手にブラスタータイプやチャージャータイプがいるのであれば、キル能力は高い代わりに塗り能力は低くなる。 その場合は 無理にキルを取らなくてもガチエリアの塗りを意識すれば、エリアの確保もしやすくなり、味方を倒そうと前に出てくる相手を反撃で倒せばいい。 逆に自分たちの塗り能力が低く相手の塗り能力が高い場合は相手を倒さない限り、ガチエリアを確保しつづけることは難しい。 その場合は ガチエリアを無理に確保に行かず、相手を倒すことを中心に立ち回った方が勝ちやすくなる。 また、この考え方の応用として 相手の武器の中で塗り能力が高い相手だけは相撃ちでもいいから倒して、そのほかの相手はのらりくらりとかわしながら戦うという戦術もある。 例えば相手にプロモデラーとチャージャーがいる場合、プロモデラーは優先的に倒してチャージャーは無理に倒さない…というような感じだ。 塗りとキル。 両方できるのが理想だが、難しい時はどちらかをメインに考えてみると動きやすいぞ。 ガチエリアA帯の戦い方まとめ ガチエリアはあまり戦略・戦術的な要素は少ないが、それでもナワバリバトルと立ち回りで違う部分はある。 前線の考え方、エリアの奪い方、お互いの武器構成…。 エリアを奪うことだけを考えるのではなく、エリアを奪う前後の動きから考えて動いてみよう。 撃ち合いが苦手だから塗りが強い武器を持ってエリアを塗り続ける…というのはよくある失敗例。 塗りが強い武器を持ったら エリアの周辺を広く塗るのが正解だ。 ガチエリアで勝てない人はよくこうした考え方になりがちなので気をつけよう。 ガチエリアのA帯の戦いに少しでも参考になれば幸いだ。

次の

【スプラトゥーン2】ガチマッチのA帯で抜けられないときS帯に上がる立ち回りとコツ

スプラトゥーン2 s帯 勝てない

スポンサードリンク ガチエリアのA帯で勝てないのはなぜか? ガチエリアが他のルールと違って難しいのは カウントを進められている側(負けている側)の打開が難しいからだ。 ガチホコやガチヤグラはカウントを進めるためには相手陣地に攻めていかなければならないので、攻める方が不利で守る方が有利。 ところがガチエリアはエリアを取ると取った側のインク一色になるので、むしろカウントを進めている方が有利になる。 特に私自身の立ち回りを振り返ってみると、自陣側で粘りながら相手と戦い数を減らしながら少しずつ攻めていく戦いが好きだ。 だからガチホコやガチヤグラでは反撃の機会を作れるのだが、ガチエリアでは 守り主体の戦いだとそのまま劣勢になりがち。 なので、ガチエリアで大切なのは攻める意識。 特に前線を押し上げるという考え方だ。 エリアの近くで塗りを固めるとエリア内で戦わなければならないことも多く、リスクが大きい。 前線を上げればそれだけ 戦いの主戦場がエリアから遠くなり、相手がエリアを奪うチャンスが減る。 エリアを奪った後はエリア周辺だけではなく、必ずエリアの先まで攻める意識を持とう。 A帯のプレイヤーでは例えばホッケふ頭ではエリアを取った後相手陣地まで詰めることが多いのに、フジツボスポーツクラブになると中央だけの塗りだけで左右エリアや金網向こうまで攻めないことが多い。 どんなステージでも相手の攻めの起点を潰していこう。 逆に相手にエリアを取られて不利になった時は 相手の前線を崩すことが大事。 ナワバリバトルのようにバラバラに動くのではなく、味方4人中1人は相手の注意を引く役、残りの3人で相手のインクが塗られている場所を1点突破するように奪い返すと相手の前線を崩すことができる。 マップを大きく見て(俯瞰して)エリア以外の塗りを意識して戦おう。 前線の押し上げも大事だが、エリアキーパーも1人は必要 攻めている時に前線の押し上げが大切である一方で、エリアを取って 前線を上げる時はエリアを守るエリアキーパーも1人は必要。 味方が攻めるために前に出たのであれば、自分はエリア近くで抜けてくる相手がいないか見張ろう。 どんなに前線を上げても、意外なルートでスルリと抜け出してくることはある。 塗り状況が有利でも、エリアを一度奪い返されるともう一度エリアに戻らなければならず、前線も押し戻されてしまう。 エリアキーパーになった時に 相手が抜け出してきたのを見つけたらカモン!(倒された時はやられた!)を使って味方を呼び戻そう。 スポンサードリンク エリア打開はスペシャルを頼る 相手にエリアを取られた時に奪い返すコツはちまちま奪うより一気に塗り返すこと。 そこで役立つのが スペシャルウェポンだ。 インクアーマー以外のスペシャルウェポンは相手を攻撃するだけでなく、一時的に広い範囲を塗れるものも多い。 先ほども紹介したようにガチエリアは打開が難しいので、普通に撃ち合うだけではなかなかガチエリアを奪えない。 スペシャルウェポンの力を借りてエリアを奪い返そう。 味方の武器と相手の武器から単純な塗り合いはどちらが有利か考える ガチエリアは武器の塗り能力が大事なのは言うまでもないだろう。 しかし、その塗り能力を考える時自分だけの武器の塗り能力だけではなく、 味方と相手の総合的な塗り能力で考えてみよう。 例えば相手にブラスタータイプやチャージャータイプがいるのであれば、キル能力は高い代わりに塗り能力は低くなる。 その場合は 無理にキルを取らなくてもガチエリアの塗りを意識すれば、エリアの確保もしやすくなり、味方を倒そうと前に出てくる相手を反撃で倒せばいい。 逆に自分たちの塗り能力が低く相手の塗り能力が高い場合は相手を倒さない限り、ガチエリアを確保しつづけることは難しい。 その場合は ガチエリアを無理に確保に行かず、相手を倒すことを中心に立ち回った方が勝ちやすくなる。 また、この考え方の応用として 相手の武器の中で塗り能力が高い相手だけは相撃ちでもいいから倒して、そのほかの相手はのらりくらりとかわしながら戦うという戦術もある。 例えば相手にプロモデラーとチャージャーがいる場合、プロモデラーは優先的に倒してチャージャーは無理に倒さない…というような感じだ。 塗りとキル。 両方できるのが理想だが、難しい時はどちらかをメインに考えてみると動きやすいぞ。 ガチエリアA帯の戦い方まとめ ガチエリアはあまり戦略・戦術的な要素は少ないが、それでもナワバリバトルと立ち回りで違う部分はある。 前線の考え方、エリアの奪い方、お互いの武器構成…。 エリアを奪うことだけを考えるのではなく、エリアを奪う前後の動きから考えて動いてみよう。 撃ち合いが苦手だから塗りが強い武器を持ってエリアを塗り続ける…というのはよくある失敗例。 塗りが強い武器を持ったら エリアの周辺を広く塗るのが正解だ。 ガチエリアで勝てない人はよくこうした考え方になりがちなので気をつけよう。 ガチエリアのA帯の戦いに少しでも参考になれば幸いだ。

次の

【S+勝てない】S帯とS+0をさまよえる亡者の対策

スプラトゥーン2 s帯 勝てない

A帯が闇とはどういうこと? A帯で負のループ!S帯へ上がれない状態! 「A帯が闇」と言う言葉を良く聞きますが、この「闇」と言うのはどういう事かというと、簡潔に言えば、A帯で負けが続き、A帯を維持しつつもS帯には上がれない状態を言います。 A帯は、ある程度スプラトゥーンに慣れてきたプレイヤーが到達できるくらいのウデマエ帯で、しかし同時に、 まだガチマッチにおけるルールへの理解度や、テクニックの未熟さが残るプレイヤーが多くいるウデマエ帯でもあります。 その類のプレイヤーが集まれば、必然的に、文字通り負のループに陥り、延々とS帯に上がれない状態になるのです。 これが「A帯は闇」と言われる所以です。 A帯に限らず闇がある? ルールや時間帯、ましてや実装直後の新ルールに関しては、その「闇」が顕著で、A帯に限らず、B帯やS帯でもその闇を実感することが出来ます。 A帯から抜けられない人の特徴 気づいてない?闇の原因はあなたにも…? S帯から上がれず、A帯から抜けられないでいる方の特徴を大まかにまとめると、以下の通りです。 テクニックが拙く武器熟練度が低い• それぞれのルールへの理解度が低い• 状況に合わせた適切な立ち回りができない• これだけが原因で上がれないという方は、時間はかかりつつも、テクニックの上達や武器の扱いに慣れたころには、A帯から抜けられるでしょう。 エリアなら塗る、ヤグラなら乗る、ホコなら運ぶ、と、そんな簡単なことを行っているのではありません。 エリアなら人数有利不利を意識し、ヤグラなら攻防の切り替えを意識し、ホコならカバーの徹底を意識し... というように、 そのルールにおいて重要な行動が何かを理解し行動に移せているかと言うことです。 不要な裏取りをしてドヤ顔キル稼ぎ、塗り乗り運びは完全に味方任せ、など、意味の分からない行動を取っているプレイヤーが多くいます。 ルールに見合った行動が出来ていない時間が多いと、前線放置と同等、地雷・戦犯と同レベルだと覚えておきましょう。 これ、非常に多いです。 戦況に合わせた攻防の切り替えや、チャンス時のカウント稼ぎ、必要な場面における確実なキルなどが出来ていないプレイヤーがほんとに多いのです。 例えば、「あそこで近くにいた自分が敵のホコ運搬を止めていたら勝てたんだ…」と言う状況に居合わせたことはありませんか?この様に、状況に合わせた立ち回りを徹底できないのは、ガチマッチ全ルールにおいて痛手となり、 勝機をかなりの確率で逃すことになります。 ここまでくるともう救いようがありません。 残念ですが、あなたのウデマエはそれが相応、と言うことになります。 A帯からS帯へ上がるために必要なこと その1:テクニックや武器の練習をする まずはひたすら練習しましょう。 スプラトゥーンでできるテクニックを磨き、自分に合った武器を見つけ、武器を極める。 実に単純明解ですが、練習あるのみと言うものです。 特にエイム力に関しては、練習した分しっかり対面時に成果が現れます。 対面負けしてデスしちゃう回数が多いな... と言う方は、1日30分〜1時間は練習時間を設けてみましょう。 その2:各ルールへの理解度を深める 例えば、「このルールだったらこの武器で防衛がしやすいな... 」や「ホコのルートはこっちが最短だから運ぶ時意識しよう」など、研究に研究を重ねて、勝機をより多く掴める機会を増やしましょう。 ルールを理解した分だけ、より勝利へ近づくことが出来ると言うことを忘れずに。 その3:状況把握と適切な立ち回りをする 状況把握とそれに見合った適切な立ち回りとは、言わば「状況判断能力」です。 そしてその 判断を瞬時にできることが重要になります。 これこそ数をこなさなければいけない部分でもありますが、闇にハマっているなら失敗パターンはよく理解しているはずです。 そうであれば、今後はその失敗パターンのトリガーとなってしまう行動は避け、別の立ち回りを徹底するのみ。 重ねた失敗を糧に、その状況に見合った適切な立ち回りを、瞬時に判断できる様に鍛えましょう。 あくまでA帯の闇の一部にならないようにまとめたものですが、A帯を抜けた以降でも必要になってくる、それどころか、上位勢と立ち回る上での基本中の基本となる要素ばかりなので、しっかり覚えておいて下さいね。 スプラトゥーン2 関連リンク• 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の