都市伝説 バッタ。 砂漠飛びバッタが中国国境に接近食糧は│気になる情報

バッタの大量発生2020年 日本は大丈夫?

都市伝説 バッタ

学天即の奥田さん。 人類が迎える新たな脅威・サバクトビバッタ『やりすぎ都市伝説2020春SP』大きさ・バッタの大群・蝗害(こうがい) 実は2020年に目に見えないコロナウイルスの陰で、目に見える脅威が人類を襲ってるんだって。 その正体がサバクトビバッタ。 大量発生したサバクトビバッタが食物を食い荒らすから、東アフリカでは数千万人に食糧危機の恐れが出てきてるの。 サバクトビバッタは最初ケニアで発生したらしいんだけど、現在では 2000億匹いるんじゃないかと言われてるの。 2000億匹をきれいに並べると、東京都ぐらいのサイズになるんだって。 人類は哺乳類とかの研究は進んでるんだけど、昆虫に関してはまだまだ分かってないことも多いらしいの。 大量発生したのはおそらく、気候変動などが原因と言われてるんだけど…… なぜサバクトビバッタが群れて行動しているのかが分からないんだって! アフリカは今莫大に人口が増えていて常に食糧危機と戦っているわ。 その状況の中で、サバクトビバッタが人間の食料を食べていってしまうの。 普通はこういう問題が起こったら世界が支援の手を差し伸べるんだけど、今新型コロナウイルスの問題でそんな余裕がないのよ! しかもこのバッタは、繁殖するの。 国連が言うには、 2020年6月にこのペースでいくと、500倍の100兆匹になるんじゃないか。 その時は、北海道で止まって本州まではバッタは来なかったの。 当時のバッタは海を飛び越えられなかったと言われてるわ。

次の

新型コロナより危険!バッタ大量発生は中国だけじゃなく日本も危険!?

都市伝説 バッタ

皆さんは 血吸いバッタの噂をご存じだろうか? 私の子供の頃に流行った、その名の通り血を吸うバッタの話である。 もちろんバッタという昆虫は草食である。 イネ科の植物の葉を好むために農家に嫌われているくらいの草食いであるが、この血吸いバッタは、他の生き物に食らいつき、その生き血をすするというのである。 私が小学生の中学年くらいの頃、最もポピュラーな遊びは虫取りと昆虫飼育であった。 その為多くの者が放課後に、通学路、とくに田んぼのあぜ道や林や原っぱで、カマキリやバッタといった昆虫を捕まえて帰っては、狭い虫籠に詰め込んで遊んでいたのである。 そんな背景のなかでこの噂は子供たちの中に広まった。 実は牙に毒があって噛まれると死んでしまうだといった尾ひれさえ付いて。 実は、私はそれを見た事がある。 あれはまさに吸血バッタというにふさわしい風体を持っていた。 吸血鬼の様な尖った二本の大きな牙はうっすらと血の赤に染まり、その目は朴訥な草食バッタとは一線を画した鋭さを持っていた。 跳ねる為の大きな後脚、飛ぶための羽を持つバッタであるにも関わらず、その牙は明らかに肉食のそれであった。 血吸いバッタの正体 後年、私は私たちが血吸いバッタと呼んでいたモノが「キリギリス」である事に気づいた。 一般にキリギリスは草を食べるイメージがある。 しかしコオロギと同じ雑食性であり、飼育する時に植物のみを与えていると最後には共食いを始めてしまうため、たまに動物性の餌も与えなければならない。 血吸いバッタと呼ばれるようになったきっかけはおそらく体色が緑で姿かたちが類似したこの昆虫をバッタだと思って捕まえた子供が、大きな顎で噛みつかれた、または、他のバッタと一緒のケージで飼育して、キリギリスがバッタを捕食した所を見た。 とかであろう 「しかし、復活して次の記事がこれか…」.

次の

バッタの大量発生2020年 日本は大丈夫?

都市伝説 バッタ

はじめに 最近、ニュースではの話ばかりで面白くないと思っていたら、2月後半に面白い話がニュースになり始めましたよね!! そうあなたもご存じでしょう 『大量発生したバッタが中国に向かっている』と言うニュースです。 などの情報によると 『既にに到達』とか 確証の無い情報もいっぱい出てきていたり、 『人為的に起こされたものだと』都市伝説を作り始める人までいて凄いことになってますよねwww その様な情報はさておいてそこそこ信頼出来る情報を頼りに少し バッタさん()について調べたので皆さんに共有して行こうと思います。 この蝗害は凄まじく問題を抱え3度もの 印パ戦争を戦っている インドと 、両者がにらみ合うインド側の最前線と言ってもよいで食料がバッタに食い尽くされ インド軍が撤退したとされているくらいです。 『もしかして、さんは平和のなのかも・・・!!』 と私はおもったのですが、そんなことはありませんでした。 寧ろ悪魔です。 考えることは全て実現させるみたいな中国ドリームの国ですからね!! アさん攻撃 『中国VSバッタさん』戦争開幕です。 そこで、まずジャブとして出て来たニュースが・・・!! 『アさん軍10万羽投入』のニュースでした。 これは中国にが入って来る前にに アさんを10万羽ほど送り込んで美味しく食してもらおうということらしいです。 なんでもアさん 1日にバッタ200匹くらい食べれちゃうみたいなんですねよ。 ただはとても不味いうえに相変異後は噂では更に不味いらいしのでアさんも食べてくれないかもしれませんが・・・ そもそも、このにアさんを派遣する計画は アさんに必要な水がには余りないので難しいらしいです。 本当に派遣されるのか注目して行きたいものです。 ドローン攻撃 私個人の見解ですが、この 『中国VSバッタさん』で注目して貰いたいのが、中国の ドローン技術です。 中国ドローンメーカーXAG社とドイツ農薬メーイエル社が開発している農薬散布ドローンは非常に高い害虫駆除率を誇っており、これら 自立型ドローンによる への殺虫剤の散布は非常に有効なのではないかと私は思っています。 ドローンの良いところは量産することで 大量導入が容易なことであり、特に中国なら数十万のドローンによる攻撃とか普通にやりそうなので個人的には凄く注目しています。 は美味しくない 日本人の多くの人が イナゴが大量発生していると 勘違いをしているらしいんですが、今回の 大量発生はバッタの大量発生であり、 イナゴの大量発生ではありません。 実際のバッタの種類もという種類になります。 そもそも論、イナゴはイナゴ科でありバッタ科ではないみたいです。 因みに田舎とかの道の駅でよく見かけるイナゴの佃煮ってあるじゃないですか、あれ美味しくて私は好きなんですけど同じように 『バッタが作物を食い荒らすなら人間様はバッタを食えばいいじゃんか』と安易に私は思ったのですが、イナゴは甘みがあって美味しいみたいですが、姿は似てるくせに バッタは苦くて素人が食えるものでは無いみたいです。 しかも、イナゴに比べて硬いらしく口の中での食感が悪いとか・・・!! 更に残念なことに今回の は相変異しているので 不味さに拍車がかかっているらしいです。 因みに脱線してしまいますが、美味しい虫と言えばあれ『の幼虫』は超うまいですよね。 焼いても揚げても生でもうまい!!もし食べたことが無い方で気になる人は珍味を出す居酒屋とかでたまにあるので是非食べてみてください。 何故群れだした このたちは元々は群れたりしないで個々で生活をしているバッタなのですが、何故、今回のように急に群れて増殖し始めたのでしょうか。 その理由は 相変異によるものです。 バッタなどは大雨や嵐などいろいろな環境理由等で一定の地域に生存する個体数の 密度が変化して密集してしまうことなどにより 相変異して飛蝗(蝗害)をするようになるみたいです。 この相変異のプロセスは諸説あり、 『食べ物がなくなるので新天地に移動するため変異する』とか 『共食いが始まりそれから逃げるために変異する』とか調べたらいろいろ出て来ました。 何が事実かは良く分かりませんが、一説によるとバッタ事態を何かに常に触れる環境で育てるだけでも相変異みたいになるとかって情報もありましたのでその辺のプロセスはまだ研究途中ってことなのでしょうか!? もし、詳しい情報を持っている方がいましたら 情報提供宜しくお願いしますwww 何にしても、この相変異により今回のは 体の色をドス黒くして翅を伸ばして何千億にも膨れ上がって暴走していることは確かなので恐ろしいです。 日本はカビに守られる 今回のバッタの大量発生は日本には影響はないのでしょうか!? 実は 日本でもバッタの大量発生は過去に何度か起きていますが、ビックリするほど拡大はしていないようです。 その理由は 『カビ』が日本を守っているからなのです。 エントモフトラ属と言うカビの一種がバッタの天敵らしく日本ではこのカビの影響やバッタを捕食するなどの 昆虫・両生類・鳥類などが多いため大量に発生しにくいと言われています。 それに加えて、日本は島国であり陸続きのインドや中国と違い 海が緩衝地帯として存在するため、流石に相変異したでも 海は越えるてこれないだろうということです。 油断するな台湾も日本も危険!? 『海に囲まれた日本は安心・・・!!』と先ほど私は述べましたが、実は島国である台湾や日本も の襲来する可能性は存在するのです。 それが 1928年に発生したでのバッタの大量発生です。 このバッタの大量発生はフィリピンで発生したらしいのですが、なんと数百キロもの海を渡り台湾・・にまでやって来て猛威を振るったとか・・・!! どうやって、海を渡ったのか等も不明見たいですが事実だとすると今回のバッタさんたちも日本に『こんちはおっすオラバッタ』みたいなノリでやって来るかもしれません。 おわりに それにしても、バッタさん達に本気で言いたいのは、 『今じゃないだろ!!』 この一言に限りますね。 ただでさえカに貿易戦争吹っ掛けられて新型コロナちゃんに侵されてボロボロの中国に今攻撃したりしたら、経済が崩壊してしまうよ・・・!! そんなことになったら、煽りを受けるのはまた我らが日本ですから・・・!! 今年のは間違いなくマイナス成長で決まりですね・・・!! ・・・ということで今回は気になる『バッタの大量発生』について情報共有をさせて頂きました。 また、よろしくお願いいたします。 良ければご覧ください。 コメントやチャンネル登録は大歓迎です。

次の