枕草子 春はあけぼの。 春はあけぼの 清少納言「枕草子」意味・現代語訳

【マンガ解説あり】枕草子『春はあけぼの』現代語訳・単語の意味からテストに良く出る重要表現まで!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

枕草子 春はあけぼの

【原文】 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 夏は夜。 月のころは さらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。 雨など降るも をかし。 秋は夕暮れ。 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いと つきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて わろし。 【現代語訳】 春は明け方がいい。 だんだんと白くなってゆく山際の方の曽良が、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがいい。 夏は夜がいい。 月が輝いている時間帯は言うまでもなく、闇(月が登っていない)のときでも、蛍が多く飛んでいるのがいい。 また、たくさん飛び交ってはいなくても、蛍が一匹二匹とほのかに光って飛んでいるのも趣がある。 雨が降っているときも趣がある。 秋は夕暮れがいい。 夕日が落ちてきて山の端が近く感じるようになってきたころに、烏が巣に帰ろうと、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子にさえ心がひかれる。 ましてや雁などが列をつくって飛んでいる様子が小さく見えるのはとても趣があってよい。 日が沈んでしまってから聞こえてくる風の音や虫の音なども、言うまでもなくよい。 冬は早朝がいい。 雪が降っているときは言うまでもない。 霜がおりて白くなっているのも、またとても寒い時に、火を急いで起こそうと炭をもってくるのも冬の朝に大変似つかわしい。 しかし、昼になってだんだんと暖かくなったときに、火桶の火も白い灰になってしまっているのは似つかわしくない。

次の

【中学生】春はあけぼの 枕草子はなぜ千年経っても教科書に載っているのか

枕草子 春はあけぼの

枕草子 春はあけぼの 原文/訳 — 原文 — 春はあけぼの。 やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。 — 訳 — 春はあけぼの(が趣深い)。 だんだんとしろくなってゆく山ぎわが少し赤みを帯びて、紫がかった雲が細くたなびいているところが趣深い。 — 原文 — 夏は夜。 月のころはさらなり、闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 — 訳 — 夏は夜(が趣深い)。 月のころはいうまでもなく、闇の夜もやはり、蛍がたくさん飛びちがっているところが趣深い。 また、ただ一つ二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも風情がある。 雨などが降るのも趣がある。 — 原文 — 秋は夕暮れ。 夕日のさして、山のはいと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。 日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。 — 訳 — 秋は夕暮れ(が趣深い)。 夕日がさして山の尾根 (稜線)にたいそう近くなっているころに、烏がねぐらにもどろうとして、 三羽四羽、二羽三羽など、急いで飛んでいくのまでもしみじみと感じられる。 まして、雁などの列を作っているのが、とても小さく見えるのは、たいそう趣がある。 日がすっかり沈んで、風の音や虫の音など、またあらためていうまでもないほどよい。 — 原文 — 冬はつとめて。 雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、 炭もて渡るもいとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。 — 訳 — 冬は早朝 (が趣深い)。 雪が降っているときはいうまでもなく、霜がとても白いときも、またそうでなくても、とても寒いときに、火などを急いでおこして、炭を持ち歩くのも、とても冬らしい。 昼になって、暖かくなり、寒さがゆるくなっていくと、火鉢の火も白い灰が多くなってよくない。 単語 あけぼの 夜が明けようとする頃 やうやう だんだんと さらなり 言うまでもない をかし 趣深い あはれなり 趣深い つとめて 早朝 つきづきし ふさわしい わろし よくない・好ましくない.

次の

枕草子の冒頭『春はあけぼのやうやう白く~』の現代語訳 / 中学国語 by 春樹

枕草子 春はあけぼの

現代語訳(口語訳) 春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。 (日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。 夏は夜(が良い)。 月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。 また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。 すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。 冬は早朝(が良い)。 雪が降(り積も)っているのは言うまでもなく(素晴らしく)、霜が(降りて)とても白いのも、またそうでなくてもとても寒い(早朝)に、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。 昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

次の