ビー スターズ 無料。 BEASTARS(ビースターズ)の漫画が全巻無料で読めるスマホアプリ

【BEASTARS(ビースターズ)】今すぐ全巻無料で読むために使えるサービス特集!|漫画サイコー!

ビー スターズ 無料

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク ビースターズ BEASTARS 147話「愛の言葉はヨダレを拭いてから」のネタバレ 初めて メロンはハルを背後から抱きしめ、とりあえず…と本能のおもむくままに手を滑らせる。 ハルは咄嗟にストップをかけ、メロンから離れ、 「先生種族は何ですか!?」 このような質問をする。 ハルは今の抱きしめ方が、男女の…というよりは肉食獣が草食獣を捕らえる時のそれに近い感覚があった…とペラペラと饒舌に話す。 メロンは内心聞くのはそこなのか…と思いながらも、 「…僕は 見ての通りガゼルだよ」 そう答える。 今までメロンのツノに誰しも騙されてきた。 どれだけ食殺して犯罪を犯そうがいつもメロンには事情聴取止まりーーーー…草食獣のツノはメロンにとって、お飾りというのはあまりにも強い力を持つ身分証明書なのだ。 このお飾りを疑ったのはハルが初めて。 「じゃあ 先生…今私のこと 女として抱きしめたんですか?」 悩みついたさき行き着いたハルの答えはこれ…しかしあまり納得していないような表情をしていた。 ハルは色恋沙汰は久々だし光栄ではあるのだが、一応好きな男の子いるし、男遊びはもう10年前くらいに 気分的に 卒業したんだと話す。 「うん…うん うん やっぱりだ 初めてだこんなこと あまり痛くない…今 心の方が痛いのかな…」 メロンのとっさの行動にハルはただただ引くことしかできなかったーーー…。 コピ・ルアクの効果 コピ・ルアク研究団ーーーー…デシコは肉草の混血種族にとって痛みや暴力は快楽を得られる手段の一つだと話す。 彼らは食欲と性欲が欠如している場合が多いーーーー…だからメロンは痩せててとっても残酷なんだとデシコは続けて話した。 欲望の欠如…それは獣社会では一見、有利に思えるが当事者はツライでしょうね…ルイは返しながら、コピ・ルアクはやっぱり旨いと呟く。 それを聞いたデシコは嬉しそう。 動物の体を通した食材は戦前は、肉の代わりとして重宝されていたとデシコは話し、ルイはコーヒーで満足していたなんて平和な時代だったんだろう…それに比べ今の肉食獣は肉の味を知ってしまっているから…とレゴシ達に目を向けるとーーー… なんだか部屋の隅にコッソリとしていて様子がおかしい。 距離をとっておかしいレゴシたちにルイは近くーーーー… 「何も変じゃないです!!」「そのコーヒーのせいなんです」「ルイ先輩近寄らないでください」 みんな一斉に鼻を抑え、ルイを拒絶する。 「言い忘れてた」 デシコが言い忘れてたことーーーー…それは肉の味を知る現代の肉食獣には、コピ・ルアクは中途半端に欲をあおるだけの代物なのだ。 飲めば最後ーーーー…強烈に生身の肉が欲しくなる。 何か怒らせること言ったかよ…とルイはレゴシらに触れる…と、みんな一斉にヨダレがボタボタと垂れ始めた。 自分たち肉食獣は、あんな飲み物一杯ごときで…化けの皮がはがれる現代の肉食獣だとレゴシ達は実感する。 食肉欲を紛らわすなんざ簡単だーーーー…といって2人は協力して殴り合いコピ・ルアクの刺激をまぎらわすことにした。 それを側から眺めるルイとデシコは、やり方はバカっぽいけど善良なチームである…と話し、 「君らなら本当にメロンを倒せるかもしれないね」 こんな言葉まで頂けるのだったーーーーー…。 難儀 レゴシらはボロボロになりながら帰路に着くーーー…。 ルイはデシコから 『メロンは歴史学の博士号を所得している』という情報をこっそりと教えてもらった。 メロンは歴史に詳しい…といよりは、歴史を憎んでいるかもしれないと考えるルイ。 確かハーフの個体は戦後に増えて迫害されているーーーー…でもシシ組に言ったところで分かるか これ…と思いながらも、ルイは皆んなに聞こうとする。 しかし、このまま一緒にいたらルイを危険な目に遭わすかもしれない…と言うことで、ドルフ今夜は解散を求める。 ルイは協力し合うのに、遠慮しすぎだろ…と話すが、レゴシは協力するからこそ 『ルイを美味しそうだと思いたくない』と話すのだった。 「…つくづく難儀なものだな 肉食と草食というのは」 ルイはレゴシの言葉を受け1人で帰路につくーーーー…。 レゴシもその後帰宅するため電車に乗る。 いつだって無力で情けないのは肉食獣ーーーー…そんなことを考えながら、無意識に横に座っているリスをじーーーっと見てしまうレゴシ。 体が本当に草食を求めている…これはルイの足を食べた直後の禁断症状みたいだ。 肉食と草食の距離が近づきすぎたことで生まれるハーフの個体ーーーー…自分が犯したあの食肉とメロンの存在は、どこか似た苦しみを背負っている気がする…そんなことをレゴシは考えるのだったーーーー…。 コーポ伏獣に着き、今日はコーポ伏獣の草食とも一切接触せずにおとなしくすぐ寝るーーーーと誓って、部屋までなんとか無事に着いたレゴシ。 「あーっやっと帰ってきたか 不良オオカミ」 しかし扉を開けると、そこにいたのはハルだった。 ハルはもう電車がないから泊まっていくーーーー…というが、レゴシにとって地獄の夜のゴングが鳴らされるのだったーーーー…。 ただみんな本当に良いチームになってる感じでてますね! 確かに殴り合い…というのはおバカっぽですが、ルイ…そして草食のことを考えた末の行動…ということにグッときました。

次の

ビースターズ全巻セット最安値比較!まとめ買い激安店はこちら

ビー スターズ 無料

ビースターズのアニメ第8話のネタバレの要点は以下の通りです。 ハルとレゴシの口論• ハルとレゴシの逃走• ハルに襲いかかったことを告白しようとするレゴシ• ムードメーカーになったジュノ• 停電が起きて驚きの展開に ハルとレゴシの口論 レゴシたちチェリートン学園の生徒は、隕石祭の準備をしていました。 しかし、最近食殺事件があったため、夕方になると市長に、早めに学校に帰ることを指示されます。 演劇部のみんなは一緒に学校へ戻って行きましたが、ハルは一人ぼっちで取り残されていたのでした。 改めて1人ぼっちだなと感じたハルの元へ、すごい気迫のレゴシがやって来て、一緒に帰ろうと誘うのでした。 レゴシはハルを誘ったものの、口数も少なく、ハルはレゴシが理解できません。 帰りの電車を待っている間、ハルは初めて 出会った時のことを話題に出すのでした。 今は友達なんだから笑い話にしてもいいと、ハルは気軽にベッドへ誘ったことに触れますが、レゴシは、あの時の出来事は簡単には触れられないし、 ハルには自分のことをもっと大切にしてほしいと、真面目に答えるのでした。 その言葉を聞いたハルは、少し不機嫌になります。 常に死と隣り合わせで、愛されることがないまま死んでしまう可能性すらあるのに、そんな人生を歩んだことがないハイイロオオカミのレゴシには、ハルのことなんて理解できないと言います。 すると、別の車両に乗ると言うハルを、レゴシは無理に引っ張り、もっとちゃんと話そうとするのでした。 ハルとレゴシの逃走 ハルとレゴシは、ただ少し口論になっただけでしたが、はたから見ると、 小さなウサギをとっ捕まえているオオカミです。 駅員は、レゴシが悪いことをしていると捉え、レゴシを捕まえようとするのでした。 そんな状況を理解したハルは、レゴシを引っ張って逃げ出します。 逃げるべきではないと言うレゴシに、「 この世界では大型肉食獣が小型草食獣に力で物を言わせると捕まる」とハルは言い、2人は急いで逃げるのでした。 最初はハルに引っ張られて走っていたレゴシでしたが、ハルに言われて、ハルを引っ張りながらリードして走るレゴシです。 このことが、レゴシにとって、 オオカミであることを誇りに思えた小さな瞬間なのでした。 レゴシとハルは、駅のトイレに身を隠していました。 駅員はトイレの中まで確認しに来ます。 しかし、結局、駅員は去っていきました。 ハルは、個室トイレで身を寄せ合う状況の中でも、ハルに指1本触れないレゴシのことが気になっています。 逆にレゴシは、こんな状況でも死と隣り合わせだと恐怖を感じるのか、ハルの気持ちが気になっているのでした。 レゴシはハルの気持ちについて聞きますが、ハルは、 図太いのか繊細なのかはっきりしなさいと苛立っている様子です。 ハルに襲いかかったことを告白しようとするレゴシ 第1話では、レゴシはハルに襲いかかるシーンがありました。 レゴシは、あの時のことを告白するなら、今しかないと思い、思い切ってその話題に触れようとしました。 しかし、なんと、ハルからその話題が出てきたのです。 ハルは、暗闇の中で肉食獣に襲われたことがあると言い、顔は見ていないけど、傷が残っていると、レゴシに見せるのでした。 そして、 あの時死ななくて良かったと、明るくハルは言うのでした。 それを聞いたレゴシは、あの時ハルを襲ったのが自分であると言うことができなくなってしまいます。 今告白したら、ハルとレゴシの友情は終わってしまうと、レゴシは正直にあの日のことを話すことができないのでした。 ムードメーカーになったジュノ アカシカのルイは、演劇の練習中にトラのビルに引っかかれてしまいました。 そんなルイに、レゴシは「傷残らないといいですね」と声をかけます。 しかし、ハルとルイの関係を目撃したからか、少し険悪なムードが漂っています。 そしてルイは、演劇部全員に、部がまとまっていないと叱咤するのでした。 雰囲気が悪くなった演劇部でしたが、そこに遅れてきたジュノが、演劇部にいい空気を持ってきます。 ジュノは以前、孤立していましたが、最近頑張っていて、今では演劇部のムードメーカーになっているのでした。 ルイは、ジュノが部員をまとめている姿を見て驚いています。 ジュノは遅くまで舞台の掃除を1人でしていましたが、そこへルイが来て初めて2人きりになります。 ジュノはルイに、個人レッスンを手伝ってほしいとお願いするのでした。 練習の最中、ルイはいつもの感じで肉食獣に対する皮肉を口にします。 それに反応したジュノは、 ルイを力づくで押し倒しました。 そして、ジュノは、 次のビースターになるのは自分だと、ルイに宣戦布告します。 ルイは、 自信過剰で強欲なジュノを知ることになるのでした。 停電が起きて驚きの展開に すっかり暗くなるまで隕石祭の準備をしていた演劇部員たち。 ジュノはレゴシに近づこうと、隕石祭で結ばれる言い伝えの話題に触れます。 すると、停電が起こって真っ暗になってしまいました。 レゴシは、演劇部員とひと固まりになり、草食獣メンバーを守ります。 食殺はいつも真っ暗な時に起こるのでした。 演劇部員を肉食獣メンバーみんなで守る中、レゴシはハルを助けに行きます。 逃げ隠れているハルを匂いで見つけたレゴシは、ハルを守るために近寄るのでした。 すると、ハルは「ルイ!来てくれるなんて!」とレゴシに抱きつくのでした。 人違いをしたことに気がついたハルは、レゴシに謝り続けます。 しかし、レゴシは、いつもと同じ様にハルに優しくするのでした。 【ビースターズ】アニメ第8話の感想! うわ~な展開でしたね。 ハルがレゴシをルイと勘違いするという・・・。 レゴシにしたら、ショックすぎる発言だったと思います。 好きな人が、他の人が助けてくれることを期待していることを知ってしまった切なさ。 それなのに、いつも通りにハルに優しくするレゴシ。 これは、次回、親友ジャックの前で、深く深く落ち込むパターンでしょうか。 いくら鈍感なレゴシでも、今回の人違い事件はかなりこたえたのではないでしょうか。 そして、ルイが来てくれたと喜んだらレゴシだったハル。 やっぱり、ルイに愛されている証拠みたいなのを欲しているのですね。 ルイは結婚相手が決まっているので、ハルとは期間限定の恋愛相手です。 そして、ハルはいつも強がっていますが、やっぱり未来のない恋愛なんて、切ないのだと思います。 そして、ルイに心から愛されていないと寂しさを感じるハル。 暗闇の中を、自分を助けに来てくれた!ルイは私を愛してくれている! と、思ったら、ルイではなくてレゴシだった。 この愕然とする感情。 レゴシにも失礼だったし、それよりも何よりも、ルイが助けに来てくれたとぬか喜びした後の虚しさといったら、耐え難いものがあるのではないでしょうか。 ビースターズ、本当に面白いですね。 【ビースターズ】の原作漫画を無料で読めます! 原作漫画では、アニメよりももっと細かい描写があって、さらに面白いです。

次の

【BEASTARS(ビースターズ)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

ビー スターズ 無料

部屋にこもっていよいよベッドに突っ伏していた。 できることはただ床を爪でかくばかりだった。 運動さえできなくなって、本能と理性の境目に立って、極限状態でメロンと戦う。 そう決めていたのだが…… 冬の哺乳類は長時間飲まず食わずでも身体は元気なのだった。 文明が発達していなかった大昔の哺乳類は冬眠していた。 外には食べるものがない。 水も凍っていた。 それは、レゴシの内面のようだった。 身体は食べなくても飢えなかったが、心は飢えに苦しんでいる。 ハルがどうしているか気になった。 ハルの姿が浮かんで消えなかった。 レゴシは部屋を飛び出して、ハルの姿をつけていた。 ハルは自分の後ろをつけているレゴシに気がついた。 ハルは明日決闘があるのか聞いた。 ハルの苦しみ ハルはレゴシとは肉食動物と草食動物で違いがありすぎると苦しんでいた。 心の中はレゴシでいっぱいなのに、レゴシに何もしてあげられない。 「遠すぎるよ」 泣きじゃくるハルに、レゴシが今したいことはキスすることだった。 背がちがいすぎるが、ハルが階段に登っているからちょうどいい位置だった。 ハルの言葉が全然耳に入らず、ただキスをしたかったのだ。 レゴシははじめてキスをした。 本当はオスとしたことがあるけど、それはカウントしない。 ハルは経験済みなので、リードしてもらう。 目を開けてしたので、やりなおしを命じられた。 2人は夜の道を歩く。 ハルはレゴシと向き合うことにルイに背中を押されたのだと言った。 レゴシも昨日ルイに会ったと打ち明けた。 決闘前にうちに会いに来てくれたと言う。 一方、ルイの住むホーンズ邸ではルイが行方不明になって大騒ぎになっていた。 昨日外出したっきり帰ってこない。 捜索願いを出すべきたという意見が出た。 しかし、大財閥的には義父オグマが亡くなった直後に跡継ぎが行方不明なのは世間体が悪いと言う意見も出た。 レゴシの部屋には大きな透明なナイロン袋にたっぷり血のような液体が入っていた。 「ルイさんは、全力で応援してくれたよ。 明日頑張れって……」 そうハルに言うレゴシの顔はいつにない笑みを浮かべていた。

次の