ゼンリー はてなとは。 dodododのブックマーク / 2011年12月14日

dodododのブックマーク / 2011年12月14日

ゼンリー はてなとは

妹さえいればいい。 それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり ゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり といった、賑やかな日常を送る伊月たち。 世界のあちこちには個性豊かな国があり、人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、 キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、また次の国へと旅立っていくのだ。 そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。 そして、珠玉の物語たちは、一言では言い表せない鮮烈な光景を読者に見せてくれるのだ。 干支の名を宿す十二人の猛き戦士が互いの命と魂を賭けて戦う。 参加者は『子』『丑』『寅』『卯』『辰』『巳』『午』『未』『申』『酉』『戌』『亥』の十二人、異様なる戦士たち。 その戦いに勝利したものは、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。 策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か? 魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。 活版印刷の権威であるオーランド博士は、失明してしまった小説家の妻・モリーのために、目が見えなくても文字を記すことができる機械を発明した。 小さくて可愛らしい人形があしらわれた機械。 博士はそれを、妻への想いと願いを込めて「自動手記人形」と呼んだ。 やがて、「自動手記人形」は多くの人の支えとなり普及した。 今では、文字が書けない人や、想いを伝えたい人に代わって、その気持ちを汲み取り言葉にして届ける職業に就く女性たちの呼び名となっている。 これは、時代の転換期を生きた一人の少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが自動手記人形として、人と人との心をつなぐ物語……。 ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか。 混沌がすべてを支配する大陸、アトラタン。 だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく。 その中、理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、 故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオは出会う。 子供の時に、星里衛・メイヴ夫妻のショーを見てから、真はずっと奇術師に憧れてきた。 夫妻の娘・果菜(あだ名:はてな)とは幼なじみ。 東京では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。 優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。 ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。 あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・ 『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!! 九歳 「え?、・・・弟子?え?」 「・・・おぼえてません?」 覚えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。 仮眠を取っていたはずか、気が付くと異世界に…!? 視界の端には、仮眠前に作っていたゲームを思わせるメニュー画面。 レベル1の初期状態。 目の前には蜥蜴人の大軍が! 夢か現か、ここにサトゥーの旅が始まる! 彼らは、寡黙な店主、ノブ・タイショーが振る舞う驚くほど美味しい酒や、未体験の料理に驚き、舌鼓を打ちながら、つかの間、日々のわずらわしさを忘れるのだ。 この居酒屋の噂は客から客へと広がり、連日様々なお客がやってくる。 さて今夜、居酒屋「のぶ」にはどんなお客が訪れ、どんな物語が紡がれるのか……。 冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。 他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。 今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。 殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etcーー、裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れるーー。 一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。 プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。 しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。 突如として意思を持ち始めたNPCたち。 ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。 彼は、日本の高校に通う美少女「千鳥かなめ」を守るため、彼女の高校に転校生としてやって来る。 そこで、巻き起こる一人戦争状態。 一方で「かなめ」をめぐって暗躍する組織。 超不運な高校生・イッセーを救ったのは学校一の美少女・リアス先輩。 「あなたは悪魔として転生したの。 目覚めたそこは、死後の世界だった。 アクアという口の悪い女神に情けない死に方を散々バカにされた挙句、 天国行きか、魔王軍に蹂躙され、過疎化の進む異世界に転生するかの選択を迫られる。 こうして引きこもりゲームオタクと駄女神の異世界冒険が始まるのだった……!? 名を、スバル。 小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。 ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。 この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。 ……時は流れ、6年後。 かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生になっていた。 性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。 「きっと夏の病だ。 それかシステムエラー。 むしろバグ!」 「あははっ。 もう陽翔ってばどうしたの。 それを自在に操る咒式士二人組。 ひねくれ者のガユスと非常識極まりない美貌の狂戦士ギギナは、事務所の財政難を解消すべく、いつものように役所の下請け仕事を引き受けたのだが… 待っていたのは900歳になろうかという巨大竜。 しかもそいつを倒したのがまずかったらしい。 頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。 大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。 そして「賢者」と呼ばれる男に拾われ、「シン」と名付けられる。 賢者のもとで魔法を教わり、すくすくと成長するシンだったが、彼には一つ致命的な問題が…!? ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。 「僕の名前はユージオ。 ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。 そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。 更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。 名前は、アリス。 長身コンプレックスが災いし、《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。 能力開発をカリキュラムに組み込む巨大な学園都市。 その街に住む高校生上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。 彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。 こうして、上条当麻は科学と魔術の交差した世界へと踏み込んでゆく。 高校最後の年。 なのに六花は……まだ中二病だった」 大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。 相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子……。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。 仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。 焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにしてはおけない、という十花の意見はもっともだった。 このままでは二人が引き裂かれてしまう。 心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと〝駆け落ち〟を提案される。 こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。 金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、 部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。 航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は 何事もなく無事に終わるはずだった。 しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。 協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。 戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、 協商連合軍による奇襲が発生し、 ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。 多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、 しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。 何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、 ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。 それから4年……。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR 拡張現実 機能を最大限に広げた最先端マシン。 アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。 世界はとっくに滅亡している。 1000 年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。 落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。 彼らの能力が噛み合う時、運命の歯車は回り出す。 およそ四百年の歴史を有するこの学院は魔術の道を志す全ての者の憧れであり、 学院の講師や学生たちも自身がその輩であることに誇りを抱いている。 この由緒正しき学院に突如として赴任してきた非情講師グレン=レーダス。 「お前らに、本当の魔術ってもんを教えてやるよ」 《ロクでなし》と呼ばれるこの男の破天荒な授業が今はじまる。 最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮『ダンジョン』へと繰り出していく。 灰へと朽ちた竜の死骸、忍び寄る異常事態、様々な謎と脅威が襲いかかる深層域50階層で、 アイズが風を呼び、迷宮の闇へと一閃を刻む! 」 迷宮都市オラリオの地で、少女と少年の物語が今、鮮烈に交差する! 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動! 世界には魔女がいて『魔術』が普及していた。 そして、世界はまだ『魔法』を知らなかった。 日々、魔女にその首を狙われ、 人間になることを夢見る彼だったが、ある日森で出会った美しき魔女がその運命を変える。 だったら傭兵、我輩の護衛になってくれ」 ゼロと名乗る魔女は、使いかた次第で世界を滅ぼす可能性すらある魔法書【ゼロの書】を 何者かに盗まれ、それを探す旅の途中だという。 傭兵は、ゼロの力で人間にしてもらうことを条件に、大っ嫌いな魔女の護衛役を引き受けるのだが、 禁断の魔法書をめぐって人々の思惑が絡み合い……。 かろうじて生き残った種族は地上を離れ、 浮遊大陸群レグル・エレと呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしていた。 500年後の空の上で目覚めたヴィレム・クメシュは、守りたかったものを守れず、 それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたが、 思いもよらず始めた兵器管理の仕事の中で、ある少女たちと出会う。 和泉紗霧。 一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。 そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。 彼の小説のイラストを描いてくれている イラストレーター『エロマンガ先生』、 その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ! 一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、 いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!? そこに音楽担当となる従姉妹「氷堂美智留」を加え、 ようやく彼らのギャルゲーは一つのルート完成までこぎつける。 2カ月後に冬コミを控えた倫也たち。 果たして無事にゲームを完成させることができるのか?! 本格的青春グラフィティ再び、ここに開幕——。 能力者の監視を行う「管理局」の下、住人は平和に暮らしていた。 「目の前の人の涙を消したい」、「誰かに声を届けたい」。 主人公の浅井ケイは、七坂中学校の2年生。 ある日、下駄箱に一通の手紙が届けられていた。 差出人は相麻菫-。 その呼び出しに応じて、屋上へ向かう浅井ケイ。 彼はそこで一人の少女と出会う。 彼女の一言「リセット」によって、浅井ケイは手紙を受け取った瞬間に戻ってしまった。 世界は再構成 リセット されてしまった。 そんな時を戻す「リセット」にはただ、一つ欠点があった。 春埼美空自身も「リセット」の影響を受けて記憶を失ってしまうこと。 どんなことも決して忘れない「記憶保持」能力を持つ浅井ケイのみが、「リセット」の影響を受けずにいることができる。 彼女は彼にある言葉を告げる。 能力者が住む街で、出会った浅井ケイ、春埼美空、相麻菫。 劣等生の兄と、優等生の妹。 ふたりの魔法科高校での生活は、その一学年目を終えようとしていた。 達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。 束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。 そこから景太の日常は一転、ゲーム好きな美少女たちとのラブコメ展開の日々が始まる……と思いきや!? ゲームの価値観以外はそっくりな、ぼっち女子ゲーマーの星ノ守千秋。 クラスの中心人物で彼女持ちだけど隠れゲーム好きな、残念リア充の上原祐。 彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。 様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。 猫の絵が描かれた看板が目印の、創業70年の老舗食堂「洋食のねこや」。 異世界の様々な場所に現れる扉を通じてやってくる、 生まれも文化も、種族すらもバラバラな「向こうの世界」の客たち。 この店で生まれる異世界と現代、食堂に集う人々と店主、 そして料理との一期一会を描く、温かい出会いの物語。 そんな彼に会って話がしたいとメールしてきたのは、 小学五年生の少女たち。 子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人からお願いされたことは、 お世話になった人への感謝のために、 彼女たちが過ごした思い出の場所でライブを成功させる事だった・・・。 真の『実力』とは何か——。 東京都高度育成高等学校。 それは徹底した実力至上主義を掲げ、進学率・就職率100%を誇る進学校である。 そこに入学して1年Dクラスに配属された綾小路清隆だったが、学校は実力至上主義の看板とは裏腹に、生徒に現金と同価値のポイントを月10万円分も与え、授業や生活態度についても放任主義を貫く。 夢のような高校生活の中で、散財を続け自堕落な日々を送るクラスメイトたち。 しかし、間もなく彼らは学校のシステムの真実を知り、絶望の淵に叩き落とされるのだった……! 落ちこぼれが集められたDクラスから少年少女たちが見出すものは、世界の矛盾か、それとも正当なる実力社会か。 エルネスティ・エチェバルリアとして生まれ変わった彼は、豊富なメカ知識とプログラマーとしての才能を活かして、理想のロボット作りをスタート。 だが、その行動が予期せぬ事態に発展して……!? ロボットヲタクの野望が、異世界を変える!! 数十年が経ち、その聖杯を象徴に掲げたユグドミレニア一族は、魔術協会からの離反、独立を宣言。 怒れる魔術協会は刺客を送り込むが、彼らが召喚したサーヴァントによって返り討ちに遭う。 「聖杯戦争」のシステムが変更され、七騎対七騎というかつてない規模の戦争が勃発。 そして冒険が始まる。 遥か未来からさらに遥か未来。 汎銀河共和国は衰退し、群雄割拠した帝国群も滅び、全銀河に散らばった人々はみな、平和な世界でその日暮らしをしていた。 球天体外壁部でゴミ拾いをしていた少年バンジョーは、なんとなく助けたボロ宇宙船の中で氷漬けになっていた少女と出会う。 少女を狙う悪漢、にわかに活気づく全銀河。 その少女こそ、宇宙の命運を決めるカギとなるゴザ 168 世その人であった。 艱難辛苦を乗り越えて、二人は銀河共和国の復興に向けて旅立つ……のだが、なかなかうまくはいかないのだった。 阿良々木暦は臥煙伊豆湖によって殺された。 死後の世界で暦を待っていた八九寺真宵は、彼をどこかに案内し始める。 そしてその先にいたのは、思いもかけない人物だった。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、 終わりの見えない大戦が続いていた時代。 天を裂き、地を割り、星さえも 破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、 戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、 存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。 一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、 擦り減らす日々が続くある日、 リクは打ち捨てられた森霊種 エルフ の都で 機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。 機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことで エラーを起こしてしまい、 仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、 エラーを修正するため、リクに《人間の心》を 教えてほしいと頼むのだが……。 これは六千年以上もの昔に紡がれた 《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。 記録にも記憶にも残らない、 誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける——。

次の

dodododのブックマーク / 2011年12月14日

ゼンリー はてなとは

妹さえいればいい。 それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり ゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり といった、賑やかな日常を送る伊月たち。 世界のあちこちには個性豊かな国があり、人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、 キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、また次の国へと旅立っていくのだ。 そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。 そして、珠玉の物語たちは、一言では言い表せない鮮烈な光景を読者に見せてくれるのだ。 干支の名を宿す十二人の猛き戦士が互いの命と魂を賭けて戦う。 参加者は『子』『丑』『寅』『卯』『辰』『巳』『午』『未』『申』『酉』『戌』『亥』の十二人、異様なる戦士たち。 その戦いに勝利したものは、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。 策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か? 魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。 活版印刷の権威であるオーランド博士は、失明してしまった小説家の妻・モリーのために、目が見えなくても文字を記すことができる機械を発明した。 小さくて可愛らしい人形があしらわれた機械。 博士はそれを、妻への想いと願いを込めて「自動手記人形」と呼んだ。 やがて、「自動手記人形」は多くの人の支えとなり普及した。 今では、文字が書けない人や、想いを伝えたい人に代わって、その気持ちを汲み取り言葉にして届ける職業に就く女性たちの呼び名となっている。 これは、時代の転換期を生きた一人の少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが自動手記人形として、人と人との心をつなぐ物語……。 ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか。 混沌がすべてを支配する大陸、アトラタン。 だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく。 その中、理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、 故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオは出会う。 子供の時に、星里衛・メイヴ夫妻のショーを見てから、真はずっと奇術師に憧れてきた。 夫妻の娘・果菜(あだ名:はてな)とは幼なじみ。 東京では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。 優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。 ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。 あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・ 『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!! 九歳 「え?、・・・弟子?え?」 「・・・おぼえてません?」 覚えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。 仮眠を取っていたはずか、気が付くと異世界に…!? 視界の端には、仮眠前に作っていたゲームを思わせるメニュー画面。 レベル1の初期状態。 目の前には蜥蜴人の大軍が! 夢か現か、ここにサトゥーの旅が始まる! 彼らは、寡黙な店主、ノブ・タイショーが振る舞う驚くほど美味しい酒や、未体験の料理に驚き、舌鼓を打ちながら、つかの間、日々のわずらわしさを忘れるのだ。 この居酒屋の噂は客から客へと広がり、連日様々なお客がやってくる。 さて今夜、居酒屋「のぶ」にはどんなお客が訪れ、どんな物語が紡がれるのか……。 冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。 他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。 今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。 殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etcーー、裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れるーー。 一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。 プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。 しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。 突如として意思を持ち始めたNPCたち。 ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。 彼は、日本の高校に通う美少女「千鳥かなめ」を守るため、彼女の高校に転校生としてやって来る。 そこで、巻き起こる一人戦争状態。 一方で「かなめ」をめぐって暗躍する組織。 超不運な高校生・イッセーを救ったのは学校一の美少女・リアス先輩。 「あなたは悪魔として転生したの。 目覚めたそこは、死後の世界だった。 アクアという口の悪い女神に情けない死に方を散々バカにされた挙句、 天国行きか、魔王軍に蹂躙され、過疎化の進む異世界に転生するかの選択を迫られる。 こうして引きこもりゲームオタクと駄女神の異世界冒険が始まるのだった……!? 名を、スバル。 小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。 ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。 この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。 ……時は流れ、6年後。 かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生になっていた。 性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。 「きっと夏の病だ。 それかシステムエラー。 むしろバグ!」 「あははっ。 もう陽翔ってばどうしたの。 それを自在に操る咒式士二人組。 ひねくれ者のガユスと非常識極まりない美貌の狂戦士ギギナは、事務所の財政難を解消すべく、いつものように役所の下請け仕事を引き受けたのだが… 待っていたのは900歳になろうかという巨大竜。 しかもそいつを倒したのがまずかったらしい。 頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。 大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。 そして「賢者」と呼ばれる男に拾われ、「シン」と名付けられる。 賢者のもとで魔法を教わり、すくすくと成長するシンだったが、彼には一つ致命的な問題が…!? ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。 「僕の名前はユージオ。 ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。 そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。 更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。 名前は、アリス。 長身コンプレックスが災いし、《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。 能力開発をカリキュラムに組み込む巨大な学園都市。 その街に住む高校生上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。 彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。 こうして、上条当麻は科学と魔術の交差した世界へと踏み込んでゆく。 高校最後の年。 なのに六花は……まだ中二病だった」 大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。 相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子……。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。 仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。 焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにしてはおけない、という十花の意見はもっともだった。 このままでは二人が引き裂かれてしまう。 心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと〝駆け落ち〟を提案される。 こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。 金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、 部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。 航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は 何事もなく無事に終わるはずだった。 しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。 協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。 戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、 協商連合軍による奇襲が発生し、 ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。 多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、 しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。 何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、 ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。 それから4年……。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR 拡張現実 機能を最大限に広げた最先端マシン。 アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。 世界はとっくに滅亡している。 1000 年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。 落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。 彼らの能力が噛み合う時、運命の歯車は回り出す。 およそ四百年の歴史を有するこの学院は魔術の道を志す全ての者の憧れであり、 学院の講師や学生たちも自身がその輩であることに誇りを抱いている。 この由緒正しき学院に突如として赴任してきた非情講師グレン=レーダス。 「お前らに、本当の魔術ってもんを教えてやるよ」 《ロクでなし》と呼ばれるこの男の破天荒な授業が今はじまる。 最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮『ダンジョン』へと繰り出していく。 灰へと朽ちた竜の死骸、忍び寄る異常事態、様々な謎と脅威が襲いかかる深層域50階層で、 アイズが風を呼び、迷宮の闇へと一閃を刻む! 」 迷宮都市オラリオの地で、少女と少年の物語が今、鮮烈に交差する! 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動! 世界には魔女がいて『魔術』が普及していた。 そして、世界はまだ『魔法』を知らなかった。 日々、魔女にその首を狙われ、 人間になることを夢見る彼だったが、ある日森で出会った美しき魔女がその運命を変える。 だったら傭兵、我輩の護衛になってくれ」 ゼロと名乗る魔女は、使いかた次第で世界を滅ぼす可能性すらある魔法書【ゼロの書】を 何者かに盗まれ、それを探す旅の途中だという。 傭兵は、ゼロの力で人間にしてもらうことを条件に、大っ嫌いな魔女の護衛役を引き受けるのだが、 禁断の魔法書をめぐって人々の思惑が絡み合い……。 かろうじて生き残った種族は地上を離れ、 浮遊大陸群レグル・エレと呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしていた。 500年後の空の上で目覚めたヴィレム・クメシュは、守りたかったものを守れず、 それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたが、 思いもよらず始めた兵器管理の仕事の中で、ある少女たちと出会う。 和泉紗霧。 一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。 そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。 彼の小説のイラストを描いてくれている イラストレーター『エロマンガ先生』、 その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ! 一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、 いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!? そこに音楽担当となる従姉妹「氷堂美智留」を加え、 ようやく彼らのギャルゲーは一つのルート完成までこぎつける。 2カ月後に冬コミを控えた倫也たち。 果たして無事にゲームを完成させることができるのか?! 本格的青春グラフィティ再び、ここに開幕——。 能力者の監視を行う「管理局」の下、住人は平和に暮らしていた。 「目の前の人の涙を消したい」、「誰かに声を届けたい」。 主人公の浅井ケイは、七坂中学校の2年生。 ある日、下駄箱に一通の手紙が届けられていた。 差出人は相麻菫-。 その呼び出しに応じて、屋上へ向かう浅井ケイ。 彼はそこで一人の少女と出会う。 彼女の一言「リセット」によって、浅井ケイは手紙を受け取った瞬間に戻ってしまった。 世界は再構成 リセット されてしまった。 そんな時を戻す「リセット」にはただ、一つ欠点があった。 春埼美空自身も「リセット」の影響を受けて記憶を失ってしまうこと。 どんなことも決して忘れない「記憶保持」能力を持つ浅井ケイのみが、「リセット」の影響を受けずにいることができる。 彼女は彼にある言葉を告げる。 能力者が住む街で、出会った浅井ケイ、春埼美空、相麻菫。 劣等生の兄と、優等生の妹。 ふたりの魔法科高校での生活は、その一学年目を終えようとしていた。 達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。 束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。 そこから景太の日常は一転、ゲーム好きな美少女たちとのラブコメ展開の日々が始まる……と思いきや!? ゲームの価値観以外はそっくりな、ぼっち女子ゲーマーの星ノ守千秋。 クラスの中心人物で彼女持ちだけど隠れゲーム好きな、残念リア充の上原祐。 彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。 様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。 猫の絵が描かれた看板が目印の、創業70年の老舗食堂「洋食のねこや」。 異世界の様々な場所に現れる扉を通じてやってくる、 生まれも文化も、種族すらもバラバラな「向こうの世界」の客たち。 この店で生まれる異世界と現代、食堂に集う人々と店主、 そして料理との一期一会を描く、温かい出会いの物語。 そんな彼に会って話がしたいとメールしてきたのは、 小学五年生の少女たち。 子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人からお願いされたことは、 お世話になった人への感謝のために、 彼女たちが過ごした思い出の場所でライブを成功させる事だった・・・。 真の『実力』とは何か——。 東京都高度育成高等学校。 それは徹底した実力至上主義を掲げ、進学率・就職率100%を誇る進学校である。 そこに入学して1年Dクラスに配属された綾小路清隆だったが、学校は実力至上主義の看板とは裏腹に、生徒に現金と同価値のポイントを月10万円分も与え、授業や生活態度についても放任主義を貫く。 夢のような高校生活の中で、散財を続け自堕落な日々を送るクラスメイトたち。 しかし、間もなく彼らは学校のシステムの真実を知り、絶望の淵に叩き落とされるのだった……! 落ちこぼれが集められたDクラスから少年少女たちが見出すものは、世界の矛盾か、それとも正当なる実力社会か。 エルネスティ・エチェバルリアとして生まれ変わった彼は、豊富なメカ知識とプログラマーとしての才能を活かして、理想のロボット作りをスタート。 だが、その行動が予期せぬ事態に発展して……!? ロボットヲタクの野望が、異世界を変える!! 数十年が経ち、その聖杯を象徴に掲げたユグドミレニア一族は、魔術協会からの離反、独立を宣言。 怒れる魔術協会は刺客を送り込むが、彼らが召喚したサーヴァントによって返り討ちに遭う。 「聖杯戦争」のシステムが変更され、七騎対七騎というかつてない規模の戦争が勃発。 そして冒険が始まる。 遥か未来からさらに遥か未来。 汎銀河共和国は衰退し、群雄割拠した帝国群も滅び、全銀河に散らばった人々はみな、平和な世界でその日暮らしをしていた。 球天体外壁部でゴミ拾いをしていた少年バンジョーは、なんとなく助けたボロ宇宙船の中で氷漬けになっていた少女と出会う。 少女を狙う悪漢、にわかに活気づく全銀河。 その少女こそ、宇宙の命運を決めるカギとなるゴザ 168 世その人であった。 艱難辛苦を乗り越えて、二人は銀河共和国の復興に向けて旅立つ……のだが、なかなかうまくはいかないのだった。 阿良々木暦は臥煙伊豆湖によって殺された。 死後の世界で暦を待っていた八九寺真宵は、彼をどこかに案内し始める。 そしてその先にいたのは、思いもかけない人物だった。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、 終わりの見えない大戦が続いていた時代。 天を裂き、地を割り、星さえも 破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、 戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、 存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。 一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、 擦り減らす日々が続くある日、 リクは打ち捨てられた森霊種 エルフ の都で 機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。 機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことで エラーを起こしてしまい、 仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、 エラーを修正するため、リクに《人間の心》を 教えてほしいと頼むのだが……。 これは六千年以上もの昔に紡がれた 《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。 記録にも記憶にも残らない、 誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける——。

次の

dodododのブックマーク / 2011年12月14日

ゼンリー はてなとは

妹さえいればいい。 それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり ゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり といった、賑やかな日常を送る伊月たち。 世界のあちこちには個性豊かな国があり、人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、 キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、また次の国へと旅立っていくのだ。 そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。 そして、珠玉の物語たちは、一言では言い表せない鮮烈な光景を読者に見せてくれるのだ。 干支の名を宿す十二人の猛き戦士が互いの命と魂を賭けて戦う。 参加者は『子』『丑』『寅』『卯』『辰』『巳』『午』『未』『申』『酉』『戌』『亥』の十二人、異様なる戦士たち。 その戦いに勝利したものは、どんな願いでもたったひとつだけ叶えることができる。 策謀と殺戮の渦巻く戦場で、流れるのは誰の涙か? 魂を揺さぶるバトルロイヤルが開戦する。 活版印刷の権威であるオーランド博士は、失明してしまった小説家の妻・モリーのために、目が見えなくても文字を記すことができる機械を発明した。 小さくて可愛らしい人形があしらわれた機械。 博士はそれを、妻への想いと願いを込めて「自動手記人形」と呼んだ。 やがて、「自動手記人形」は多くの人の支えとなり普及した。 今では、文字が書けない人や、想いを伝えたい人に代わって、その気持ちを汲み取り言葉にして届ける職業に就く女性たちの呼び名となっている。 これは、時代の転換期を生きた一人の少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが自動手記人形として、人と人との心をつなぐ物語……。 ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか。 混沌がすべてを支配する大陸、アトラタン。 だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく。 その中、理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、 故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオは出会う。 子供の時に、星里衛・メイヴ夫妻のショーを見てから、真はずっと奇術師に憧れてきた。 夫妻の娘・果菜(あだ名:はてな)とは幼なじみ。 東京では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。 優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。 ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。 あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・ 『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!! 九歳 「え?、・・・弟子?え?」 「・・・おぼえてません?」 覚えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。 仮眠を取っていたはずか、気が付くと異世界に…!? 視界の端には、仮眠前に作っていたゲームを思わせるメニュー画面。 レベル1の初期状態。 目の前には蜥蜴人の大軍が! 夢か現か、ここにサトゥーの旅が始まる! 彼らは、寡黙な店主、ノブ・タイショーが振る舞う驚くほど美味しい酒や、未体験の料理に驚き、舌鼓を打ちながら、つかの間、日々のわずらわしさを忘れるのだ。 この居酒屋の噂は客から客へと広がり、連日様々なお客がやってくる。 さて今夜、居酒屋「のぶ」にはどんなお客が訪れ、どんな物語が紡がれるのか……。 冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。 他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。 今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。 殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etcーー、裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れるーー。 一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。 プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。 しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。 突如として意思を持ち始めたNPCたち。 ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。 彼は、日本の高校に通う美少女「千鳥かなめ」を守るため、彼女の高校に転校生としてやって来る。 そこで、巻き起こる一人戦争状態。 一方で「かなめ」をめぐって暗躍する組織。 超不運な高校生・イッセーを救ったのは学校一の美少女・リアス先輩。 「あなたは悪魔として転生したの。 目覚めたそこは、死後の世界だった。 アクアという口の悪い女神に情けない死に方を散々バカにされた挙句、 天国行きか、魔王軍に蹂躙され、過疎化の進む異世界に転生するかの選択を迫られる。 こうして引きこもりゲームオタクと駄女神の異世界冒険が始まるのだった……!? 名を、スバル。 小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。 ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。 この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。 ……時は流れ、6年後。 かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生になっていた。 性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。 「きっと夏の病だ。 それかシステムエラー。 むしろバグ!」 「あははっ。 もう陽翔ってばどうしたの。 それを自在に操る咒式士二人組。 ひねくれ者のガユスと非常識極まりない美貌の狂戦士ギギナは、事務所の財政難を解消すべく、いつものように役所の下請け仕事を引き受けたのだが… 待っていたのは900歳になろうかという巨大竜。 しかもそいつを倒したのがまずかったらしい。 頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。 大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。 そして「賢者」と呼ばれる男に拾われ、「シン」と名付けられる。 賢者のもとで魔法を教わり、すくすくと成長するシンだったが、彼には一つ致命的な問題が…!? ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。 「僕の名前はユージオ。 ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。 そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。 更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。 名前は、アリス。 長身コンプレックスが災いし、《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。 能力開発をカリキュラムに組み込む巨大な学園都市。 その街に住む高校生上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。 彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。 こうして、上条当麻は科学と魔術の交差した世界へと踏み込んでゆく。 高校最後の年。 なのに六花は……まだ中二病だった」 大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。 相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子……。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。 仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。 焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにしてはおけない、という十花の意見はもっともだった。 このままでは二人が引き裂かれてしまう。 心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと〝駆け落ち〟を提案される。 こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。 金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、 部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。 航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は 何事もなく無事に終わるはずだった。 しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。 協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。 戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、 協商連合軍による奇襲が発生し、 ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。 多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、 しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。 何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、 ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。 それから4年……。 フルダイブ機能を排除した代わりに、AR 拡張現実 機能を最大限に広げた最先端マシン。 アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。 世界はとっくに滅亡している。 1000 年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。 落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。 彼らの能力が噛み合う時、運命の歯車は回り出す。 およそ四百年の歴史を有するこの学院は魔術の道を志す全ての者の憧れであり、 学院の講師や学生たちも自身がその輩であることに誇りを抱いている。 この由緒正しき学院に突如として赴任してきた非情講師グレン=レーダス。 「お前らに、本当の魔術ってもんを教えてやるよ」 《ロクでなし》と呼ばれるこの男の破天荒な授業が今はじまる。 最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮『ダンジョン』へと繰り出していく。 灰へと朽ちた竜の死骸、忍び寄る異常事態、様々な謎と脅威が襲いかかる深層域50階層で、 アイズが風を呼び、迷宮の闇へと一閃を刻む! 」 迷宮都市オラリオの地で、少女と少年の物語が今、鮮烈に交差する! 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動! 世界には魔女がいて『魔術』が普及していた。 そして、世界はまだ『魔法』を知らなかった。 日々、魔女にその首を狙われ、 人間になることを夢見る彼だったが、ある日森で出会った美しき魔女がその運命を変える。 だったら傭兵、我輩の護衛になってくれ」 ゼロと名乗る魔女は、使いかた次第で世界を滅ぼす可能性すらある魔法書【ゼロの書】を 何者かに盗まれ、それを探す旅の途中だという。 傭兵は、ゼロの力で人間にしてもらうことを条件に、大っ嫌いな魔女の護衛役を引き受けるのだが、 禁断の魔法書をめぐって人々の思惑が絡み合い……。 かろうじて生き残った種族は地上を離れ、 浮遊大陸群レグル・エレと呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしていた。 500年後の空の上で目覚めたヴィレム・クメシュは、守りたかったものを守れず、 それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたが、 思いもよらず始めた兵器管理の仕事の中で、ある少女たちと出会う。 和泉紗霧。 一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。 そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。 彼の小説のイラストを描いてくれている イラストレーター『エロマンガ先生』、 その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ! 一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、 いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!? そこに音楽担当となる従姉妹「氷堂美智留」を加え、 ようやく彼らのギャルゲーは一つのルート完成までこぎつける。 2カ月後に冬コミを控えた倫也たち。 果たして無事にゲームを完成させることができるのか?! 本格的青春グラフィティ再び、ここに開幕——。 能力者の監視を行う「管理局」の下、住人は平和に暮らしていた。 「目の前の人の涙を消したい」、「誰かに声を届けたい」。 主人公の浅井ケイは、七坂中学校の2年生。 ある日、下駄箱に一通の手紙が届けられていた。 差出人は相麻菫-。 その呼び出しに応じて、屋上へ向かう浅井ケイ。 彼はそこで一人の少女と出会う。 彼女の一言「リセット」によって、浅井ケイは手紙を受け取った瞬間に戻ってしまった。 世界は再構成 リセット されてしまった。 そんな時を戻す「リセット」にはただ、一つ欠点があった。 春埼美空自身も「リセット」の影響を受けて記憶を失ってしまうこと。 どんなことも決して忘れない「記憶保持」能力を持つ浅井ケイのみが、「リセット」の影響を受けずにいることができる。 彼女は彼にある言葉を告げる。 能力者が住む街で、出会った浅井ケイ、春埼美空、相麻菫。 劣等生の兄と、優等生の妹。 ふたりの魔法科高校での生活は、その一学年目を終えようとしていた。 達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。 束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。 そこから景太の日常は一転、ゲーム好きな美少女たちとのラブコメ展開の日々が始まる……と思いきや!? ゲームの価値観以外はそっくりな、ぼっち女子ゲーマーの星ノ守千秋。 クラスの中心人物で彼女持ちだけど隠れゲーム好きな、残念リア充の上原祐。 彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。 様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。 猫の絵が描かれた看板が目印の、創業70年の老舗食堂「洋食のねこや」。 異世界の様々な場所に現れる扉を通じてやってくる、 生まれも文化も、種族すらもバラバラな「向こうの世界」の客たち。 この店で生まれる異世界と現代、食堂に集う人々と店主、 そして料理との一期一会を描く、温かい出会いの物語。 そんな彼に会って話がしたいとメールしてきたのは、 小学五年生の少女たち。 子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人からお願いされたことは、 お世話になった人への感謝のために、 彼女たちが過ごした思い出の場所でライブを成功させる事だった・・・。 真の『実力』とは何か——。 東京都高度育成高等学校。 それは徹底した実力至上主義を掲げ、進学率・就職率100%を誇る進学校である。 そこに入学して1年Dクラスに配属された綾小路清隆だったが、学校は実力至上主義の看板とは裏腹に、生徒に現金と同価値のポイントを月10万円分も与え、授業や生活態度についても放任主義を貫く。 夢のような高校生活の中で、散財を続け自堕落な日々を送るクラスメイトたち。 しかし、間もなく彼らは学校のシステムの真実を知り、絶望の淵に叩き落とされるのだった……! 落ちこぼれが集められたDクラスから少年少女たちが見出すものは、世界の矛盾か、それとも正当なる実力社会か。 エルネスティ・エチェバルリアとして生まれ変わった彼は、豊富なメカ知識とプログラマーとしての才能を活かして、理想のロボット作りをスタート。 だが、その行動が予期せぬ事態に発展して……!? ロボットヲタクの野望が、異世界を変える!! 数十年が経ち、その聖杯を象徴に掲げたユグドミレニア一族は、魔術協会からの離反、独立を宣言。 怒れる魔術協会は刺客を送り込むが、彼らが召喚したサーヴァントによって返り討ちに遭う。 「聖杯戦争」のシステムが変更され、七騎対七騎というかつてない規模の戦争が勃発。 そして冒険が始まる。 遥か未来からさらに遥か未来。 汎銀河共和国は衰退し、群雄割拠した帝国群も滅び、全銀河に散らばった人々はみな、平和な世界でその日暮らしをしていた。 球天体外壁部でゴミ拾いをしていた少年バンジョーは、なんとなく助けたボロ宇宙船の中で氷漬けになっていた少女と出会う。 少女を狙う悪漢、にわかに活気づく全銀河。 その少女こそ、宇宙の命運を決めるカギとなるゴザ 168 世その人であった。 艱難辛苦を乗り越えて、二人は銀河共和国の復興に向けて旅立つ……のだが、なかなかうまくはいかないのだった。 阿良々木暦は臥煙伊豆湖によって殺された。 死後の世界で暦を待っていた八九寺真宵は、彼をどこかに案内し始める。 そしてその先にいたのは、思いもかけない人物だった。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、 終わりの見えない大戦が続いていた時代。 天を裂き、地を割り、星さえも 破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、 戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、 存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。 一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、 擦り減らす日々が続くある日、 リクは打ち捨てられた森霊種 エルフ の都で 機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。 機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことで エラーを起こしてしまい、 仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、 エラーを修正するため、リクに《人間の心》を 教えてほしいと頼むのだが……。 これは六千年以上もの昔に紡がれた 《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。 記録にも記憶にも残らない、 誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける——。

次の