フォートナイトゾーンウォーズチーム戦。 【フォートナイト】 島のコード発行するには?

【フォートナイト】終盤の練習に最適!ゾーンウォーズコード一覧【Fortnite】

フォートナイトゾーンウォーズチーム戦

は2019年9月25日、『』最新パッチノートv10. 40の情報を公式ホームページで公開した。 今回のアップデートの目玉は「コンバイン」。 フィールド中に出現するターゲットを破壊しながらゴールを目指すプレイリストで、正確な操作テクニックが求められるゲームモードだ。 戦闘ではなく、あくまでもゴールまでの到達時間を競うのがメインとなっている。 根本的な操作方法を見直したい場合や、対戦とは違った楽しみ方を体験したいプレイヤーは一度チェックしてみてはいかがだろうか。 9月27日から9月30日までの期間限定で経験値2倍も実施されるので、バトルパスを進めたいプレイヤーも奮って参加しよう。 バトルロイヤル コンバイン 自分のスキルとマッスルメモリーを試しましょう! この新しいプレイリストでは、途中にある全てのターゲットを排除しながら、できるだけ速くゴールに到達するのが目的です。 フレンドや他のプレイヤーと競い合い、ランキングの最速タイムを目指してください。 ベストタイムはハッシュタグ FortniteCombine を使ってシェアしましょう! スターリー・サバーブズ 素晴らしい戦利品を星に願ったことはありますか? この新しい裂け目ゾーンに来て願いを叶えましょう — 強力な戦利品とともに流れ星がこの地へとやってきます! 期間限定モード: ゾーンウォーズ チームタイプ: ソロ リスポーン: オフ 縮小したゾーンが移動する「バトルロイヤル」の終盤を再現! 迫りくるストームを避けながら敵を排除しましょう。 スポーン位置とインベントリのアイテムがランダムになっているため、ラウンドごとに独自のバトルを楽しめます。 最大15名のフレンドと待機列に入れます。 9月26日 木 から期間限定モード「ゾーンウォーズ」に参戦しよう!• ゾーンウォーズ: コロシアム• 制作はJesgran。 コロシアムスタイルの島で究極のグラディエーターを目指しましょう。 このオープンスタイルの島では建築スピードが重要になってきます。 ゾーンウォーズ: 砂漠• 制作はJotaPeGame。 砂漠にある小さな街の中を進んで、最終サークルを目指しましょう。 様々な武器と移動手段のおかげで、他では体験できないゲームプレイが可能です。 ゾーンウォーズ: ダウンヒルリバー• 制作はEnigma。 ストームに注意しながら、オリジナリティ溢れる島の丘を降り、川を渡って進みましょう。 コミュニティのジャンプパッドや決まったストームの動きから、数ラウンドプレイすればきっと馴染んでくるはずです。 ゾーンウォーズ: ボルテックス• 制作はZeroyahero。 山岳地帯を越えていかなくてはならない点が、このゾーンウォーズの一味違うところ。 エクスプローシブ バットラング• 接近警告音用のオーディオビジュアライザーのアイコンを追加しました。 シールドバブル• シールドバブルを他のプレイヤーに投げると、当たって跳ね返るようになります。 保管庫から戻ってきたアイテム• バウンサー• レアのトラップです。 3スタックの状態でドロップされます。 補給物資、自販機、ラマ、フロア戦利品から入手できます。 設置場所との垂直方向にジャンプブーストが適用されます。 アリーナモードとトーナメントモードで「バットマン グラップネル・ガン」と「エクスプローシブ バットラング」が有効化されました。 ゲームプレイ• ダブルXPウィークエンド!• この週末はダブルXPを楽しみましょう。 9月27日 金 午後10時 日本時間 から9月30日 月 午後10時 日本時間 まで、プレイするマッチでXPが2倍稼げます。 マッチメイキング• コアモードにおけるマッチメイキングの仕組みを改善しました。 プレイヤーは同レベルのスキルを持つ相手とのマッチが組まれやすくなります。 プレイヤーの腕が上がるほど、強い相手と対戦することになっていくでしょう。 この新しい仕組みは各地域のコアモードにわたって徐々に導入していき、その効果を分析します。 詳細は、の投稿をご覧ください。 コントローラー用の感度と照準アシストの新しい設定を追加しました。 詳細に関しては、のブログを参考にしてください。 注: 新しい照準アシスト設定を使用の際、有効射程内で敵に照準を合わせると、ダメージが適応される前に照準線が赤くなるようになりました。 コンバイン• この新しいプレイリストは、上記で言及したコントローラーの設定に慣れるのにうってつけの方法です!• コンバインは上記のような目的にも使えますが、「レガシー」操作、マウス+キーボード、タッチを使ってプレイすることも可能です。 この新しいプレイリストでの目標は、途中にある全てのターゲットを排除しながら、できるだけ速くゴールに到達することになります。 コンバインにはランキングがあり、フレンドや他のプレイヤーと最速タイムを競い合うことが可能です。 各ランキングには、お好みの入力デバイスでタイムをソートできるオプションもあります。 スターリー・サバーブズ• 裂け目ゾーンがプレザント・パーク近くに荒れ果てた一帯を復活させました。 しかし、裂け目ゾーンはそこに住宅管理組合を設けているため、今住むならまさに絶好の場所でしょう!• その地帯は流れ星が目的地にするほどの実に素晴らしい場所です。 星々を粉砕して、今まで見たこともない武器を含む強力なアイテムを手に入れましょう!• モイスティ・パームズ• プレイヤーはしゃがむ入力をすることで小道具になっている状態を終了できます。 ヒットマーカーがチームメイトに表示されなくなりました。 カメラリセットのコントロール割り当てを削除しました。

次の

【フォートナイト】クリエイティブモードの細かな設定方法!|ゲシピ

フォートナイトゾーンウォーズチーム戦

自分の島のコードを発行するには? クリエイティブモードで自作した島を自分だけでなく、他の人にも見てもらいたい! という場合には、島のコードを発行する必要があります。 ではどうやって、その島のコードを発行すればいいのか順を追って説明していきたいと思います まずはクリエイターサポートプログラムに登録する クリエイターサポートプログラムとは? 公式によると、「クリエイターサポート」プログラムとは、フォートナイトや、ストアの他のゲームを通して、クリエイターが収益を得られる仕組みです。 フォートナイトでは、プログラムへの申し込みを受理されたクリエイターが、ゲーム内でそのクリエイターを応援対象として選んだプレイヤーにより10,000 V-Bucks使われるごとに、5米ドル または現地通貨に換算した相当金額 を受け取れます。 プレイヤーが無料で獲得したV-Bucksと、有料で購入したV-Bucksの両方が対象となります。 ファンは「バトルロイヤル」のアイテムショップ、または「世界を救え」の戦利品タブにある「クリエイターサポート」ボタンからクリエイターのEpicタグを入力することで、そのクリエイターへの支援を表明します。 このサポートを受けていない限り、島のコードも発行できないとのことです。 登録する際には条件がある 法廷年齢の確認 クリエイターとして登録するには18歳以上である必要があります。 または、14歳から17歳の子供の保護者として申請することもできます。 利用しているソーシャルアカウントの記載 例チャンネル Twitchチャンネル VK Mixer これらの少なくとも一つのURLを記載する必要があります 参加資格 クリエイター 現役の動画制作者、配信者、、アーティスト、、ミュージシャン、コミュニティビルダー に該当し、かつ以下の条件を満たす方で• 少なくとも1つのメジャーなソーシャルプラットフォームでフォロワーが1000人以上いること• 同意書に同意し、クリエイター行動規範を遵守すること• Epicがサポートする形式で支払いを受け取れること と、なっているようです フォロワーが1000人以上いる方はこの審査に受かる感じでしょうか? それにしても、なかなかの厳しさですね。 運営はフォートナイトに対する情熱のある方を求めているようです。

次の

【フォートナイト】おすすめのボックスファイト、ゾーンウォーズのマップ!【チャプター2】

フォートナイトゾーンウォーズチーム戦

今回はチーム戦のボックスファイトの作り方を紹介します。 はじめに 基本的な作り方は以前紹介した記事と同じです。 今回は4チームに分かれてプレイするものを作ります。 2チームで戦うものも多いですが、作り方はほぼ同じなので大丈夫です。 (スポーンパッドの位置や島の設定が少し違うだけです) 作り方 島はグリッド島を使います。 (箱の大きさやスポーンパッドの位置は自由にしてもらって構いません) チーム設定&インベントリ、バリア、などの設定は以前の記事と同じように設定します。 バリアはこんな感じにします そして設定ですが、チームをプレイ時に決めるのであれば(「チーム選択」で決める)設定は不要ですが、ランダムに分けるようにしたいのであればこのように設定します。 また、これだけではほぼ前回と同じなので、ランダムなアイテムがチームに一つずつ出るようにしたいと思います。 このように設定したアイテムスポナーを、 ここに置いておきます。 アイテムスポナーを多く設置した場合、を長くしてアイテムを取る時間を用意したほうがいいでしょう。 基本的にはこれで完成です。 もっと面白くしたい、という方はこちらの記事を参考にギミックを追加してみてはどうでしょうか。 ぜひ皆さんも作ってみてください。 合わせて読みたい: Umagame.

次の