ドラクエウォーク6-7。 【ドラクエウォーク】6章6話ボス「シールドオーガ」の攻略方法と弱点

『ドラゴンクエストウォーク』ストーリー第7章が来るのにまだ6章終わってない人【プレイ日記第97回】 [ファミ通App]

ドラクエウォーク6-7

キャラクター4 賢者 LV55 魔法戦士 LV53 戦士LV50 魔法LV50 僧侶LV50 武闘 LV1 盗賊LV20 メガモンスターをやるならバトマス2人(もしくは3人)の構成が強いので、できるだけ早い内にバトマスを複数育成することが望ましい。 あとは回復役を2人出せるように準備をしつつ、余力があればバト2+魔戦、バト2+パラみたいな構成も使えるようにしておきたいところ。 レンジャーはごく一部の難関クエスト以外では活躍の場が限定されるので、優先度としては一番低いと思ってます。 (最近はまったく使ってない…) まあ、人によっては強力な杖を持っていたりするだろうし、装備やプレイスタイルに合わせて好きな職業を選択すればいいんじゃないですか? DQウォークが無課金で遊びやすい理由 左から アリアハンの剣、戦士の剣、らせつのこん、あくまのムチを装備させています。 鈍足+低火力でザコ狩りに向いていないパラディンでも、 すばやさ400以上にして7章でも先手を取ることは可能だし、ダメージUP効果を積めばレベル上げに貢献できる火力が出せます。 上の画像ではすばやさを上げるために「ひとくいばこ」を使っているが、もう少しレベルを上げれば火力の高いこころに変えられるので、より貢献してくれると思われます。 自分みたいに0円で遊んでいる人間には「無課金でも遊びやすい」とプラスに評価できる一方で、多くの課金ユーザーは「課金しても満足感が得られない」と不満を抱えることになります。 困ったことに レベル上げの作業が98%ぐらいを占めるゲームなんで、無課金は無課金のまま何不自由なく遊ぼうとするし、それなりに課金した人は被害者意識を持ちやすく早々に見切りをつけやすいんですよ…。 無課金で遊べるというよりも、課金してまで遊びたくなるコンテンツが用意されていないのが現実なんです。 サービス開始時の「期待」と「売上」が高すぎた… DQウォークは万歩計ツールとしては気軽に遊べる内容になっているのですが、 万単位の課金をするにはコンテンツがあまりにも少なすぎるというのが率直な感想です。 サービス開始直後から毎月数十億単位の売上が続いていましたが、他の上位ソシャゲと張り合えるだけの内容が伴っているかと言うと、明らかにDQウォークはゲームとしてあるべきモノが欠如しています。 現状のようにレベル上げをして、ツボを割って、落とし物を拾って、日課としてメガモン討伐をソロで遊ぶぐらいなら課金する必要はまったくありません。 おそらく、サービス開始時点で「ずっとレベル上げするだけのゲーム」というのが周知されていたら、みんな重課金することもなかったんじゃないでしょうか。 サービス開始からしばらくの間、将来への期待感だけで売上を伸ばし続けてきたゲームなので、これから 内容に見合った売上まで下がったときにどうなるか気になります。 本来なら10年かけて稼ぐべき金額を半年で手に入れちゃったんだから、今さら開発コストをかけてゲームを充実させられるかというと、利益最優先の企業としてはできないんじゃないですかね…。 正直、公式のおしゃれな告知動画を見ていると、岩田時代の任天堂ダイレクトあたりを模倣しているようでムカつきますよね。 「どうだい?イカしてるだろう?」みたいな紹介の仕方をするのは結構なんですが、結局はフィールドの落とし物の画像が変わっているだけだから…。 開発者がカメラの前に出てきて、今後の長期展望(ロードマップ)を説明するぐらいあっても良いと思うんですが。

次の

【ドラクエウォーク】第6章「伝説の魔獣」の攻略

ドラクエウォーク6-7

6章の周回おすすめクエスト 9話と10話がおすすめ! めったに枠 あまり枠 最後までクリアした方は基本的に 9話or 10話のクエストをセットするのがおすすめとなります。 生息するモンスターは同じ。 「めったに枠」の「」が追加され、 経験値も一番効率が良いのでこころ集めとレベリングを両立できます。 未クリアの場合は7話を目指す めったに枠 あまり枠 全クリしていない場合は、ひとまず 7話までは進めておくことをおすすめします。 理由としては、新しく「」が追加されることと、 6話までだと「あまり枠」が2体いる関係で確定を狙いにくいから。 7話からは「」がいなくなり「」だけになります。 2 549. 0 577. 3 627. 7 640. 3 251. 3 258. 8 261. 6 398.

次の

【ドラクエウォーク】7章6話(ホラービースト)の攻略とおすすめこころ|ゲームエイト

ドラクエウォーク6-7

スクルト、ルカナン対策にマホトーンが有効。 レンジャーのフバーハを2回かけるとダメージが40%程抑えられるので、常に2回かかっている状態になるようにフバーハの更新も忘れないようにしたい。 例えば、こころやその他の装備で状態変化耐性を上げているキャラは「ビッグシールド」が使用できる盾を装備、回復役が行動できないターンが増えると攻略が難しくなるため、回復役は「まもりのたて」が使用できる盾を装備させておくなどキャラや役目によって考慮したい。 こころや装備で混乱耐性、不利な状態変化耐性を優先にセットし、余裕があれば麻痺耐性もあげておきましょう。 持っている場合はセットしておきたい。 は、入手しやすいので、今後の攻略のためにもマホトーンを1つは持っておいてもよいかもしれません。 BOSS:ホラービースト&ヘルビースト戦攻略 フバーハを2回がけしつつ、ビッグシールド、まもりのたてを使用。 ルカナンで守備力が下がるので、バトマスのすてみを使用する場合はバトマスだけにでもスカラでしゅび力を上げておきたい。 属性ダメージアップ• 属性の耐性• 状態変化の耐性• 系統ダメアップ&耐性•

次の