バート ウィタカー。 楽天ブックス: ハリー・クバート事件<下>

家族全員殺そうとした息子を許す父親、死刑執行前の苦悩 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

バート ウィタカー

【内容情報】(出版社より) 少女殺しの嫌疑をかけられた大作家ハリー・クバートの無実を証明すべく、青年作家マーカスは師直伝の小説作法(各章扉に掲載)を実践し『ハリー・クバート事件』を書き上げ、再びベストセラー作家に。 次々に判明する新事実、どんでん返しに次ぐどんでん返し……。 世界32か国以上で翻訳出版され、眠れぬ夜を過ごす人々を続出させた驚愕のメガヒット・ミステリ。 アカデミー・フランセーズ賞、高校生が選ぶゴンクール賞同時受賞の傑作。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 自宅の庭で発見された白骨死体。 少女殺しの嫌疑をかけられた恩師ハリーの無実を証明すべく、独自の調査をもとに『ハリー・クバート事件』を書き上げたマーカスは、再びベストセラー作家となった。 しかし、真実はまだその先に隠されていた。 ジュネーブ大学で法学を学ぶ。 2005年に書いた短編でローザンヌの若い作家のための国際文学賞を受賞。 2010年には第一長編で、ジュネーブ作家協会賞を受賞。 『ハリー・クバート事件』で2012年にアカデミー・フランセーズ賞、高校生が選ぶゴンクール賞を受賞 橘明美(タチバナアケミ) 仏語・英語翻訳家。 お茶の水女子大学文教育学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 読ませる力はすごい 購入者2876 評価 3. 00 投稿日:2020年02月27日 通常、一冊の本の中では、基本的に人称や視点は統一し、ころころ変えてはいけないとされています。 読者が、どの視点で読めばいいか、本という物語の中をどの登場人物と旅をすればよいか混乱するからです。 しかしながら、この場合、しばしば相手の心の中の思いまでは表現できない場合がある。 それをすべて口で語らせていたらくどいです、非現実的です。 そういったお約束を見事に取っ払ったのが本作です。 段落ごとに視点が飛ぶ飛ぶ。 中には、「刑事の頭の中で想像している犯罪シーン、スタート」みたいな記述までありました。 おそらく登場人物の心境をすべて本の中に盛り込もうとしての試みでしょうが、これは反則技であり、その結果、ところどころ非常に増長な部分があります。 それでも、最後までぐいぐいと引き込まれて読んだのは、おそらく物語の力がすごいからでしょう。 特に「名声を得た作家にとって殺人で糾弾されるより恐ろしいことは?」という点でうなりました。 文章や記述としては粗削りですが、読み物としてはすばらしいと思います。 0人が参考になったと回答.

次の

今日、日テレで放送していた。SMAP中居、鶴瓶が司会の ザ!世界仰天ニュース と言う番...

バート ウィタカー

【内容情報】(出版社より) 少女殺しの嫌疑をかけられた大作家ハリー・クバートの無実を証明すべく、青年作家マーカスは師直伝の小説作法(各章扉に掲載)を実践し『ハリー・クバート事件』を書き上げ、再びベストセラー作家に。 次々に判明する新事実、どんでん返しに次ぐどんでん返し……。 世界32か国以上で翻訳出版され、眠れぬ夜を過ごす人々を続出させた驚愕のメガヒット・ミステリ。 アカデミー・フランセーズ賞、高校生が選ぶゴンクール賞同時受賞の傑作。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 自宅の庭で発見された白骨死体。 少女殺しの嫌疑をかけられた恩師ハリーの無実を証明すべく、独自の調査をもとに『ハリー・クバート事件』を書き上げたマーカスは、再びベストセラー作家となった。 しかし、真実はまだその先に隠されていた。 ジュネーブ大学で法学を学ぶ。 2005年に書いた短編でローザンヌの若い作家のための国際文学賞を受賞。 2010年には第一長編で、ジュネーブ作家協会賞を受賞。 『ハリー・クバート事件』で2012年にアカデミー・フランセーズ賞、高校生が選ぶゴンクール賞を受賞 橘明美(タチバナアケミ) 仏語・英語翻訳家。 お茶の水女子大学文教育学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 読ませる力はすごい 購入者2876 評価 3. 00 投稿日:2020年02月27日 通常、一冊の本の中では、基本的に人称や視点は統一し、ころころ変えてはいけないとされています。 読者が、どの視点で読めばいいか、本という物語の中をどの登場人物と旅をすればよいか混乱するからです。 しかしながら、この場合、しばしば相手の心の中の思いまでは表現できない場合がある。 それをすべて口で語らせていたらくどいです、非現実的です。 そういったお約束を見事に取っ払ったのが本作です。 段落ごとに視点が飛ぶ飛ぶ。 中には、「刑事の頭の中で想像している犯罪シーン、スタート」みたいな記述までありました。 おそらく登場人物の心境をすべて本の中に盛り込もうとしての試みでしょうが、これは反則技であり、その結果、ところどころ非常に増長な部分があります。 それでも、最後までぐいぐいと引き込まれて読んだのは、おそらく物語の力がすごいからでしょう。 特に「名声を得た作家にとって殺人で糾弾されるより恐ろしいことは?」という点でうなりました。 文章や記述としては粗削りですが、読み物としてはすばらしいと思います。 0人が参考になったと回答.

次の

ロックンロール : 作品情報

バート ウィタカー

専門は教育心理学である。 「知能は遺伝的にかなり決まっている」説が著名だが、この説に反論する人、嫌悪する人も多い。 1946年(63歳):心理学者として初めてナイトの称号が授与された。 1971年にバートが88歳で亡くなってから、データねつ造・改ざんが指摘された。 2015年12月現在、データの異常値は不注意が原因であって、ねつ造・改ざんではないという意見が強い。 なお、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは、「Times Higher Education 2015-2016」の大学ランキングで世界第14位の大学である()。 英国・ロンドン大学のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(University College, London)。 国:英国• 成長国:英国• 研究博士号(PhD)取得:• 男女:男性• 生年月日:1883年3月3日• 没年:1971年10月10日(88歳)• 分野:教育心理学• 最初の不正論文発表:• 発覚年:1974年(没後)• 発覚時地位:没後• 発覚:同分野の研究者• 調査:• 不正:改ざん? 無罪?• 不正論文数:• 時期:研究キャリアの全部• シリル・バート(Cyril Burt) 1883年3月3日:英国・ロンドンで生まれる• 1902-1906年(19-23歳):英国・オックスフォード大学・ジーザス・コレッジ(Jesus College)。 哲学と心理学(William McDougall)• 1908年(25歳):英国・リヴァプール大学(Liverpool University)・心理学・講師• 1913年(30歳):ロンドン市(London County Council:LCC)の非常勤学校心理学士(school psychologist)• 1924年(41歳):英国・ロンドン・デイ・訓練大学(London Day Training College:LDTC)の非常勤教授。 教育心理学• 1931年(48歳):英国・ロンドン大学の(University College, London)・教授・心理学科長• 1946年(63歳):心理学者として初めてナイトの称号が授与された• 1951年(68歳):英国・ロンドン大学のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンを退職• 1971年10月10日(88歳):英国・ロンドンで癌で死去 心理学実験中のバート(右)。 Cyril Burt, psychologist to the London County Council, measuring the speed of the thought of a child with a chronoscope to two-hundredths of a second. 他人の日本語解説を引用する。 なお、1971年にバートが亡くなってから、レオン・カミン( 1974 、写真) やオリバー・ギリー Oliver Gillie 1976 がデータがねつ造・改ざんと指摘した。 そのため、1970年代は、バートのデータは全部ねつ造・改ざんだと信じられていた。 しかし、その後、米国・ワシントン大学(University of Washington)・心理学・教授のアール・ハント(Earl B. Hunt)が、データを再検討し、データは不注意が原因であって、ねつ造・改ざんではないとした。 [Earl Hunt 2011. Human Intelligence. Cambridge: Cambridge University Press, pp. 234—235. ブロード、N. これは一見、極めて科学的な結論に思われた。 ところがバートの死後に調査してみると、彼のデータがほとんど捏造されたものであることが判明した。 彼は調査結果にもとづいて結論を出したのではなく、自分の説に都合のいい調査結果をデッチ上げたのである(W. ブロード、N. ウェード著:『背信の科学者たち』、化学同人刊より)。 Bバート(1883-1971)の『知能の遺伝規定性の研究におけるデータ捏造・改竄』がある。 バートは双子の知能指数を測定して比較する双生児研究を行って、知能が生得的・遺伝的な要因によって強く規定されることを証明して、A. ジェンセンなどの人間の知能・社会的地位の高低は大枠が遺伝子によって決められているという『遺伝子決定論者』にも大きな影響を与えた。 バートは当時のイギリスにおける一線級の心理学者であって、十分な地位と名誉、財産を手に入れて心理学会の重鎮と目されており、性格心理学の因子分析を行って心理学史に名前を残しているH. アイゼンク(Hans Jurgen Eysenck, 1916-1997)などの指導教授でもあった。 バートの知能の遺伝子決定論(知能の遺伝規定説)を肯定する3つの主要論文を精査してみたところ、データ収集の具体的方法の記述がなく、データ・研究方法の引用元になっている論文も実在しないことが分かったのである。 更に別々のデータを用いて書かれているはずのその3つの主要論文の相関係数が、『小数点以下の第三位』まで全く同じ数値になっており、それは統計学的な蓋然性を考えるとまず有り得ない結果であった。 複数の論文の結果である『相関係数』が全く同じであったことで、バートのデータ改竄疑惑が持ち上がってきたが、それに加えてバートの共同研究者やデータ収集の協力者として論文で名前を上げられている人物が、実際には存在していないことも明らかになってしまった。 バートは心理学者としての豊富な経験と統計的に妥当な数値についての知識を駆使して、自分の仮説理論をスムーズに肯定してくれるようなデータや統計の数値へと改竄していたのである。 心理学者シリル・バートは一卵性双生児などの血縁関係と IQ の関係を調べ、知能の遺伝性を「きわめて高い」と結論。 11歳ですべての子どもにテストを受けさせ選別する、英国独特の教育制度に根拠を与えた。 ところが統計データの不自然さから捏造が発覚、「20世紀最大の科学詐欺」の烙印を押された。 この件のその後に触れておきたい。 このような大スキャンダルの後、知能の遺伝研究は一種のタブーとなった。 とりわけ「知能は遺伝でおおむね決まる」とする研究は長らく批判され、葬られる時代が続いた。 研究資金を得る上でもハンディとなった。 ところが最近違う流れが出てきている。 ミネソタ州での長期研究によってデータが蓄積され、たとえば一卵性双生児の IQ の類似性(相関係数)を見ると、70〜80%と高い数値になった。 皮肉なことに上記バートが「捏造」した数値と、ほぼ重なるのだ。 バート博士は、MZAの双生児の間のIQの類似性は77. 1%であると計算した。 だが、彼の研究対象サンプルがありそうもないほどに多数になっても、この数字が変化しなかったことを受けて、プリンストン大学の心理学者レオン・カミン氏は、バート博士は研究結果の大半をねつ造してごまかした、と1970年代になって批判した(バート博士はその時死去していた)。 今日、専門家たちはバート博士がどれだけ多くのデータをねつ造していたのかについて意見が分かれているが、最近の研究成果をみれば、同博士の結論はそれほど大きな誤りでなかったことになる。 シリル・バートを排斥する手段として、研究ネカトを声高に指摘し、研究結果を消滅・無視する方向に動いた面があるだろう。 遺伝学者の長谷川真理子がそのあたりを巧みに描いている。 総合研究大学院大学の長谷川真理子の2011年の「遺伝学と社会 遺伝から見た人間観の変遷」()を引用する。 《2》遺伝的に決まっている 生命科学者からみれば、「知能が遺伝的にかなり決まっている」のは当然でしょう。 議論するのがバカバカしいほど当然だ。

次の