とろろ 昆布 効果。 とろろ昆布の食べ過ぎは体に悪い?カロリーやダイエット効果は?

とろろ昆布の食べ過ぎは体に悪い?カロリーやダイエット効果は?

とろろ 昆布 効果

実は、北陸地方へ旅行に行った方からお土産で頂いたとろろ昆布が、今うちの冷蔵庫にたくさんあります。 普段、食べる習慣がないので、なかなか使いどころがないんですよね・・。 たくさんあるし、身体には良さそうだから、ちょっとづつでも食べようと思います。 そんなとろろ昆布、栄養やその効果・効能について調べました。 1日にどのくらい摂って良いか、適量についても調査しましたよ。 とろろ昆布の栄養とその効果・効能 とろろ昆布は、昆布を削って作られています。 なので、普通の昆布と栄養はほとんど同じ。 普通の昆布と違うところは、 とろろ昆布は薄く削られているから、栄養成分が吸収しやすい形になっていると言う点なんですって。 コレは嬉しいですね。 昆布は、ミネラルや食物繊維が豊富です。 ミネラルはバランスよく含まれていますが、カリウム・カルシウム・マグネシウムなどが特に多く含まれています。 このため昆布は、高血圧防止や骨粗しょう症の予防などに良いと言われています。 また、昆布の食物繊維には、 フコイダン・アルギン酸といった成分が含まれていることもよく知られていますね。 フコイダンもアルギン酸も食物繊維なので、中性脂肪や余分なコレステロールなどを排泄する働きがあります。 生活習慣病の予防・改善や免疫力UPにも良いんですよ。 それ以外にも、最近注目されているのは、フコイダンの抗腫瘍作用です。 動物実験では、がん細胞を小さくする働きが明らかになっており、更なる研究が待たれるところですね。 とろろ昆布はどのくらいの量が適量? さて、そんなとろろ昆布、ふわふわだし、どのくらい摂っても良いのかが悩みどころ。 たくさん食べても良いのではないかとも思いますけど、昆布と言えば気になるのがヨード(ヨウ素)です。 海苔などにも含まれていて、 日本人はやや摂取量が多めだとも言われているヨード。 海苔の食べすぎの記事でも、ヨードについて一度書かせていただきましたよ。 そんなヨードは、昆布や海苔などの海藻に多く含まれています。 とろろ昆布なら、1日にどのくらいの量食べても大丈夫なのでしょうか? とろろ昆布のヨード量が分からなかったので、一番形状が近い刻み昆布に含まれるヨードの量を調べてみると、100g中に約230mgほど。 日本人の食事摂取基準(2015年版)では、ヨードの摂取上限量は1日に3. 0mgです。 とすると、1gしか食べていなくも上限値にかなり近い量摂っていることになりますね。 他の食事からもヨードを摂る可能性はありますし、 とろろ昆布は1日に1gくらいに抑えておいた方が良さそうですね。 我が家のとろろ昆布(1袋50g入でした) 1gと聞くとかなり少ないですし、大袋だと加減が難しいですよね。 私としては、1gってかなりちょっとの量です・・。 まぁ、お豆腐に少しだけつまんで乗せるくらいの量なら、摂っても問題ない量という感じですね。 こういう1食分タイプが販売されているので、これだと使用量が分かりやすくて良いですね。

次の

【たけしの家庭の医学】とろろ昆布はつまずき転倒予防に効果的!腎臓機能を改善し筋力アップ【8月13日】

とろろ 昆布 効果

とろろ昆布の効果で血圧が下がる? では早速、とろろ昆布の栄養成分を見てましょう。 ミネラル、ビタミンが豊富なのが一目瞭然です。 注目したいのが「カリウム」です。 カリウムは体内の不要な塩分を体外に排出し、血圧を抑えてくれる働きがあります。 また「葉酸」は妊婦さんに必要な栄養として知られていますが、アメリカの研究では葉酸の摂取で高血圧の予防になったと報告されています。 (参考:) 「マグネシウム」は直接血圧には働きかけませんが、血管の収縮を抑制する働きがあります。 とろろ昆布で血圧を下げるというよりは、血圧の上昇を抑えることは可能といえます。 とろろ昆布の効果的な食べ方 血圧の上昇を抑えてくれるとろろ昆布。 では効果的な食べ方はどうなんでしょうか? どのくらい食べるの? 1日の目安は約3 gです。 3gと聞くとすごく少ないように感じます。 でも昆布を削ったものなので、3gでも食べ応えを感じれる量になります。 小鉢に半分くらいにはなりますよ。 効果を発揮したいからたくさん食べたいと思ってしまうかもしれませんが、とろろ昆布の栄養成分表をみていただくとわかりますが、ナトリウムもカリウムの次に豊富です。 体内の水分調整や神経や筋肉を動かすことにも欠かせない栄養ではありますが、「塩分」とも直結してしまうので注意が必要です。 食べるタイミング 味噌汁やおにぎりなど食事のひとつとなるとろろ昆布ですが、どのタイミングで食べるのが一番効果を発揮してくれるのでしょうか。 食後にとろろ昆布を食べても栄養成分の効果は期待できませんので、 食前や食中がオススメです。 とくに食前の方が栄養をスムーズに吸収できると言われています。 昆布には血圧の上昇を抑える働きの他に糖分や脂質の吸収を抑える働きもあるので、食前に食べることでカロリーコントロールもできます。 毎食の食前に食べた方が健康維持に繋がりそうですね。 5cmくらいの輪切り、ニンニクはみじん切りにする。 すごく簡単です。 健康レシピで紹介していますが、正直、お酒にピッタリです。 お酒もほどほどにしてください。 きゅうりも「カリウム」が豊富に含まれていますので、とろろ昆布と食べると相乗効果を発揮してくれます。 また、血圧高めの人に向けた胡麻麦茶があるように、白ごまにも血圧を抑える栄養が含まれています。 お父さんのご飯前の晩酌にいいかもしれませんね。 酢の物 きゅうりを使うなら酢の物もオススメです。 引用元: もずく酢に似た感じで美味しいですよ。 お酢には血管を拡張させる「酢酸」が含まれています。 また、午前中に血圧が上昇しやすいと言われているので、酢の物は朝食前がオススメです。 お好みでめんつゆや醤油で食べてもいいですよ。 ただし、つけすぎ注意! 引用元: 上記の2つに比べてお肉が入っているので、ボリューム感があります。 とろろ昆布が巻いてあるので、お醤油やめんつゆがなくてもお出汁の味だけでも十分に美味しかったですよ。 一見、とろろ昆布しか体に良さそうな材料しかないように感じますが、豚ひき肉には必須アミノ酸のロイシンという栄養が含まれています。 タンパク質の合成には欠かせない成分です。 若々しい血管を保つには必要な成分です。 また干しシイタケにはエリタデニンという血中コレステロールを下げ、血行を良くしてくれる栄養成分が含まれています。 食べ応えがあって血圧の上昇を抑えてくれるメニューですよ。 スポンサーリンク 血圧の上昇は要注意 血圧が高いと「高血圧症」と診断されます。 日本人の三大疾病は「がん」「心疾患」「脳血管疾患」と言われています。 「心疾患」と「脳血管疾患」の原因に「高血圧」は大きく関わっています。 私の祖父母も「心疾患」と「脳疾患」が原因で亡くなっています。 東北の生まれですので、塩分が濃いものを好んでいました。 (毎年、県別塩分摂取量は上位5位にランクインしてる県です。 ) ですので、味に物足りなさを感じるかもしれませんが、塩分摂取は控えるべきです。 また、塩分の他にも高血圧症の原因はあります。 原因 体内の状態 塩分 血液の浸透圧を一定に保つために、血液量が増えることで血圧が上昇する。 摂り過ぎているとナトリウムの排出が上手くできなくなり、血液量が増えた状態になってしまう。 また、血栓ができやすくなる。 血栓が剥がれて心臓内で詰まると「心疾患」、脳内で詰まると「脳血管疾患」が急性で起こる。 高血圧症の人は1日の塩分量は6g未満が好ましい。 肥満 心臓から送られてくる血液量は体重に比例するので、体重が多ければ多いほど心臓に負担がかかる。 また体重よりも内臓脂肪が多いと動脈硬化の原因にもなる。 ストレス 仕事や悩み、過労や睡眠不足によって血圧が上昇する原因になる。 スポーツ中も緊張した場面等で息を止めた際に血圧が上昇して発作を起こすこともあるので、日ごろからストレス解消のためにリフレッシュや適度な運動を心掛ける。 喫煙 ニコチンによって交感神経が刺激され血圧が上昇する。 また、一酸化炭素によって血中の酸素が減少し心臓に負担がかかる。 塩分と肥満は直接食事につながるので、いかに日ごろの食生活が大事かがわかります。 うちの旦那は血圧が高めです。 肥満ですし、タバコも吸いますし、塩分が大好きです。 「タバコは絶対やめられない!ご飯も満腹に食べたい!」と・・・聞く耳を持たず。 なので、「塩分」を控えてもらいました。 最初は「え・・・あ・・・うん・・・」と味に納得がいかない感じでたまに醤油などで塩分を加えてましたが、根気よく出し続けたら薄い味に慣れてくれました。 今では血圧も正常値になっています。 できることから高血圧症の予防をしていくことが良いですね。 スポンサーリンク まとめ とろろ昆布で高血圧は防げる とろろ昆布の成分から血圧が上昇を抑えてくれるということがわかりました。 今回、レシピも紹介しましたが、日ごろうどんやお味噌汁にとろろ昆布を入れる方は汁の塩分を薄めましょう。 塩分が足りず嫌かもしれませんが、とろろ昆布には旨味成分のグルタミン酸が含まれていますので、減塩しても旨味成分を感じることで物足りなさを感じません。 とろろ昆布は昆布を削っているため、旨味成分が溶けだしやすいので減塩に非常に使い勝手のいい食品です。 高血圧症になってしまうと毎食時に薬を飲む生活になってしまいます。 そうなる前にとろろ昆布で減塩食生活を心掛けることが健康な体になる、健康な体を取り戻す一歩になりますよ。

次の

【たけしの家庭の医学】とろろ昆布はつまずき転倒予防に効果的!腎臓機能を改善し筋力アップ【8月13日】

とろろ 昆布 効果

2019年8月20日 8月13日朝日放送のテレビ番組「たけしの家庭の医学」の中でとろろ昆布が取り上げられました。 カリウムは緑黄色野菜や海藻に多く含まれるミネラルの一種。 カリウムが体内の余分な塩分を塩分を尿として排出させることを促します。 しかし、日本人女性のカリウムの平均摂取量は2300mgですが、厚生労働省の推奨摂取量は 1日2600mg。 (出典:厚生労働省HP) そこでお手軽にかつ効率的にカリウムが摂取できる食材としておすすめなのが、「とろろ昆布」。 足りない300mgを補うためには、1日6グラムを3食に分けて摂取することをおすすめします。 ただし、腎臓病と診断された方はカリウム摂取が制限される場合がありますので、医師にご相談ください。 という内容です。 ぜひ、この機会に、弊社の「とろろ昆布」で毎日の食卓で気軽にカリウムを摂取してください。 詳しくは、番組ホームページ等をご覧ください。

次の