ノート パソコン 中古 安い。 ノートパソコン本体

【2020年版】中古パソコンおすすめ通販8選☆中古ノートの選び方や評判は? SNS口コミ評価

ノート パソコン 中古 安い

新しい選択肢を手に入れることができました 娘のコンピューターが原因不明の故障でメーカーに修理を依頼したところ、10万円かかるとのこと・・。 親としても正直お金が惜しい・・。 自分で買いなさいと言ったところ貧乏学生の娘は何万円もお金を出したくない。 いつまでたっても購入しないまま時間が過ぎてゆく。 そこで娘を不憫に思いお父さんが立ち上がった。 いろいろ調べていたら、信頼できそうなくじら屋というお店を見つけた。 この様な中古の購入という発想がなかっただけにびっくりするくらい必要十分な機能を備えた物を格安で手に入れられた。 いままで職場が変わるたびに高いお金を出して新規購入していた自分は、娘のために新しい方法を手に入れた。 そして、自分がいままで無駄なお金を使っていることに気付いた。 ありがたいことだと思う。 と同時に、電源入れてすぐ使えるという選択肢は、初心者にとって素晴らしい選択肢であるということを、もっと多くの人に知ってほしい。 とてもありがたい選択肢だと思うし多くの同僚にも教えてあげたいと思った。 たぶんこれからは、新しいコンピューターを購入することに慎重になると思う。 大多数の人はワープロ、表計算、インターネットで十分だと思うから。 ありがとう• kaisetusagyoutotyud… kaisetu sagyou totyude dannen kyupasolon mojihenkaku dekizu sonomamashiyou sitemasu okurareta pasokon ha teigaku tyuko niha mienaiyouna kireina kikaide odoreokimasita sonogono kikubarinoaru me-ru nado kokyaku eno taiounimo ga afureteori kyousyuku siteorimasu hyouka wa manten desu koremadeno taiou wo tuzukereba riyousya no hyokawa sinpainasi yomizurak siturei• 5 GHz以上 ネットやオフィス系など一般利用なら十分スムーズ! メインメモリ 4 GB 通常2GBメモリが、今だけ3GBメモリに増量中! ディスプレイ 14型 以上の大画面ワイド液晶 HDD 250 GB 以上 安くてもデータ保存も安心! 光学メディア DVD-ROMドライブ DVDやCDの読み込みが可能! 外部接続端子 有線LAN、無線LAN 内蔵、またはUSBアダプタ 、USB2. パソコンの練習や、ちょっとしたPC利用、お仕事にもオススメ!! 実際にお客様から頂いたお問い合わせ内容を精査し、 長年のサポート実績から作成した 「パソコン使い方ナビ」も付属! 記載のスペック以外は、当店におまかせ頂きます。 メーカーは東芝、富士通、NEC、DELL、hp、Lenovo等 一流PCメーカーの中から、 店長が厳選セレクト! メーカーや色、型番のリクエストにはお応えできませんが、 その分、ビックリお手頃価格でご提供! 外径寸法 [幅] 374 x [奥行き] 250. 5 x [高さ] 37. 6 mm 状態 中古品の為、バッテリーは充電不可です。 ACを接続してご使用下さい。 本体に擦りキズ、キーボードにテカリ、液晶に小キズが御座います。 オフィスソフト (Word、Excel等) WPSOffice ライセンスカード マイクロソフトオフィスのファイルが扱えるビジネスソフトの新定番! WPSOfficeのライセンスが付属致します。 最新版です ワード、エクセル、パワーポイントの互換ソフトとなります。

次の

安いノートパソコンの比較とおすすめ

ノート パソコン 中古 安い

選び方• 価格別• スペック別• その他• 安いノートパソコンの選び方 まずはCPUを決める 安いノートパソコンを選ぶときは、まずCPUを決めると製品を絞りやすいです。 安いノートパソコンに搭載されているCPUは、大まかに分けると下表の通りです。 安いながらも高い性能のPCが欲しい場合は、第10世代Core i3-10110Uや、 第10世代Core i3-1005G1を搭載したPCがおすすめです。 または、 AMD Ryzen 3もコスパが高く、人気があります。 ストレスなく作業でき、長年使用できると思います。 2万円~3万円台で購入できるようなPCが欲しい場合は、Pentiumや Celeronを搭載したPCになるでしょう。 PentiumやCeleronはいくつも種類がありますが、性能差が大きく、大分快適度が異なります。 コスパの高いものとしては、Pentium 5405Uがおすすめです。 CINEBENCH R20のマルチコアのスコアが300程度あれば、Web閲覧などの軽作業ならある程度快適に使えると思います。 スコアが250以下のものは、PCの動作がもっさりすることがよくあると思います。 予算に余裕があれば8GBにすると良いでしょう。 アプリをたくさん起動したり、ブラウザのタブを比較的多めに開く方は、8GBは欲しいです。 ストレージは、CPU性能を下げてでもSSDの搭載をおすすめします。 容量は、用途にもよりますが、あまりにも少ないと、Windowsのアップデートなどで容量が足りなくなるので、できれば128GB以上はあったほうがいいです。 液晶はHD(1366x768)かFHD(1920x1080)か? 安いノートPCの液晶はHD(1366x768ドット)の液晶が多いです。 下図のようにFHDの方が表示範囲が広いので、いくつもウィンドウを起動するような方はFHD液晶がいいでしょう。 また、長時間使用するのであれば、視野角が広く、視認性にも優れるIPS液晶をおすすめします。 HDとFHDの表示範囲 FHDのほうが表示範囲が広い。 FHDは、文字は小さくなるが、「設定」の「拡大縮小とレイアウト」などから文字を大きくすることは可能。 マイクロソフト Officeは必要? メーカー直販モデルは、標準ではマイクロソフト Officeが付属していないケースが多いです。 もし、マイクロソフト Officeが必要であれば、オプションで付けるか、Office付きのモデルを選ぶ必要があります。 日によって変わるので、詳細は各メーカーサイトをご覧ください。 なお、デルは、Office付きのパソコンを安く販売することが多いため、Officeが必要な方は、Office付きモデルをよくチェックしておくと良いでしょう。 2万円台(税別)のおすすめPC 最も低価格帯となる、2万円台(税別)で購入可能な製品を紹介します。 構成やボディの作りなど、大きな期待はできませんが、用途を限れば意外と使えるかもしれません。 ここで紹介しているPCの質量は比較的軽いです。 軽量なPCであれば、メインPCを持っている方が軽作業用途の持ち運びPCとして使用する、という使い方がおすすめです。 低価格帯のPCなので、万一壊れても精神的ダメージが少ないです。 参考までにCPUのCINEBENCH R20のスコアも紹介しています。 目安として、CINEBENCH R20のスコアは「300」を上回っていれば、軽作業ならある程度快適に使えると思って下さい。 ここで紹介しているPCは、「300」のスコアを下回っているので、作業を限定するなど、工夫して使用することをおすすめします。 CPU AMD A4-9120E ストレージ SSD 液晶 11. 6型 HD TN 非光沢 価格[税別] 2万円台~ 気軽に使える格安モバイルPC 質量が約1. 2kgの、持ち運びやすい11. 6型モバイルノートPCです。 レノボで最安と思われる価格なので、故障や破損を恐れずに持ち出せるのが、最大のメリットです。 AMD A4-9120E(CINEBENCH R20スコア:不明)は、おそらくHP 14s-dk0000の搭載するA4-9125よりもさらに低いです。 ネットやメールなどに用途を限定するなど、工夫して使った方がいいと思います。 また、TNパネルの液晶は、ギラつきもあり、長時間の使用や、子どもの使用はあまりおすすめしません。 3万円台(税別)のおすすめPC 3万円台(税別)で購入可能な製品を紹介します。 3万円台でも、モバイルPCから、第10世代Core i3を搭載した据え置きPCまで幅広く購入可能です。 ただし、多少の妥協が必要ではあります。 この価格帯では、特に、視野角の広い液晶の搭載はあまり期待できません。 ディスプレイの見やすさにこだわる場合は、4万円台以上のPCがおすすめです。 6型 FHD 価格[税別] 3万円台~ 光学ドライブ搭載の15. 6型ノートPC 15. 6型 フルHD液晶、光学ドライブを搭載しながら、AMD A4-9125(CINEBENCH R20スコア:約228)モデルだと3万円台で購入可能です。 ただし、3万円台で購入できる構成は、ストレージがHDDなので、使っているうちにだんだん起動や動作が遅くなる可能性が高いです。 また、液晶の視野角も悪いので、見やすい液晶とは言えません。 メインPCとしてしっかり使いたい場合は、こちらがおすすめです。 6型 FHD 非光沢 価格[税別] 3万円台~ 第10世代Core i3が3万円台! 第10世代Core i3-1005G1(CINEBENCH R20スコア:約948)、SSD、FHD液晶の構成が3万円台という、恐ろしいほど安い機種です。 普通、3万円台では手に入らない処理性能です。 ただし、液晶は視野角が狭く、視認性も高くありません。 液晶部分などを妥協できるのであれば、格安でありながら、据え置きのメインPCとしても十分使えるスペックなので、イチ押しです。 なお、AMDプロセッサーモデルもあり、Athlon 300Uや、Ryzen 3 3200Uを搭載したモデルも3万円台で購入できます。 また、 Ryzen 7モデルが4万円台、第10世代Core i7モデルが6万円台なので、こちらもおすすめです。 CPU Pentium Gold 5405U 第8,第10世代Core ストレージ PCIe SSD 液晶 14. 0型 FHD 非光沢 価格[税別] 3万円台~ 軽作業には十分のスペック Pentium 5405U(CINEBENCH R20スコア:約516)、SSD、FHD液晶の構成で、3万円台での購入が可能です。 質量は約1. 55kgとややありますが、持ち運べなくもありません。 また、バッテリー駆動時間も約14. 3時間と長いです。 ただし、搭載する液晶はTN液晶なので、視野角が狭く、やや見にくく感じることもあるかもしれません。 狭額ベゼルを採用し、見た目も悪くありません。 そこそこ使えるPCを安く購入したい方におすすめです。 なお、AMDプロセッサーモデルもあり、スペック高めのRyzen 3搭載機も3万円台で購入できます。 また、第10世代Coreや、第8世代Core、Ryzen 5を搭載したモデルも4万台で購入でき、こちらも安いです。 6型 第7世代Core i3を搭載して3万台のモデルがあったのですが、今は残念ながらないようです。 現在は、Pentium 5405U(CINEBENCH R20スコア:約516)、SSD、FHDの構成を3万円台で購入できます。 ライトユーザーであれば、据え置きのメインPCとしても使用できそうです。 また、Celeron 4205U、1TB HDDの構成のモデルでよければ、光学ドライブも付いて3万円台です。 ただし、HD液晶になります。 以前ほどのコスパの良さではなくなったので、そこまで魅力的な機種ではなくなってしまいました。 6型 FHD 15. 6型 FHD 非光沢 14. 0型 FHD 非光沢 15. この価格帯では、第10世代Core i3や視野角の広い液晶を搭載したモデルも購入可能となり、快適な使用が期待できるレベルとなってきます。 スペックは見劣りしますが、国内の有名メーカーのPCも視野に入ってきます。 また、2万円台のおすすめPCで紹介した HP 14s-dk0000や、3万円台のおすすめPCで紹介した ideapad S145 15,AMD も、4万円台で購入でき、こちらもおすすめです。 CPU Ryzen 3 3200U, Ryzen 5 3500U ストレージ SSD 液晶 14. 0型 FHD IPS 光沢 タッチ 価格[税別] 4万円台~ アクティブペンまで付いて4万円台! Ryzen 3、4GBメモリ、128GB SSD、フルHDのIPS液晶を搭載したコンバーチブル型 2 in 1 PCが、4万円台と非常に入手しやすい価格です。 しかも、アクティブペンまで付属しています。 質量は約1. 65kgとなっており、家の中でPCを移動するような方にも最適です。 タッチパネルとアクティブペンで直感的な操作が可能なので、子どもと一緒に使うPCとしてもおすすめです。 なお、同様にコスパが高い、15. 6型のC340 15 もあります。 外見やキーボードなどについては、Intel CPU搭載モデルの下記のレビュー記事を参考にしてください。 CPU 第8、第10世代Core ストレージ PCIe SSD 液晶 15. 6型 FHD IPS 非光沢 価格[税別] 4万円台~ コスパ抜群!15型PCの決定版 他のPCの追随を許さない、抜群のコスパの高さを誇る、クラムシェル型の15. 6型PCです。 第10世代Core i3、 256GB SSD、FHD IPS液晶搭載が4万円台(税別)です。 あと1万円程プラスすると、第10世代Core i5、8Gメモリのモデルも手に入ります。 狭額ベゼル、アルミボディで、15型としてはコンパクト、かつ質量は約1. 8kgと軽めです。 さらに、バッテリー駆動時間は、約17. 3時間とかなり長いです。 宅内モバイルに最適ですが、車での移動であれば、持ち出しも可能です。 目立つ欠点がなく、実際の使用でも、かなり高い満足度 これ以上にお得な15型ノートPCはなかなかお目にかかれないでしょう。 2020年もベストバイの座を譲りません。 CPU Celeron 3867U ストレージ HDD 液晶サイズ 15. 海外メーカーと比べると、スペックは落ちますが、Celeron 3867U(CINEBENCH R20スコア:約294)、HDD、FHD液晶、光学ドライブの構成が、ギリギリ4万円台で購入可能です。 Celeronの中では処理能力が高めのCPUを搭載しています。 ただし、ストレージがHDDなので、動作は重そうです。 マニュアル類も充実しており、サポート面での安心感もあります。 ただし、「在庫なし」になっていることがよくあります。 なお、dynabookのサイトの会員登録をすることで、割引された会員価格を確認できます。 CPU 第10世代Core Comet Lake ストレージ PCIe SSD 液晶 14. 14型のノートPCにしては大きめの51Whrバッテリーを搭載しつつ、質量は実測値で1. 398kgでした。 超軽量ではありませんが、モバイルノートPCとしても十分使用可能です。 使用環境に合わせて、4色からボディカラーを選択できるのも嬉しい特徴です。 ただし、4万円台の構成では、メモリが4GBとなるためご注意下さい。 シンプルな構成で、使用範囲の広い、一般ユーザーにちょうどいいノートPCだと思います。 0型 FHD IPS タッチ 光沢 15. 6型 FHD 非光沢 15. 6型 FHD IPS 非光沢 14. かなりコストパフォーマンスの高い機種が揃っており、おすすめ度の高い価格帯です。 第10世代Core i3に加えて、第10世代Core i5や、Ryzen 5といったワンランク上のCPUも視野に入ります。 ストレージは256GB SSD、メモリは8GBが標準的になってきます。 モバイルPCや、コンバーチブル型PCなども選択でき、より用途に合った機種を購入できるでしょう。 CPU 第10世代Core Ryzen 3000シリーズ ストレージ PCIe SSD 液晶サイズ 14. また、Ryzen搭載モデルもあり、Ryzen 5、8GBメモリ、256GB SSDのワンランク上のスペックも同じく5万円台で入手可能です。 狭額ベゼル、薄型アルミボディによる作りで、外見も含めて、お値段以上のクオリティです。 質量は、実測値で1. 3kg台と比較的軽量で、バッテリー駆動時間も約10時間 Ryzenモデル ~約14時間 Intelモデル と長く、モバイルPCとしても使用できるでしょう。 コスパが高く、かなりおすすめ度の高いPCです。 CPU 第10世代Core Ice Lake ストレージ PCIe SSD 液晶サイズ 15. 6型 FHD 非光沢 価格[税別] 5万円台~ スタンダードな据え置きノートPC 第10世代Core i3-1005G1、4GBメモリ、256GB SSDの構成が5万円台で購入できるスタンダードな据え置きノートPCです。 自信がある方であれば、メモリや2. 5インチベイへのストレージの増設などもしやすそうで、自由度は高いと思います。 液晶は、色域は狭めですが、視野角は広く、非光沢なので、見やすく、長時間の作業でも疲れにくいでしょう。 写真や動画の編集作業などには適していませんが、Officeソフトの使用など、一般的な用途であれば、メインPCとして使ってもよさそうです。 なお、6万円台で、第10世代Core i5、8GBメモリ、512GB SSDの構成が選択できます。 余裕があれば、こちらもおすすめです。 CPU 第8,第10世代Core ストレージ PCIe SSD 液晶サイズ 15. 6型 FHD IPS タッチ 非光沢 価格[税別] 5万円台~ コスパ抜群!2 in 1 PCの決定版 Ideapad C340 14 は、第10世代Core i5、8GBメモリ、256GB SSD、IPS液晶の構成のコンバーチブル型PCで、5万円台で購入可能です。 さらに、アクティブペンまで付いており、2 in 1 PC 最強のコストパフォーマンスを誇ります。 ただ、14型のコンバーチブル型PCとしては、質量が約1. 65kgと、それほど軽量ではありません。 カバンに入れて持ち歩くには、少し重いです。 バッテリー駆動時間も長めで、質量以外、大きな欠点が見当たりません。 ラップトップ形状のPCを探していた方も、一考の価値ありです。 なお、15インチのもあり、こちらもコスパが高いです。 用途によっては検討してみるといいと思います。 CPU 第10世代Core Ice Lake ストレージ PCIe SSD 液晶サイズ 13. 3型 FHD 光沢 価格[税別] 5万円台~ 持ち運びやすい13. 3型ノート 13. 3型と王道のモバイルPCサイズで、質量が約1. 18kgと軽量なので、持ち運びしやすいです。 5万円台で購入できるのは、第10世代Core i3、256GB SSD、FHD 広視野角の液晶を搭載したモデルです。 ボディはアルミ製で、デザインにも安っぽさを感じません。 このサイズ感と、デザイン、ミドルスペック構成などを考えると、コストパフォーマンスは高いです。 ただし、5万円台の構成の場合、メモリが4GBしかなく、バッテリー駆動時間は標準的な容量なので、一日中外で使用するようなヘビーな使用にはあまり向いていないと思います。 レノボ Ideapad S540 14,Intel,AMD デル Inspiron 15 5000 5593 レノボ IdeaPad C340 14 デル Inspiron 13 5000 5391 CPU Ryzen 5 3500U Core i3-1005G1 Core i5-10210U Core i3-10110U メモリ 8GB 4GB 8GB 4GB ストレージ 256GB SSD 光学ドライブ なし 液晶 14. 0型 FHD IPS 非光沢 15. 6型 FHD 広視野角 非光沢 14. 0型 FHD IPS タッチ 光沢 13. 処理性能の高いプロセッサーを搭載しつつ、SSDを搭載することで、一般ユーザーが行うような作業ならかなり快適です。 画像や動画のライトな編集も快適にこなせる程度の能力はあります。 6型の据え置きノートPCが多いので、メインPCとして快適に使用できます。 5万円台以下でこんなにスペックの高いノートPCが買えるのは驚きです。 HP 14s-dk0000 レノボ IdeaPad S145 15,AMD レノボ IdeaPad S540 15 デル Inspiron 15 3000 3593 CPU Ryzen 5 3500U Ryzen 7 3700U Core i5-10210U Core i5-1035G1 メモリ 8GB ストレージ 256GB SSD 512GB SSD 256GB SSD 256GB SSD 液晶 14. 0型 FHD IPS 光沢 15. 6型 FHD 非光沢 15. 6型 FHD IPS 非光沢 15. SSDの読み書きの速さがCeleronやPentiumの低めの処理性能をカバーしてくれるので、HDD搭載よりも体感速度が上がり、意外と快適に使えます。 ただし、使用目的によって向き不向きがあるので、軽めの作業に絞って使用した方が、満足度が上がるでしょう。 そこそこ使えるPCを、出来るだけ安く購入したい方におすすめのジャンルです。 6型 HD 非光沢 11. 6型 HD 非光沢 14. 0型 FHD 非光沢 15. 0型 FHD IPS 光沢 15. 6型 FHD IPS 非光沢 15. 6型 FHD IPS タッチ 光沢 15. 6型 HD 非光沢 価格[税別] 2万円台~ 約1kgの軽量モバイルPC これも上で紹介した機種ですが、質量が約1kgと軽量で、2万円台で購入できるモバイルノートPCです。 バッテリー駆動時間は、約13. 5時間と、このジャンルでは長めです。 CPUも、軽量・安価なノートPCの中ではまともな方です。 キーボードが打ちやすく安いノートPC キーボードの打ちやすさには好みがありますが、キーボードが打ちやすいと定評があり、かつ価格が安いノートPCです。 資料をよく作成するビジネスパーソン、ライター、小説家など、キー入力の多い方におすすめです。 AMDプロセッサーを搭載したThinkPadE495の方が安いですが、やっぱりインテルCPUがいいな、という方も多いと思います。 タイピングの機会が多い方に加えて、子どもの学習用としてもおすすめです。 数字入力が多い方にもおすすめです。 FHD IPS液晶を選択すれば、画面も見やすくておすすめです。 Ryzenプロセッサーを搭載することで価格も安くなっています。 光学ドライブ搭載の安いノートPC 最近は使用する頻度が下がってきたため、光学ドライブを搭載したPCは減っています。 たまに使う程度なら外付けの光学ドライブを接続して使う方法もありますが、頻繁に使う場合は抜き差しするのが面倒です。 頻繁に音楽をCDを取り込んだり、DVD鑑賞を行う方であれば、外付けよりも、光学ドライブ内蔵のPCのほうがよいでしょう。

次の

【2020年版】中古パソコンおすすめ通販8選☆中古ノートの選び方や評判は? SNS口コミ評価

ノート パソコン 中古 安い

中古ノートパソコンの使用目的を明確にしておこう なんといってもお値段が魅力的な中古のパソコン。 しかし、自分の用途にあったものを明確に見極めなければ、オーバースペックのものを買って逆に高くついてしまったなんてことにもなりかねません。 パソコンで何をするのかをしっかり考えて選ぶことが大切です。 一般用途に使う場合 普段のメールやインターネット、office、写真・音楽鑑賞などに使う方はかなり安く抑えることができます。 最近のパソコンの価格は昔と比べ全体的に安価になっていますが、複雑なソフトを使用せず一般用途には困らないものであれば、最低限のスペックのものを選びリーズナブルにおさえましょう。 ゲーム用途 いわゆるゲーミングパソコンというものが必要です。 ゲーミングパソコンと普通のパソコンの大きな違いは、その性能です。 ゲーミングパソコンに使われる部品は、通常のパソコンに使われている何倍もの性能があるので、値段が高くつく傾向にあります。 持ち運び重視 普段電車で仕事をする方や、カフェでパソコンを使うことが多い方は、持ち運び重視の小型のモバイルノートがおすすめです。 外で使うことが多いため、無線機能の充実やバッテリーの持続時間を重視しましょう。 ノートパソコンパーツの基本情報を知っておこう 中古ノートパソコンは、最新の機能を搭載していません。 それぞれのパーツの基本情報を把握し、使い道に応じてどの機能を重視していくかを決めておきましょう。 CPUのシェアはIntelがほとんど CPUは「セントラル・プロセッシング・ユニット」の略称で、人間でいうところの頭脳に当たります。 普段はデータの受け渡しやPC内のアプリの処理などに使われるので、PCの処理速度はこのCPUの性能次第です。 CPUはほとんどがintel社製で、残りはほとんどAMD社が占めています。 8割以上がintel製のものなので、CPUを選ぶ際は基本的にintelのものを選ぶ形になります。 intelのCPUは「Coreシリーズ」が定番です。 intelのCoreシリーズは「Core Mシリーズ」と「Core iシリーズ」の二種類に分かれます。 Core Mシリーズ 基本的には、スペックと価格を抑えた廉価版という扱いのCPUです。 比較的価格が安いパソコンに多く採用されているものですが、決して粗悪品ではありません。 一般用途に使う分には困ることがあまりないので、一般用途で使う方で「とにかく安く抑えたい!」という方には一番おすすめのCPUです。 身近なパソコンでは、12インチのmacbookがデフォルトでこのCPUを採用しています。 Core iシリーズ Core iシリーズは最も一般的なCPUで、Core i3からCore i9まで、その性能は大きく4種類に分かれます。 Core i3 メールやインターネット、officeなどを主に使う方向けです。 あまり重い作業をしない方にはおすすめのCPUです。 Core i5 画像編集や軽いエンコードを行う方におすすめです。 それなりにパワーがあるので、普段使い以上のことをやる機会があるならば「Core i5」がいいのではないでしょうか。 値段とパワーの両立がなされているのが特徴です。 Core i7,Corei9 動画編集やオンラインゲームを高頻度でやる方におすすめです。 基本的には、プロやパソコンにこだわりを持っている方が選ぶ傾向にあります。 また、プログラミングやアプリ開発で重い作業をする方なども「Core i7」「Core i9」をよく使います。 かなりパワーがありますが、値段も張るので注意が必要です。 できるだけ多く積みたいメモリ CPUと同じくらい大切なのがこのメモリです。 いわゆる「RAM(Random Access Memory)」と呼ばれており、一度にどのくらい多くの作業ができるかの能力に関わっています。 CPUが頭脳であれば、メモリはよく「机」に例えられます。 机が広いほど、コーヒーを飲みながら参考書を広げることができたり、同時にパソコンや筆箱を置くこともできます。 つまり、作業をスムーズにするためにもメモリはできるだけ多く積みたいですよね。 どのくらいのメモリが最適なのでしょうか。 基本的には以下の3種類が広く使われています。 4ギガ 現在市販されている大半のPCは4ギガなのではないでしょうか。 業務用でもこのサイズが一番多く使われています。 4ギガは一般用途向けに作られており、ブラウジングやメール、officeなどであれば問題なく使うことができます。 しかし、インターネットで多くのタブを開いてこまめに消さない方は、時にメモリ不足に陥ることがあるかもしれません。 タブは10個以内、またあまり重いソフトを使用しない方であればおすすめです。 8ギガ 1番おすすめのメモリです。 4ギガのものより値段は張りますが、多くのタブを開いてもほぼ固まることはありませんし、多少の重いソフトでもサクサク動かすことができます。 オンラインゲームでもなんとか動かせる範囲なので、ゲームをやろうと思っている方は、最低8ギガのメモリを選ぶようにしましょう。 16ギガ かなり重い作業でもなんとかこなすことができます。 一般用途ではまずメモリ不足になることはまずありません。 また、ゲーミングPCの標準ラインなので、16ギガでできないゲームはほぼないと言えるでしょう。 画像編集をしたり、adobeを動かすことにも向いているので、高負荷作業を行う方には必須のメモリと言えます。 2種類あるストレージ ストレージは、例えるならば「本棚」の役割をしています。 本棚が大きければ多くの本を保管できますし、そうでなければ入れられる本の数は限られてしまいます。 どこまで多くのデータを保管でできるかに関わっている部品です。 ストレージには「HDD」と「SSD」の2種類があります。 HDD HDDはハードディスクドライブの略称で、一昔前の主流でした。 HDDは中で高速で回転している「プラッタ」と呼ばれる円盤に情報を書き込んでいます。 とにかく大容量なのが特徴ですが、高速で回転している円盤は衝撃に弱く、万が一落としたりするとデータの消失につながる可能性があります。 また、比較的電気を食うのも特徴の1つです。 SSD SSDは「ソリットステートドライブ」の略称で、近年主流になりつつあるストレージです。 とにかく小型で読み書きが早いのが特徴ですが、一昔前までは容量が大きくなく用途が限られていました。 最近では技術の進歩で大容量になり、HDDにとって変わられつつあります。 消費電力も小さいので、特にノートパソコンに用いられることが多いです。 しかし、まだまだ比較的高価であり、稀に突然故障することもあるのが難点です。 両者にメリットデメリットがありますが、現在では読み書き速度が圧倒的に早いSSDがおすすめです。 3Dゲームするならグラボが必要 グラフィックボードは、画面に映像を写し出す部品で、よく「グラボ」と省略されて使われております。 基本的に多くのパソコンにはグラボはありません。 なぜならマザーボード自身にこの機能を持ったチップが搭載されており、多くの場合はこのチップで賄うことができます。 これを「オンボードグラフィック」と呼び、独立したグラボには性能面で劣るのが特徴です。 故に、3Dゲームのような高負荷な描画処理には別で独立したグラボが必要です。 グラボの多くはNVIDIA社とATI社が占めており、グラボを選ぶ場合には基本的にこの中から選ぶことになります。 第3世代のCore i5、8GBメモリ、12. 5インチ液晶を搭載しています。 ストレージは240GBのSSDで、光学ドライブは外付けのDVDマルチが付属しています。 画面が小さく、重量もそこまで重いわけではないので、上記二点のパソコンよりかは持ち運びに適しています。 さらに、Polaris Officeがすでに入っているので、文章作成などをよくする方にも魅力的な商品です。 値段の割にCPUもいいものを使っているので、携帯性と性能を両立したいときにおすすめといえます。 中古ノートパソコン購入での心構え 中古ノートパソコンは新機種商品と違って、使用済みのパソコンです。 新品同様にクリーニングされてはいますが、使い方によっては故障率が高くなることもあります。 あくまで中古品であるとの認識が必要です。 購入前にしっかりと考えておきたい心構えを確認しておきましょう。 本当に中古で良いのか再度考える ここまで、中古PCの選び方について触れてきましたが、本当に中古でいいのか再考することも大切な作業の1つです。 パソコンは基本的に消耗品であり、新品ほど寿命は長くありません。 もちろん、以前のパソコンの持ち主がどのような環境で使っていたかも不明なので、メイン機を中古にするのはあまりいい選択とは言えないでしょう。 また、ノートパソコンはデスクトップのように簡単に部品交換が行えません。 これらをふまえて今一度、新品の購入も再考しましょう。 モニターは簡単に交換はできない こちらもデスクトップPCとは違い、簡単にモニターの交換ができません。 よくあるのがドット抜けです。 モニターの交換が簡単に行えない以上、中古のノートパソコンを購入する際はモニターの異常はないかを入念にチェックしておきましょう。 保証のない個人取引は避ける 中古パソコンを購入してなにかトラブルがあった場合、救世主となるのが「保証」です。 新品のパソコンの場合は壊れにくいのはもちろん、最初から一年保証などが付いている場合がほとんどです。 しかし、フリマサイトやオークションなどの場合保証がついていないため、なにかトラブルがあったとき泣き寝入りするケースが多いです。 中古のパソコンを購入する際はこういった個人取引は避け、保証をつけてくれるきちんとしたリサイクルショップを選ぶようにしましょう。 信用できるショップで買う 中古のパソコンショップでは、お店の見極めが大切です。 信頼できる店での購入が後のアフターサポートやトラブルの解決にも繋がります。 特に、専門的な話ばかりする店員さんは信用できません。 なぜなら、一般のお客さんならわからないような専門知識で、よくない商品を売ろうとしてくる場合があるためです。 買い手の身になってくれる店員さんがいるショップを選択しましょう。 BTOパソコンも視野にいれると良い BTOとは、Build To Orderの略称で、受注生産を意味します。 パソコンの部品を購入者の用途に合わせて細かくカスタマイズすることができるのが魅力で、メーカー製品よりも安価で無駄を省いたPCを組むことも可能です。

次の